ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎾|【東京オリンピックテニス女子ダブルス1回戦】まもなく開始!日比野/二宮vsバーティ/サンダース


写真 テニス 試合サマリー

【東京オリンピックテニス女子ダブルス1回戦】まもなく開始!日比野/二宮vsバーティ/サンダース

 
内容をざっくり書くと
この後7/24 14:00より、東京オリンピックテニス女子ダブルス1回戦 日比野菜緒/二宮真琴 vs アシュリー・バーティ/ストーム・サンダースの試合が有明テニスの森にて行われます。
 

この後7/24 14:00より、東京オリンピックテニス女子ダブルス1回戦 日比野菜緒/二宮真琴 vs… →このまま続きを読む

 Player!

スポーツエンターテイメントアプリ「Player!(プレイヤー)」。サッカー、野球から競馬、陸上まで幅広いスポーツの最新ニュースや速報、日程、結果などをどこよりも早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

東京オリンピックテニス女子ダブルス1回

日比野菜緒

日比野 菜緒(ひびの なお、1994年11月28日 - )は、日本の女子プロテニス選手。愛知県一宮市出身。岡山学芸館高等学校卒業。LuLuLun所属。WTAツアーでシングルス2勝、ダブルス2勝を挙げている。WTAランキング自己最高位はシングルス56位、ダブルス43位。身長163cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴

「菜緒」という名前は、当時活躍していたプロテニス選手の沢松奈生子にあやかって名付けられた。10歳でテニスを始める[1]

ジュニア時代

中学に入ると全国レベルの選手として頭角を現し、名古屋経済大学高蔵中学校在学中の2009年に全国中学生テニス選手権大会で全国レベルの大会で初となる単複準優勝を果たす[2][3]

中学3年の頃にテニス留学を決意[4]。オーストラリアに渡り現地のテニスアカデミーで力をつけていき[5]、帰国直後の2011年11月に行われたで準優勝を記録すると[6]、同年末から元デビスカップ日本代表監督で伊達公子ら日本トップ選手のコーチを務めてきたが運営するテニスアカデミーで指導を受けるようになる[4]

2012年からはジュニア年代ながらツアー下部のITFプロサーキット大会にも挑戦するようになり、同年6月に東京と三重で行われたITF1万ドル大会のシングルスでWTAポイントすら持たないノーランクからの2週連続優勝を果たし[7][8]尾崎里紗、、二宮真琴らに続く同世代注目選手の一人として一躍脚光を浴びるようになる[4]。更にノーシードで出場した9月の京都1万ドル大会でも単複優勝を記録し[9]、11月には全日本テニス選手権に初出場を果たす。同大会は山本澪と組んでノーシードで出場したダブルスでは1回戦で大会第6シードの&組に1-6,3-6のストレートで敗れたが[10]、同じくノーシードで出場したシングルスでは1回戦を勝ち上がり、2回戦で大会第16シードの飯島久美子と対戦。同大会過去2度ベスト8進出の実績を持つ飯島相手にフルセットの接戦に持ち込むも3-6,6-3,5-7のスコアで惜敗した[11]

2013年

この年の4月にプロ転向を果たした日比野は引き続きITFサーキットを中心にプロツアー転戦を始めた[1]。シングルスでは8月のつくば市2万5千ドル大会でプロ転向後ITFサーキット初優勝を飾ると[12][13]、この年は他にもITF2万5千ドル大会で3度ベスト4に進出する好成績を収め、WTAシングルス年度末ランキングも前年より290位近く上昇させる291位で終了した[14][15]

一方ダブルスでは大前綾希子と組んで出場した高陽市2万5千ドル大会で優勝した他[16]、岐阜の5万ドル大会でも準優勝の成績を収める活躍で[17]、年度末ランキングも前年より700位以上上昇させる327位で終了した[18][19]

2015年 WTAツアー初優勝

2015年は10月のタシュケント・オープンで快進撃を見せて決勝に進出。決勝でドナ・ベキッチに6-2, 6-2で勝利し、プロ転向後初のWTAツアー優勝を飾る。大会後のランキングでトップ100入りを果たし、その後もランキングを更新して年間最終ランキングは66位で終えた。

2016年 リオ五輪出場

2016年は1月のASBクラシックにてベスト8入りし、大会後の世界ランキングにて58位となり自己最高を更新した。さらに翌週56位に更新。全豪オープンでグランドスラム本戦初出場を果たす。初戦で第5シードのマリア・シャラポワと対戦し、1-6, 3-6で敗れた。

リオデジャネイロオリンピックの選考基準である6月6日付のランキングは68位で、上位56人にはわずかに届かなかったが、その後辞退者が出て繰り上げで出場を果たす。1回戦でイリーナ=カメリア・ベグに6-4, 3-6, 6-3で勝利し、日本勢は全員初戦突破を果たした。2回戦で第3シードのガルビネ・ムグルサに1-6, 1-6で敗れた。

2017年

3月のマレーシア・オープンでツアー3度目の決勝進出、決勝でアシュリー・バーティに 3-6, 2-6で敗れて準優勝となった。4月のモンテレイ・オープンではと組んだダブルスで優勝した。

2017年全米オープンでは1回戦でキャサリン・ベリスを 6-3, 4-6, 7-5 で破り、シングルスでグランドスラム初勝利を挙げた。

2020年

全米オープンでは、一回戦でガルビネ・ムグルサに敗退。コロナウイルスの影響で、9月開催となったBNLイタリア国際でも一回戦敗退だったが、続いてやはり開催時期の変更となったストラスブール国際では、インタビューで「クレーコートは得意ではないのに」とコメントしながらも、一回戦では全米覇者のスローン・スティーブンス、二回戦でザリーナ・ディラス、三回戦では全仏覇者のエレナ・オスタペンコを破る活躍を見せ、準決勝まで進んでエレーナ・リバキナに3–6, 4–6で敗れた。9月末開催の全仏オープンのシングルズでは、好調を維持して 6–4, 6–0 でマルタ・コスチュクを下して一回戦を勝利し、全仏の本戦初勝利とするも、二回戦ではオンス・ジャバーに 6–7, 4–6で敗れた。

2021年

2021年、ウィンブルドン女子シングルスでは2回戦まで進出したがアレクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)に敗れ3回戦進出はならなかった[20]。ウィンブルドン後の検査で左足首を痛めていることが分かり、2020年東京オリンピックの女子シングルスではストヤノビッチ(セルビア)に3-6、3-6で敗れた[21]。また、女子ダブルスでは二宮真琴とペアを組んだが、オーストラリアのバーティ、サンダース組に敗れた[22]

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 5回 (2勝3敗)

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (2–3)
結果No.決勝日大会サーフェス対戦相手スコア
優勝1.2015年10月3日ウズベキスタンの旗 タシュケントハードクロアチアの旗 ドナ・ベキッチ6–2, 6–2
準優勝1.2016年10月1日ウズベキスタンの旗 タシュケントハードチェコの旗 クリスティナ・プリスコバ3–6, 6–2, 3–6
準優勝2.2017年3月5日マレーシアの旗 クアラルンプールハードオーストラリアの旗 アシュリー・バーティ3–6, 2–6
準優勝3.2017年7月30日中華人民共和国の旗 南昌ハード中華人民共和国の旗 彭帥3–6, 2–6
優勝2.2019年9月15日日本の旗 広島ハード日本の旗 土居美咲6-3, 6-2

ダブルス: 4回 (2勝2敗)

結果No.決勝日大会サーフェスパートナー対戦相手スコア
優勝1.2017年4月9日メキシコの旗 モンテレイハードポーランドの旗スロベニアの旗
ウクライナの旗
6–2, 7–6(4)
準優勝1.2017年9月30日ウズベキスタンの旗 タシュケントハードジョージア (国)の旗ハンガリーの旗 ティメア・バボシュ
チェコの旗 アンドレア・フラバーチコバ
5–7, 4–6
準優勝2.2018年2月4日台湾の旗 台北ハードジョージア (国)の旗中華人民共和国の旗
中華人民共和国の旗
6–7(4), 6–7(5)
優勝2.2019年9月15日日本の旗 広島ハード日本の旗 土居美咲アメリカ合衆国の旗 クリスティナ・マクヘール
ロシアの旗
3–6, 6–4, [10–4]

4大大会シングルス成績

略語の説明
W F SFQF#RRRQ#LQAPWGZ#POGSSF-BNMSNH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会20152016201720182019通算成績
全豪オープンA1R1R1RLQ0–3
全仏オープンA1R1RLQLQ0–2
ウィンブルドンLQ1R1RALQ0–2
全米オープンLQ1R2RLQLQ1–2

脚注

  1. ^ a b 日比野菜緒” (日本語). JTA. 2015年10月3日閲覧。
  2. ^ 第36回全国中学生テニス選手権大会 女子シングルス” (日本語). JTA. 2015年10月3日閲覧。
  3. ^ 第36回全国中学生テニス選手権大会 女子ダブルス” (日本語). JTA. 2015年10月3日閲覧。
  4. ^ a b c 「17歳日比野菜緒の衝撃 国内1万ドルで2週連続優勝」『2012年9月号 いま求めるべきはゲームに勝つ!というリアリティのある「良質ドリル」』、ベースボールマガジン社、2012年7月21日、 104頁、2015年10月3日閲覧。 JAN 4910064010920
  5. ^ オーストラリア・テニス留学中の日比野さんがウィンブルドンジュニアテニス選手権大会で1回戦を突破!!” (日本語). 岡山学芸館高等学校. 2015年10月3日閲覧。
  6. ^ 全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会” (日本語). JTA. 2015年10月3日閲覧。
  7. ^ $10,000 Tokyo” (英語). ITF. 2015年10月3日閲覧。
  8. ^ $10,000 Mie” (英語). ITF. 2015年10月3日閲覧。
  9. ^ $10,000 Kyoto” (英語). ITF. 2015年10月3日閲覧。
  10. ^ ニッケ全日本テニス選手権87th 女子ダブルス本戦” (日本語). JTA. 2015年10月3日閲覧。
  11. ^ ニッケ全日本テニス選手権87th 女子ダブルス本戦” (日本語). JTA. 2015年10月3日閲覧。
  12. ^ $25,000 Tsukuba” (英語). ITF. 2015年10月3日閲覧。
  13. ^ 「日比野菜緒がつくばで2万5千ドル初制覇」『テニスマガジン2013年11月号 パット・キャッシュいわく「サービスの打法はひとつだけ覚えるべきだ!」』、ベースボールマガジン社、2013年9月21日、 97頁、2015年10月3日閲覧。 JAN 4910064010920
  14. ^ Year-End Singles Rankings - 2013” (英語). WTA. 2015年10月3日閲覧。
  15. ^ Year-End Singles Rankings - 2013” (英語). WTA. 2015年10月3日閲覧。
  16. ^ $25,000 Goyang” (英語). ITF. 2015年10月3日閲覧。
  17. ^ $50,000 Gifu” (英語). ITF. 2015年10月3日閲覧。
  18. ^ Year-End Doubles Rankings - 2012” (英語). WTA. 2015年10月3日閲覧。
  19. ^ Year-End Doubles Rankings - 2013” (英語). WTA. 2015年10月3日閲覧。
  20. ^ “日比野菜緒は2回戦敗退 マクラクラン組、土居組は1回戦突破”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/sports/news/202107020000127.html 2021年7月25日閲覧。 
  21. ^ “テニス日比野菜緒けがに泣き1回戦敗退「練習をたくさんできなかった」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/tennis/news/202107240000391.html 2021年7月25日閲覧。 
  22. ^ “二宮ペア、強豪に完敗/テニス”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20210724-CBSI546JYNKXBDYREHRQCADPPY/?outputType=theme_tokyo2020 2021年7月25日閲覧。 

外部リンク


 

Back to Top
Close