ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|楽天・田中将、3勝目も「不甲斐ない」 6回8安打4失点で53日ぶり白星も猛省


写真 6回4失点で3勝目を挙げた楽天・田中将大【写真:宮脇広久】

楽天・田中将、3勝目も「不甲斐ない」 6回8安打4失点で53日ぶり白星も猛省

 
内容をざっくり書くと
田中将に勝利投手の権利が転がり込んだ。
 

初回には14年ぶりのボークも「タイミングが重なって、ああいう形に」■楽天 6ー4 西武(23日・メッ… →このまま続きを読む

 Full-Count


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

勝利投手

勝利投手(しょうりとうしゅ、Winning pitcher)とは、野球試合において勝利チームの責任投手を指す。勝ち投手(かちとうしゅ)、公認野球規則においては勝投手とも記述される。基本的には、自チームのある時点での得点が決勝点となるように、守備面で貢献した投手が勝利投手となる。

規則

公認野球規則9.17により勝利投手は定められている。

  • ある投手の登板中の攻撃、あるいは登板中の投手が代打または代走と交代して退いた回の攻撃で自チームがリードを奪い、しかもそのリードが試合終了まで保たれた場合、その投手が勝利投手になる。(※「登板中」とは、先攻チームであれば勝ち越した直前の回(裏)を完了、後攻チームであれば勝ち越した回の表を完了することを指す)

ただし、次の場合はその限りではない。

  1. その投手が先発投手の場合、5イニング以上(天災などでコールドゲームが宣告された試合で、勝利チームの守備が6イニングに満たなかった時は4イニング)投球しなかった場合。
  2. その投手が救援投手の場合、投球イニングが少なくかつ勝利に効果的でなく、それに続いて登板した投手のいずれかがより勝利に効果的な投球をしたと判断される場合。

上記1.により登板中に勝ち越した先発投手が勝利投手になれない場合は、救援投手が1人であればその投手を勝利投手とする。救援投手が複数であれば、投球イニングが他の投手より1イニング以上多い投手がいる時はその救援投手を勝利投手とする。投球イニングが同じか、もしくは差が1イニング未満の場合は最も効果的な投球をしたと公式記録員が判断した1人の投手を勝利投手とする[1]。この時、2人以上の投手が同程度に効果的な投球をした場合は、原則的に先に登板した投手が勝利投手となる[2]

上記2.の救援投手の登板中に勝ち越した場合は、その投手の投球イニングが1イニング以上であれば無条件で勝利投手になる[3] が、投球イニングが1イニング未満で、かつ前任投手の残した走者を含む2失点以上した場合は原則として勝利投手になれない[4] 。したがってその場合は上記1.と同じルールを適用し、後任投手が1人であればその投手を勝利投手とする。複数であれば、投球イニングが他の投手より1イニング以上多い投手がいる時はその救援投手を勝利投手とする。投球イニングが同じか、もしくは差が1イニング未満の場合は最も効果的な投球をしたと公式記録員が判断した1人の投手を勝利投手とする。この時、2人以上の投手が同程度に効果的な投球をした場合は、原則的に先に登板した投手が勝利投手となる。

また上記とは別に、日本プロ野球ではオールスターゲームとオープン戦の勝利投手は、9.17(e)により原則として先発・救援の区別無くチームが最終的な勝ち越し点を挙げた当時に投球していた投手を勝利投手とする[5]

1.と2.とのいずれの場合も、勝利投手の決定に関しては試合中に同点になった時点でその試合が新たに始まったものとして扱う(敗戦投手の決定も同じ)。野球のテレビ中継などで、先発投手がリードを保ったまま降板した後に救援投手が失点してチームが同点に追いつかれた(または逆転された)際、アナウンサーが「勝利投手の権利が消滅」と発言することがあるが、これは同点に追いつかれた(または逆転された)時点よりも前に登板していた投手は勝利投手になることができないためである。

サヨナラゲームとなった場合には、最終回の表(または延長回の表)に登板した最後の投手は無条件で勝利投手となる。また、先攻のチームでも最終回や延長で勝ち越した回の裏をリードを保ったまま終えれば、その直前まで投げていた投手が勝利投手になる。特にこうした例についてはアウトを1つ取っただけで勝利投手となることもあり、その球数の少なさが話題となることもある(「1球勝利投手」など)。

更に稀な例として、登板時点で既に出塁していた走者を牽制球でアウト、または盗塁失敗でアウトにしてイニングを終了させ、直後の攻撃で勝ち越すと、どの打者との対戦をも完了しないまま勝利投手となることができる。日本プロ野球では過去に2例ある。さらに、打者に全く投球せずに勝利投手となることも有り得る(例えば二死一塁の場面で登板し、打者に1球目を投げる前に一塁走者を牽制球でアウトにし、直後の攻撃で決勝点が入った場合)。この0球勝利は、メジャーリーグベースボール (MLB) では2003年5月1日ボルチモア・オリオールズB・J・ライアンデトロイト・タイガース戦で記録している。日本プロ野球ではまだ0球勝利は記録されていない。

正式試合として完了した試合においては、勝利チームの投手のいずれかが必ず勝利投手になり、「勝利投手なし」となることは無い。ただし、その試合が勝利チームの規則違反などで没収試合になり、勝敗が逆転した場合、その試合の勝利投手・敗戦投手の記録は取り消しとなる。また、加害チームがリードしている状況で没収試合となった場合には記録されない。

先発投手に記録される勝利を特に先発勝利(せんぱつしょうり)、救援投手に記録される勝利を特に救援勝利(きゅうえんしょうり)と言う。投手の勝利数は、一般的には両者を合計したものを指す。

勝利投手になることは基本的にプラスとなる要素であるが、救援勝利の場合にはそれが必ずしも当てはまらない。特に勝ちパターンで登板する投手(セットアッパーやクローザーなど)に勝利が記録されている場合、それは先発投手の勝利を消す、すなわち同点に追いつかれるか逆転されることでもたらされたものであることも多いので、ある種救援失敗の指標ともなりうる(無論、同点や僅差での登板後に逆転により勝ちが付くこともあり、全てが救援失敗の結果というわけではない)。

戦前は勝利投手の認定に曖昧な部分があり、公式記録員の判断(裁量)によって記録が付けられることもあった。ヴィクトル・スタルヒン1939年にシーズン42勝を記録したが、戦後になりスタルヒンが勝利投手とならない例が2試合[6] あり、一旦40勝と訂正された。しかし1961年稲尾和久がシーズン42勝を記録した際に論議が起こり、翌年に「後から見たときにおかしな部分が存在しても、当時の公式記録員の判断は尊重されるべき」というコミッショナー裁定が出され、元の42勝に再訂正された。MLBでもチャールズ・ラドボーン1884年に達成したシーズン60勝について、同年7月28日の試合では6回から9回の4イニングを無失点に抑えたが、6回以降に味方がリードした状況での登板であったことから先発投手に勝ち星がつくものとされたことで(この例も勝利投手の記録がスコアラーの判断でつけられていた)、59勝とする文献も存在する。

日本プロ野球

最多勝利

通算記録

  • 記録は2020年シーズン終了時[7]

シーズン記録

順位選手名所属球団勝利記録年備考
1V.スタルヒン東京巨人軍421939年
稲尾和久西鉄ライオンズ1961年パ・リーグ記録
3野口二郎大洋軍401942年
4真田重男松竹ロビンス391950年セ・リーグ記録
5須田博東京巨人軍381940年
杉浦忠南海ホークス1959年
7稲尾和久西鉄ライオンズ351957年
権藤博中日ドラゴンズ1961年NPB新人記録
9藤本英雄東京巨人軍341943年
10野口二郎東京セネタース331939年
野口二郎翼軍1940年
別所毅彦読売ジャイアンツ1952年
稲尾和久西鉄ライオンズ1958年
小野正一毎日大映オリオンズ1960年
  • 記録は2019年シーズン終了時[8]

連続勝利記録

連続勝利は、敗戦投手にならない限り中断されない。間にセーブや引き分け、勝敗なしが入っても継続される。

通算記録
順位選手名記録開始日終了日
1田中将大282012年8月26日2013年10月8日
2松田清201951年5月23日1952年3月22日
稲尾和久1957年7月18日1957年10月1日
4御園生崇男181937年7月3日1938年6月4日
須田博1940年8月7日1940年11月17日
中田良弘1981年7月21日1985年8月11日
シーズン記録
順位選手名所属球団記録記録年
1田中将大楽天242013年
2稲尾和久西鉄201957年
3松田清巨人191951年
4須田博巨人181940年
5斉藤和巳ダイエー162003年

先発勝利記録

救援勝利記録

通算勝利数のうち、救援勝利の数。

順位選手名勝利
1金田正一132
2稲尾和久108
3荒巻淳98
4米田哲也90
5秋山登89
6皆川睦雄88
7鹿取義隆85
8梶本隆夫83
9杉下茂82
10杉浦忠75

1球勝利投手

選手名所属球団記録日対戦相手備考
G.ミケンズ近鉄1963年8月21日南海日本プロ野球史上初、パ・リーグ
板東英二中日1966年8月26日巨人セ・リーグ初、日本人初
菅原勝矢巨人1967年8月15日阪神
安仁屋宗八広島1968年6月30日阪神
宮本洋二郎広島1971年5月13日ヤクルト
高橋里志近鉄1985年4月25日南海
土屋正勝ロッテ1986年5月10日西武
弓長起浩阪神1993年10月21日広島
落合英二中日1999年7月11日阪神1球敗戦、1球セーブ、1球ホールドも記録
森中聖雄横浜2000年5月25日巨人
吉田修司ダイエー2000年6月2日ロッテ
葛西稔阪神2000年8月3日中日
山﨑貴弘ロッテ2001年5月29日ダイエープロ初勝利かつプロ唯一の勝利
後藤光貴西武2001年7月27日日本ハムプロ初勝利
愛敬尚史近鉄2001年9月24日西武
林昌樹広島2003年10月12日ヤクルトプロ初勝利
小野晋吾ロッテ2004年4月28日ダイエー
土肥義弘横浜2004年7月7日巨人
岡島秀樹巨人2004年7月27日広島
山﨑健ロッテ2005年6月11日中日セ・パ交流戦初
五十嵐亮太ヤクルト2006年5月2日広島
石井貴西武2006年8月1日ロッテ
平井正史中日2007年7月31日広島
江尻慎太郎日本ハム2007年8月12日西武
C.ニコースキーソフトバンク2007年9月7日オリックス来日初勝利、史上初めて日米両国で記録
佐竹健太楽天2008年10月7日ソフトバンク
小林正人中日2009年4月24日巨人同年中に2球勝利も記録
清水章夫オリックス2009年8月25日日本ハム
真田裕貴横浜2010年8月1日ヤクルト
渡辺恒樹ヤクルト2010年8月10日巨人
石井裕也日本ハム2011年8月8日楽天同月中に2球勝利も記録
山村宏樹楽天2011年8月25日日本ハム
谷元圭介日本ハム2012年5月20日広島
田島慎二中日2013年8月31日巨人
土田瑞起巨人2014年6月15日楽天プロ初勝利
金田和之阪神2014年7月22日巨人
横山貴明楽天2014年8月30日ソフトバンクプロ初登板初勝利かつプロ唯一の勝利、打者をアウトにせずに達成
益田直也ロッテ2014年9月9日西武
金刃憲人楽天2016年6月11日広島
金刃憲人楽天2016年6月25日ソフトバンク通算2度目、及び、シーズン2度目は日本プロ野球初
島本浩也阪神2016年7月24日広島プロ初勝利
松永昂大ロッテ2018年7月10日西武
酒居知史ロッテ2019年3月29日楽天開幕戦初

5イニング未満の投球で勝利投手になった先発投手

[9]

  • 榎原好(毎日) - 1950年7月16日、西鉄戦、4回を1失点
  • 佐藤平七(毎日) - 1950年10月19日、西鉄戦、4回を無失点
  • 星野武男(毎日) - 1951年4月10日、近鉄戦、4回2/3を0失点
  • 藤村富美男(大阪) - 1951年10月7日、大洋戦、4回を無失点
  • 緒方俊明(東急) - 1952年5月5日、西鉄戦、4回を無失点
  • 清水宏員(毎日) - 1952年9月23日、大映戦、4回を1失点
  • (西鉄) - 1954年7月21日、東映戦、4回を無失点
  • 阿部八郎(阪急) - 1954年8月11日、南海戦、4回を1失点

以下はいずれも当該試合がコールドゲームになったもの。

  • 杉本正(西武) - 1981年8月22日、南海戦、4回1/3を3失点
  • 柴田保光(西武) - 1982年10月2日、日本ハム戦、4回0/3を6失点
  • 田之上慶三郎(ダイエー) - 1997年10月4日、西武戦、4回を3失点
  • 川越英隆(オリックス) - 2000年5月9日、近鉄戦、4回0/3を8失点
  • 関根裕之(日本ハム) - 2000年8月22日、オリックス戦、4回を1失点
  • アリエル・ミランダ(ソフトバンク) - 2019年5月19日、日本ハム戦、4回を2失点

対戦打者0の勝利投手

打者との対戦が終了せずに勝利投手になったもの。

  • 小林雅英(ロッテ) - 2000年7月2日、オリックス戦
    同点の8回、オリックス二死一塁の場面で登板。打者小川博文への2球目が暴投となり、それを見た一塁走者のイチローが三塁を狙ったものの、捕手の清水将海の三塁送球でタッチアウトになった(これでオリックスの攻撃終了)。直後、ロッテが1点を勝ち越し、9回はブライアン・ウォーレンが登板してそのまま試合に勝利したため、小林はNPB史上初の対戦打者0の勝利投手となった[10]
  • 久古健太郎(ヤクルト) - 2014年5月3日、阪神戦
    同点の8回、阪神二死一塁の場面で登板。打者鳥谷敬に4球を投じたが、走者の大和が一塁を飛び出しており、牽制してアウトにした(これで阪神の攻撃終了)。直後、ヤクルトが4点を勝ち越し、9回は山本哲哉が登板してそのまま試合に勝利したため、久古がセ・リーグ初の対戦打者0の勝利投手となった[11]

メジャーリーグベースボール

最多勝利

通算記録

  • 記録は2017年シーズン終了時[12]

シーズン記録

順位選手名所属球団勝利記録年備考
1ジャック・チェスブロニューヨーク・ハイランダース411904年ア・リーグ記録
2エド・ウォルシュシカゴ・ホワイトソックス401908年
3クリスティ・マシューソンニューヨーク・ジャイアンツ371908年ナ・リーグ記録
4ウォルター・ジョンソンワシントン・セネタース361913年
5ジョー・マクギニティニューヨーク・ジャイアンツ351904年
6スモーキー・ジョー・ウッドボストン・レッドソックス341912年
7サイ・ヤングボストン・アメリカンズ331901年
クリスティ・マシューソンニューヨーク・ジャイアンツ1904年
ウォルター・ジョンソンワシントン・セネタース1912年
ピート・アレクサンダーフィラデルフィア・フィリーズ1916年
  • 1901年以降の記録を対象とする[13]

1900年以前の参考記録

その他の記録

0球勝利

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 公認野球規則細則 野球規則適用上の解釈 16
  2. ^ 公認野球規則9.17【原注】
  3. ^ “【記録員コラム】「オープナー」を記録の視点で考えた”. http://npb.jp/news/detail/20190315_04.html - NPB.jp 日本野球機構 ※文中の実例にあるように、1イニング以上投げた救援投手の登板中に勝ち越した時は、その投手より長いイニングを投げた救援投手がいても、登板中に勝ち越した投手を勝利投手としている
  4. ^ 公認野球規則細則 野球規則適用上の解釈 17
  5. ^ 公認野球規則9.17(e)
  6. ^ いずれも先発の中尾輝三が5イニング以上投げ、かつ中尾の登板中に巨人がリードして、そのままリードを保って巨人が勝利したにもかかわらず、先発の中尾ではなくリリーフのスタルヒンが勝利投手とされた。
  7. ^ NPB 通算勝利記録 - NPB.jp 日本野球機構(シーズン中は毎日更新)
  8. ^ NPB シーズン勝利記録 - NPB.jp 日本野球機構
  9. ^ 藤村以外は2021年ブルーブックより。理由は「特例」とされている
  10. ^ 【7月2日】2000年(平12) 何かが起こる日曜日 “勝ち逃げ”小林雅英、初の珍記録”. 日めくりプロ野球. Sponichi Annex (2009年7月2日). 2009年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月1日閲覧。
  11. ^ 久古 セ初の打者0人での勝利投手「申し訳ない」
  12. ^ 通算記録 (MLB) (Baseball-Reference.com)
  13. ^ シーズン記録 (MLB) (Baseball-Reference.com)
  14. ^ 9回表二死満塁で登板し、牽制球でいずれかの走者をアウトにしたあと、味方がサヨナラ打を打ち勝利投手になったとされている。

関連項目

田中将


 

Back to Top
Close