ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏉|速報】東京五輪 7人制ラグビーに佐賀ゆかりの2人が内定


写真 

速報】東京五輪 7人制ラグビーに佐賀ゆかりの2人が内定

 
内容をざっくり書くと
19日、日本ラグビーフットボール協会は7人制ラグビーの日本代表を発表し、女子に堤ほの花選手、男子に副島亀里選手が選ばれました。
 

佐賀県にゆかりがあるラグビー選手、堤ほの花選手と副島亀里選手が、東京オリンピック7人制ラグビーの日本… →このまま続きを読む

 サガテレビ

「サガテレビ」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。佐賀県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

副島亀里選手

日本ラグビーフットボール協会

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(にほんラグビーフットボールきょうかい、: Japan Rugby Football Union, 略称:JRFU)は、日本におけるラグビーラグビーユニオン)の高等学校大学ジャパンラグビートップリーグを総括している国内競技連盟

概要

協会本部は、東京都港区北青山の秩父宮ラグビー場内にある。旧所管は文部科学省

傘下団体として関東ラグビーフットボール協会関西ラグビーフットボール協会九州ラグビーフットボール協会の3支部協会があり、関東・関西・九州以外の地域については、北海道・東北・甲信越地域は関東ラグビーフットボール協会、東海・北陸と中国・四国地区は関西ラグビーフットボール協会の傘下に組み込まれて活動している。

放送局と放映権に関する契約を結んでいる[1]

主な主催大会

歴史

1926年11月30日に創立[2]2013年公益財団法人へと移行している。

歴代会長

  1. 高木喜寛(1928-1947)
  2. 田辺九萬三(1947-1955)
  3. 香山蕃(1955-1969)
  4. 湯川正夫(1969)
  5. 横山通夫(1969-1973)
  6. 椎名時四郎(1973-1979)
  7. 阿部譲(1979-1990)
  8. 磯田一郎(1990-1992)
  9. 川越藤一郎(1992-1994)
  10. 金野滋(1994-2001)
  11. 町井徹郎 (2001-2004)(代行:日比野弘(2004))
  12. 森喜朗 (2005-2015)
  13. 岡村正 (2015-2019)
  14. 森重隆 (2019-)

現在の主な体制

現在[いつ?]の主な体制。

役職名前肩書・その他の役職
会長森重隆九州ラグビーフットボール協会会長、株式会社森硝子店代表取締役社長
副会長清宮克幸ヤマハ発動機ジュビロ前監督
副会長山城泰介
専務理事岩渕健輔日本ラグビー7人制代表総監督、元日本ラグビー15人制日本代表GM
理事・会計役鈴木 彰財務委員会委員長
理事・事務局長常深伸太
理事浅見敬子ワールドラグビー理事
理事石井淳子公益財団法人全日本柔道連盟 理事
理事稲澤裕子読売新聞調査研究本部主任研究員
理事久木元 孝行九州ラグビーフットボール協会理事長、「ラグビーワールドカップ 2019」地域担当
理事齋木尚子前外務省研修所長
理事境田正樹弁護士、東京大学理事
理事谷口真由美大阪大学非常勤講師
理事土田雅人代表取締役社長、ジャパンエスアール理事、元日本代表コーチ
理事中竹竜二株式会社TEAMBOX代表取締役。
理事中村明彦メディカル委員長
理事浜本剛志関東ラグビーフットボール協会副会長、「ラグビーワールドカップ 2019」地域担当
理事藤井雄一郎サンウルブズGM、男子15人制日本代表強化副委員長
理事前田直毅専務理事補佐
理事松原忠利関西ラグビーフットボール協会理事長、「ラグビーワールドカップ 2019」地域担当
理事水越豊ボストンコンサルティンググループシニア・パートナー&マネージング・ディレクター
理事山本巧普及・競技力向上委員会、防衛大学校ラグビー部監督
理事渡瀬裕司一般社団法人ジャパンエスアール CEO
理事渡辺一郎東京都市大学教授
監事坂井秀行弁護士
監事袖山裕行公認会計士・税理士
会長特別補佐坂田好弘「ラグビーワールドカップ 2019」プロトコルなど担当。大阪体育大学名誉教授
会長特別補佐大畑大介「ラグビーワールドカップ 2019」プロトコルなど担当
会長特別補佐水谷眞大学ラグビー振興に向けた助言など担当
会長特別補佐河野一郎神宮外苑地区再開発対応、ジャパンラグビートップリーグ改革対応への助言など担当。日本アンチ・ドーピング機構理事、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長

関連団体と組織構成

レフリー

A級から女子A級レフリーは日本協会が毎年度承認することでレフリー資格認定を受ける。またA級およびA1級は国際試合を含む、国内で行われる全ての試合のレフリーを担当可能となる[3]

現在のA級レフリー

公式マスコット

  • レンジー

歌舞伎演目の連獅子をモチーフにした親子ペア (白髪の「レン」と赤髪の「ジー」) で、2018年1月26日にラグビーワールドカップ2019日本大会のマスコットとして誕生。ともに顔はラグビーボール型となっている。

実績のあるデザイナー・制作チームなど計10組の指名コンペにて、50作品の応募があった。組織委職員の投票やワールドラグビーの意向などで決定した。

2020年8月24日からは日本ラグビーフットボール協会の公式マスコットとして、ラグビーの普及活動や日本代表戦などのイベントでの活動を予定している[4]

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグのYouTubeライブ配信中止のお知らせ . 関西ラグビーフットボール協会(2020年11月14日). 2020年11月15日閲覧。
  2. ^ 2015年11月30日放送 「ZIP!」内「きょう検定クライマーズ」
  3. ^ 審判(レフリー) . 日本ラグビーフットボール協会. 2020年12月27日閲覧。
  4. ^ 日本ラグビー協会公式マスコット決定のお知らせ - RWC2019で活躍したレンジーが就任 - . 日本ラグビーフットボール協会(2020年8月24日). 2020年9月20日閲覧。
  5. ^ 国立競技場 『国立競技場十年史』、1969年、65頁。 

外部リンク


 

Back to Top
Close