ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|高校野球石川大会…決勝は小松大谷VS金沢に 遊学館は勇退する山本監督の花道を甲子園で飾れず


写真 

高校野球石川大会…決勝は小松大谷VS金沢に 遊学館は勇退する山本監督の花道を甲子園で飾れず

 
内容をざっくり書くと
遊学館は最終回、1点差に詰め寄りますが反撃もここまで。
 

夏の高校野球石川大会は24日準決勝が行われ、小松大谷と金沢が決勝に進みました。 第一試合は春を制した… →このまま続きを読む

 石川テレビ

「石川テレビ放送」(フジテレビ系列)ニュースのアカウントです。石川県の最新ニュースを発信します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

1点差

最終回

最終回(さいしゅうかい)は、複数の回に分けてテレビ番組ラジオ番組放送されたり、雑誌新聞で連載される作品において、その作品の放送や連載が行われる最後の回である。

概要

一般に、放送時間や誌面の量的な制約や、視聴者の関心の維持などの理由から、放送や雑誌・新聞においては、作品を複数回に分けて放送・掲載することが行われている。この場合に、その最後の回のことを最終回という。最終話などと呼ばれることもある。

一貫した物語があるもの

連載や放送期間を通じて単一の主題を巡って物語が展開される連載小説ストーリー漫画テレビアニメテレビドラマなどにおいては、一般に、最終回に向けてその展開が収束し、伏線が消化されて、最終回において何らかの結末に至る。

日本のテレビドラマ等の場合には、予め放送期間が決められていることが多く(例えば、ゴールデンタイムのテレビドラマの放送期間は3か月〈1クール〉が主流である)、必然的に最終回の放送時期や概要も予め決まっていることが多い。最終回に時間枠を拡大して放送することも多く行われる。

また、最終回が掲載、放送された後に、続編が連載、放送されることもある。『宇宙戦艦ヤマト』、『機動戦士ガンダム』、『ポケットモンスター』や『水戸黄門』や『渡る世間は鬼ばかり』のようにシリーズ化されるものもある。この場合には各シリーズごとに最終回が放送されるが、その中で次シリーズへの伏線が提示されることもある。米国では特にこの傾向が強い(後述)。また続編が制作される可能性を考慮して、あえて最終回という表記をせず通常どおり「○○話」と表記する作品もある。

各話(数話)完結のもの

一方、各話(または数話)で完結する物語の集合体で、基本的なシチュエーションに大きな変化がないような漫画、アニメ、シチュエーション・コメディなどでは、最終回にも大きな転機は訪れず、放送や連載が終わってもその物語の世界が継続することを示唆する形で終了することが多い(例:漫画『サザエさん』)。ただし、中には、最終回間際で大きな転機を迎えて、最終回で物語が収束する場合もある(例:『ハクション大魔王』)。

前者のように明確な結末が示されない場合や、連載が終了しない場合には、架空の最終回が都市伝説のように広まったり、非公式に創作されることもある。有名な例としては、サザエさん(磯野家一家が乗った飛行機が事故に遭い、一家がそれぞれの名の元になった魚などになって海に戻る)や、ドラえもん(動かなくなったドラえもんを直すためにのび太が科学者を志し、成長したのび太がドラえもんを造る)がある。後者は同人誌にもなり、著作権上の問題も起きた。

一貫した物語が作品の核となっていない作品では、ひとつの作品について複数の異なる最終回が描かれることもある。例えば、ドラえもんは、複数の雑誌で連載された上、アニメ化もされており、それぞれで異なる最終回が描かれている(詳細は、ドラえもんの最終回参照)。

なお、ドラえもん同様、サザエさんにも明確な最終回が存在しており、夕刊フクニチでの連載においてマスオとサザエの結婚で一度終了している。後に連載を再開するが、こちらは作者都合による打ち切りで終了している。

その他

ドキュメンタリーなどの物語性のない作品の場合にも、放送や掲載が複数回にわたる場合には、その最後の回が最終回と呼ばれることがある。

テレビ・ラジオ番組の場合

番組表では[終]と表記される。基本的にドラマアニメ等のフィクション作品以外の番組は、特別な理由[注 1]がない限り打ち切りによるものであるが、中には番組の内容上は同一だが、放送時間の移動と同時に改題されるものも最終回として扱われる。

最終回特集

特に漫画の最終回は終わり方が様々で、裏事情と共に解説した書籍がいくつか出ている。

  • この最終回がすごい!-時代を代表する驚きの最終回13本(別冊ダヴィンチ)
  • いきなり最終回-名作漫画のラストシーン再び part1-4(JICC出版局編)

米国のテレビ番組

米国等においては、テレビドラマやシチュエーション・コメディ等は、通常、いつまで放送されるかは予め決まっておらず、6~9か月を単位として放送され、残りの期間の休止[1]を挟んで、またその続きが制作・放送されることが多い[2]。ひと続きの放送期間はシーズンと呼ばれ、シーズンの最終回はシーズン・フィナーレen:Season finale)と呼ばれる。視聴者の関心を次シーズンまでつなぎ止めるために、シーズン・フィナーレと次シーズンの初回放送とがひと続きのエピソードの前後編とされることも多く、このような最終回は特にクリフハンガーと呼ばれる。シーズン・フィナーレに対して、そのテレビ番組自体の最終回は、シリーズ・フィナーレen:Series finale)と呼ばれる。

脚注

  1. ^ この間は放映済み話数の再放送でつなぐ。
  2. ^ このため、直前のシーズンが視聴率的に不調だと、続編が制作されず物語が完結しないまま終わることもある。

注釈

  1. ^ 出演者の解散・活動休止、出演者本人の意向など

関連項目


 

Back to Top
Close