ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|バルサ、21歳DFトディボを完全放出へ。ニースが買取OP行使で11億円支払い


写真 ジャン=クレール・トディボ 写真提供:Gettyimages

バルサ、21歳DFトディボを完全放出へ。ニースが買取OP行使で11億円支払い

 
内容をざっくり書くと
しかし、出場機会には恵まれず、シャルケやベンフィカへレンタル移籍した後、今年2月にニースへ買い取りオプションが付いたレンタルにより加入。
 

バルセロナからリーグアンのOGCニースへレンタルにより加入していたフランス人DFジャン=クレール・ト… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

期限付き移籍

期限付き移籍(きげんつきいせき)は、サッカーなどのプロスポーツにおいて、選手が現在所属しているクラブとの契約を保持したまま、期間を定めて他のクラブへ移籍する制度。英語ではloan deal(ローン取引)と言う。なお、日本のメディアではしばしば『レンタル移籍』という表現が用いられるがrentalは動産・不動産など物を対象とした貸与に使用される言葉であり英語では人を対象とした移籍にrentalは用いられない。

期限付き移籍では、通常の移籍(完全移籍)にしばしば見られる移籍金が発生しない代わりに、移籍先のクラブから移籍元のクラブに対して貸与料を支払う、選手報酬の支払いを肩代わりするという形態が一般的である。

利点・欠点

利点

  • 移籍先チームの立場では、高額の移籍金を支払うリスクを避けつつ戦力を補充できる。特に資金力の乏しいクラブは期限付き移籍を多用する傾向がある。
  • 選手の立場では、出場機会の増加が見込める。また移籍先クラブと選手の双方にとって、期限付き移籍は一種の「試行期間」であり、期限付き移籍先のクラブでの活躍が認められて、後に完全移籍するケースも多々ある。なお、将来的な完全移籍を前提としている場合、期限付き移籍の際に定めた移籍金を支払えば完全移籍に変更できるという契約を結ぶケースがあり、報道などでは「買取オプション」と表現される。
  • 移籍元クラブの立場では、出場機会を与えづらい若手選手に試合経験を積ませることができる。
  • 余剰戦力となっている、あるいはクラブに合わない外国籍選手を期限付き移籍させることによって外国人枠を空け、新たな外国籍選手を獲得することができる。

欠点

  • 選手は移籍元クラブとの契約を維持しているため、仮に選手が活躍して名声を上げた場合にも移籍先クラブの潜在的財産とはならない。また、移籍元と移籍先が同じリーグの場合、移籍元のクラブとの対戦では契約により出場できず戦力にならないこともある。
  • 活躍しても移籍元クラブの意向に左右され、原則として元のクラブに戻るため、期限付き移籍による戦力補強を多用したクラブは期限付き移籍期間終了後に戦力ダウンとなる。
  • 毎年レンタル移籍を繰り返すリスクが伴うため、いわゆる「たらい回し」状態になりやすく一つのクラブに長く在籍するケースが少ない。

日本サッカー協会の期限付き移籍制度

日本サッカー協会ではJリーグおよびJFL旧JFL含む)所属のプロサッカー選手について、期限付き移籍制度を定めている。期限付き移籍がJFAの定める正式な名称であるが、レンタル移籍という用語も同義として一般に用いられる。

期限付き移籍の場合、まず移籍元クラブ、移籍先クラブ、および選手の3者が合意に基づいて期限付き移籍契約を結ぶ。この際、移籍金は「移籍元クラブと移籍先クラブの合意による」と規定されているが、慣例としては発生しない。これに続いて、選手は移籍先クラブとの間に選手契約を結ぶが、契約の諸条件は原則として移籍元クラブとの契約条件と同じでなければならない。また、選手は移籍先クラブのA契約25名枠に含まれることとなる。

期限付き移籍期間が終了した場合、選手は自動的に移籍元クラブに再移籍する。ただし、3者の合意により期限付き移籍の延長や完全移籍に変更することも可能である。完全移籍に移行する場合、移籍元クラブに契約延長の意思がある場合には移籍金が発生するが、この場合年齢係数が半分になり通常の完全移籍より金額は低くなる。また、移籍元クラブが契約を延長しない場合には移籍金が発生しない。

期限付き移籍期間における契約の解除については規定がなく、両クラブの事情などを勘案し3者間の交渉によって解除を決定することになる。

2013年シーズンから、「移籍元クラブとの試合には出場できない」などの出場制限契約を結んでいる場合、条件を公表することが義務付けられた。

Jリーグでは1994年からこの制度が導入された。適用第1号は当時ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に在籍していた菊原志郎で、浦和レッズに1年間の期限付きで期限付き移籍した。その後も多くの選手が期限付き移籍によって活躍の場を得ており、現在では移籍の一手段として完全に定着している。

セレッソ大阪からスペイン・マジョルカへ移籍した大久保嘉人京都パープルサンガからフランス・ルマンへ移籍した松井大輔FC東京からイタリア・チェゼーナへ移籍した長友佑都など、海外のクラブに移籍する選手が、移籍最初のシーズンは完全移籍ではなく期限付き移籍で加入し、実績を挙げれば完全移籍に移行する事例も多い。

育成型期限付き移籍

18-23歳の選手が所属クラブより下位カテゴリ所属クラブ(例:所属元がJ1クラブの選手はJ2以下)へ移籍する場合に限り、移籍期限外での期限付き移籍を可能にする「育成型期限付き移籍」を2013年シーズンから試験導入した。

これを導入した背景について、日本サッカー協会は、2016年に再開されたトップチームの若手育成大会「Jサテライトリーグ」が2009年に廃止されたことによって、若手選手の実践機会が大幅に減ってきていることから、より多くの公式戦への出場機会を提供し実践を積むことを念頭に置いている。2013年は試験導入としており、2014年以後は2013年の試験導入の結果などを踏まえて判断するとしていた[1]

なお、J3リーグ発足当初の2014年から2015年において、J2以上に所属するクラブに在籍する選手でトップチームの出場機会が少ない選手を対象として編成されていた「JリーグU-22」については、期限付き移籍のルールとは別に、各試合ごとに各クラブから無作為で選手を選抜する方式がとられ、事実上所属クラブとU-22の「二重登録」としていたが、U-22の累積警告・退場は所属元クラブへは反映しないことになっていた。また、2016年から参加が認められた各クラブ単位のU-23チームについても、これらの期限付き移籍とは別に、トップチームとの明確な選手登録の線引き・区分けはしないで、プロ野球と同じように一つのチームでトップとU-23を自由に選手登録ができるようにする方式が計画されている。背番号はトップ・U-23同じでも、別々でもよいことになっているが、シーズン途中の変更は禁止されている。

その他

世界のサッカー界においては、日本での導入以前から期限付き移籍は広く行われてきた。ヨーロッパではその他の一部スポーツでも、期限付き移籍が導入されている。

日本では上述のサッカーに加え、アイスホッケーバレーボールラグビーにおいて期限付き移籍制度が導入されている。プロレスにおいては団体同士の交渉によって期限付き移籍となることがある。

また、現在野球協約の規定で行えないプロ野球でも、同様の制度を国内で導入する検討が行われている。なお、日本のプロ野球ではかつて、一部の球団で「野球留学」という名目で、任意引退の扱いで日本国内の球団が選手の所有権利を持ちながら大リーグ傘下のマイナーリーグでプレーする、期限付き移籍に近い概念の選手がいたが、1998年11月の野球協約第68条第2項の改正により、任意引退の制度を利用した海外移籍は禁止された。また、国内でも他球団に移籍後、短期間で元の球団に復帰した事例が(小林誠二入来智など)、事実上の期限付き移籍ととらえられた。 2012年より育成選手独立リーグへの「派遣」という名目の期限付き移籍が認められた[2]

2011年にはプロバスケットボールのbjリーグにおいて東日本大震災の影響で活動休止となった3球団(仙台埼玉東京)の選手を救済する目的で緊急導入され、2013年に発足したNBL、そのNBLとbjリーグが統合したBリーグにおいて本格導入されている。

アメリカのプロスポーツ界においては、選手の労働組合との兼ね合いやフリーエージェント制度などとの関連もあり、期限付き移籍制度は導入されていない。

スポーツ業界以外では、日本の防衛省が民間企業の社員研修をかねて、民間企業の社員を2年から3年ほど防衛省に期限付き移籍させる、「任期制自衛官」制度の設立を検討していると報じられた(防衛省、人材確保に民間からの「レンタル移籍制度」(読売新聞)より参照)。

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ サッカー協会:「育成型期限付き移籍」試験的に導入へ(毎日新聞2012年11月23日 2014年3月10日閲覧)
  2. ^ “独立リーグが果たすべき役割とは 求められるNPBとの連携強化”. 東奥日報. (2012年8月31日). http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/entertainment/20120831010023821.asp 2015年4月21日閲覧。 

関連項目

シャルケ04

シャルケ04(FC Schalke 04, ドイツ語: [ʔɛf t͡seː ˈʃalkə nʊl fiːɐ̯]、Fußballclub Gelsenkirchen-Schalke 04 e. V.[1][2])は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェンを本拠地とする総合スポーツクラブでS04ドイツ語: [ˈʔɛs nʊl fiːɐ̯])とも表記される。サッカー部門はドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟し、過去7回のリーグ優勝の経験を持つ。収入規模や平均観客動員数では国内屈指である。同じくノルトライン=ヴェストファーレン州に本拠地があるライバルのボルシア・ドルトムントとのダービーマッチルールダービーと呼ばれる。その他、バスケットボール陸上競技ハンドボール卓球などクラブチームおよび専属選手の保有や運営、育成に携わる。

概要

欧州サッカーのトップリーグの一つであるブンデスリーガに所属しており、その前身であるドイツ・サッカー選手権を通算7度制覇し、DFBポカールUEFAカップなどといった数々のタイトルを獲得しているが、ブンデスリーガでの優勝はない。2000-01シーズンに勝ち点1差でリーグ優勝を逃して以降も2位を3回記録したが、マイスターシャーレには届かない状況が続いている。

かつて国内最強を誇った時代に、"Königsblau"(王者の青)という愛称が定着した。またゲルセンキルヒェンがかつて炭鉱の町であり、クラブの創設にも当時の石炭産業が関わっていたことから、炭鉱が寂れた現在でも "Die Knappen"(若い炭鉱夫たち)という愛称が用いられるほか、所属選手が炭鉱採掘を体験するイベントが毎年恒例となっている。また、本拠地のロッカールームからピッチへ向かう通路の壁も炭鉱をイメージしたものとなっており、チームスローガンの「Glück auf(グリュック アウフ)」も「(炭鉱から地上に無事に戻ってこれるよう)幸運を祈る」という意味で使われている。

ドイツ国内においてその人気は高く、ホームスタジアムをフェルティンス・アレーナに移した2001-02シーズン以降は2008年現在7シーズン連続で6万人を超える平均観客動員を記録中である。2001-02シーズンから2004-05シーズンまではドルトムントに続くブンデスリーガ2位の平均観客動員を記録していたが、バイエルン・ミュンヘン(Bミュンヘン)がアリアンツ・アレーナにホームスタジアムを移した2005-06シーズン以降は、ドルトムントやBミュンヘンに続くブンデスリーガ3位の平均観客動員が定位置となっている。

2014年1月、世界最大の会計事務所である『デロイト』が公表したデロイト・フットボール・マネー・リーグによると、2012-13シーズンのクラブ収入は1億9820万ユーロであり、世界のサッカークラブの中では13位、ドイツではバイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムントに次ぐ3位である[3]

第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世はクラブの名誉会員であった。

ユニフォームサプライヤーはアンブロ、胸スポンサーはロシアのガス会社ガスプロム

歴史

創立期

1904年5月4日にゲルゼンキルヒェン市内のシャルケ地区に住む14 - 15歳の少年たちによって「ヴェストファリア・シャルケ」として創設された[4]。何度かの名称変更を経て、1924年に「FCシャルケ04」と改称した。1933年から1942年にかけてドイツ・サッカー選手権優勝6回を数え、1936-37シーズンにはDFBポカールとの2冠を達成するなど黄金時代を迎えた。1957-58シーズンには7度目のサッカー選手権優勝を果たした[4]

1963年のブンデスリーガ発足とともに加入。1973年には、翌年のワールドカップのためにパルクシュタディオンが新設され本拠を移転した。1980年代に入ると成績が低迷し、1980-81シーズンで2部に降格。1981-82シーズンで1部に復帰するも、翌1982-83シーズンでプレーオフの末、再び降格した。1984-85シーズンから1部に復帰するも1987-88シーズンに三たび降格したが1991-92シーズンに1部復帰を果たした[4]

初のUEFAカップ制覇とDFBポカール連覇

1991-92シーズン以降はブンデスリーガ上位に顔を出すようになり、1996-97シーズン途中で監督に就任したフーブ・ステフェンスの下、初めてUEFAカップを制した。インテルナツィオナーレ・ミラノとの決勝戦ではPK戦に持ち込まれたがイェンス・レーマンの活躍もあり優勝した。

1998-99シーズンと1999-00シーズンは主力選手の怪我が相次ぎ下位に低迷した。このような理由からステフェンスは解任を免れた。

2000-01シーズンには、ライバルのドルトムントからアンドレアス・メラーが加入した。このシーズンはリーグで躍進し、Bミュンヘンとの直接対決を制して最終節まで優勝争いを演じ、DFBポカールでは優勝を果たした。特にメラーの加入は大きく、このシーズンに得点王になったエッベ・サンドエミール・ムペンザとのトライアングルは高い攻撃力を見せた。2001-02シーズンもこの強さは続き、DFBポカールで連覇も果たした。

フェルティンス・アレーナ完成以降

2001年に新たなスタジアム、フェルティンス・アレーナ(当時の名称はアレーナ・アウフシャルケ)が完成し、本拠を移転した。この建設などで多額の負債を負ったクラブは、新スタジアムの命名権も持つとの契約を2012年まで残しながら、2006年10月にロシアの企業・ガスプロムがメインスポンサーになった。これにより、5年半で1億2,500万ユーロの資金を獲得するとされている。

UEFAチャンピオンズリーグでは、新スタジアム完成後の2001-02シーズンに初出場した。2007-08シーズンのチャンピオンズリーグにおいて、グループリーグ最終節にてローゼンボリBKを破って逆転で勝ち抜き、決勝トーナメント1回戦でFCポルトを破りベスト8に進出した。しかし、2007-08シーズンのブンデスリーガ3位となり挑んだ2008-09シーズンのチャンピオンズリーグ予備3回戦、アトレティコ・マドリード戦では主力選手の故障も重なり、ドイツのクラブとしては2003-04シーズンにおけるドルトムント以来となる予備3回戦敗退となった。

2006-07シーズンは優勝争いを演じたが、2000-01シーズンと同様に優勝することはなかった。覇権奪回を目指すクラブは、2009年にVfLヴォルフスブルクを初のリーグ優勝に導いたフェリックス・マガトを監督に招聘した。

2010-11シーズンは開幕前に内田篤人が加入。チャンピオンズリーグ決勝トーナメントでベスト8進出し、DFBポカールでは決勝に勝ち進んだものの、ブンデスリーガでの成績は不振で、2011年3月17日、マガトが監督を解任され、後任としてラルフ・ラングニックが復帰することが発表された。2011-12シーズンはリーグ戦では14位と低迷したが、レアル・マドリードから移籍してきたラウル・ゴンサレスの活躍などで、クラブ初のチャンピオンズリーグでのベスト4に加えてドイツ・カップを獲得した。

2012-13シーズンはチャンピオンズリーグにおいてアーセナルを差し置いて首位でグループ通過したものの、ガラタサライに敗れベスト16に終わった。

2013-14シーズンはACミランからケヴィン=プリンス・ボアテングを獲得した。チャンピオンズリーグはグループ2位で通過したが、ベスト16でレアル・マドリードに敗れた。

2014-15シーズンは1.FSVマインツ05からチュポ・モティングを獲得し、冬の移籍市場ではマンチェスター・シティからマティヤ・ナスタシッチを獲得した。チャンピオンズリーグではベスト16で再びレアル・マドリードと対戦し、アウェーのセカンドレグは勝利したものの2戦合計4-5で敗れた。この頃からマックス・マイヤーレオン・ゴレツカレロイ・サネといった若手のドイツ人プレーヤーがチームを引っ張るようになった。

2015-16シーズンの夏の移籍市場では、ボアテングの契約を解除し、ユリアン・ドラクスラーVfLヴォルフスブルクに放出した一方、フランコ・ディ・サントヨハネス・ガイスピエール・エミール・ホイビュルクなどを獲得。冬の移籍市場ではユネス・ベルアンダを獲得した。ヨーロッパリーグではベスト32でFCシャフタール・ドネツクに2戦合計0-3で敗れた。

2016-17シーズンは監督にマルクス・ヴァインツィールが就任。夏の移籍市場で主力であったサネをマンチェスター・シティに放出したが、ブリール・エンボロ (バーゼル)、イェウヘン・コノプリャーンカコケ (セビージャ)、ナウド (ヴォルフスブルク)などを獲得。冬の移籍市場ではギド・ブルクシュタラー (ニュルンベルク)を獲得した。リーグ序盤で5連敗に始まり最下位に沈むなど最悪のスタートを記録した。3バック起用などで一時はV時回復を見せるも、ブンデスリーガは10位に終わり、ヨーロッパリーグを逃した。ヨーロッパリーグはベスト8でアヤックスに敗れて敗退した。

2017-18シーズン、32歳のドメニコ・テデスコを監督に就任させた。夏の新戦力として、フランクフルトからバスティアン・オツィプカを、FCナントからアミーヌ・アリを獲得した。また、テデスコはマックス・マイヤーを司令塔ポジションにコンバートさせ、見事成功させた。リーグ戦においてはシーズン通算18勝9分け7敗という結果を残し、中でも、11月に行われた第13節ドルトムント戦では、4点差のビハインドを跳ね返し、奇跡のドロー決着にさせた。これらの出来事により、クラブは、リーグ順位2位で4シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権を手にした。

2019-20シーズンは監督にデイヴィッド・ワグナーが就任。2019年12月時点で3位に立ち、前半戦を8勝3敗6分けの5位で終えるなど、上々の滑り出しを見せていたが、多くの負傷者の存在や対戦相手からの分析が進んだ後半戦以降は、2020年1月17日のボルシアMGを2-0で下したのを最後に勝ち星から遠ざかり、6月7日の1.FCウニオン・ベルリン戦を1-1のドローで終え、1993-94シーズン以来となる27年ぶりのリーグ戦連続未勝利数がクラブ史上ワーストとなる12試合にまで伸び、未勝利記録を樹立した。その後も最終節のSCフライブルク戦も0-4と大敗し、順位こそ前半戦での大きな貯金もあり、前シーズンから2つ上がった12位で終えたが、後半戦だけの成績に限れば1勝10敗6分け(7得点37失点)の成績だった。同シーズン終盤の絶不調に加え、かねてより懸念されていたチームの財政事情が、2019新型コロナウイルスの影響により更に悪化。その為、クラブはシーズン終了後にノルトライン=ヴェストファーレン州から4000万ユーロ(約45億円)の借り入れを発表した[5][6][7]

2020-21シーズンは開幕節でFCバイエルン・ミュンヘン戦に0-8で敗れると、第2節のヴェルダー・ブレーメン戦も1-3で敗れ、同日ワグナー監督を解任。更に監督を目眩く交代させるなど、激動のシーズンに終始。2020年11月4日に行われたDFBポカール2020-2021 1回戦・1.FCシュヴァインフルト05戦で4-1と快勝し、同年2月5日に行われたDFBポカール2019-2020 3回戦・ヘルタ・ベルリン戦 (3-2)以来となる公式戦での勝利となった。しかし、リーグ戦初勝利は2021年1月に入ってからで、2勝目も4月に入ってからという、歴史的大低迷に喘いだ。同月21日のアルミニア・ビーレフェルト戦で0-1で敗北し、最下位決定での降格となった[8]

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

過去の成績

シーズンディビジョンDFBポカール
リーグ順位
1963-64ブンデスリーガ1部30125135153298位準々決勝敗退
1964-65ブンデスリーガ1部30781545602216位準決勝敗退
1965-66ブンデスリーガ1部341071733552714位2回戦敗退
1966-67ブンデスリーガ1部341261637633015位準々決勝敗退
1967-68ブンデスリーガ1部341181542483015位2回戦敗退
1968-69ブンデスリーガ1部34147134540357位準優勝
1969-70ブンデスリーガ1部341112114354349位2回戦敗退
1970-71ブンデスリーガ1部34156134440366位準決勝敗退
1971-72ブンデスリーガ1部3424467635522位優勝
1972-73ブンデスリーガ1部341081646612815位2回戦敗退
1973-74ブンデスリーガ1部34165137268377位1回戦敗退
1974-75ブンデスリーガ1部34167115237397位3回戦敗退
1975-76ブンデスリーガ1部341311107655376位3回戦敗退
1976-77ブンデスリーガ1部3417987752432位4回戦敗退
1977-78ブンデスリーガ1部34146144752349位準々決勝敗退
1978-79ブンデスリーガ1部349101555612815位3回戦敗退
1979-80ブンデスリーガ1部34129134051338位準決勝敗退
1980-81ブンデスリーガ1部34871943882317位1回戦敗退
1981-82ブンデスリーガ2部38191367035511位1回戦敗退
1982-83ブンデスリーガ1部34862048682216位準々決勝敗退
1983-84ブンデスリーガ2部3823969545552位準決勝敗退
1984-85ブンデスリーガ1部34138136362348位3回戦敗退
1985-86ブンデスリーガ1部341181553583010位準々決勝敗退
1986-87ブンデスリーガ1部341281450583213位1回戦敗退
1987-88ブンデスリーガ1部34871948842318位1回戦敗退
1988-89ブンデスリーガ2部3813101558513612位3回戦敗退
1989-90ブンデスリーガ2部381611116951435位1回戦敗退
1990-91ブンデスリーガ2部38231146429571位3回戦敗退
1991-92ブンデスリーガ1部3811121545453411位2回戦敗退
1992-93ブンデスリーガ1部3411121142433410位2回戦敗退
1993-94ブンデスリーガ1部341091538502914位3回戦敗退
1994-95ブンデスリーガ1部3410111348543111位準々決勝敗退
1995-96ブンデスリーガ1部34141464536563位3回戦敗退
1996-97ブンデスリーガ1部3411101335404312位2回戦敗退
1997-98ブンデスリーガ1部34131383832525位2回戦敗退
1998-99ブンデスリーガ1部3410111341544110位2回戦敗退
1999-00ブンデスリーガ1部348151142443913位3回戦敗退
2000-01ブンデスリーガ1部3418886535622位優勝
2001-02ブンデスリーガ1部3418795236615位優勝
2002-03ブンデスリーガ1部34121394640497位3回戦敗退
2003-04ブンデスリーガ1部341311104942507位2回戦敗退
2004-05ブンデスリーガ1部34203115646632位準優勝
2005-06ブンデスリーガ1部34161354731614位2回戦敗退
2006-07ブンデスリーガ1部3421585332682位2回戦敗退
2007-08ブンデスリーガ1部34181065532643位3回戦敗退
2008-09ブンデスリーガ1部34148124735508位準々決勝敗退
2009-10ブンデスリーガ1部3419875331652位準決勝敗退
2010-11ブンデスリーガ1部341171638444014位優勝
2011-12ブンデスリーガ1部34204107444643位3回戦敗退
2012-13ブンデスリーガ1部34167115850554位3回戦敗退
2013-14ブンデスリーガ1部3419786343643位3回戦敗退
2014-15ブンデスリーガ1部34139124240486位1回戦敗退
2015-16ブンデスリーガ1部34157125149525位2回戦敗退
2016-17ブンデスリーガ1部3411101345404310位準々決勝敗退
2017-18ブンデスリーガ1部3418975337632位準決勝敗退
2018-19ブンデスリーガ1部34891737553314位準々決勝敗退
2019-20ブンデスリーガ1部349121338583912位準々決勝敗退
2020-21ブンデスリーガ1部34372425861618位3回戦敗退
2021-22ブンデスリーガ2部
出典[9][10]

記録

2019年3月13日現在

欧州での記録

大会勝率
UEFAチャンピオンズカップ / UEFAチャンピオンズリーグ 77311828109117−8040.26
UEFAカップ / UEFAヨーロッパリーグ 10051262317095+75051.00
UEFAカップウィナーズカップ 149232114+7064.29
UEFAインタートトカップ 121020235+18083.33
総通算2031014854323231+92049.75

欧州の成績

1950-2000

シーズン大会ラウンド対戦相手ホームアウェー再試合合計
1958-59 UEFAチャンピオンズカップ 1回戦デンマークの旗 コペンハーゲン5-20-33-15-5Symbol keep vote.svg
2回戦イングランドの旗 ウルブス2-12-2N/A4-3Symbol keep vote.svg
準々決勝スペインの旗 アトレティコ・マドリード1-10-31-4Symbol delete vote.svg
1969-70 UEFAカップウィナーズカップ 1回戦アイルランドの旗 シャムロック・ローヴァーズ3-01-24-2Symbol keep vote.svg
2回戦スウェーデンの旗 IFKノルシェーピン1-00-01-0Symbol keep vote.svg
準々決勝ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ディナモ・ザグレブ1-03-14-1Symbol keep vote.svg
準決勝イングランドの旗 マンチェスター・シティ1-01-52-5Symbol delete vote.svg
1972-73 UEFAカップウィナーズカップ 1回戦ブルガリアの旗 スラヴィア・ソフィア2-13-15-2Symbol keep vote.svg
2回戦アイルランドの旗3-00-03-0Symbol keep vote.svg
準々決勝チェコスロバキアの旗 スパルタ・プラハ2-10-32-4Symbol delete vote.svg
1976-77 UEFAカップ 1回戦ポルトガルの旗 ポルト3-22-25-4Symbol keep vote.svg
2回戦ルーマニアの旗 クレイジー・ギャング4-01-05-0Symbol keep vote.svg
3回戦ベルギーの旗 RWDM1-10-11-2Symbol delete vote.svg
1977-78 UEFAカップ 1回戦イタリアの旗 フィオレンティーナ2-13-05-1Symbol keep vote.svg
2回戦東ドイツの旗 マクデブルク1-32-43-7Symbol delete vote.svg
1996-97 UEFAカップ 1回戦オランダの旗 ローダJC3-02-25-2Symbol keep vote.svg
2回戦トルコの旗 トラブゾンスポル1-03-34-3Symbol keep vote.svg
3回戦ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ2-01-23-2Symbol keep vote.svg
準々決勝スペインの旗 バレンシア2-01-13-1Symbol keep vote.svg
準決勝スペインの旗 テネリフェ2-0
(a.e.t.)
0-12-1Symbol keep vote.svg
決勝イタリアの旗 インテル1-00-11-1
(4-1 p)
Symbol keep vote.svg
1997-98 UEFAカップ 1回戦クロアチアの旗 ハイドゥク・スプリト2-03-25-2Symbol keep vote.svg
2回戦ベルギーの旗 アンデルレヒト1-02-13-1Symbol keep vote.svg
3回戦ポルトガルの旗 ブラガ2-00-02-0Symbol keep vote.svg
準々決勝イタリアの旗 インテル1-1
(a.e.t.)
0-11-2Symbol delete vote.svg
1998-99 UEFAカップ 1回戦チェコの旗 スラヴィア・プラハ1-00-11-1
(4-5 p)
Symbol delete vote.svg

2001-2010

シーズン大会ラウンド対戦相手ホームアウェー合計
2001-02 UEFAチャンピオンズリーグ グループCギリシャの旗 パナシナイコス0-20-24位Symbol delete vote.svg
イングランドの旗 アーセナル4-11-3
スペインの旗 マヨルカ0-14-0
2002-03 UEFAカップ 1回戦ベラルーシの旗 ホメリ4-04-18-1Symbol keep vote.svg
2回戦ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ0-03-23-2Symbol keep vote.svg
3回戦ポーランドの旗 ヴィスワ・クラクフ1-41-12-5Symbol delete vote.svg
20033回戦モルドバの旗 ダチア・キシナウ2-11-03-1Symbol keep vote.svg
準決勝チェコの旗 スロヴァン・リベレツ2-10-02-1Symbol keep vote.svg
決勝オーストリアの旗 パッシング0-02-02-0Symbol keep vote.svg
2003-04 UEFAカップ 1回戦クロアチアの旗 カメン・イングラード1-00-01-0Symbol keep vote.svg
2回戦デンマークの旗 ブレンビーIF2-11-23-3
(1-3 p)
Symbol delete vote.svg
20043回戦北マケドニア共和国の旗 バルダール5-02-17-1Symbol keep vote.svg
準決勝デンマークの旗 EfB3-03-16-1Symbol keep vote.svg
決勝チェコの旗 スロヴァン・リベレツ2-11-03-1Symbol keep vote.svg
2004-05 UEFAカップ 1回戦ラトビアの旗 リエパーヤス・メタルルグス5-14-09-1Symbol keep vote.svg
グループAスイスの旗 バーゼル1-1N/A2位Symbol keep vote.svg
スコットランドの旗 ハート・オブ・ミドロシアンN/A1-0
ハンガリーの旗 フェレンツヴァーロシュ2-0N/A
オランダの旗 フェイエノールトN/A1-2
ラウンド32ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク0-11-11-2Symbol delete vote.svg
2005-06 UEFAチャンピオンズリーグ グループEオランダの旗 PSV3-00-13位Symbol delete vote.svg
イタリアの旗 ACミラン2-22-3
トルコの旗 フェネルバフチェ2-03-3
UEFAカップ ラウンド32スペインの旗 エスパニョール2-13-05-1Symbol keep vote.svg
ラウンド16イタリアの旗 パレルモ3-00-13-1Symbol keep vote.svg
準々決勝ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア1-13-14-2Symbol keep vote.svg
準決勝スペインの旗 セビージャ0-00-1
(a.e.t.)
0-1Symbol delete vote.svg
2006-07 UEFAカップ 1回戦フランスの旗 ナンシー1-01-32-3Symbol delete vote.svg
2007-08 UEFAチャンピオンズリーグ グループBスペインの旗 バレンシア0-10-02位Symbol keep vote.svg
ノルウェーの旗 ローゼンボリBK3-12-0
イングランドの旗 チェルシー0-00-2
ラウンド16ポルトガルの旗 ポルト1-00-11-1
(4-1 p)
Symbol keep vote.svg
準々決勝スペインの旗 バルセロナ0-10-10-2Symbol delete vote.svg
2008-09 UEFAチャンピオンズリーグ 予選3回戦スペインの旗 アトレティコ・マドリード1-00-41-4Symbol delete vote.svg
UEFAカップ 1回戦キプロスの旗 APOEL1-14-15-2Symbol keep vote.svg
グループAフランスの旗 パリ・サンジェルマン3-1N/A5位Symbol delete vote.svg
スペインの旗 ラシン・サンタンデールN/A1-1
イングランドの旗 マンチェスター・シティ0-2N/A
オランダの旗 トゥウェンテN/A1-2

2010-

シーズン大会ラウンド対戦相手ホームアウェー合計
2010-11 UEFAチャンピオンズリーグ グループBフランスの旗 オリンピック・リヨン3–00–11位Symbol keep vote.svg
ポルトガルの旗 ベンフィカ2–02–1
イスラエルの旗 ハポエル・テルアビブ3–10–0
ラウンド16スペインの旗 バレンシア3–11–14–2Symbol keep vote.svg
準々決勝イタリアの旗 インテル2–15–27–3Symbol keep vote.svg
準決勝イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド0–21–41–6Symbol delete vote.svg
2011-12 UEFAヨーロッパリーグ プレーオフフィンランドの旗 HJK6–10–26–3Symbol keep vote.svg
グループJキプロスの旗 ラルナカ0–05–01位Symbol keep vote.svg
イスラエルの旗 マッカビ・ハイファ3–13–0
ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト2–10–0
ラウンド32チェコの旗 ヴィクトリア・プルゼニ3–1
(a.e.t.)
1–14–2Symbol keep vote.svg
ラウンド16オランダの旗 トゥウェンテ4–10–14–2Symbol keep vote.svg
準々決勝スペインの旗 アスレティック・ビルバオ2–42–24–6Symbol delete vote.svg
2012-13 UEFAチャンピオンズリーグ グループBイングランドの旗 アーセナル2–22–01位Symbol keep vote.svg
フランスの旗 モンペリエ2–21–1
ギリシャの旗 オリンピアコス1–02–1
ラウンド16トルコの旗 ガラタサライ2–31–13–4Symbol delete vote.svg
2013-14 UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフギリシャの旗 PAOK1–13–24–3Symbol keep vote.svg
グループEイングランドの旗 チェルシー0–30–32位Symbol keep vote.svg
スイスの旗 バーゼル2–01–0
ルーマニアの旗 ステアウア・ブカレスト3–00–0
ラウンド16スペインの旗 レアル・マドリード1–61–32–9Symbol delete vote.svg
2014-15 UEFAチャンピオンズリーグ グループGイングランドの旗 チェルシー0–51–12位Symbol keep vote.svg
スロベニアの旗 マリボル1–11–0
ポルトガルの旗 スポルティングCP4–32–4
ラウンド16スペインの旗 レアル・マドリード0–24–34–5Symbol delete vote.svg
2015-16 UEFAヨーロッパリーグ グループKキプロスの旗 APOEL1–03–01位Symbol keep vote.svg
ギリシャの旗 アステラス・トリポリス4–04–0
チェコの旗 スパルタ・プラハ2–21–1
ラウンド32ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク0–30–00–3Symbol delete vote.svg
2016-17 UEFAヨーロッパリーグ グループIフランスの旗 ニース2–01–01位Symbol keep vote.svg
オーストリアの旗 レッドブル・ザルツブルク3–10–2
ロシアの旗 クラスノダール2–01–0
ラウンド32ギリシャの旗 PAOK1–13–04–1Symbol keep vote.svg
ラウンド16ドイツの旗 ボルシアMG1–12–23–3 (a)Symbol keep vote.svg
準々決勝オランダの旗 アヤックス3–2
(a.e.t.)
0–23–4Symbol delete vote.svg
2018-19 UEFAチャンピオンズリーグ グループDトルコの旗 ガラタサライ2-00–02位Symbol keep vote.svg
ロシアの旗 ロコモティフ・モスクワ1-01-0
ポルトガルの旗 ポルト1-11-3
ラウンド16イングランドの旗 マンチェスター・シティ2–30–72–10Symbol delete vote.svg

現所属メンバー

2021-22シーズン フォーメーション
2021年9月21日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
1GKドイツラルフ・フェールマン
2DFオランダトーマス・ウーワイアン
3DF日本板倉滉
4MFアイスランド (Flag of Portugal.svg)
7MFマケドニア共和国ダルコ・チュルリノフ
8MFドイツダニー・ラッツァ (Captain sports.svg)
9FWドイツシモン・テロッデ
10MFウルグアイロドリゴ・サラサール (Flag of Spain.svg)
11FWドイツ
15DFベルギードリース・ワウテルス
17MFドイツフロリアン・フリック
18MFドイツマルク・ジャトコフスキ
21FWドイツ
No.Pos.選手名
24MFドイツドミニク・ドレクスラー
26DFセネガルサリフ・サネ (Flag of France.svg)
27MFオーストリア
30GKオーストリア
31DFドイツ
33DFドイツ
34GKオーストリアミヒャエル・ランガー
35DFポーランドマルチン・カミンスキ
36MFコソボ (Flag of Germany.svg)
38MFドイツ (Flag of Turkey.svg)
39MFロシア
42MFドイツケリム・チャルハノール (Flag of Turkey.svg)

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督
  • ギリシャの旗

ローン移籍

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
2DFオランダトーマス・ウーワイアン (AZアルクマール)
3DF日本板倉滉 (マンチェスター・シティFC)
7MFマケドニア共和国ダルコ・チュルリノフ (VfBシュトゥットガルト)
No.Pos.選手名
10MFウルグアイロドリゴ・サラサール (アイントラハト・フランクフルト)
21FWドイツ (SCフライブルク)
39MFロシア (FCゼニト・サンクトペテルブルク)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
--DFモロッコハムザ・メンディル (ガズィアンテプBB)
--DFトルコオザン・カバク (ノリッジ・シティFC)
--MFモロッコ (FCインゴルシュタット04)
--MFドイツレヴェント・メルジャン (ファティ・カラギュムリュクSK)
No.Pos.選手名
--MFドイツキャン・ボズドガン (ベシクタシュJK)
--MFモロッコアミーヌ・アリ (オリンピック・マルセイユ)
--FWウェールズラビ・マトンド (セルクル・ブルッヘ)

歴代監督

歴代所属選手

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Die Satzung des FC Schalke 04”. Schalke04. 2014年6月13日閲覧。
  2. ^ フースバルクルプ・ゲルゼンキルヒェン=シャルケ・ヌルフィア・エー・ファウ。
  3. ^ Deloitte Football Money League 2014(2014年1月に国際監査法人『デロイト』が公表した2012-2013シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング)
  4. ^ a b c history”. schalke04. 2014年8月4日閲覧。
  5. ^ 立て直し期すシャルケ、競技面でも財政面でも危機的状況”. キッカー日本語版 (2020年7月2日). 2020年8月2日閲覧。
  6. ^ 財政危機のシャルケが地元から保証、今季は16戦未勝利でシーズン終了”. 超ワールドサッカー (2020年7月26日). 2020年8月2日閲覧。
  7. ^ 財政難のシャルケ 主力3選手を売却候補に”. Shooty (2020年7月30日). 2020年8月2日閲覧。
  8. ^ シャルケ2部降格決定、残念な記録も同時更新”. キッカー日本語版 (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  9. ^ archiv”. schalke04. 2014年8月4日閲覧。
  10. ^ Archive”. Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年8月4日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close