ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏊|メダル逃し涙「人生と挑戦が今日で一区切り」リオ銅のカヌー羽根田卓也


写真 

メダル逃し涙「人生と挑戦が今日で一区切り」リオ銅のカヌー羽根田卓也

 
内容をざっくり書くと
コロナ禍で海外合宿ができなかった今年2月から約1カ月間、大分県豊後大野市のカヌー施設「リバーパーク犬飼」で合宿を行った。
 

◆東京オリンピック(五輪)カヌー スラローム・男子カナディアンシングル決勝(26日、カヌー・スラロー… →このまま続きを読む

 西日本スポーツ

西日本スポーツ(西スポ)は、1955年に九州で最初に創刊したスポーツ新聞です。
「西スポ」でしか読めない福岡ソフトバンクホークスの詳細情報が盛りだくさん!
プロ野球や高校野球のほかに、サガン鳥栖やV・ファーレン長崎、アビスパ福岡などの九州チームのJリーグ情報やバスケ、ラグビー、HKT48、競輪、ボート情報のニュースなども随時配信していきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

リバーパーク犬飼

リバーパーク犬飼(リバーパークいぬかい)は、大分県豊後大野市犬飼町田原の一級水系大野川の河岸にある河川公園

概要

大野川随一の景勝地として知られる犬江釜峡の河岸に1996年にオープンした河川公園で、本格的なスポーツ施設と大規模なレジャー施設からなる。

スポーツ施設としては、西日本でトップクラスのカヌーコースとカヌー艇庫や、サッカー場2面を備える。サッカー場は2002 FIFAワールドカップでの練習場として造られ、大分スポーツクラブが完成するまでは、大分トリニータが練習場として使用していた。現在もトリニータのユースが練習を行っている。

また、レジャー施設としては、テニスコート、パットゴルフ場、ログハウス(バンガロー)などがあり、広い芝生広場にはデンマーク製のコンビネーション遊具「ブリュッケン城」が設置されていた。

2020年に老朽化した「ブリュッケン城」とパットゴルフ場を取り壊し、2020年4月より「豊後大野市」から民間企業の「Goap株式会社」に指定管理者が移り、同年6月にコインシャワーなどサニタリーハウスを併設した「オートフリーサイト」「ドッグランサイト」「遊具広場」などを新設、改修し再オープンした。

交通

関連項目

外部リンク

コロナ禍

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]

「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス[2]、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[3]で、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」という複合語[4]を形成する(他の例:水禍、戦禍など)。「新型コロナウイルス禍」、「新型コロナ禍」、「COVID-19禍」などの表記もある。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞やネット上において広く用いられるようになった[5][注釈 1][注釈 2]

「コロナ禍」という単語を巡っては誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」を「渦」と間違え、「コロナ渦(コロナうず)」としてしまうものである[6]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授である田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中は、日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[7]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 行政によるネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、など。

出典

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close