ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|【全国社会人サッカー選手権大会関東予選2回戦】エスペランサが攻防の末、さいたまSCから逃げ切る


写真 サッカー 試合サマリー

【全国社会人サッカー選手権大会関東予選2回戦】エスペランサが攻防の末、さいたまSCから逃げ切る

 
内容をざっくり書くと
最終スコアは5 – 1となり、エスペランサは、4点もの大差をつけ、さいたまSCを降しての勝利です。
 

全国社会人サッカー選手権大会関東予選2回戦は6月13日 (日)、埼玉スタジアム第4グランド人工芝でさ… →このまま続きを読む

 Player!

スポーツエンターテイメントアプリ「Player!(プレイヤー)」。サッカー、野球から競馬、陸上まで幅広いスポーツの最新ニュースや速報、日程、結果などをどこよりも早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

さいたまサッカークラブ

さいたまサッカークラブは、埼玉県さいたま市を本拠地とする社会人サッカークラブである。略称はさいたまSC。2020年の時点では関東サッカーリーグ2部に所属。

概要

大正時代末期に埼玉師範学校OBによって結成された埼玉蹴球団を前身とするクラブである[1]。同クラブは1941年太平洋戦争の勃発により活動を停止したが、戦後の1953年国民体育大会教員の部が創設されたことに伴い、関東予選に出場するために浦和サッカークラブに所属していた教員を中心に再編成された[1]。なお、クラブの公式サイトでは、この年を埼玉県教員サッカークラブとしての創設年としている[2]。過去に国体優勝や日本サッカーリーグ (JSL) 2部に所属した経験を持つ[3]

教員クラブという性格上、過去には松本暁司ら埼玉県内の著名なサッカー指導者達が多数在籍していた。またJSL2部に所属していた1982年から1983年当時には浦和南高校高校選手権2連覇を成し遂げた当時の中心選手(野崎正治など)も在籍した。

2000年シーズンからは従来の教員のみのクラブから一般の選手にも門戸を開き埼玉サッカークラブ(埼玉SC) として再スタート[3]2008年からはさいたま市を本拠地としさいたまサッカークラブ(さいたまSC)と改称した[3]2011年よりさいたま市北部3部リーグからさいたまSCセカンドを設立。

2013年J3リーグ (J3) の発足に伴い日本フットボールリーグ (JFL) 所属18チームの半数以上にあたる10チームが参加意思を表明していることに対しJFLが各地域リーグ1部に所属するチームにJFLへの加盟を促していたことを受けて、さいたまSCはJFLへの加盟申請を行った[3][4]。同年12月4日、来期のJFL加盟の見送りが発表された[5]

略歴

タイトル

リーグ戦

カップ戦

リーグ戦績

年度所属順位勝点試合
1974関東3位171471629272
19756位11145182730-3
19763位171473426224
19776位13146192428-4
19787位27186(1)[※ 1]-12(5)[※ 1]2829-1
1979優勝531813(0)[※ 1]-5(1)[※ 1]471631
1980優勝26181143512229
19812位25181053301713
1982JSL2部9位111843111438-24
198310位91841131428-14
1984関東5位2018846281513
19852位29181413462125
優勝29181170432023
優勝27181152382018
5位181874732302
8位181866623221
5位181874729245
5位16185672127-6
3位19188372728-1
5位1918837452718
5位20189272126-5
4位261875629245
6位201862102230-8
6位22186482431-7
9位181853101835-17
7位241866622220
5位24187383135-4
2位30189362729-2
200210位892(0)[※ 1]-7(0)[※ 1]1224-12
関東2部2位33141103532033
2004関東1部3位20146261924-5
20053位271490530282
20064位201455427189
20076位15144371622-6
20085位16144462022-2
20094位2714833241311
20102位231472526179
20112位271490529263
20126位26187563538-3
20138位23186572431-7
20149位131834112137-16
20159位131841131041-31
20167位22186482930-1
20178位171852112541-16
201810位101824121348-35
2019関東2部5位26188282728-1
20209位79[※ 2]2161324-11
2021
注釈
  1. ^ a b c d e f ( )はPK戦
  2. ^ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、前期1節~前期9節の全試合を中止し、後期日程のみでの開催となった。

所属選手・スタッフ

2019年

スタッフ

トップチーム
役職氏名前職備考
監督日本の旗日本の旗 埼玉教員SC 選手
コーチ日本の旗日本の旗 さいたまSC 選手
コーチ日本の旗日本の旗 さいたまSC 選手
コーチ日本の旗浦和東高校選手兼コーチ
コーチ日本の旗日本の旗 アヴェントゥーラ川口 選手選手兼コーチ
コーチ日本の旗浦和高校選手兼コーチ
GKコーチ日本の旗中京FC 選手選手兼GKコーチ
主務日本の旗日本の旗 埼玉教員SC 選手
セカンドチーム
役職氏名前職備考
監督日本の旗日本体育大学
主務日本の旗立正大学選手兼主務

選手

PosNo.選手名前所属備考
GK12日本の旗立正大学選手兼主務
21日本の旗春日部東高校
41日本の旗信州大学
42日本の旗入間向陽高校
61日本の旗所沢商業高校
DF2日本の旗日本の旗
3日本の旗浦和高校選手兼コーチ
14日本の旗浦和東高校選手兼コーチ
27日本の旗川口北高校
28日本の旗FC.fasciner
32日本の旗国際武道大学
36日本の旗日本の旗
37日本の旗日本大学
39日本の旗浦和高校
54日本の旗専修大学
59日本の旗中央大学サッカー同好会
52日本の旗四日市中央工業高校
56日本の旗昌平高校
57日本の旗大東文化大学
58日本の旗城西大学
98日本の旗日本の旗 アヴェントゥーラ川口選手兼コーチ
PosNo.選手名前所属備考
MF4日本の旗日本の旗
5日本の旗拓殖大学
7日本の旗日本の旗 VONDS市原FC
8日本の旗大東文化大学
9日本の旗流経大柏高校
11日本の旗平成国際大学
13日本の旗日本体育大学
15日本の旗桐蔭学園高校
16日本の旗東洋大学
17日本の旗文教大学
20日本の旗熊谷高校
22日本の旗文教大学
23日本の旗浦和南高校
24日本の旗日本の旗
29日本の旗國學院大栃木高校
33日本の旗日本の旗
34日本の旗仙台大学
40日本の旗日本体育大学
45日本の旗尚美学園大学
49日本の旗大宮西高校
51日本の旗日大豊山高校
53日本の旗日大豊山高校
62日本の旗日本の旗
FW10日本の旗ブラジルの旗 ポルトガル語版
18日本の旗日本大学
19日本の旗埼玉南稜高校
25日本の旗仙台大学
26日本の旗常葉大学
35日本の旗国際学院高校
38日本の旗FC.fasciner
43日本の旗東京経済大学
47日本の旗松本山雅FC U-18
48日本の旗東京国際大学
54日本の旗朝霞高校
55日本の旗大宮東高校
59日本の旗東京国際大学
60日本の旗浦和学院高校
99日本の旗中京FC選手兼GKコーチ

歴代監督

  • 高橋直 1953年
  • 中村正行 1955年-1960年、1963年-1966年
  • 稲元章 1961年-1962年
  • 広羽良一 1967年-1969年
  • 藤井泰光 1970年
  • 鈴木嘉三 1971年
  • 篠崎一男 1973年-1976年
  • 三戸一嘉 1977年-1979年
  • 柴田宗宏 1979年-198?年
  • 秋山健二


歴代所属選手

ユニフォーム

ユニフォームの色
カラーシャツパンツストッキング
FP(1st)
FP(2nd)ピンクピンクピンク
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー

  •  

ユニフォームスポンサー

掲出箇所スポンサー名表記掲出年備考
ひびきひびき2016年 -2016年 - 2018年はパンツ
鎖骨なし--
背中上部無形マネージメント訪問介護サービス
おかげさま大宮
2017年 -2017年 - 2018年は袖
背中下部なし--
埼玉中央清掃埼玉中央清掃株式会社2019年 -
パンツスタジオコンチーゴSTUDIO
CONTIGO
2019年 -

ユニフォームサプライヤー

歴代ユニフォームスポンサー年表

年度鎖骨背中上部背中下部パンツサプライヤー
2013--マインスポーツ-HAMANAYAMAMOTO MOTORSPUMA
2014-/
アイダ設計
-マインスポーツ-Sea Hooksvolme
2015アイダ設計
2016-ひびき
2017生そば たけのやマインスポーツ-訪問介護サービス
おかげさま大宮
agrina
2018
2019ひびき訪問介護サービス
おかげさま大宮
埼玉中央清掃株式会社STUDIO
CONTIGO
2020

脚注

  1. ^ a b 『埼玉県体育史』埼玉県体育協会、1964年、201-202頁。
  2. ^ クラブ紹介”. さいたまSC. 2014年3月30日閲覧。
  3. ^ a b c d さいたまSC JFLに挑戦 J3新設に伴い加入申請”. 東京新聞. 2013年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。
  4. ^ さいたまSC、JFL入会申請 次のステージへ夢はせ”. 埼玉新聞 (2013年10月12日). 2013年10月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。
  5. ^ 埼玉の古豪サッカークラブ「さいたまSC」、アマチュアトップのJFL目指す”. 大宮経済新聞 (2013年12月5日). 2013年12月7日閲覧。

参考文献

  • 『輝く埼玉サッカー75年の歩み』埼玉県サッカー協会、1983年

関連項目

外部リンク

最終スコア


 

Back to Top
Close