ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎾|【東京五輪】 テニスの英マリー兄弟、そろってダブルスで勝利


写真 

【東京五輪】 テニスの英マリー兄弟、そろってダブルスで勝利

 
内容をざっくり書くと
土居美咲は2-0でレナタ・サラスア(メキシコ)を下して2回戦に進んだ。
 

東京オリンピックは24日、テニス男女が有明テニスの森で始まった。男子ダブルス1回戦では、イギリスのア… →このまま続きを読む

 BBC NEWS JAPAN

世界約100カ国で取材するBBCのジャーナリストたちによるニュース、読み物、特集記事の中から、見識深い日本ユーザーにとって有意義な話題を選んでお届けしています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

土居美咲

土居 美咲(どい みさき, 1991年4月29日 - )は、日本の女子プロテニス選手。千葉県山武郡大網白里町(現・大網白里市)出身。ミキハウス所属。これまでにWTAツアーでシングルスで1勝、ダブルスで2勝を挙げている。WTAランキング自己最高位はシングルス30位、ダブルス78位。身長159cm、体重55kg。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ラケットスリクソン。ウェア・シューズはニューバランス大網白里市立瑞穂小学校卒、大網白里市立大網中学校[1]、卒。元新体操日本代表の日高舞は義姉[2]。マネージメントはミューズ・グループ。

人物

コート上では超攻撃的なプレーを見せるが、性格は本人曰く「すごく人見知り」。地道なトレーニングにも手を抜かず、栄養士に「食べた物を報告するように」と言われれば、日々の食事を写真に撮って送るなど、周囲からは「ものすごく真面目」にみられている[3]

選手経歴

ジュニア時代

6歳からテニスを始める。中学時代より頭角を表し、全国中学生テニス選手権大会2004年2006年の2度シングルスベスト4に進出する[4][5]2006年からITFジュニアサーキット転戦を開始。駿台甲英高校在学中の2007年にはシングルスで準優勝を果たす。ジュニア時代は特に奈良くるみと組んだダブルスで高い成績を残し、2007年ウィンブルドン選手権ジュニア女子ダブルスで日本人ペアとして1993年全米オープン吉田友佳/組以来2組目のジュニアグランドスラム女子ダブルス決勝進出を果たし準優勝。奈良とのダブルスでは他にも2007年全米オープン2008年ウィンブルドン選手権でそれぞれベスト4入りした他、2008年全豪オープンジュニア女子ダブルスでもと組み準優勝の成績を残した。これらの実績により、土居は2007年には全日本18歳以下女子シングルス年間ランキングで3位につけるなど、早くから国内トップジュニアの一人として知られていた[6]。また2008年からは本格的にシニアITFサーキット大会にも挑戦するようになり、奈良と組み主催者推薦で出場した7月の宮崎国際では2回戦で第1シードの瀬間詠里花/瀬間友里加組を3-6, 6-3, [10-6]の逆転で、決勝戦でクルム伊達公子/米村知子組を6-7(5), 7-6(4), [10-4]の逆転で下し、優勝している[7]。同年12月に17歳8ヵ月でプロ転向。

プロ転向後

プロ転向後最初の年となった2009年は国内サーキット大会を中心に転戦し、シングルスで2優勝2準優勝、ダブルスで1準優勝の好成績を残す。10月にはジャパン女子オープンテニスシングルス予選に挑戦しツアー予選初出場。ここでは予選2回戦でに敗れた。第6シードで出場した11月の全日本テニス選手権女子シングルスでは準々決勝でこの大会を引退する森上亜希子と対戦し1-6, 2-6のストレートで敗れた[8]。これらの活躍により、年初に613位だったシングルスランクを年末には199位にまで急上昇させ、プロ1年目で国内トップ10選手の一人となった。

2010年からは本格的に日本国外の大会に打って出るようになり全豪オープンシングルス予選に出場し、グランドスラム大会予選初挑戦。その後はサーキット大会を転戦し、シングルスでは3月のメキシコサーキットで準優勝すると、ダブルスでは4月の韓国サーキット3連戦で3週連続準優勝の好成績を収め、5月の福岡国際では優勝を果たす。この好調の中臨んだ全仏オープンシングルス予選では1回戦でを6-2, 6-4のストレートで、2回戦で予選第8シードのを4-6, 6-4, 6-4の逆転で、予選決勝ではを7-6, 6-0のストレートでそれぞれ下し、自身初のグランドスラム本戦、並びにツアー大会本戦初出場を決めた。本戦では1回戦でポロナ・ヘルツォグに3-6, 0-6で完敗した。全日本テニス選手権女子シングルスでは初優勝を果たす。

2011年ウィンブルドン選手権女子シングルスで2度目の4大大会の予選を突破。1回戦でベサニー・マテック=サンズに6-4, 5-7, 7-5で勝利し4大大会初勝利を挙げた。2回戦も鄭潔を6-3, 6-1のストレートで下し、自身初の3回戦進出を果たした。3回戦ではザビーネ・リシキに4-6, 2-6で敗れた。同年7月20日、出身の大網白里町から特別顕彰が授与決定。9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは主催者推薦で大会に初出場したが、1回戦で優勝したアグニエスカ・ラドワンスカに1-6, 1-6で敗れた。

2012年6月のエイゴン・クラシックでは2回戦で第1シードのフランチェスカ・スキアボーネに7-5, 6-4で勝利し[9]ツアー初のベスト8に進出した。ウィンブルドンでは予選決勝でクリスティナ・ムラデノビッチに6-4, 4-6, 4-6の逆転で敗れたが、ミハエラ・クライチェクの欠場によりラッキールーザーで本戦に出場。1回戦でに5-7, 3-6で敗れた。全米オープン東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは予選で敗退したが、ジャパン女子オープンテニスでは準々決勝でシャネル・シェパーズを2-6, 6-1, 6-3で破りツアー初のベスト4に進出した。準決勝ではヘザー・ワトソンに6-7, 5-7で敗れた。

2013年全豪オープンでは1回戦でペトラ・マルティッチを6-3, 6-4で破り初戦を突破した。2回戦でマリア・シャラポワに0-6, 0-6で完敗した。

2014年7月のイスタンブール・カップではエリナ・スビトリナと組んだダブルスで決勝に進出した。決勝では/組を6–4, 6–0で破り初のWTAツアー優勝を果たした。

2015年:WTAツアーシングルス初優勝

2015年4月からコーチを務めるの方針の下で積極的にWTAツアーを転戦。全米オープンダニエラ・ハンチュコバに6-3, 6-3で勝利し、全米初勝利。10月のBGLルクセンブルク・オープンでは強豪シード選手を次々と破り、自身初のツアー決勝に進出すると、モナ・バルテルを6-4, 6-7(7), 6-0のフルセットで下し、WTAツアーシングルスで初優勝を果たした[10]。日本の女子シングルスでは10人目となるツアー優勝で、大会後の世界ランキングは60位となり、自身の最高位を大きく更新した[11]。その後WTA 125Kシリーズので準優勝し、11月23日付のランキングでは54位に上がった[12]

2016年:ウィンブルドンベスト16、リオ五輪出場

全豪オープンでは1回戦で優勝したアンゲリク・ケルバーからマッチポイントを握るも7-6(4), 6-7(6), 3-6で敗れた。2月の台湾オープンには第2シードで出場し、自身2度目の決勝に進出。決勝でビーナス・ウィリアムズに4-6, 2-6で敗れ準優勝。3月の125K・で決勝進出し、に6-4, 6-2で勝利し優勝。大会後のランキングで44位となりトップ50入りを果たす。BNLイタリア国際では2回戦で世界ランク11位のルーシー・サファロバに6-3, 7-5で、3回戦でジョアンナ・コンタに4-6, 7-5, 6-2で勝利し、ベスト8進出。準々決勝でイリーナ=カメリア・ベグに2-6, 6-7(3)で敗れた。大会後世界ランキングを38位に更新。ウィンブルドンでは2回戦で第15シードのカロリナ・プリスコバを7-6(5), 6-3で破ると、3回戦でに7-6(1), 6-3で勝利し、グランドスラムで自身初の4回戦に進出。4回戦では全豪で敗れた第4シードアンゲリク・ケルバーと対戦し、3-6, 1-6で敗れた。

リオ五輪ではシングルスと、穂積絵莉とペアを組んだダブルスの2種目に出場。シングルスは1回戦でヤロスラワ・シュウェドワに6-3, 6-4で勝利、2回戦でサマンサ・ストーサーに3-6, 4-6で敗れた。ダブルスは1回戦で第2シードのキャロリン・ガルシア/クリスティナ・ムラデノビッチ組に6-0, 0-6, 6-4で勝利、2回戦でダリア・カサキナ/スベトラーナ・クズネツォワ組に4-6, 6-1, 1-6で敗れた。 8月のウエスタン・アンド・サザン・オープンは予選決勝で敗退したが、第1シードのセリーナ・ウィリアムズが欠場した為ラッキールーザーで本戦出場し3回戦まで進出。大会後の世界ランキングで自己最高位の32位となった。これにより、全米オープンでは自身初のグランドスラムでのシードとなる第30シードで出場が決定した[13]。その全米オープンでは1回戦でカリナ・ビットヘフトに4-6, 1-6で敗れた。その後日本開催のジャパン女子オープン東レ パン・パシフィック・オープンで初戦敗退を喫するも、武漢オープンチャイナ・オープンと続けて初戦突破。10月10日付のランキングで30位となりトップ30入りを果たす。

東京五輪

2020年東京オリンピックテニス女子シングルスでは2回戦で第9シードのベンチッチ(スイス)に2-6, 4-6で敗れた[14]

WTAツアー決勝進出結果

シングルス: 3回 (1勝2敗)

大会グレード
グランドスラム (0–0)
WTAファイナルズ (0–0)
プレミア・マンダトリー (0–0)
プレミア5 (0-0)
WTAエリート・トロフィー (0-0)
プレミア (0–0)
インターナショナル (1–2)
結果No.決勝日大会サーフェス対戦相手スコア
優勝1.2015年10月25日ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクハード (室内)ドイツの旗 モナ・バルテル6–4, 6–7(7), 6–0
準優勝1.2016年2月14日台湾の旗 高雄ハードアメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ4–6, 2–6
準優勝2.2019年9月15日日本の旗 広島ハード日本の旗 日比野菜緒3–6, 2–6

ダブルス: 2回 (1勝1敗)

結果No.決勝日大会サーフェスパートナー対戦相手スコア
優勝1.2014年7月20日トルコの旗 イスタンブールハードウクライナの旗 エリナ・スビトリナジョージア (国)の旗
ポーランドの旗
6–4, 6–0
準優勝1.2015年9月19日日本の旗 東京ハード日本の旗 奈良くるみチャイニーズタイペイの旗 詹皓晴
チャイニーズタイペイの旗 詹詠然
1–6, 2–6
優勝2.2019年9月15日日本の旗 広島ハード日本の旗 日比野菜緒アメリカ合衆国の旗 クリスティナ・マクヘール
ロシアの旗
3–6, 6–4, [10–4]

WTA125シリーズ決勝進出結果

シングルス: 3回 (2勝1敗)

結果No.決勝日大会ランクサーフェス対戦相手スコア
準優勝1.2015年11月22日台湾の旗 台北WTA 125Kカーペット (室内)ハンガリーの旗 ティメア・バボシュ5–7, 3–6
優勝1.2016年3月19日アメリカ合衆国の旗 サンアントニオWTA 125Kハードドイツの旗6–4, 6–2
優勝2.2019年7月13日スウェーデンの旗 ボースタードWTA 125Kクレーモンテネグロの旗 ダンカ・コビニッチ6–4, 6–4

ダブルス: 3回 (3勝0敗)

結果No.決勝日大会ランクサーフェスパートナー対戦相手スコア
優勝1.2013年11月3日中華人民共和国の旗 南京WTA 125Kハード中華人民共和国の旗中華人民共和国の旗 張帥
カザフスタンの旗 ヤロスラワ・シュウェドワ
6–1, 6–4
優勝2.2018年1月28日アメリカ合衆国の旗 ニューポートビーチWTA 125Kハードスイスの旗アメリカ合衆国の旗
スウェーデンの旗
7–6(4), 1–6, [10–8]
優勝3.2019年7月13日スウェーデンの旗 ボースタードWTA 125Kクレーロシアの旗チリの旗
モンテネグロの旗 ダンカ・コビニッチ
7–5, 6–7(4), [10–7]

4大大会シングルス成績

略語の説明
W F SFQF#RRRQ#LQAPWGZ#POGSSF-BNMSNH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会2010201120122013201420152016201720182019通算成績
全豪オープンLQLQLQ2R1RLQ1R1RLQ1R1–5
全仏オープン1RLQLQ1R1R2R1R1RLQ1R1–7
ウィンブルドンLQ3R1R1R2R1R4R1RALQ6–7
全米オープンLQ1RLQ1R1R2R1R1RLQ1R1–7

脚注

  1. ^ 毎日新聞千葉版 2011年7月21日朝刊
  2. ^ “結婚式”. プロテニスプレーヤー土居美咲オフィシャルブログ. (2014年12月2日). http://tennis.jp/misaki-doi/archives/955 
  3. ^ “【テニス】苦しんだ7年間。土居美咲がツアー初優勝を掴むまで”. web Sportiva. (2015年10月29日). http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/2015/10/29/post_494/ 
  4. ^ 2006年 第32回全国中学生テニス選手権大会”. 日本テニス協会. 2010年5月21日閲覧。
  5. ^ 2006年 第33回全国中学生テニス選手権大会”. 日本テニス協会. 2010年5月21日閲覧。
  6. ^ 過去の全日本ランキング”. 日本テニス協会. 2010年5月21日閲覧。
  7. ^ Miyazaki International Women's Challenger Tennis 2008”. 日本テニス協会. 2010年5月21日閲覧。
  8. ^ 女子シングルス本戦”. 全日本テニス選手権. 2010年5月21日閲覧。
  9. ^ “土居美咲が全仏女王から大金星 3回戦進出◇AEGONクラシック”. tennis365.net. (2012年6月14日). http://news.tennis365.net/news/today/201206/88493.html 
  10. ^ “土居美咲がツアー初優勝”. tennis365.net. (2015年10月26日). http://news.tennis365.net/news/today/201510/106779.html 
  11. ^ “土居 ツアー初Vで世界ランク自己最高の60位に浮上”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年10月27日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/10/27/kiji/K20151027011396120.html 
  12. ^ “土居美咲が世界ランク54位、日比野菜緒66位”. 日刊スポーツ. (2015年11月23日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1570157.html 
  13. ^ “土居美咲 初シードで全米臨む”. tennis365.net. (2016年8月30日). http://news.tennis365.net/news/today/201608/111220.html 
  14. ^ “錦織圭、ダブルス専門の「相手に勝てるのは大きい」/テニス”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/article/20210726-NLHTW2EKUZKP7DZFPVDTYDMTPM/?outputType=theme_tokyo2020 2021年7月26日閲覧。 

外部リンク

2回


 

Back to Top
Close