ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|なぜスミス・ロウに新10番を託したのか アーセナル監督「自ら要求」と説明


写真 

なぜスミス・ロウに新10番を託したのか アーセナル監督「自ら要求」と説明

 
内容をざっくり書くと
アーセナルの10番はデニス・ベルカンプ、ウィリアム・ギャラス、ロビン・ファンペルシー、ジャック・ウィルシャーらが着けてきた番号だ。
 

アーセナルの新たな背番号10に決まったエミール・スミス・ロウ。 これまではメスト・エジルが背負ってい… →このまま続きを読む

 Qoly


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ロビン・ファン・ペルシ

ロビン・ファン・ペルシRobin van Persie, オランダ語発音: [ˈrɔbɪn vɑn ˈpɛrsi] ( 音声ファイル); 1983年8月6日 - )は、オランダロッテルダム出身の元サッカー選手。元オランダ代表。ポジションはフォワード。ファン・ペルシーとカナ表記されることもあるが、-ieは必ずしも長音で発音されない。インドネシア人の祖母を持つ。

2011-12・2012-13シーズンと2シーズン連続で異なるクラブでプレミアリーグ得点王に輝いたストライカー。オランダ代表では3度のワールドカップに出場。オランダ代表の通算得点記録の保持者でもある。2021年現在、プレミアリーグ通算得点ランキング12位である。(280試合144得点 得点率51%)

経歴

クラブ

初期

SBVエクセルシオールユースからフェイエノールトユースを経て2002年にトップチームにデビューし、すぐに頭角を現す。この年のUEFAカップ優勝も経験。U-19、U-21オランダ代表にも選出された。フェイエノールト時代は左ウィング、左サイドハーフとしての起用がほとんどであった。

アーセナル

2004年には初の国外挑戦として数多くのオファーの中から、プレミアリーグアーセナルFCを選択。2006-07シーズンにはティエリ・アンリに代わり試合に出場したが、骨折によりシーズン終了まで離脱した。

2007-08シーズン序盤、代表戦での怪我で半年近くの離脱。2008-09シーズンには11アシストを記録してプレミアリーグのアシスト王に輝いた。2009年夏、アーセナルとの契約を2014年6月まで延長した。

2010-11シーズン序盤は怪我で欠場していたが、怪我から復帰後はゴールを量産。リーグ戦ではアウェーで8試合連続ゴールを記録(最終的にリーグ18得点)、またカーリングカップ決勝でも得点をあげた。しかし、チームとしては前述のカーリングカップで敗退し、カンプ・ノウでのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のFCバルセロナ戦では1stレグで同点ゴールを挙げ勝利に貢献したものの、2ndレグでは遅延行為により退場し、その後逆転され敗退した。

2011-12シーズンはセスク・ファブレガスの移籍に伴い、アーセナルのキャプテンに就任した[2]。チームが怪我で苦しむ中で1人好調をキープし、前年度を上回るペースでゴールを量産。シーズン終了間際の2012年4月20日時点で27ゴールをマークし、PFA最優秀選手賞を受賞した。最終的にゴール数を30にまで伸ばし、得点王となった。

シーズン終了後、アーセナルとの契約を延長しないことを発表。これを受けてユヴェントスFCマンチェスター・シティFCなどが獲得に動いたが、2012年8月15日、マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍した[3]

マンチェスター・ユナイテッド

2012-13シーズン、マンチェスター・ユナイテッドでもゴールを量産し、2年連続でリーグ得点王を獲得。優勝を決めたアストン・ヴィラFC戦ではハットトリックを達成した[4]

2014-15シーズンはオランダ代表で共にワールドカップを戦ったルイ・ファン・ハールが監督に就任した。しかし、度重なる負傷に悩まされ、26試合の出場で10ゴールと満足行く結果を残すことができなかった。

フェネルバフチェ

2015年7月14日、トルコのフェネルバフチェSKへ完全移籍することを発表した[5]

フェイエノールト復帰

2017年夏の移籍市場でフェイエノールトが関心を示し、ファン・ペルシ本人も子供たちの環境も考えてオランダに帰国を望んだがフェネルバフチェが契約解除に応じなかった。しかし出場機会が大きく減ったことで2018年冬の移籍市場でフェネルバフチェが契約期間残り半年分のサラリー200万ユーロの内180万ユーロを支払っての契約解除に応じ[6]、フリーになった。1月22日にフェイエノールトと1年半の契約を結び、14年ぶりに復帰した[7]。背番号はデビュー当時に付けていた32。

フェイエノールトに復帰当初はフィットしておらず、少しずつ出場時間を増やしながらのプレーではあったが、重要なゴールを決め、4月22日のKNVBカップ決勝ではAZ戦では0-2となるゴールを決め、優勝に貢献した。2018-19シーズンはキャプテンに就任して完全にフィットした状態でシーズンに入り、低調なプレーで苦しむチームにおいて存在感を示し続け、2019年1月27日のアヤックス戦では2得点を記録し、6-2という歴史的勝利に貢献した。2019年3月3日のFCエメン戦でハットトリックを達成し、キャリア通算200ゴールを達成した[8]

2018年10月、2018-19シーズンを最後に現役を引退すると発表した[9]

オランダ代表

2005年6月4日にルーマニア戦でオランダ代表デビューを果たし、ドイツワールドカップにも出場。グループリーグのコートジボワール戦で強烈なフリーキックを決めるなどオランダのグループリーグ突破に貢献した。EURO2008ではスーパーサブとして2得点を挙げる活躍を見せ、グループリーグでのオランダの快進撃に貢献した。2010 FIFAワールドカップにも出場し、チームは準優勝したが、自身はカメルーン戦の1得点のみに終わった。

2011年9月2日のUEFA EURO 2012予選サンマリノ戦では1試合4得点を記録した。2013年10月11日の2014 FIFAワールドカップ予選ハンガリー戦でハットトリックを記録し、パトリック・クライファートオランダ代表最多得点記録を更新した。

2014年のブラジルワールドカップでは主将として、3位決定戦までの7試合のうち累積警告で出場停止となったチリ戦以外の6試合に出場した。スペイン戦において背後からのクロスボールをダイビングヘッドでループシュートを決め[10]、これはFIFA公式サイトで実施された大会の最優秀ゴールの投票において2位に輝いた[11]。最終的に出場した6試合で4得点を挙げ、チームの3位入賞に貢献した。

エピソード

  • 卓球が得意で、アーセナル時代はよくチームメイトとプレーしており、チーム内で卓球の王と呼ばれていたという。また、テレビ番組の企画において卓球のイギリス代表であるダリアス・ナイトと対戦したことがあるが、3-11、4-11で敗れている[12]
  • 2014年6月、アメリカの経済誌フォーブス世界のアスリートの年収を公表した。ファン・ペルシの年収は1950万ドルであり、世界のアスリートの中で81位。サッカー選手の中では11位[13]
  • ピエール・ファン・ホーイドンクとはフェイエノールト時代に勝手にFKを奪ったことで不仲に。2014年のワールドカップ前から代表戦のTV放送での解説でファン・ホーイドンクは怪我の影響で低調だったファン・ペルシ批判の先鋒となり、ファン・ペルシはワールドカップでの最終戦である3位決定戦でゴールを決めると、試合後に「ピエールの言う事は騒ぎを起こすだけで議論になっていない。彼はゴルフでもやっているべき」とインタビューで語った[14]

個人成績

クラブ

クラブシーズン背番号リーグ戦国内カップユーロ大会期間通算
出場得点アシスト出場得点アシスト出場得点アシスト出場得点アシスト
フェイエノールト2001-023210020007001702
2002-0322239137020028161
2003-042228662003003366
通算61159570120078229
アーセナルFC2004-0511265194061041101
2005-0611245174172038112
2006-07112211710082131138
2007-081115731007222395
2008-09112811116411053442015
2009-1011169800031119109
2010-11102518752032033227
2011-1210383013220852483715
通算1949651311625220927713262
マンチェスター・ユナイテッドFC2012-13203826941063048309
2013-142112312064028183
2014-15271020002910
通算5938125301270765812
フェネルバフチェSK2015-1610249551124223
2016-17311644414121
総通算31414972412627627935320283

代表での成績

出典[15]


オランダ代表国際Aマッチ
出場得点
200561
2006116
200740
2008105
2009102
2010115
201196
2012106
20131010
2014158
201551
201710
通算10250

代表での得点

出典[15]
  FIFAワールドカップでの得点
#開催日開催地対戦国スコア結果大会
1.2005年6月8日フィンランドの旗ヘルシンキフィンランドの旗 フィンランド0-40-42006 FIFAワールドカップ予選
2.2006年6月16日ドイツの旗シュトゥットガルトコートジボワールの旗 コートジボワール1-02-12006 FIFAワールドカップ
3.2006年8月16日アイルランドの旗ダブリンアイルランドの旗 アイルランド0-40-4親善試合
4.2006年9月6日オランダの旗アイントホーフェンベラルーシの旗 ベラルーシ1-03-0UEFA EURO 2008予選
5.2-0
6.2006年10月7日ブルガリアの旗ソフィアブルガリアの旗 ブルガリア1-11-1
7.2006年10月11日オランダの旗アムステルダムアルバニアの旗 アルバニア1-02-1
8.2008年6月13日スイスの旗ベルンフランスの旗 フランス2-04-0UEFA EURO 2008
9.2008年6月17日ルーマニアの旗 ルーマニア2-02-0
10.2008年8月20日ロシアの旗モスクワロシアの旗 ロシア0-11-1親善試合
11.2008年11月20日オランダの旗アムステルダムスウェーデンの旗 スウェーデン1-03-1
12.2-0
13.2009年3月28日スコットランドの旗 スコットランド2-03-02010 FIFAワールドカップ予選
14.2009年9月5日オランダの旗エンスヘデ日本の旗 日本1-03-0親善試合
15.2010年5月26日ドイツの旗フライブルクメキシコの旗 メキシコ1-02-1
16.2-0
17.2010年6月1日オランダの旗ロッテルダムガーナの旗 ガーナ4-14-1
18.2010年6月5日オランダの旗アムステルダムハンガリーの旗 ハンガリー1-11-1
19.2010年6月24日南アフリカ共和国の旗ケープタウンカメルーンの旗 カメルーン1-02-12010 FIFAワールドカップ
20.2011年3月25日ハンガリーの旗ブダペストハンガリーの旗 ハンガリー0-40-4UEFA EURO 2012予選
21.2011年3月29日オランダの旗アムステルダムハンガリーの旗 ハンガリー1-05-3
22.2011年9月2日オランダの旗アイントホーフェンサンマリノの旗 サンマリノ1-011-0
23.6-0
24.7-0
25.9-0
26.2012年5月26日オランダの旗アムステルダムブルガリアの旗 ブルガリア1-01-2親善試合
27.2012年6月2日北アイルランドの旗 北アイルランド1-06-0
28.3-0
29.2012年6月13日ウクライナの旗ハルキウドイツの旗 ドイツ1-21-2UEFA EURO 2012
30.2012年9月7日オランダの旗アムステルダムトルコの旗 トルコ1-02-02014 FIFAワールドカップ予選
31.2012年10月16日ルーマニアの旗ブカレストルーマニアの旗 ルーマニア1-41-4
32.2013年3月22日オランダの旗アムステルダムエストニアの旗 エストニア2-03-0
33.2013年3月26日ルーマニアの旗 ルーマニア2-03-0
34.3-0
35.2013年6月11日中華人民共和国の旗北京市中華人民共和国の旗 中国1-02-0親善試合
36.2013年9月6日エストニアの旗タリンエストニアの旗 エストニア2-22-22014 FIFAワールドカップ予選
37.2013年9月10日アンドラの旗アンドラ・ラ・ベリャアンドラの旗 アンドラ0-10-2
38.0-2
39.2013年10月11日オランダの旗アムステルダムハンガリーの旗 ハンガリー1-08-1
40.4-0
41.5-1
42.2014年5月17日エクアドルの旗 エクアドル1-11-1親善試合
43.2014年5月31日オランダの旗ロッテルダムガーナの旗 ガーナ1-01-0
44.2014年6月13日ブラジルの旗サルヴァドールスペインの旗 スペイン1-11-52014 FIFAワールドカップ
45.1-4
46.2014年6月18日ブラジルの旗ポルト・アレグレオーストラリアの旗 オーストラリア2-22-3
47.2014年7月12日ブラジルの旗ブラジリアブラジルの旗 ブラジル0-10-3
48.2014年10月10日オランダの旗アムステルダムカザフスタンの旗 カザフスタン3-13-1UEFA EURO 2016予選
49.2014年11月16日ラトビアの旗 ラトビア1-06-0
50.2015年10月13日チェコの旗 チェコ2-32-3

タイトル

クラブ

フェイエノールト
アーセナルFC
マンチェスター・ユナイテッド

個人

出典

  1. ^ a b https://web.archive.org/web/20120807003631/http://robinvanpersie.com/facts
  2. ^ 主将ファン・ペルシに満足のフリンポンGoal.com 2011年8月23日
  3. ^ ファン・ペルシの移籍がクラブ間合意Goal.com 2012年8月16日
  4. ^ ユナイテッド、20回目の優勝決定! 香川もゴールに絡むGoal.com 2013年4月23日
  5. ^ フェネルバフチェ、マンUからFWファン・ペルシーの獲得を公式発表soccerking 2015年7月14日
  6. ^ https://www.gercekgundem.com/iste-van-persienin-fenerbahceye-maliyeti-314315h.htm
  7. ^ https://www.feyenoord.nl/nieuws/nieuwsoverzicht/robin-van-persie-officieel-terug-bij-feyenoord
  8. ^ 引退表明のファン・ペルシー、リーグ戦キャリア通算200ゴールに到達!ハット+1Aの大暴れ ゲキサカ 2019.3.3付記事
  9. ^ 35歳ファン・ペルシー、今季限りでの現役引退を表明…プレミア得点王2回 サッカーキング 2018.10.25付記事
  10. ^ 前回決勝の雪辱を果たしたオランダ ピッチ内外でお祭り騒ぎ 産経新聞 2014.6.14
  11. ^ 最優秀ゴールはロドリゲス ウルグアイ戦のボレーシュート 産経新聞 2014.7.21付記事
  12. ^ Voetbalnieuws - Video: Robin van Persie krijgt klop met tafeltennis - Sportweek.nl
  13. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes.com 2014年6月発表。
  14. ^ http://www.ad.nl/ad/nl/1049/Oranje/article/detail/3688590/2014/07/13/Van-Persie-haalt-keihard-uit-naar-Van-Hooijdonk-Hij-moet-gaan-golfen.dhtml
  15. ^ a b Robin van Persie - Century of International Appearances”. rsssf.com. 2017年7月27日閲覧。

外部リンク

10番


 

Back to Top
Close