ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|鎌田大地、今夏フランクフルト退団の噂も「2年の契約が残っている。今は…」


写真 鎌田大地 写真提供:Gettyimages

鎌田大地、今夏フランクフルト退団の噂も「2年の契約が残っている。今は…」

 
内容をざっくり書くと
なお、鎌田大地は明治安田生命J1リーグのサガン鳥栖でプロキャリアをスタートすると、2017年夏にフランクフルトへ完全移籍により加入。
 

日本代表MF鎌田大地は、かねてからアイントラハト・フランクフルトを今夏にも退団する可能性がささやかれ… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

J1リーグ

J1リーグ: J1 LEAGUE)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における1部リーグ。略称はJ1(ジェイワン)。タイトルパートナー契約(後述)により2015年から「明治安田生命J1リーグ」(: MEIJI YASUDA J1 LEAGUE)の名称を用いている。

日本サッカーのリーグ構成における最上位カテゴリーであり、Jリーグカップ天皇杯と並んで日本の国内3大タイトルとされる(スーパーカップは除く)。上位3クラブにAFCチャンピオンズリーグへの出場権(上位2クラブに本戦出場権、3クラブ目にプレーオフ出場権)が与えられる。

概要

1993年から1998年までは1部のみの「Jリーグ」として最大18チームで開催され、1999年からの2部制導入に伴いJリーグ ディビジョン1: J. LEAGUE DIVISION 1)に移行した。

毎年早春(1993年シーズンのみ5月)に開幕し、晩秋から初冬の時期までリーグ戦を行う「春秋制」を採用しており、3大タイトルの中ではJリーグカップの後、天皇杯の前にタイトルが決まる。

J1リーグ戦の開催方式は#開催方式を参照のこと。なお、2017年シーズンから1ステージ制を採用している。

大会名称

リーグ開始時の1993年から1995年までの間は、Jリーグ協賛スポンサーの最上級カテゴリーに当たる「ステージスポンサー」としてサントリー株式会社と、日本信販株式会社(現・三菱UFJニコス株式会社)が就任。第1ステージ(リーグ前半戦)を「サントリーシリーズ」、第2ステージ(後半戦)を「NICOSシリーズ」と、ステージごとにタイトルスポンサーをつけて開催。年間決勝戦のチャンピオンシップ (CS) もサントリー株式会社の協賛による「サントリーチャンピオンシップ」として開催された。1996年に1シーズン制となりステージスポンサーがなくなり、2シーズン制が復活した1997年以降もステージスポンサーが復活することはなかったが、同年から2004年まで行われたCSでは、引き続きサントリーがタイトル協賛した。

2015年より明治安田生命保険相互会社とJリーグ全体のタイトルスポンサーとしての契約(Jリーグタイトルパートナー契約)を締結し[1]、リーグ戦の名称を「明治安田生命J1リーグMEIJI YASUDA J1 LEAGUE)」[注釈 1] とすることとなった[2]。2018年12月14日に明治安田生命保険との4年契約を更新している[3]

所属クラブ(2021年)

各指標はJリーグ公式サイトのクラブプロフィールの記述に基づく。Jリーグ加盟年は正会員となった年。J1在籍年には1998年以前の1ディビジョン時代を含む。

クラブ名Jリーグ加盟年J1在籍年
北海道コンサドーレ札幌1998年1998, 2001-2002, 2008, 2012, 2017-
ベガルタ仙台1999年2002-2003, 2010-
鹿島アントラーズ1991年1993-
浦和レッズ1991年1993-1999, 2001-
柏レイソル1995年1995-2005, 2007-2009, 2011-2018, 2020-
FC東京1999年2000-2010, 2012-
川崎フロンターレ1999年2000, 2005-
横浜F・マリノス1991年1993-
横浜FC2001年2007, 2020-
湘南ベルマーレ1994年1994-1999, 2010, 2013, 2015-2016, 2018-
清水エスパルス1991年1993-2015, 2017-
名古屋グランパス1991年1993-2016, 2018-
ガンバ大阪1991年1993-2012, 2014-
セレッソ大阪1995年1995-2001, 2003-2006, 2010-2014, 2017-
ヴィッセル神戸1997年1997-2005, 2007-2012, 2014-
サンフレッチェ広島1991年1993-2002, 2004-2007, 2009-
徳島ヴォルティス2005年2014, 2021-
アビスパ福岡1996年1996-2001, 2006, 2011, 2016, 2021-
サガン鳥栖1999年2012-
大分トリニータ1999年2003-2009, 2013, 2019-

開催方式

1993-1998年のJリーグ、および1999年以降のJ1には「2ステージ制」の時期と「1ステージ制」の時期があった。

通年制(1996年、2005-2014年、2017年-)
  • 1996年はアトランタ五輪アジアカップなどの日程の都合で2回戦総当りの通年制を採用。チャンピオンシップの替わりにリーグ戦上位とカップ戦上位のチームによるポストシーズンマッチとしてサントリーカップを開催。
  • 2005-2014年は2回戦総当たりの通年制へと移行。この間チャンピオンシップは行われていない。
  • 2017年シーズンから2回戦総当たりの通年制へと再び移行。
2ステージ制(1993-1995年、1997-2004年、2015年-2016年)
1シーズンを2つのステージに分けて行い、第2ステージ終了後に両ステージの優勝チームによるJリーグチャンピオンシップ(年間王者決定戦)を開催し、そのシーズンの年間優勝クラブ(年間王者)を決める。
  • 1993-1995年は2回戦総当たりの2ステージ(年間4回戦総当たり)とし、同一チームが完全優勝(両ステージ優勝)をした場合、各ステージの2位同士でプレーオフを開催し、その勝者と両ステージを制したチームがチャンピオンシップに出場できる方式としていた(実際には行われず)。
  • 1997-2004年は1回戦総当たりの2ステージ(年間2回戦総当たり)とし、同一チームが完全優勝をした場合はJリーグチャンピオンシップを行わないことになった。
  • 2015年-2016年は再び1回戦総当たりの2ステージ(年間2回戦総当たり)とし、チャンピオンシップはステージ優勝チームと年間勝ち点上位のチームで争うトーナメント方式で行われた。

開催日時

Jリーグはシーズンの開催期間を2月頃開幕・12月頃閉幕の「春秋シーズン制」を採用している。

基本的に開催期間内の毎週末(土曜日または日曜日)に開催されるほか、ゴールデンウィーク期間中をはじめとして祝日に開催され週2試合開催となることがある。週末開催については2012年シーズン以降は原則として土曜日に開催日が集約されているが、それ以前は終盤の数節を除き、土曜日に6-7試合程度、日曜日に残りの2-3試合程度を分散開催していた。また、週の半ば(基本的に水曜日)にリーグ戦を開催することもある(Jリーグ創設当初は水曜・土曜の週2回開催が基本であった)。

2018年から年間10節程度の予定で、DAZN協賛による「明治安田生命フライデーナイトJリーグ」と題して、金曜日のナイターを各節1~3試合行う節を設けている

AFCチャンピオンズリーグ (ACL) に参加するクラブについては、ACLの試合がおおむね火曜日または水曜日に開催されることから、試合日・移動日との間隔を考慮して当該クラブの試合を日曜日、あるいは後日の平日に延期することがある。

なお2017年のゴールデンウィークにおいては、5日間連続開催とし、5月3日ルヴァンカップ第4節を行った後、5月4日-5月7日J1リーグの第10節を分割開催した。このうち、AFCチャンピオンズリーグ2017に出場する4クラブは、翌週の5月9日5月10日にグループリーグ第6節が行われるため、5月4日・5日に分けて開催[4]、残りの各チームは5月6日・7日に試合を行った。

日本代表の強化を優先させる観点から、日本代表の出場する国際試合(FIFAワールドカップAFCアジアカップの本選・予選)あるいはU-23日本代表が出場する国際試合(オリンピックのサッカー競技アジア競技大会サッカー競技)が行われる期間はリーグ戦が長期中断される。

水曜日に開催する場合は祝日と重ならない範囲であれば原則ナイトゲームである。ただし1993年1994年2011年のごくわずかな試合で平日のデーゲームが行われた事例がある[5]

試合方式

以下は2019年シーズンの場合。

  • 18チームによる年間でホーム&アウェイ2回戦総当たりの1ステージ制を採用。
  • 延長戦は行わず、各試合ごとに勝ち3点、引き分け1点、負け0点の勝ち点を与え、最終的に勝ち点の多いチームが優勝。同点の場合、得失点差・総得点・直接対決成績・反則ポイント・抽選の順で優劣を決める。
  • 原則として、下位2チーム(17-18位)が自動的に降格し、翌年はJ2所属となる。また16位のチームはJ1参入プレーオフにまわる。(詳細は入れ替え制度の項目を参照)。

試合方式の変遷

  • 詳細な試合方式については各シーズンの項目を参照の事。
  • 1993-1998年までは1部制のJリーグ。
  • 対戦方式の「×2」は2ステージ制を表す。
年度クラブ対戦方式試合数延長戦PK戦勝ち点計算方法降格
1993102回戦×236あり
Vゴール方式
あり(勝利数で決定)
19941244
19951452勝ち:3点
PK負け:1点
負け:0点
1996162回戦30
1997171回戦×23290分勝ち:3点
Vゴール勝ち:2点
PK戦勝ち:1点
負け:0点
19981834
1999

2002
1630なし90分勝ち:3点
Vゴール勝ち:2点
引き分け:1点
負け:0点
2
2003なし勝ち:3点
引き分け:1点
負け:0点
20042+0.5
2005

2008
182回戦34
2009

2014
3
2015
2016
1回戦×2
20172回戦
2018
2019
2+0.5
20200[注釈 2]
202120384

結果

年度年間優勝1stステージ優勝2ndステージ優勝クラブ数
1993ヴェルディ川崎 (1)鹿島アントラーズヴェルディ川崎10
1994ヴェルディ川崎 (2)サンフレッチェ広島ヴェルディ川崎12
1995横浜マリノス (1)横浜マリノスヴェルディ川崎14
年度優勝2位3位クラブ数
1996鹿島アントラーズ (1)名古屋グランパスエイト横浜フリューゲルス16
年度年間優勝1stステージ優勝2ndステージ優勝クラブ数
1997ジュビロ磐田 (1)鹿島アントラーズジュビロ磐田17
1998鹿島アントラーズ (2)ジュビロ磐田鹿島アントラーズ18
1999ジュビロ磐田 (2)ジュビロ磐田清水エスパルス16
2000鹿島アントラーズ (3)横浜F・マリノス鹿島アントラーズ
2001鹿島アントラーズ (4)ジュビロ磐田鹿島アントラーズ
2002ジュビロ磐田 (3)ジュビロ磐田ジュビロ磐田
2003横浜F・マリノス (2)横浜F・マリノス横浜F・マリノス
2004横浜F・マリノス (3)横浜F・マリノス浦和レッズ
年度優勝2位3位クラブ数
2005ガンバ大阪 (1)浦和レッズ鹿島アントラーズ18
2006浦和レッズ (1)川崎フロンターレガンバ大阪
2007鹿島アントラーズ (5)浦和レッズガンバ大阪
2008鹿島アントラーズ (6)川崎フロンターレ名古屋グランパス
2009鹿島アントラーズ (7)川崎フロンターレガンバ大阪
2010名古屋グランパス (1)ガンバ大阪セレッソ大阪
2011柏レイソル (1)名古屋グランパスガンバ大阪
2012サンフレッチェ広島 (1)ベガルタ仙台浦和レッズ
2013サンフレッチェ広島 (2)横浜F・マリノス川崎フロンターレ
2014ガンバ大阪 (2)浦和レッズ鹿島アントラーズ
年度年間優勝1stステージ優勝2ndステージ優勝クラブ数
2015サンフレッチェ広島 (3)浦和レッズサンフレッチェ広島18
2016鹿島アントラーズ (8)鹿島アントラーズ浦和レッズ
年度優勝2位3位クラブ数
2017川崎フロンターレ (1)鹿島アントラーズセレッソ大阪18
2018川崎フロンターレ (2)サンフレッチェ広島鹿島アントラーズ
2019横浜F・マリノス (4)FC東京鹿島アントラーズ
2020川崎フロンターレ (3)ガンバ大阪名古屋グランパス
202120
  • 1993-1995年、1997-2004年、2015年-2016年は2ステージ制、1996年と2005年-2014年及び2017年以降は1ステージ制で開催されている。
  • 2ステージ制で完全優勝(同一年での両ステージ優勝)を達成したのは、2002年の磐田と2003年の横浜FMの2クラブ。
  • J1とJ2両カテゴリーで優勝を経験しているのは、柏、広島、G大阪、川崎の4クラブ。なお、柏(2011年)とG大阪(2014年)はJ1昇格後1年目での優勝である。
  • 連覇を達成したことがあるクラブはV川崎、鹿島、横浜FM、広島、川崎の5クラブ。このうち、鹿島は唯一の3連覇、複数回の連覇を達成したチームで、川崎はJ2からスタートしたチームで唯一連覇を達成したチームでもある。
  • 1993年のリーグ創設時の参加10クラブの「オリジナル10」のうち、J2降格の経験がないのは、鹿島、横浜FMの2クラブである。
  • 例年最終節まで縺れる事の多いJリーグで、2度以上最終節を待たずに優勝した(2018年と2020年)のとリーグ優勝を得失点差(2017年)で決めたのはいずれも川崎の1クラブである。
  • J2からJ1に初昇格して以降、1度もJ2に降格経験のないクラブは、鳥栖の1クラブである。

統計

クラブ別優勝回数

クラブ名回数優勝年度
鹿島アントラーズ81996,1998,2000,2001,2007,2008,2009,2016
横浜F・マリノス41995,2003,2004,2019
ジュビロ磐田31997,1999,2002
サンフレッチェ広島2012,2013,2015
川崎フロンターレ2017,2018,2020
東京ヴェルディ21993,1994
ガンバ大阪2005,2014
浦和レッズ12006
名古屋グランパス2010
柏レイソル2011

クラブ別通算成績

クラブ名
北海道コンサドーレ札幌92988547166379548-169
ベガルタ仙台13434139109186530624-94
モンテディオ山形4136303670108199-91
鹿島アントラーズ2895252713628916401133+507
浦和レッズ2792242915034314331242+191
大宮アルディージャ12408129104175455579-124
ジェフユナイテッド千葉1757822770281874980-106
柏レイソル2377033813130111811117+64
FC東京20660278142240912838+74
東京ヴェルディ1447622643207767713+54
川崎フロンターレ175742921201621047743+304
横浜F・マリノス2895246416532314911163+328
横浜FC26813104557126-69
湘南ベルマーレ1346014956255596828-232
ヴァンフォーレ甲府82726973130255404-149
松本山雅FC2681320355194-43
アルビレックス新潟14472156115201557679-122
清水エスパルス2791840414337113341351-17
ジュビロ磐田2481438513029913421113+229
名古屋グランパス2791841814036014011305+96
京都サンガF.C.1135210441207398640-242
ガンバ大阪2791842413735715741366+208
セレッソ大阪2067228011228010241029-5
ヴィッセル神戸227222341463429591173-214
サンフレッチェ広島2688838414236212941196+98
徳島ヴォルティス13435261674-58
アビスパ福岡92887128189313567-254
サガン鳥栖930610881117355400-45
V・ファーレン長崎13486203959-20
大分トリニータ103329980153356457-101
横浜フリューゲルス62281170111375373+2

リーグ年間ゴール数

年度ゴール数試合数クラブ数
1993年53218010
1994年84126412
1995年1,21436414
1996年77824016
1997年89827217
1998年1,07430618
1999年75724016
2000年712
2001年788
2002年683
2003年718
2004年744
2005年87330618
2006年976
2007年867
2008年783
2009年791
2010年813
2011年869
2012年855
2013年879
2014年774
2015年820
2016年805
2017年793
2018年813
2019年797
2020年866
2021年38020
合計23,1137,962

賞金・強化理念配分金・賞品

チームに対する表彰は、Jリーグ表彰規定[8] に定めがある。下記は2018年の場合。

順位賞金賞品
年間1位3億円Jリーグ杯(優勝銀皿)、日本サッカー協会会長杯
メダル、チャンピオンフラッグ
年間2位1億2000万円Jリーグ杯(準優勝銀皿)
年間3位6000万円

2017年度より動画配信のDAZNと結んだ10年2100億円超の放送権料を原資に、J1上位(1〜4位)クラブに賞金とは別にJリーグ理念強化配分金が支給される事となった[9]

順位強化理念配分金内訳
年間1位15億5000万円1年目10億円、2年目4億円、3年目1.5億円の計15.5億円
年間2位7億円1年目4億円、2年目2億円、3年目1億円の計7億円
年間3位3億5000万円1年目2億円、2年目1.5億円の計3.5億円
年間4位1億8000万円1年目1.8億円

これによりJ1優勝クラブは優勝賞金3億円に加え、理念強化配分金15億5000万円、ACL出場チームに対するACLサポート金2000万円、全クラブに支給される均等配分金3億5000万円の総額22億2000万円を獲得する事となる。

なお、チャンピオンシップ制度のあった2015年の場合は下記のとおりとなっていた。

順位賞金賞品
年間1位1億円Jリーグ杯(優勝銀皿)、日本サッカー協会会長杯
メダル、チャンピオンフラッグ、明治安田生命杯「球軌道」[10]
年間2位賞金なしJリーグ杯(準優勝銀皿)
ステージ優勝5000万円-
年間勝ち点1位8000万円-
年間勝ち点2位3000万円-
年間勝ち点3位2000万円-
チャンピオンシップ勝利
(決勝以外)
1500万円-

特典

年間優勝(年間王者)はJ1で年間の最終順位が1位(優勝)だったクラブのみに与えられる。J1で優勝したクラブには翌年のJリーグおよび天皇杯で使用するユニフォームの右袖に、金色のJリーグロゴマークエンブレムをつけることができる。ロゴマークの下には、2行で「yyyy(優勝した年)J LEAGUE CHAMPIONS」と表示されている。また、翌年開催されるFUJI XEROX SUPER CUPへの出場権が与えられる。

J1で年間最終順位の上位クラブに翌年のAFCチャンピオンズリーグ (ACL) の出場権が与えられる。出場枠については32クラブが本大会に参加するようになった2009年大会以降は「年間順位の上位3クラブ(上位3クラブのいずれかが天皇杯優勝クラブと重複する場合は上位4クラブ)」に出場権が与えられているが、本戦出場枠の見直しが行われた2015年大会以降は、「上位2クラブがグループリーグ(本戦)出場、3位(上位3クラブのいずれかが天皇杯優勝クラブと重複する場合は4位)のクラブがプレーオフ出場」となっている。

1993-2000年までの年間優勝には、AFCチャンピオンズリーグの前身であるAFCアジアクラブ選手権の出場権が特典として与えられていた。ただ、Jリーグが発足する前年の1992年は、Jリーグカップの優勝クラブ(ヴェルディ川崎)が国内リーグの優勝クラブ扱いでこの大会に出場した。

このほか、FIFAクラブワールドカップが日本で開催される場合、その年度の優勝クラブは「開催国出場枠」で出場する権利が与えられる(2007年以降)。ただし、ACLにおいて日本のクラブが優勝した場合はACL優勝クラブの出場が優先され(ACL準優勝クラブが「開催国枠」の代替で出場する)、Jリーグ優勝クラブはACLとの2冠でない限り出場できない[11]

通算記録

選手名が太字は2021年シーズン開始後時点で現役の選手(別カテゴリ所属を含む)。

試合

2020年12月20日時点[12]

順位選手名試合数順位選手名試合数
1遠藤保仁64111中村憲剛471
2楢崎正剛63112大久保嘉人448
3中澤佑二593山口智
4阿部勇樹57714今野泰幸443
5曽ヶ端準53315興梠慎三439
6小笠原満男52516森﨑和幸430
7伊東輝悦51717前田遼一429
8山田暢久50118新井場徹423
9明神智和49719川口能活421
10西川周作49020田中隼磨420

得点

2020年12月20日時点[13]

順位選手名得点数順位選手名得点数
1大久保嘉人18512柳沢敦108
2佐藤寿人16113遠藤保仁103
3興梠慎三15714藤田俊哉100
中山雅史渡邉千真
5前田遼一15416玉田圭司99
6マルキーニョス15217豊田陽平98
7三浦知良13918城彰二95
8ウェズレイ12419武田修宏94
9小林悠120森島寛晃
10ジュニーニョ116久保竜彦
11エジミウソン111-

表彰

シーズン中において、以下の表彰に該当する成績を収めたチームや個人にはシーズンの全日程終了後に開催されるJリーグアウォーズにて表彰される。

個人賞

  • 最優秀選手賞
  • ベストイレブン
  • 得点王
  • ベストヤングプレーヤー賞
  • 高円宮杯フェアプレー賞(チーム賞)
  • フェアプレー個人賞
  • 最優秀監督賞
  • 最優秀主審賞
  • 最優秀副審賞
  • 功労選手賞
  • 最優秀育成クラブ賞

特別賞

  • Join賞

スタジアム

いずれも2021シーズンのもの。

北海道コンサドーレ札幌ベガルタ仙台鹿島アントラーズ浦和レッズ柏レイソルFC東京
札幌ドームユアテックスタジアム仙台県立カシマサッカースタジアム埼玉スタジアム2002三協フロンテア柏スタジアム味の素スタジアム
収容人数: 38,794収容人数: 19,526収容人数: 38,669収容人数: 62,010収容人数: 15,109収容人数: 47,894
Sapporodome201108171.JPGSendaistadium2.JPGKashima Stadium 1.JPGSaitama Stadium Panorama.jpgKashiwa20120311-1.JPGAjinomoto Stadium 20101120.JPG
川崎フロンターレ横浜F・マリノス横浜FC湘南ベルマーレ清水エスパルス名古屋グランパス
等々力陸上競技場日産スタジアムニッパツ三ツ沢球技場レモンガススタジアム平塚IAIスタジアム日本平豊田スタジアム
収容人数: 26,827収容人数: 72,013収容人数: 15,440収容人数: 15,380収容人数: 19,496収容人数: 43,739
Kawasaki Frontale 2008.11.23.JPGNissan Stadium 20101123.jpgMitsuzawa1.jpgHiratsuka20100102 4.JPGNihondaira stadium20090412.jpgNagoya Grampus game in Toyota Stadium 100814.JPG
ガンバ大阪セレッソ大阪ヴィッセル神戸サンフレッチェ広島徳島ヴォルティスアビスパ福岡
パナソニックスタジアム吹田ヤンマースタジアム長居ノエビアスタジアム神戸エディオンスタジアム広島鳴門・大塚スポーツパーク
ポカリスエットスタジアム
ベスト電器スタジアム
収容人数: 39,694収容人数: 47,853収容人数: 28,962収容人数: 35,909収容人数: 17,924収容人数: 21,562
Municipal Suita Stadium.JPGNagai stadium20040717.jpgInside View of Kobe Wing Stadium.jpgBigarch050423.jpgNaruto Athletic 1.JPGLevel5 Stadium 03.JPG
サガン鳥栖大分トリニータ
駅前不動産スタジアム昭和電工ドーム大分
収容人数: 24,130収容人数: 31,997
Tosu Stadium 20110508.JPGOoita Stadium20090514.jpg

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ “明治安田生命保険相互会社とJリーグタイトルパートナー契約を締結” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年12月16日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00006256.html 2014年12月17日閲覧。 
  2. ^ “リーグ戦大会名称・タイトルマーク” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年12月16日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00006257.html 2014年12月17日閲覧。 
  3. ^ “サッカー「Jリーグ」との「Jリーグタイトルパートナー契約」を更新 ~地域社会の活性化へのさらなる貢献に向け、Jリーグと「新しい価値」を共創~” (PDF) (プレスリリース), 明治安田生命保険, (2018年12月14日), https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2018/pdf/20181214_01.pdf 2018年12月14日閲覧。 
  4. ^ 5月4日が浦和vs鹿島戦、5月5日はこの節のルヴァンカップの試合がなかったクラブを含めた川崎Fvs新潟とG大阪vs清水を開催。
  5. ^ 1993年はテレビ中継の都合による。1994年は開催スタジアムに照明設備がないため。2011年は東日本大震災発生に伴う被災地での省エネ対策のため
  6. ^ J.League Data Site / 通算勝敗表”. 2020年12月20日閲覧。
  7. ^ 対戦データ”. J.League Data Site. 2020年12月19日閲覧。
  8. ^ 日本プロサッカーリーグ 規約・規程集 (PDF)
  9. ^ J1優勝15・5億円 理念強化配分金の詳細発表”. 日刊スポーツ. 2019年7月16日閲覧。
  10. ^ “明治安田生命J1リーグチャンピオンに授与される 明治安田生命杯「球軌道」が完成” (プレスリリース), J.LEAGUE.jp, (2015年11月27日), http://www.jleague.jp/release/post-40552/ 2015年12月1日閲覧。 
  11. ^ 2007・2008年の鹿島がこれに該当する(ACLで2007年は浦和、2008年はG大阪が優勝)。
  12. ^ 通算出場試合数ランキング”. J.League Data Site. 2021年1月3日閲覧。
  13. ^ 通算得点ランキング”. J.League Data Site. 2021年1月3日閲覧。

注釈

  1. ^ ロゴ等で用いられている表記は「明治安田生命 J1 LEAGUE
  2. ^ J2からの昇格のみ実施

関連項目

外部リンク

サガン鳥栖

サガン鳥栖(サガンとす、Sagan Tosu)は、日本佐賀県鳥栖市をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要

1997年2月4日に創設され、1999年よりJリーグへ加盟している。ホームタウンの人口73,732人(推計人口、2018年6月1日現在)はJリーグの全55クラブ、さらにはJリーグ百年構想クラブを加えた60クラブの中でも最も小さい[注 1]。ただし、県庁所在地の佐賀市でホームゲームを開催したり(2014年度まで)、佐賀市内にクラブのオフィシャルスポーツバー「THE Sagan」を開設する[4]、佐賀県第二の都市である唐津市に下部組織(U-15唐津)を設置する、佐賀県全域でサッカースクールを開校するなど佐賀県全域での活動を行っている。さらには、同じ筑後川流域で鳥栖市と地理的に関連の深い福岡県筑後地方でも、鳥栖市が久留米市小郡市などと組織する「筑後川流域クロスロード協議会」が共同してサガンを支援しているほか、スポンサーの一つであるブリヂストンが久留米市・朝倉市に設けた「ブリヂストン・サッカースクール」をサガンが運営する[5] など、ホームタウン区域外での活動も行っている。

2016年のJリーグスタジアム観戦者調査報告書[6](鳥栖は2015年8月27日の対アルビレックス新潟戦で調査を実施)によると、佐賀県外からの観戦者は31.4%で、これは2016年度に同様の調査を行ったJリーグ加盟40クラブ中で、鹿島アントラーズガンバ大阪東京ヴェルディに次ぐ4番目に多い数値となっている。また、県内の観戦者分布に於いても、佐賀市からの観戦者が県内観戦者の21.1%と、ホームタウンの鳥栖市と同じ比率となっている。

チーム名の「サガン」は、砂粒が固まって砂岩になるように小さい力を集結させ、立ち向かうことを表す[1]。また「佐賀の」にも通じている[1]。運営母体は1997年から1998年シーズン途中まで任意団体「サガン鳥栖FC」1998年途中から2004年までは株式会社サガン鳥栖2005年以降は株式会社サガンドリームスである。また、セリエAの「ユベントス」と同じ抑揚で発音するのがJリーグ公認で統一されたアクセントとされている。

ホームスタジアムは駅前不動産スタジアム[1]、練習場は鳥栖市北部グラウンド[1] および鳥栖市陸上競技場[1] である。詳細は下記#スタジアム・練習場項を参照。クラブマスコットは佐賀県の県鳥である「カチガラス」をモチーフとした「ウィントス[1]

2020年現在、J2からJ1へ初昇格後J2への降格経験がない唯一のクラブである。

歴史

1997年 - 2011年 (旧JFL、J2)

1997年 - 2002年

1991年10月、佐賀県サッカー協会が、当時静岡県リーグ1部所属のPJMフューチャーズ(当時の本拠地は静岡県浜松市)の佐賀県への誘致を決定。1994年に鳥栖市へホームタウンを移転すると共に、翌年より『鳥栖フューチャーズ』(鳥栖F)に改名することとし、Jリーグ準会員としても承認された。しかし、PJMジャパンの撤退が原因となって深刻な経営難に陥り、1997年1月にチーム運営会社の株式会社佐賀スポーツクラブが解散を決議(1998年に破産廃止)。このときに存続を求める5万人を超える署名があったことなどを受け、鳥栖Fの受け皿となるチームとして1997年2月4日に佐賀県サッカー協会会長の中村安昭を代表とする任意団体として「サガン鳥栖FC」が発足した[注 2]

しかし、急遽設立したため事務所もなければスタッフもいなかった[注 3]。Jリーグはフロント要員として関連会社で役員を務めていた元横浜M常務のをスーパーバイザーとして派遣した。また、監督にC大阪元監督代行の楚輪博が就任した他、C大阪からは元コーチの坪田和美がヘッドコーチに、佐賀県出身の佐藤真一は鳥栖に期限付き移籍した。

また、浦和京都から練習着が、地元高校からビブス、用具メーカーからボールがそれぞれ寄贈された。2月13日に開かれたリーグ理事会で、組織が承継されていないことから準会員の資格は失ったものの、鳥栖Fが所属していた旧JFLと、同年のナビスコカップへの参加が特例的に認められた[7]。選手については、鳥栖F解散から契約が宙に浮いていた8選手(高嵜理貴鈴木俊松田悦典大森征之森保洋田中哲也森純一、)と前述の佐藤らレンタル選手4人に加え、急遽行ったセレクションで獲得した8人の計20人となり、2月16日に新体制が発表された[8]。さらにシーズン開幕直前には戦力補充と経費削減のため、関連会社が選手の人件費を負担し、チームは勝利給や出場給のみ支給する社員選手の制度を検討。これに市内の生花店と電気工事店が協力し、北内耕成関本恒一が加入した[9]

1998年に「株式会社サガン鳥栖」として法人化(社長には引き続き中村が就任)[1]。また、1999年から発足したJリーグ ディビジョン2への入会も決まった。

鳥栖F解散に対する反省から、新法人は大口のスポンサーは設けず、小口の株主を多くすることによって経営の安定化を図った。しかし、法人化初年度から赤字続き[12] で随時小口の融資を集めて増資することで凌いだ結果、株主が多くなったことで経営の主導権争いや、会社の経営方針に対する株主や関係者からの批判が相次ぎ、狙いとは逆に経営の混乱が続いた。1998年オフにはJリーグから2年契約で斡旋されていた大口スポンサーとの契約が終了し次期運営予算が大幅に減少、主力選手を多数解雇する羽目となった[13]。新戦力は補充したものの、入団テストの際に提示した条件は月給にしておよそ10万円で、予算不足は明らかだった[14]

当初から暫定的な社長就任であった中村の健康問題もあり、2001年9月には当時の監督であった高祖和弘がシーズン最終戦終了後に社長に就任する人事案を可決したが[15]、後に撤回[16]、年が明けた2002年に半年前から取締役に就任していた建設・解体会社社長の古賀照子が社長に就任した[17]。しかし、古賀は自分の方針に反対する幹部、職員などを大量に解雇しスタッフを一新したが、大口スポンサーの撤退が相次ぎ経営は厳しくなる一方で、同年11月には早くも古賀は辞任を表明するも[18]、結局留任するなど混迷をさらに深めた。

2003年 - 2011年

2003年
千疋美徳が監督に就任し[1]、攻撃重視のサッカーを目指したが機能せず、第17節から最終の第44節まで1勝も出来ず最下位に終わった。勝ち点でもこの年のJ2所属12チーム中で11位の横浜FCの半分にも満たず、最終成績はシーズン3勝、28試合連続勝ち星なし(翌シーズンと合わせ連続30試合まで更新)で当時のJ2ワーストを記録した[19][注 4]
チームはシーズン中から存続すら危ぶまれる状態にあり、2003年10月には古賀が再度辞任を表明[20]。次期取締役選任機関として改革委員会を立ち上げ、その会長であった元佐賀大学学長の楠田久男を新社長に選任した[21]。しかし、新組織が制作した来季の経営計画は一試合の入場者が実績の5倍近い15,000人。過大な企業協賛金も盛り込むなど見通しの甘いもので、Jリーグ諮問委員会は当然改善を求めたが、楠田ら新経営陣は「資金繰りの目処が立たない」として次期取締役への就任を撤回した[22]。結局古賀が留任することとなったが、当時チェアマンの鈴木昌は「このままの経営が続けばJリーグからの除名や退会勧告もやむをえない」とまで述べている。このような状態のチームを引き受けようという監督をなかなか見つけられずにいたが、最終的にはJリーグからの紹介で元川崎監督の松本育夫が就任した。
2004年
2004年シーズン、松本は選手の約半分を入れ替えてシーズンに臨み、前半戦は記録的なペースで勝ち点を積み重ねていた松本の古巣である川崎に勝つなどほぼ五分の成績であったが、後半戦は故障者が続出したこともあり22試合でわずか1勝であった。
この年、ピッチ外では、社長である古賀が選手・監督らを創価学会および公明党関連の行事、選挙活動へ出席させたり(松本らは2度参加したものの3回めに拒否[23])、株主からの決算書開示請求を放置[24] した商法違反などを始めとしたクラブ経営の公私混同ぶりが露見。この件に抗議した松本を始めとした現場と古賀中心のフロントが対立し、古賀は松本をクラブハウス入室禁止処分とした[25]。経営面でも引き続き混迷を極めており、Jリーグでは抜本的な解決のため、一旦100%減資し、新スポンサーを獲得するという条件付きでJリーグの関連会社・Jリーグフォト株式会社が新しいメインスポンサーが見つかるまで暫定的に出資することを提案したが[26]、Jリーグの定めた6月末の期限までに全株主169人のうち、10人からの同意を取り付けることができず、Jリーグフォトからの出資も白紙に戻された[27]。さらに古賀はこのシーズンのサポーターミーティングにて、鳥栖スタジアムの解体案という前代未聞の経営整理案を提示、これにはスタジアムの出資元の鳥栖市から激しく抗議され自治体も古賀の退任を要求した。会社・サポーター・出資元という三つ巴の騒動となり、クラブ消滅も現実味を帯びていた。
秋には古賀が三度目の辞任を表明[28]。それに代わる新しい経営陣を一旦決定したが、新社長に就任する予定の井上良一が別途運営する法人の経営体質について、Jリーグから疑問視する意見が上がり、このまま運営するようであれば除名(クラブ解散、あるいは存続したとしてもJFLなど下位リーグへの強制降格)も辞さない可能性があった。また、当時ライブドア社長だった堀江貴文もクラブ買収の意向を示したが、実現しなかった。
その後、11月8日には古賀が新社長候補だった井上が辞退したことと、今後は県が推薦する企業を中心に話を進める考えを表明。11月12日古川康知事が、佐賀県出身の元映像ディレクターで人材ネットワーク会社「クリーク・アンド・リバー社」を経営する井川幸広にクラブ経営を要請し、20日には井川と古賀が県、Jリーグ関係者も同席して初めて顔を合わせ、スムーズな経営体制の移譲に向けた「第一歩」を踏み出したかと思われた。しかし、一部株主により12月5日に臨時株主総会を開き、井上ら4人を取締役に選任する議案が提案された(新組織に自らの影響力を残すため、あるいは移譲を妨害するためと見られている)[29]。同時期、強化担当を兼ねる運営担当者を含む、広報・営業担当者など古賀に批判的な社員5人が30日付での解雇通告を受けていたことも発覚[30](11月30日に撤回)し前途に暗雲が漂った。しかし、これがチーム存続への最後のチャンスと見る鳥栖市は交渉が不調に終わった場合、ホームタウン返上とクラブへの支援打ち切りを表明[31]。新取締役の選任は否決された[32]
結局、2005年1月に井川を中心に出資して設立された「株式会社サガンドリームス」に対し、経営権を2400万円(譲渡費用2100万円、2004年12月-2005年1月の運営費用など300万円)で譲渡することを発表した。旧法人は解散(清算)となり、ようやく経営問題は解決となる。「サガンドリームス」の社長に就任した井川は、経営譲渡にあたって「サガン鳥栖のクラブ名の継続使用」「松本の続投」の2つの条件を出したが、条件は2つとも受け入れられた[33]
2005年
クラブスローガン :「夢激闘
この年からのクラブスローガンは親会社のサガンドリームスに因んで、頭文字に「夢」を使用した漢字3文字のものが使われている。
Jでの実績がある宮原裕司氏原良二ビジュを完全移籍、一柳夢吾矢野大輔八田康介などを期限付き移籍で獲得。また、新居辰基飯尾和也髙地系治といった実力者を下部リーグから獲得した。ヘッドコーチには長年東京Vを指導した岸野靖之、コーチに元鹿島内藤就行を招聘した。
序盤は新加入の選手が多いことによる連携不足が目立ったものの尻上がりに調子を上げ、第15節終了時点では自動昇格圏内の2位にいた。しかし、第16節の草津戦での不可解なPK判定による敗戦(家本政明参照)や、DFを中心とした故障者の続出などで、最終的には8位で終えたが、圧倒的な強さでJ1昇格を果たした 京都から3勝を挙げる健闘も見られた。
個人では、新居が17得点を挙げてJ2の日本人得点王となった。また、鈴木孝明も15点を挙げ、2人で2004年のチーム総得点分の得点(32点)を稼いだ。
2006年
クラブスローガン :「夢超戦
元韓国代表でC大阪でも活躍したMF尹晶煥や、DF金裕晋など、韓国人選手を3人補強。日本人選手も大幅に入れ替え、積極的な補強を行った。攻撃陣では新居がJ2の日本人得点王になるなど選手に成長が見られ始めたことで、松本は「上位5チームの中で争うところまでいきたい」と述べた。また、この時期に松本の「総監督」就任が一部報道で噂されたが、結局は監督を続投した(ただし、翌年の松本は実際の指揮をヘッドコーチの岸野に任せている)。
シーズン序盤は新居でしか得点できない試合が続いて出遅れ、一時は最下位に転落した。後半戦では特に守備が安定したことで(第3クール以降の失点20はリーグ最少)優勝した横浜FCと同じ14勝を挙げ、第48節には4位に浮上。第49節の東京V戦に敗れてJ1昇格は無くなったが、最終順位は過去最高の4位となった。
2007年
クラブスローガン :「夢必翔
松本が監督を勇退してGMに就任し、後任監督に岸野が昇格。水戸からFWアンデルソンを獲得。福岡大学からGK赤星拓が入団した。一方で、2年連続でJ2の日本人得点王となった新居が千葉に移籍し、期限付き移籍中だった濱田武金裕晋が所属元に復帰。さらには、GKシュナイダー潤之介仙台へ移籍した。
開幕戦の福岡とのダービーで大敗。第1クールは前年以上に成績が悪かったが、第2クールからは、怪我人が復帰し、大分から移籍してきた柴小屋雄一を中心とした守備が安定し勝点25を積み上げたが、第3クールと第4クールと踏ん張れず、第47節の東京V戦に敗れてJ1昇格の可能性は消滅。
しかし、24得点をあげ、日本人得点王となった藤田祥史や、FWからサイドバックにコンバートされた日高拓磨ら、若手選手が成長。また、天皇杯4回戦で新潟を破った。
2008年
クラブスローガン :「夢結蹴
オフには、尹晶煥山口貴之村主博正吉田恵といった30代の選手との契約を更新せずに、若手選手中心に補強を行った。その結果、最年長の選手は石田博行の28歳(1979年生まれ)となり、石田以外の選手は全員1980年代生まれとなった。
開幕戦で山形に勝ち、J2参戦10年目にして開幕戦初勝利を挙げると、その勢いでJ1昇格争いに絡んだ。この年は1度も首位を明け渡すことなく優勝した広島との試合時間の兼ね合いで、クラブ史上初めて暫定首位に立った。8月にMF船谷圭祐を獲得したが、第3クールに入ると下位チームへの取りこぼしが目立ち、昇格争いから脱落。最終順位は6位。天皇杯は大分神戸とJ1勢に勝利し、ベスト8へ進出。
2009年
クラブスローガン :「夢昇格
岸野体制3年目。藤田祥史大宮に移籍し、期限付き移籍の船谷圭祐が所属元の磐田に復帰した一方、ブラジル2部・3部のクラブで42試合29得点のFWトジン、MF島田裕介、元日本代表山田卓也や、右SB柳沢将之、左SB磯崎敬太などを獲得した。
しかし、開幕直後に3連敗、一時は最下位となった。5月に横浜FMより山瀬幸宏ハーフナー・マイクを、8月に大分からホベルト期限付き移籍で獲得。一時はJ1昇格争いに迫る位置に付けたが、終盤の上位対決(仙台、湘南、甲府)で1分け2敗に終わり、最終成績は5位。天皇杯は4回戦でG大阪に敗退。シーズン終了後に岸野が監督を退任した。
また2009年より、九州地区のJリーグ加盟クラブなどが若手育成を目的として発足させた九州チャレンジャーズリーグに参加を決めたため、Jサテライトリーグから撤退した。
2010年
クラブスローガン :「夢一岩
岸野の後任監督には前年からコーチとして現場復帰していた尹晶煥が昇格する予定だったが、尹が取得しているAFCのA級ライセンスではJリーグで監督を行えないと判断されたことから、監督就任に必要なS級ライセンスをチームスタッフで唯一取得していたGMの松本が4年ぶりに監督に復帰(GMは解職)。尹はヘッドコーチとなり、実際のチームの指揮を主として執っていくのと同時に、S級ライセンスの取得も並行して行っていくことになった[34]
岸野は横浜FCの監督に就任し、高地系治柳沢将之武岡優斗渡邉将基の4選手と一部のコーチが移籍。廣瀬浩二栃木へ完全移籍したほか、ハーフナー・マイク島田裕介なども期限付き移籍期間が終了し退団した。一方、福岡大学からMF藤田直之、韓国の大学からMF金民友とDF呂成海等が入団、Honda FCからMF早坂良太を、神戸からDF丹羽竜平を、仙台からDF木谷公亮をそれぞれ完全移籍で、京都からFW豊田陽平を期限付き移籍で獲得するなど、陣容は大きく入れ替わった。
前半戦は上位に付けていたが中盤以降は失速。最終成績は9位。なお、この年は金民友が韓国代表となり、鳥栖から初めてのA代表選出となった。
2011年
クラブスローガン :「夢結束
前年S級ライセンスを取得した尹が監督に就任。またGKコーチに高嵜理貴が就任。なお、松本はアドバイザーに就任したが、任期途中の2011年5月末に退任した。
元主将のDF飯尾和也、昨シーズン途中から期限付き移籍していたMF野崎陽介横浜FCへ、DF日高拓磨札幌へ、MF衛藤裕徳島へ、MF長谷川博一が大分へそれぞれ移籍し、GK浅井俊光、DF市原大嗣、MF朴庭秀、MF金浩男、MF下地奨が退団、GK首藤慎一は引退、FW萬代宏樹草津に期限付き移籍した。
補強は、DF浦田延尚、DF金明輝、MF永田亮太、MF米田兼一郎、MFキム・ビョンスクが完全移籍で、MF岡本知剛、MF國吉貴博が期限付き移籍で加入、GK奥田達朗、DF守田創、FW野田隆之介が新加入、DF田中輝和が完全移籍となり、また豊田の期限付き移籍期間を延長した。前年と異なり、この年は主力の多くを残留させることができた。さらにシーズン開幕後の4月30日に、故障の影響で前年限りで湘南を退団していた新居辰基が完全移籍で5年ぶりに復帰した。
開幕戦はFC東京に惜敗したが、東日本大震災による中断明けとなった第8節(2試合目)の横浜FC戦で岸野が退団してから初めて勝利すると勢いに乗り、5月終了時点で2位に浮上した。6月と7月はともに1勝ずつとやや苦戦し、シーズン試合数の半分(19試合)を消化した時点では7勝6敗6分(勝ち点27)の7位で、J1昇格圏内の3位とは勝ち点10差が付いていた。しかし、第24節(20試合目)から16試合連続無敗(11勝5分)で第31節(29試合目)で2位に再浮上した。第37節で3位の徳島との直接対決に勝利。第38節は熊本に引き分けて、2位でシーズンを終了。
12月の臨時理事会でJ1昇格が決定した。なお、1999年のJ2創設から13年目で初のJ1昇格となり、23得点を挙げた豊田がクラブ初のJ2得点王に輝いた。なお、鳥栖の昇格をもってJ2創設時の所属10チームは、全チーム最低1回はJ1に昇格したことになる。

2012年 - (J1)

2012年
クラブスローガン :「超! 結戦
尹体制2年目で、チーム初のJ1での戦い。DF浦田延尚愛媛に、MF山瀬幸宏富山に、MF永田亮太山形に完全移籍、DF田中輝和、MF米田兼一郎、MF柳澤隼、MFキム・ビョンスクが退団、DF金明輝とFW新居辰基が引退。昨シーズン草津に期限付き移籍していたFW萬代宏樹山形へ完全移籍した。
一方で、期限付き加入していたFW豊田陽平とMF國吉貴博が完全移籍加入、MF岡本知剛は広島からの期限付き移籍期間を延長した。また、磐田からMF船谷圭祐を、甲府からDF犬塚友輔とDF小林久晃をそれぞれ完全移籍で獲得。仙台からMF高橋義希が、横浜FMからDF金根煥とMF水沼宏太が、コリンチャンス-ALからFWトジンが期限付き移籍で加入した。また、2011年特別指定選手だったFW岡田翔平、MF黒木晃平、DF黒木恭平が新加入した。高橋とトジンは3年ぶり、船谷は4年ぶりの復帰となった。
開幕戦はC大阪と引き分け、第3節の横浜FM戦でJ1初勝利を挙げた。「昇格で十分に快挙」と揶揄され、評論家の多くが最下位での「降格鉄板」を予想する中、リーグ戦では、豊富な運動量に前線からのプレスからのショートカウンターを組み合わせた戦術が機能し[35]、前半戦は6勝6分5敗の10位[36]。後半戦に入り第27節から3連敗したが、第30節から4連勝。第31節の磐田戦でJ1残留を決め[37]、第33節終了時には3位に浮上し、最終順位は初昇格初年度のチームとしてはJ1が18チームとなった2005年度以降では最高の5位であった[38]。豊田が得点ランキング2位となる19得点を挙げ、Jリーグベストイレブンに選出された。なお、ホームゲームは11勝3分3敗で、これは2012年シーズンの全18クラブを通じて最高勝率であった[39]
ナビスコカップでグループ5位となりグループリーグ敗退。天皇杯は、2回戦でJFLカマタマーレ讃岐に敗退。
2013年
クラブスローガン :「超! 奮迅。
尹体制3年目。なお、尹と2014年までの2年契約を結んだ。また、2012年度の収入が約14億円となり、2011年からほぼ倍増した[40]
契約満了でDF犬塚友輔、DF守田創が、また期限付き移籍終了でMF岡本知剛広島に復帰)、DF金根煥横浜FMに復帰後新潟に完全移籍)、FWトジンが退団した。加えて2012年途中から期限付き移籍していたMF國吉貴博富山に完全移籍、DF黒木恭平愛媛へ、MF黒木晃平熊本へそれぞれ期限付き移籍した。
一方、他クラブからの獲得オファーもあった(中には海外からの高額オファーもあったと本人が後日語っている[41])FW豊田陽平と契約を更新。また、2012年に期限付き加入していたMF高橋義希とMF水沼宏太がそれぞれ完全移籍で加入。このほか、福岡からMF末吉隼也ミジョナリオスからMFジョナサンオンセ・カルダスからFWディエゴを完全移籍で獲得し、横浜FMからDF金井貢史G大阪からDF金正也サンパウロFCからロニをそれぞれ期限付き移籍で獲得。新戦力としては、2012年に特別指定選手としてプレーしたMF清武功暉、DF坂井達弥、DF岸田翔平の大卒3選手と、地元佐賀東高出身のFW平秀斗が加入した。このうちFWディエゴは家庭の事情で2ヶ月で退団している。
守備の軸となっていた岡本・金根煥が抜け、さらには前年までの戦術を各チームに研究されたこともあり[42][43]、開幕3戦目でシーズン初勝利を挙げるも、第4節から6試合勝利なし(2分4敗)で15位まで順位を下げ、FIFAコンフェデレーションズカップによりリーグ戦が中断された第13節終了時点では、2勝4分7敗の勝点10、自動降格圏となる16位の湘南との勝点差は僅か1、最下位の大分との勝点差すら僅か3であった。7月にリーグ戦が再開した後も、8月上旬までの7試合で2連敗2回を含む2勝1分4敗で、16位との勝点差が1から3という状態が続いており、前半戦だけで前年の総失点数を上回る40失点(リーグ最多)を喫するなど、調子は必ずしも上向かなかったが、7月後半に入り、FWロニとの期限付き移籍契約を解除し、MFニルソンをブラジル・メトロポリターノから完全移籍で、MF菊地直哉を新潟から、FW播戸竜二C大阪からいずれも期限付き移籍で相次いで獲得。さらに、8月上旬、相次ぐ負傷によりトップチーム登録のGK3人が戦線離脱し、残るのは特別指定選手のGK藤嶋栄介福岡大学)のみという事態[44] となったところで、急遽清水からGK林彰洋を期限付き移籍で獲得した。
林獲得直後の第21節ホーム大宮戦で勝利し連敗を止めた後、3連勝2連勝各1回を含む6戦負けなしで一気に16位との勝点差を10に広げる。直後に3連敗した(うち2敗は菊地・林がそれぞれ契約で出場できない新潟戦、清水戦)ものの、その後のリーグ戦最終5節を4連勝を含む5戦負けなしで終え、結局13勝7分14敗の勝点46で12位となった。
ヤマザキナビスコカップではBグループ6位の成績。天皇杯はクラブ史上初となるベスト4の成績(準決勝で横浜FMに敗退)。
2014年
クラブスローガン :「超! 激翔。
尹体制4年目。MFニルソンと、愛媛へ期限付き移籍中だったDF黒木恭平が契約満了で退団。FW野田隆之介名古屋へ、GK室拓哉大分へ完全移籍したほか、2013年途中から期限付き移籍していたDF木谷公亮岐阜へ、MF船谷圭祐水戸へそれぞれ完全移籍。また、期限付き移籍終了でDF金正也G大阪へ復帰。FW岡田翔平湘南へ、MF末吉隼也とMFジョナサンが大分へそれぞれ期限付き移籍となり、MF黒木晃平熊本への期限付き移籍期間を延長した。
一方、2013年に期限付き加入していたDF金井貢史と、2013年途中から期限付き加入したMF菊地直哉、FW播戸竜二、GK林彰洋がいずれも完全移籍で加入したほか、特別指定選手だったGK藤嶋栄介と元U-17韓国代表のDFキム・ミンヒョクが新加入。また、磐田からDF安田理大甲府から崔誠根をいずれも完全移籍で、磐田からMF菅沼実からMF谷口博之広島からMF岡本知剛をいずれも期限付き移籍(岡本はシーズン途中で完全移籍に移行)でそれぞれ獲得した。岡本は2シーズンぶりの鳥栖復帰となった。
7月5日、当該クラブ所属のサッカースクールコーチが無免許及び酒気帯び運転により逮捕された。この件に対し、クラブは同コーチを7月8日付で契約解除し、Jリーグからはけん責及び制裁金300万円の処分が下された[45]
開幕前に「上位争いをするだけではなく、何かしらのタイトルを狙う」と尹が語った[46] このシーズン、第12節には暫定ながらチーム初の単独首位に立ち[47]W杯ブラジル大会に伴う中断期間中にDF呂成海Kリーグ慶南FCへの移籍こそあったもののルーキーのDFキム・ミンヒョクがその穴を埋める働きで前年後半からの好調を維持し、8月2日の第18節・名古屋戦でこのシーズン10度目の完封勝利で再び首位に立った[48] 直後の8月8日、クラブから監督の尹との契約を前日(8月7日)付けで解除したことが発表された[49]。首位のチームが監督交代となる極めて異例の事態について、強化部長の永井隆幸は「(尹との間で)今後のチーム作りのビジョンや考え方がクラブと合わなかった」「ことし来年以降の戦いを見据えたなかで監督を交代する決断をした。お互いが新たなステップとして高めていくためだ」と説明し、チーム側から尹に退任を打診したことを明らかにした[50]。後任にはコーチの吉田恵が昇格した[51]
監督交代後、ポゼッションを取り入れた戦術への切り替えを試みたが十分に機能せず[52]、逆に持ち前の堅守が鳴りを潜め、吉田体制始動後から第94回天皇杯2試合を含めて公式戦10試合連続失点(この間リーグ戦2勝1分5敗、8得点14失点、天皇杯も4回戦でJ2・モンテディオ山形に敗戦)を喫し[53]、順位を5位にまで下げる。選手からの進言もあり従前の縦に速い攻撃重視の戦術に戻し、その後の8試合では5勝1分2敗と勢いを取り戻し[52]、最後の4試合は無敗(3勝1分)で乗り切ったものの、第33節のホーム最終戦・浦和戦で引き分けたことで優勝の可能性が消滅。最終節・鹿島戦で勝利し試合終了時点では暫定4位をキープした[54] が、天候の関係で最終節が後日開催となったに勝ち点・得失点差で並ばれ、総得点で上回られたことで5位に後退してシーズン順位が確定、AFCチャンピオンズリーグ2015への出場機会を逃した[55]
翌年に発表された決算では、当期純損失3億6030万円を計上、2期連続の赤字となった。入場料収入の減少や、ユニホームの背中スポンサーだった「グラス・ワン・テクノロジー」の破産による貸倒引当金の計上などが影響しているという[56]
2015年
クラブスローガン :「Next Stage〜挑戦〜
新監督に、元磐田監督・前京都コーチの森下仁志を招聘(前監督の吉田恵はコーチに復帰)。コーチの金熙虎が新たにKリーグチャレンジに参入するソウルイーランドFCに、清水智士中村圭介の両コーチが元監督の尹晶煥が新たに監督に就任したKリーグクラシック蔚山現代にそれぞれ移籍する一方で、2013年シーズン途中まで在籍し、2014年シーズンで現役引退した木谷公亮がコーチとして加入(復帰)。また京都から津越智雄町田から末藤崇成をトップチームコーチとして招聘、通訳の金正訓がコーチ兼任となった。
選手ではDF安田理大神戸に、FW播戸竜二大宮に、DF金井貢史千葉にそれぞれ完全移籍、期限付き移籍中だったMF黒木晃平熊本に、MF末吉隼也福岡にそれぞれ完全移籍、MFジョナサンは契約解除により退団、FW岡田翔平湘南への期限付き移籍期間を延長した。また、DF坂井達弥松本へ、DF岸田翔平長崎へそれぞれ期限付き移籍となった。
一方、期限付き加入していたMF谷口博之とMF菅沼実が完全移籍加入。清水からDF吉田豊、磐田からMF白星東がいずれも完全移籍で、京都からFW田村亮介が期限付き移籍でそれぞれ加入。前々年から特別指定選手としてチームに加わっていたMF福田晃斗・FW山﨑凌吾の2名に加え、高卒のDF笹原脩平秀岳館高校)・MF鎌田大地東山高校)の計4名が新加入となった。夏の移籍期間には、MF清武功暉熊本に期限付き移籍した一方で、DF坂井達弥とFW岡田翔平がいずれも期限付き移籍の期間を早めて復帰した。
この年はクラブエンブレムをリニューアル(後述)、クラブスローガンも公募によりこれまでの「超! ◯◯」の形から一新された。
尹時代の「守備重視+ショートカウンター」の戦術から「パスワークから崩していく攻撃」へのモデルチェンジを模索したこのシーズン、1stステージは序盤こそ連勝もあって3位まで順位を上げるものの、ホーム浦和戦の6失点をはじめとして守備が崩壊、終盤に4連敗し11位で終える。2ndステージもエース豊田をはじめとして怪我が相次いで浮上のきっかけを見いだせず順位を下げ続け、一時は降格圏寸前の年間14位にまで順位を下げる。終盤にかけて、それまでの「4-2-3-1」フォーメーションから「3-4-2-1」にシステムを変更して守備を安定させ、終盤は5戦負け無し(2勝3分け)で年間11位でシーズンを終えた。負け数は前年と同じ12敗ながら引き分けがリーグ最多の13試合で、得点力に課題を抱え(リーグ15位の37得点)勝ちきれない試合が増えたことが低迷の原因とされた[57]。また、このシーズンはホームで4勝8分5敗とJ1昇格後初の負け越し。特に4月12日の1stステージ第5節・山形戦から11月7日の2ndステージ第16節(ホーム最終戦)・仙台戦まで7ヶ月間ホームでの勝ち星を挙げることが出来なかった[58]
ヤマザキナビスコカップではAグループ6位の成績。天皇杯はベスト8の成績(準々決勝でG大阪に敗退)。
2016年
クラブスローガン :「サガン魂〜砂(1stステージ)、「サガン魂〜岩(2ndステージ)
今期のスローガンは、1stステージ用と2ndステージ用で別のものを用意するという形となった。
新シーズンの監督としてハンブルガーSVVfLヴォルフスブルクで指揮を執ったフェリックス・マガトの招聘を試み、一時は鳥栖と1年契約で基本合意したと報じられた[59] が、最終的にマガト側がサガン鳥栖の監督就任要請を断る旨を2015年12月31日に自身のFacebookで表明、同日鳥栖側にも断りの連絡が入って招聘は実現せず[60]。鳥栖は急遽、前FC東京監督のマッシモ・フィッカデンティにオファー、2016年1月7日に契約が発表された[61]。フィッカデンティの腹心とも言えるブルーノ・コンカがコーチに、イタリアの複数のチームでフィジカルコーチを務めたがフィジカルコーチにそれぞれ就任。クラブ史上初めてのイタリア人監督となる。一方、前シーズンの監督だった森下仁志は契約解除により退団。6年間コーチ・監督を務めた吉田恵岐阜コーチに移籍。フィジカルコーチの津越智雄も契約満了で退団した。
GK奥田達朗磐田に移籍)、MF菅沼実(夏に熊本に移籍)、DF笹原脩平東海大学に進学)が契約満了により退団。4年間キャプテンを務めたMF藤田直之神戸に、前シーズン32試合出場のMF水沼宏太がFC東京にそれぞれ完全移籍。期限付き加入中だったFW田村亮介京都に復帰。MF清武功暉(熊本)とDF岸田翔平長崎)の期限付き移籍期間を延長したほか、FW山﨑凌吾徳島に、GK藤嶋栄介千葉にそれぞれ期限付き移籍となった。
新戦力としては、栃木からMF中美慶哉C大阪からMF楠神順平大宮からFW富山貴光からDF藤田優人をそれぞれ完全移籍で、磐田からGK牲川歩見を期限付き移籍で獲得。DF三丸拡筑波大学)とGK辻周吾千葉U-18)が新加入。
5月にFW平秀斗群馬へ育成型期限付き移籍したほか、夏の移籍期間には、鹿島からMF青木剛を、FCステアウア・ブカレストからMFアイメン・タハールを、元ゲンチレルビルリイSKのFWムスタファ・エル・カビルをそれぞれ完全移籍で獲得した。一方で、MF中美慶哉が金沢へ、DF坂井達弥とMF白星東が長崎へ、DF丹羽竜平が千葉へ、DF菊地直哉札幌へ、MF岡本知剛湘南へ、MF崔誠根が岐阜へそれぞれ期限付き移籍、MF楠神順平はAリーグウェスタン・シドニーへ完全移籍し、シーズン中に9人もの選手を放出する事態となった。
フィッカデンティは尹晶煥時代から続く「4-2-3-1」スタイルを変え、中盤をダイヤモンド型にした「4-4-2(4-1-2-1-2)」に変更し、それまでの縦に速いショートカウンター主体の攻撃から、緻密な守備から連動性ある攻撃につなげるポゼッション重視の戦い方を採用する[62]。しかしながら、長年培ったチームスタイルからの戦術変更は浸透に時間を要し、特に攻撃力が著しく低下。1stステージは失点数こそリーグ2位(15失点)と堅守がよみがえったものの、得点はリーグワーストの10得点にとどまり4勝のみ(5分け8敗)。降格圏まで勝ち点1差の15位にとどまる。しかし、2ndステージに入るとフィッカデンティの戦術が浸透。メンバーが固定され、特に守備的MF(アンカー)が高橋義希で固定されるようになると序盤は6戦負け無し(4勝2分け)でステージ優勝争いにも絡めるようになる。最終的には第11節からの4戦勝ち無し(1分け3敗)が響いて優勝争いから脱落し8位にとどまったものの、年間11位で5年連続のJ1残留を果たした[62]
ヤマザキナビスコカップ(準々決勝以降「YBCルヴァンカップ」に名称変更)では、Bグループで4分2敗と未勝利でグループ最下位に終わった。
天皇杯では、ラウンド16(4回戦)に進出したが、ホームで広島に0-3で敗れ、前年に続く準々決勝進出を逃した。
2017年
クラブスローガン :「PASSION+ONE
フィッカデンティ体制2年目。
DF磯崎敬太とDF小林久晃が現役引退。群馬へ期限付き移籍していたFW平秀斗福島に移籍)、千葉へ期限付き移籍していたDF丹羽竜平鹿児島に移籍)が契約満了により退団。前年途中加入したFWムスタファ・エル・カビルとMFアイメン・タハールとの契約を解除。7年間所属しキャプテンも務めたMF金民友が兵役のため退団(Kリーグクラシック水原三星へ完全移籍)、3年半レギュラーを務めたGK林彰洋FC東京へ、7年間在籍したMF早坂良太札幌へ、FW岡田翔平が群馬へそれぞれ完全移籍。また、熊本に期限付き移籍していたMF清武功暉が千葉へ、長崎に期限付き移籍していたDF岸田翔平大分へ、徳島に期限付き移籍していたFW山﨑凌吾がそのまま徳島へ、湘南に期限付き移籍していたMF岡本知剛松本へ、岐阜へ期限付き移籍していたMF崔誠根がKリーグクラシック・水原三星へ、長崎に期限付き移籍していたMF白星東Kリーグチャレンジ水原FCへそれぞれ完全移籍した。またMF中美慶哉金沢)、DF菊地直哉(札幌)の期限付き移籍期間をそれぞれ延長したほか、千葉に期限付き移籍していたGK藤嶋栄介は松本へ、長崎に期限付き移籍していたDF坂井達弥は大分へそれぞれ期限付き移籍となった。さらに期限付き加入中だったGK牲川歩見が期限付き移籍満了(群馬へ期限付き移籍)となった。
新戦力としては、名古屋からMF小川佳純横浜FMからDF小林祐三からDF太田徹郎ジュピラー・プロ・リーグシント=トロイデンVVからFW小野裕二仙台からMF水野晃樹プリメーラB・ナシオナルアトレティコ・トゥクマンからDFフランコ・スブットーニエアステリーガSVホルンからGK権田修一、Kリーグクラシック・水原三星からFW趙東建をそれぞれ完全移籍で、川崎からMF原川力を期限付き移籍で獲得。U-18から前年2種登録されていたMF石川啓人とFW田川亨介がトップチーム昇格した。シーズン開始後の3月にセリエAカリアリからFWビクトル・イバルボを期限付き移籍で、4月にセリエBチェゼーナからGKファンティーニ燦を完全移籍で獲得。
夏の移籍期間を前にMF鎌田大地ブンデスリーガフランクフルトへ完全移籍。リーグ戦中断中にDFフランコ・スブットーニとの契約を解除し、DF太田徹郎が山形へ、MF小川佳純とFW富山貴光新潟へそれぞれ期限付き移籍した。一方で、Kリーグ蔚山現代からDF鄭昇炫、Kリーグ・全南からMF安庸佑、FC東京からMF河野広貴をそれぞれ完全移籍で獲得、期限付き移籍だったFWビクトル・イバルボが一旦契約満了となった後に完全移籍で加入した。
近年にない大型補強を敢行する一方で「継続性のある戦い」を目標に掲げたものの、好不調の波が激しく、ホームではリーグ3位タイの11勝(1分け5敗)を挙げながらアウェイではリーグ最少のわずか2勝(7分け8敗)にとどまり、連勝は第19・20節の1度のみ。MF原川の7得点をはじめ新戦力が攻守に活躍し、前年より順位を上げて8位でシーズンを終えた[63]
2018年
クラブスローガン :「ITADAKI(頂)
フィッカデンティ体制3年目。GKコーチの高嵜理貴が退団(北九州GKコーチに就任)。
期限付き移籍中だったMF太田徹郎青森へ移籍)、DF坂井達弥山形へ移籍)、GK藤嶋栄介山口へ移籍)が契約満了で退団。同じく期限付き移籍中だったDF菊地直哉札幌)、MF小川佳純新潟)が各チームに、FW富山貴光(新潟)が大宮に、MF中美慶哉金沢)が松本に完全移籍したほか、DF青木剛熊本へ完全移籍した。またFW豊田陽平Kリーグ1蔚山現代へ期限付き移籍となった。
一方、期限付き加入中だったMF原川力が完全移籍加入。京都からDF高橋祐治東京VからDF安在和樹神戸からMF高橋秀人が完全移籍加入。MF伊藤遼哉フォルトゥナ・デュッセルドルフU-19)が新加入。シーズン開始後の3月に、GK辻周吾横浜FCに期限付き移籍すると同時に、横浜FCからGK高丘陽平が期限付き加入、さらにブルガリアプロサッカーリーグPFCベロエ・スタラ・ザゴラからMF加藤恒平を完全移籍で獲得した。
リーグ戦では第6節からJ1昇格後ワーストとなる7連敗を喫し、ワールドカップによる中断前の第15節終了時点では3勝4分8敗勝点13、J2自動降格圏の17位と低迷。YBCルヴァンカップでも、1勝2分3敗でグループD最下位に終わった。
夏の移籍期間には、DF鄭昇炫鹿島に完全移籍、MF水野晃樹が熊本に期限付き移籍した一方で、FW豊田が蔚山への期限付き移籍から復帰。また、長崎からDF乾大知UAEアル・ナスルSCからDFジョアン・オマリをそれぞれ期限付き移籍で、リーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードからFWフェルナンド・トーレス、鹿島よりFW金崎夢生徳島からMF島屋八徳をそれぞれ完全移籍で獲得した。
第20、21節でシーズン初のリーグ戦連勝により15位に上がるものの勝ちきれない試合が続き、再び自動降格圏の17位に転落した第29節後の10月18日付でフィッカデンティを解任し、U-18監督兼トップチームコーチの金明輝が監督に就任[64]。監督交代後から最終節までの5試合を3勝2分無敗で乗り切り、10勝11分13敗の14位でシーズンを終えた。失点数34は優勝した川崎の27に次ぐ2位タイの少なさだったものの、得点数が29と次点の磐田より6ゴール少ないJ1最少であった。
天皇杯では、2013年大会以来5年ぶりに準々決勝に進出したが、浦和に敗れた。
2019年
クラブスローガン :「砂岩魂
ジムナスティック・タラゴナ監督のルイス・カレーラスが監督に就任(前監督の金明輝はトップチームコーチに復帰)。FCバルセロナのアカデミーコーチを長く務めたがコーチに就任し、2014年までコーチを務めていた湘南コーチの金熙虎がコーチとして復帰。
GKファンティーニ燦、MF加藤恒平ヴィジェフ・ウッチに完全移籍)が契約満了で退団、期限付き加入中のDF乾大知横浜FCに完全移籍)、DFジョアン・オマリアル・ナスルに復帰)が期限付き移籍満了で退団。期限付き移籍中だったGK赤星拓(現役引退)、GK辻周吾(横浜FCに移籍)、MF水野晃樹SC相模原に移籍)が退団。DFキム・ミンヒョク全北現代に、DF吉田豊名古屋に、FW田川亨介FC東京に、GK権田修一ポルティモネンセSCに完全移籍。MF河野広貴東京Vに、FW池田圭FELDAユナイテッドFCに期限付き移籍。
一方、期限付き加入中だったGK高丘陽平が完全移籍加入。FCディナモ・ミンスクからDFニノ・ガロヴィッチ新潟からDF原輝綺、FC東京からGK大久保択生CFレウスからMFイサック・クエンカFCアシュドッドからDFカルロ・ブルシッチが完全移籍加入。MF樋口雄太鹿屋体育大学)、GK金珉浩輔仁高等学校)が新加入。U-18のFW石井快征がトップチーム昇格。U-18のGK板橋洋青とMF松岡大起を2種登録。
前線に数多くのタレントを揃え、攻撃力の強化を目指し[65]、プレシーズンマッチ等で4-3-3の攻撃的布陣を構築しようとしたが、開幕戦の名古屋戦で急遽守備的布陣で臨み0-4の大敗を喫するなど、相手によってスタイルを変える戦い方が全く功を奏せず[66]、Jリーグワースト記録となる開幕10試合でわずか1得点[67] と目指した方向性とは逆の結果を招き、チーム内部からもカレーラスの戦術を不安視する声が噴出するなどしたこともあり[66]、第10節の大分戦はカレーラスの体調不良を理由に金明輝が暫定的に指揮を執り[67]、試合後にカレーラスの退任を発表、5月7日に金明輝の監督就任(復帰)が発表された[66]。第11節G大阪戦で7試合ぶりに得点、3-1で勝利し連敗を5で止めると、第13節まで3連勝し一旦14位まで順位を上げたが、第14節から3連敗し再び最下位、第17節清水戦に4-2で勝利し、17位松本と勝点および得失点差で並び、総得点で上回る16位で前半戦を終える。
春の移籍期間にDF岩下敬輔福岡から期限付き移籍。4月にU-18のMF本田風智を2種登録、6月には2種登録だったMF松岡大起と正式契約を結び、MF伊藤遼哉とは契約を解除した。さらに夏の移籍期間にはGK大久保択生が清水に完全移籍。DFニノ・ガロヴィッチがFCディナモ・ミンスクに、MF島屋八徳徳島に、FWビクトル・イバルボ長崎に期限付き移籍した。また、DFカルロ・ブルシッチとの契約を解除し、FWフェルナンド・トーレスは現役を引退した。
一方、DFパク・ジョンスから、FWチアゴ・アウベス全北現代モータースから、FW金森健志鹿島から、DF金井貢史名古屋から期限付き移籍した。また翌年の加入が内定したFW林大地大阪体育大学)を特別指定、U-18のDF大畑歩夢、MF相良竜之介を2種登録。
第19、20節と連敗し両節で最下位となった後、第22、23節の連勝で16位となり、第29節には15位、第31節には14位まで順位を上げるが、最後まで残留争いに巻き込まれ、最終節、勝点で並ぶ15位清水に0-1で敗れたものの、勝てば順位が逆転する16位湘南が引き分けに終わったことで15位となり、2シーズン連続で16位と勝点で並びながら得失点差で上回る形でJ1残留を決めた。
2020年
クラブスローガン :「GO
金体制2年目(シーズン開始当初からは初めて)。MF谷口博之が現役引退。期限付き移籍中のFWビクトル・イバルボ長崎)、MF島屋八徳徳島)、MF河野広貴東京V)がそのまま期限付き移籍先へ、FCディナモ・ミンスクに期限付き移籍中のDFニノ・ガロヴィッチHNKリエカへ完全移籍、DF高橋祐治、DF三丸拡(以上へ)、MFイサック・クエンカ仙台へ)、MF福田晃斗湘南へ)、DF藤田優人甲府へ)、MF小野裕二、GK石川慧(以上G大阪へ)がそれぞれ完全移籍。期限付き加入中だったMF金井貢史が期限付き移籍満了(名古屋清水へ)、DF安在和樹山口に、MF石川啓人熊本にそれぞれ期限付き移籍。さらにシーズン開始後の3月にはFW金崎夢生が名古屋へ期限付き移籍した。
一方、期限付き加入中のFW金森健志鹿島から)とDF岩下敬輔福岡から)が完全移籍加入。京都からMF小屋松知哉とMF湯澤洋介神戸(前年後半は水戸に期限付き移籍)からDF宮大樹徳島からDF内田裕斗松本からDFエドゥアルドとGK守田達弥全北現代モータースからFWチアゴ・アウベス広州富力からDF王嘉楠を完全移籍で獲得。また、仙台を退団したMF梁勇基が加入したほか、プラサ・コロニアからFWレンゾ・ロペスが期限付き加入、DFパク・ジョンスの柏からの期限付き加入期間を延長。DF森下龍矢明治大学)とFW林大地大阪体育大学)が新加入したほか、GK板橋洋青、DF大畑歩夢、MF本田風智がU-18からトップチーム昇格。さらにU-18の相良竜之介兒玉澪王斗中野伸哉を2種登録とした。
大口スポンサーとの契約終了などから2019年度決算で20億円の巨額赤字を計上したこともあり、人件費圧縮のため主力選手を放出し若手中心のポゼッションスタイルに一変[68]。開幕当初は5試合連続無得点と低迷し、さらに8月には選手や監督など10名が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に集団感染し、シーズン中に約2週間にわたってチーム活動の停止を余儀なくされるなどした[69] が、ルーキーら若手の躍動もあって前半を終えて暫定14位となった。
シーズン途中の8月にU-18のを2種登録、10月にはGK高丘陽平横浜FMに完全移籍した一方、GK朴一圭が横浜FMより期限付き移籍加入した。
リーグ後半戦は4連敗・7戦勝ち無しがあるなど停滞期もあったものの、ユース出身の本田、大畑や2種登録のDF中野伸哉などの積極起用が徐々に功を奏し[70]、この年リーグを圧倒した川崎に対して唯一勝利を許さず[71]、ラスト5戦を無敗(1勝4分)で終え、13位でシーズンを終えた。なお、この年記録したシーズン15引き分けは、延長戦が廃止された2003年以降では、2005年のFC東京、2011年のベガルタ仙台、2012年の横浜F•マリノスが記録した14引き分けを抜きJ1最多記録となった。
2021年
クラブスローガン :「Full Power
金体制3年目。DF岩下敬輔が現役引退、DF小林祐三がプロサッカー選手引退(Criacao Shinjukuに移籍)。FW趙東建朝鮮語版へ移籍)、MF安庸佑大邱FCへ移籍)、DF王嘉楠が契約満了で、DFパク・ジョンス城南FCへ移籍)、FWレンゾ・ロペスプラサ・コロニアモンテビデオ・ワンダラーズFCへ期限付き移籍)が期限付き移籍期間満了でそれぞれ退団。DF高橋秀人横浜FCに、MF原川力C大阪に、DF原輝綺清水に、MF森下龍矢名古屋に、DF宮大樹とFW金森健志福岡に、FWチアゴ・アウベスG大阪にそれぞれ完全移籍。期限付き移籍中のFW金崎夢生が名古屋に、MF石川啓人山口にそれぞれ完全移籍、DF安在和樹東京Vに期限付き移籍した。
一方、期限付き加入中のGK朴一圭横浜FMから)が完全移籍加入。大宮からMF酒井宣福千葉からFW山下敬大大分からMF島川俊郎鹿児島からFW和田凌、清水からDFファン・ソッコ、横浜FM(前年途中から京都でプレー)からMF仙頭啓矢栃木からDF田代雅也群馬からMF飯野七聖マッカビ・テルアビブFCからFWチコ・オフォエドゥFKヴラズニアからFWイスマエル・ドゥンガを完全移籍で獲得。DF松本大輔、DF今掛航貴(以上中央大学)が新加入したほか、FW兒玉澪王斗、MF相良竜之介がU-18からトップチーム昇格。U-18のDF中野伸哉、DF、MFを2種登録。
また、シーズン開幕後に札幌からMF中野嘉大を期限付きで、韓国・輔仁高等学校からはGK嚴叡勳を新卒で獲得、立正大学のDF孫大河を特別指定、U-18のDFを2種登録とする一方、GK金珉浩長野に期限付き移籍した。
20年度決算は債務超過となり厳しい経営環境から補強は小規模だったがユースからの昇格組など若手の活躍や戦術の浸透もあり、降格候補に挙げられた下馬評を覆して代表選によるリーグ中断前を9勝6分け3敗の勝ち点33で4位につけ上々の滑り出しを果たした。
夏の移籍期間などでは、FW石井快征愛媛に、FW兒玉澪王斗相模原に、DF今掛航貴水戸へ育成型期限付き移籍させたほか、長年チームを中心選手として支えてきたFW豊田陽平栃木に、ユース出身でクラブ史上初となる高校3年生でのトップ昇格を果たしたMF松岡大起清水に、前年のチーム内得点王で東京オリンピック代表にも選出されたFW林大地がベルギーのシント=トロイデンVVに完全移籍した。対して鹿島からMF小泉慶を完全移籍で、同じく鹿島からMF白崎凌兵札幌からFW岩崎悠人を期限付き移籍で獲得した。また、2種登録だったU-18のDF中野伸哉をトップに昇格させ、同じくU-18のFW二田理央は2種登録を経てプロ契約を結んだ後、オーストリアのFCヴァッカー・インスブルックU-23に期限付き移籍した。

戦力補強

永らくの間、鳥栖の戦力補強の特徴として、新卒の選手や試合になかなか出るチャンスの少なかった若手選手を積極的に補強し、試合に多く出場させるというものがあった。特に特別指定選手制度や期限付き移籍制度が導入されて以降はこれらを積極的に活用し、そのまま翌年以降の完全移籍(正式加入)につなげているケースも少なくなかった。かつては鳥栖に加入する選手は長らく「他のチームから採ってもらえなかった選手」が多い傾向があり[35]、特別指定選手も翌年以降の加入につながらなかったケースも多々あったが、ビジネスホテルとして使われていた建物を選手寮として借り上げる[72] など、環境も整備されつつある。

この理由として、鳥栖の財政力では多額の移籍金や契約金を投じた補強に頼れない点が挙げられる。鳥栖の人件費は、2014年で約11億7600万円[73] で、これはこの年のJ1所属18クラブ中14クラブ目であり、平均(約15億600万円)より低くなっている。このこともあり、若手を育てて主力に成長させるという方針により、指導スタッフを充実させて、徹底した走り込みをはじめとする猛練習に取り組んで鍛え上げている[35]

特にシーズン開幕前の毎年1月から2月には、鳥栖市内にある標高133mの朝日山の山頂まで反復して登る290段の「早朝石段トレーニング」[74][75] をはじめとした1日3回の練習(3部練習)が連日続き[注 5]、このトレーニングの苛酷さは移籍選手も言及している[76]。この3部練習は松本育夫監督の時に導入されたが、松本は1979年(昭和54年)に日本ユース代表の監督を務めた時、夜間の体育館練習を含めた4部練習を休み無しで1ヶ月続けた経験を持つ[77]。なお、朝日山でのトレーニングは2015年を最後にチームとしては行っていないが、個人的に取り組んだり、移籍してきた選手がより鳥栖を知るために訪れるケースなどは見られている[78][79]

新人選手に関しては2016年シーズン以降は特別指定選手から、下部組織の選手を2種登録する方向に変化が見られる。2015年以降大口スポンサー契約もあって経営が安定してきた[80] こともあり、代表クラスの選手を積極的に獲得するなどして総人件費は上昇し、2018年シーズンは26億7000万円、2019年シーズンは25億2800万円でこの年はリーグ8位となっている[81]。しかし大型スポンサーの撤退などが影響したことで18年度は5億8100万円、19年度はJリーグ史上最も巨額となる20億1400万円もの赤字を計上した[82]。そのため2020年の人件費は16人もの選手を引退または退団させ、前年の半分以下となる11億6900万円と大幅に圧縮している。

2009年(平成21年)度所属の選手の中には地元佐賀県の出身が1人もおらず(2007年まで所属していた蒲原達也が最後)、ホームタウンを置く都道府県の出身者がいないのはJリーグ36クラブ(当時)の中で唯一であった。その後も2種登録選手の(2010年度)、(2010-2011年度)、(2016-2017年度)、板橋洋青(2017年度)、特別指定選手中島大貴(2015年度)以外には佐賀県出身選手のいない状態が続いていたが、2019年に樋口雄太が入団したことでようやく解消された。

新加入選手・特別指定・2種登録選手(2004-2018年)
高卒大卒特別指定選手2種登録選手
2004高橋義希下司隆士加藤秀典小井手翔太奈良崎寛田代有三
2005中林洋次長谷川豊喜鈴木孝明
2006金正訓栫大嗣浅井俊光衛藤裕蒲原達也
廣瀬浩二日高拓磨藤田祥史
栗山裕貴三原雅俊
2007太田弦貴副島貴司、栗山裕貴、
谷口堅三ジョズエ
赤星拓内間安路野崎陽介河田晃兵
2008島嵜佑下地奨朴炡慧河田晃兵、長谷川博一
2009サムエル渡邉将基、長谷川博一、武岡優斗池田圭河田晃兵、
2010藤田直之呂成海金民友黒木晃平森本良野田隆之介守田創、、、
2011守田創野田隆之介、奥田達朗黒木晃平岡田翔平黒木恭平月成大輝、
2012黒木晃平、岡田翔平、黒木恭平坂井達弥清武功暉藤嶋栄介岸田翔平
2013平秀斗坂井達弥、清武功暉、岸田翔平藤嶋栄介福田晃斗山﨑凌吾
2014藤嶋栄介福田晃斗、山﨑凌吾
2015笹原脩平鎌田大地福田晃斗、山﨑凌吾中島大貴永石拓海
2016辻周吾三丸拡石川啓人田川亨介
2017石川啓人、田川亨介、藤松航矢、、板橋洋青
2018伊藤遼哉石井快征松岡大起
2019石井快征、金珉浩、松岡大起樋口雄太林大地板橋洋青、松岡大起本田風智
大畑歩夢相良竜之介
2020板橋洋青、本田風智、大畑歩夢林大地森下龍矢松本大輔兒玉澪王斗中野伸哉相良竜之介
2021兒玉澪王斗、相良竜之介松本大輔、今掛航貴孫大河中野伸哉、、
二田理央
  • 「†」付きの選手は、後に新卒または在学中でサガン鳥栖に加入した選手(内定含む)。
  • 2019年の松岡大起、2021年の中野伸哉、二田理央は高校在学中にユースからトップ昇格。

成績

タイトル・表彰

クラブ

個人

スタジアム・練習場

ホームスタジアムは駅前不動産スタジアム[1] であり、佐賀県総合運動場陸上競技場佐賀市)でも不定期にホームゲームを開催している。また、2001年(第37節、甲府戦)に沖縄県総合運動公園陸上競技場沖縄県沖縄市)で沖縄県初となるJリーグ公式戦を開催した。

練習場は鳥栖スタジアム北部グラウンド(鳥栖市北部グラウンド)[1]、鳥栖市陸上競技場[1] であるが、佐賀県総合運動場陸上競技場、小郡市陸上競技場福岡県)も利用する[83]。また、2013年4月に鳥栖スタジアム北部グラウンド内にクラブハウスが完成した。

年度・競技場別の試合数

※J2加盟の1999年以後。
年度鳥栖佐賀陸その他Jリーグ杯備考
1999171なし鳥栖1
200020長崎1
200119長崎1
沖縄県陸1
2002222なし(不出場)
2003211
2004
200523
2006222
2007
2008251鳥栖=命名権の採用により「ベアスタ」に
2009242
2010171
2011190
2012143ベアスタ3
2013170
2014ベアスタ1
佐賀陸2
2015ベアスタ3
2016
2017
2018
2019駅スタ3鳥栖=命名権スポンサー交代により「駅スタ」に
佐賀陸=施設名の変更に伴いSAGAスタに[注 6]
参考 - 1997年Jリーグ杯:鳥栖3

スタジアムDJ

  • YUYA(鳥栖F時代~)
  • (2018年)

現所属選手

ユニフォーム

ユニフォームの色
カラーシャツパンツストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)オレンジオレンジオレンジ
GK(3rd)チャコールグレーチャコールグレーチャコールグレー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
GK 3rd

クラブカラー

  •   ブルー[1]  ピンク[1]

ユニフォーム

  • アクセントやクラブエンブレムなどで使われているピンクは、鳥栖Fのクラブカラー(ピンクと紺)を継承"[84]
  • 2011年・2012年シーズンで使用したユニホームは「ブルー・ピンク」という基本カラーはそのままだが、デザインアドバイザーとして有田焼の著名な陶芸家14代酒井田柿右衛門が監修に携わり、ラインの入れ方などの提案を行なった。
  • 2013年・2014年シーズンは、ニューバランス傘下のアメリカのスポーツ用品メーカー・英語版とサプライヤー契約を締結した。サガン鳥栖との契約は同社にとってリヴァプールFCプレミアリーグ)、セビージャFCリーガ・エスパニョーラ)に次ぐ3クラブ目、アジアでは初のサプライヤー契約だという[85]。2015年からはニューバランス本体のサッカー市場進出に伴い、サプライヤーがニューバランスに変更になっている[86]
  • 2015年シーズンのFP用2ndユニフォームには、シャツ・グレー、パンツ・黒、ストッキング・グレーを採用。
  • 2019年5月11日には母の日にちなんだレディースデーが開催され、その際FP用限定ユニフォームが採用された[87]

ロゴ・エンブレム

「サガン鳥栖」としてのエンブレムは2015年のもので3代目になる。

  • 初代(1997年 - 2005年):クラブ名の頭文字「S」と「T」の組み合わせと、佐賀県の地図をモチーフとしたもの[84]
  • 2代目(2006年 - 2014年):「J1昇格への元年」と位置付け、ロゴとエンブレムを一新。新しいエンブレムはカチガラス(筑紫平野に生息する天然記念物カササギ)を取り入れ、このカチガラスはsagantosuの隠し文字で描かれている[84]。また、ピンクとサガンブルーと、更に5色(上から、青、黄、黒、緑、赤)の勝利(Victory)の頭文字であるVが描かれており、この5色は五大陸を意味し、『True champions in the hearts of all who love Sagantosu.』(日本語訳:「サガン鳥栖を愛する全ての人と共に、真のチャンピオンになる」)がエンブレムを引き締めている[84]。新しいロゴは、今までよりシャープなイメージで強さを感じるデザインにし、ロゴの上下の飾りが「V」のイメージで、勝利にこだわっている。
  • 3代目(2015年 - ):8年ぶりにエンブレムをリニューアル[88]。全体的な造形は大きく変わっていないものの、クラブから「力強く前に進むカチガラスを強調してデザイン」と説明されたとおり、これまで横向きだったカチガラスのシルエットが正面を向いて羽ばたいている様子に改められ、「常に前へ前へと突き進むチームの力」を表現した。また、5色のVラインの背景がこれまでの青地から白地に改められるなど、配色に一部変更がある。ロゴに変更はない。

ユニフォームスポンサー

掲出箇所スポンサー名表記掲出年備考
木村情報技術K 木村情報技術2020年11月 - [89]
鎖骨竹下製菓竹下の
ブラックモンブラン
2020年 -左側に掲出
竹下のMilcook
ミルクック
右側に掲出
背中上部サガン鳥栖AID[注 7]PRIDE OF 172021年 -
背中下部なし--
佐賀新聞社佐賀新聞2012年 -2020年 - 同年11月は胸(暫定的掲出)と袖
パンツ前面原泰久キングダム
KINGDOM
2021年 - [90]
パンツ背面モラージュ佐賀mallage2020年11月 - 同年12月
2021年3月 - [91]

トレーニングウェアスポンサー

掲出箇所スポンサー名表記
練習着胸関家具家具産地
大川
関家具
練習着背中なし-
練習着袖なし-

ユースユニフォームスポンサー

掲出箇所スポンサー名表記掲出チーム
なし--
背中なし--
花屋敷花やしきU-12・U-15・U-15唐津・U-18

ユニフォームサプライの遍歴

歴代ユニフォーム

FP 1st
1999 - 2000
2001 - 2002
2003 - 2004
2005
2006 - 2007
2008 - 2010
2011 - 2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021 -
FP 2nd
1999 - 2000
2001 - 2002
2003 - 2004
2005
2006 - 2007
2008 - 2010
2011 - 2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021 -
FP Other
2015
鷹の祭典記念
2016
レディースデー
2016
鷹の祭典記念
2017
鷹の祭典記念
2018
鷹の祭典記念
2019
鷹の祭典記念
2019
F・トーレス
引退試合記念1[注 8]
2019
F・トーレス
引退試合記念2[注 9]

歴代ユニフォームスポンサー年表

年度箇所サプライヤー
鎖骨左鎖骨右背中上部背中下部パンツ前面パンツ背面
1997-解禁前DIREC TV解禁前--解禁前NIKE
1998-
1999
2000東洋新薬
2001アサヒ緑健
2002-
2003-DELL'ERBA
2004PRINCESS
TENKO
市制50周年
TOSU
参勤交代の湯
2005-- /
CREEK&RIVER
- /
Value Link
- /
エイチ・エス証券
Mizuno
2006BBIQ
ビビック
[注 10]
BRIDGESTONEUMBROBTUUMBRO
2007-
2008DHCBBIQ
ビビック
SUMCO
2009SUMCO-
2010BEST AMENITY
2011
2012佐賀新聞
2013Warrior Sports
2014Glass OneB
2015九州人気観光地No.1
ハウステンボス

(1st)
Cygames
(2nd)
New Balance
2016Cygames-
2017
2018-
2019-
2020佐賀新聞[注 11] /
K 木村情報技術
竹下の
ブラックモンブラン
竹下のMilcook
ミルクック
- /
sojitz
- /
家具産地
大川
関家具
- /
mallage
2021K 木村情報技術PRIDE OF 17-キングダム
KINGDOM

アカデミー

サガン鳥栖のアカデミーはU-18(第2種)、U-15・U-15唐津(第3種)、U-12(第4種)の育成部門「ユースセクション」と、普及部門「サッカースクール」で構成されている[93]。U-18は鳥栖市ではなく佐賀市高木瀬町の佐賀市健康運動センター サッカー・ラグビー場(2014年完成)を練習拠点としている[94]。また全寮制であり、健康運動センターそばと鳥栖市酒井西町の2カ所に選手寮を設けている[95]。U-15の2チームとU-12は特定の練習拠点は所持していない。

U-18は2017年からプリンスリーグ九州に所属している。それまでは県リーグ所属で、トップリーグであるプレミアリーグの所属経験は無かった。トップへの昇格もユース1期生の古川隆志(2000年昇格)以外にはほぼ出場機会を得られなかった赤司大輔(2001年昇格)、守田創(2010年昇格)の2人のみで、日本代表を複数輩出した大分ユースやコンスタントにトップに選手を送り出している福岡ユースなど近隣のチームに対し育成力で後塵を拝していたが、2017年に年代別の代表経験のある石川啓人田川亨介の2人がトップ昇格を果たした。この時、クラブ社長の竹原稔は「やっとここまできた。」とコメントしている[96]。その後、2019年には日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会で初の決勝進出を果たし準優勝[97]。さらに3回目の挑戦となるプレミアリーグ参入プレーオフで仙台ユースを制しプレミア昇格を果たした[98]

U-15の2チームは共に九州ユース (U-15)サッカーリーグに所属している。U-15唐津は県西部でのファン掘り起しを狙うクラブと中学世代の育成拠点を求める地元の思いから2007年に発足している[99]2017年にU-15が第32回日本クラブユースサッカー選手権 (U-15)大会で優勝を果たし、全カテゴリーを通じて鳥栖に初の全国タイトルをもたらした[100]。また、同年には高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会も制し、U-15世代の二冠を達成した。

クラブ設立から長期間に渡り育成部門は低迷していたが、クラブ経営が安定してからは県の支援なども活用して海外遠征も積極的に行っており[101]、チーム単位や選手個人でイタリア・韓国・オーストリアなどでトレーニングを行ったり現地大会に参加したりしている。2018年にはオランダ・エールディヴィジに所属するアヤックスと育成アカデミーのシステム、指導者、選手のレベルアップを目的としたパートナーシップ契約(3年契約)を締結[102]。同年、龍谷高等学校を運営する佐賀龍谷学園との間で龍谷高校がU-18に所属する選手を入学金免除且つ公式大会出場の際に出席扱いとする特待生として受け入れる協定を結ぶ[103]2020年にはECCと提携し日常会話にサッカーで使用する英会話を織り交ぜたオリジナルカリキュラムのレッスンをU-18の選手を対象に行う[104]など育成年代の体制強化を進めている。

またサッカースクールは鳥栖市内3カ所(鳥栖・北部・商工センター)のほか、基山・佐賀・川副小城武雄など県内各地で実施しているほか、県外の久留米市にもスクールを開校している。ただしクラブ本拠地のある県以外でのスクール開校はJリーグ規約に反するため、スポンサーでもあるブリヂストンがサッカースクールを開設して、それをサガン鳥栖が運営管理を受託する形での実施が特例として認められている[105]

タイトル

U-18
U-15
U-15唐津
  • 九州ユース (U-15)サッカーリーグ:優勝(2013年)

海外遠征

U-18
  • KリーグU-17チャンピオンシップ(韓国・浦項):準優勝(2017年)
U-15
  • ステファーノ・グッゼーラ国際大会(イタリア・トリノ):優勝(2019年)

アカデミー出身選手

クラブ情報

永久欠番

なお、他クラブがサポーターナンバーを「12」としているのに対し、サガン鳥栖は「17」を同ナンバーとしている。これには、スタメン11人の選手と控え選手5人の計16名(制定当時。現在は18名)の「次」として「共に戦う17番目の選手」という意味合いもある[106]

佐賀県プロサッカー振興協議会

クラブ経営が行き詰まり、クラブ解散が濃厚となった2004年(平成16年)9月、佐賀県と県内各市町村は、県内の企業・団体などと共同でサガンの後援団体・「佐賀県プロサッカー振興協議会」を立ち上げた。この会では、サガンを県民参加型のクラブ運営にするため、ホームゲーム(鳥栖スタジアム、佐賀県総合運動場陸上競技場で開催)に各市町村の市民を招待するほか、サガンの選手を招いた少年サッカー教室や各種イベントを展開するというもの。また、2005年(平成17年)のシーズン開幕前には鳥栖スタジアムにこの会の事務所を移転させた。クラブ事務所との併設となり、チームとの連携をより強化することになった。

2014年12月現在、52の企業・団体などが会員となっている。[107]

集客活動の歴史

2003年(平成15年)「Road To 25,000 In 鳥栖スタ」
ゴール裏のサポーターを中心に立ち上げた「Road To 25,000 In 鳥栖スタ」という大集客キャンペーン。2003年(平成15年)7月19日のアルビレックス新潟戦を皮切りに徐々に観客を伸ばす仕掛けだったが、アビスパ福岡とのダービー以外の客足は振るわなかった。
  • 08/02 vs福岡 目標10,000人(結果 5,756人) ※2003年(平成15年) 平均観客動員 3,172人
2004年(平成16年)「Road to 25000 震源地TOSU! 鳥栖スタを揺らせ」
前年の反省を踏まえて「Road to 25000 震源地TOSU! 鳥栖スタを揺らせ」という新たなキャンペーンが始まる。これは9月4日の福岡とのダービーに焦点を当てた集客キャンペーンで、チケットバンクという新しいシステムを導入。全国のサッカーファンから寄付されたチケットで地元の小学生を招待する企画だった。各地のJクラブサポーターを始め40団体が支援、2111人の子供達を招待することに成功。満員とはならなかったが、後にクラブ運営を引き継ぐ井川幸広の初観戦を促した。
  • 09/04 vs福岡 目標25,000人(結果 9,565人) ※2004年(平成16年) 平均観客動員 3,610人
2006年(平成18年)「夢プラン21 鳥栖スタジアムを満員にしたい」
鳥栖市が行っている子供の夢をかなえる青少年健全育成事業「」に鳥栖北小学校3年生の生徒の提案「鳥栖スタジアムを満員にしたい」が採用される。これによって行政、クラブのバックアップの元、スポンサーの1つであるブリヂストンも支援を表明。11月12日湘南ベルマーレ戦を目標に活動を行い、鳥栖スタジアムでのJリーグ公式戦最多(当時)となる18,231人の観客を集め、このことがブリヂストンの支援継続と年間スポンサー料アップにつながった[108]
  • 11/12 vs湘南 目標20,000人(結果18,231人) ※2006年(平成18年) 平均観客動員 7,465人
2007年(平成19年)「BSデー『どこまでも行こう!ブリヂストンサマーフェスタwith 吹奏楽団』」
2006年の「夢プラン」を引き継ぐ形でブリヂストンは支援を継続、「夏休み最後の思い出づくり」をコンセプトに8月最後のホームゲームを冠マッチ「ブリヂストンデー」(BSデー)として支援を行った。2007年(平成19年)8月25日の水戸ホーリーホック戦がBSデーに設定され、日本最高峰の企業吹奏楽団「ブリヂストン吹奏楽団久留米」と地元高校の吹奏楽団との協演など様々な企画が催され、当日は16,661人を動員する[108] も、目標の2万人越えは達成できず、平均観客動員数も前年を下回った。
  • 08/25 vs水戸 目標20,000人(結果 16,661人) ※2007年(平成19年) 平均観客動員 6,114人
2008年(平成20年)「BSデー 2万人の夢結蹴」
前年、2万人越えの目標を達成できなかった反省を踏まえて、サポーターも「×2運動」という新たな集客作戦を展開。ブリヂストン側もかつて無い規模の動員を2008年(平成20年)も実施し、9月20日のロアッソ熊本戦に21,029人という2万人越えを実現させる。その後、J1昇格を決めた2011年(平成23年)12月3日の熊本戦で記録した22,532人という記録が出来るまではクラブレコードとして残り続けた。
  • 09/20 vs熊本 目標20,000人(結果21,029人) ※2008年(平成20年) 平均観客動員 7,261人

メディア

テレビ

ラジオ

  • YUYAのオーレ!サガン鳥栖(NHK佐賀放送局、月曜19:45-20:00)
  • 週刊サガン鳥栖(NBCラジオ佐賀、金曜18:00-18:10.18:20-18:30)
  • Next Stage 挑戦 サガン鳥栖!!(NBCラジオ佐賀、火曜 『情報コンビニ 佐賀ですよ』内)
  • sagantosu Heat Wave(エフエム佐賀、金曜 『Friday Night Talkin' Radio』内)
  • SaganBMX(えびすFM、月曜20:00-21:00)

その他

2018年3月1日から11月下旬まで、JR九州南福岡車両区885系電車1編成がクラブのラッピング車両として運行されている[109]。なお、試合の開催日にはJR九州が肥前山口駅 - 鳥栖駅で臨時列車「サガン鳥栖号」を運行している。

決算

サガン鳥栖の決算は、つぎのとおり。

損益

年度リーグ収入広告料入場料配分その他費用事業費人件費管理費利益純利益
2005J242814314810235702506249196-274-332
2006J2705281152108164821613376208-116-112
2007J257223713611782775545377230-203-205
2008J270226317012114869546831722775
2009J2676278174110114755560313195-790
2010J281619415574393829659290170-142

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 200520062007200820092010

金額の単位: 百万円

人件費は事業費に含まれる。

年度リーグ収益広告料入場料配分育成その他費用人件費試合トップ育成女子販売利益純利益
2011J2689253166993713582635348101200304-137-357
2012J11454493495202452191362610116752005419390
2013J117046325482347421620391012273129230602-335-299
2014J118857895352227226722661176250120380682-381-360
2015J1248912035761939142624321105245126430913573

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 20112012201320142015

金額の単位: 百万円

年度リーグ収益広告料入場料配分育成物販その他費用人件費試合トップ育成女子物販販売利益純利益
2016J1276616315531909515214527851476272153530103728-199

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 2016

金額の単位: 百万円

資産

年度総資産総負債純資産資本金
2005151311-159161
20063123083294
200720115249419
200821589126454
200923317658455
20102408159454
2011241539-298455
201244134992605
2013217425-207605
20144214192890
20158408346889
20161041102615889

出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 200520062007200820092010201120122013201420152016 2017 2018 2019 金額の単位: 百万円

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ なお、サガン鳥栖(鳥栖市)の次にホームタウンの人口が少ないのは、JリーグクラブではFC今治今治市、149,901人)、Jリーグ百年構想クラブでは栃木シティフットボールクラブ栃木市、154,442人)。
  2. ^ 鳥栖Fの解散決議後に任意団体としてのサガン鳥栖が発足していることから、鳥栖Fとの間に法的な承継関係はなく、組織として鳥栖Fとサガン鳥栖の間に直接的な連続性は無い。このため、鳥栖F時代から所属していた選手は、手続き上前所属チームを「鳥栖フューチャーズ」としているため、実質「残留」も公式には「移籍」扱いとされている。
  3. ^ 当初は熊地が滞在していた佐賀市内のビジネスホテルや佐賀県サッカー協会の事務所などで作業をしていた。
  4. ^ 後にこの2つの記録はギラヴァンツ北九州が2010年から2011年にかけて更新した。
  5. ^ サガン鳥栖公式サイト内で発表された2014年のトップチーム練習日程によると、1月21日の全体練習開始日から1月31日までに7度の3部練習が実施された。サガン以外に3部練習を行うJリーグクラブは少ない。
  6. ^ 正式名・SAGAサンライズパーク陸上競技場
  7. ^ 佐賀県内の経済団体などによる支援組織。構成団体は佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀経済同友会、佐賀県経営者協会、佐賀県農業協同組合中央会、佐賀県医師会、佐賀県建設業協会、佐賀県サッカー協会、サガントス後援会、佐賀県ベストアメニティホールディングスの12団体・企業。
  8. ^ J1第24節・ヴィッセル神戸戦のピッチ入場時に着用
  9. ^ J1第24節・ヴィッセル神戸戦の試合中に着用
  10. ^ 「BBIQ」は九州電力の子会社である九州通信ネットワーク(QTNet)の光ブロードバンドサービスの名称だが、実際にスポンサードしていたのは九州電力佐賀支店である。
  11. ^ 11月13日までの暫定的掲出[92]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x クラブガイド:サガン鳥栖”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年11月7日閲覧。
  2. ^ a b 会社概要”. サガン鳥栖. 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 2019年度(平成31年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2020年8月7日閲覧。
  4. ^ “サガン鳥栖の公式スポーツバー、開店祝いイベント”. 西日本新聞. (2013年12月23日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/59660 2014年1月2日閲覧。 
  5. ^ サガントス・サッカースクール”. サガン鳥栖. 2013年12月7日閲覧。
  6. ^ Jリーグ スタジアム観戦者調査2016 サマリーレポート (PDF) - Jリーグ公式サイト内、2018年1月1日閲覧。
  7. ^ 日本サッカー協会、サガン鳥栖承認 - 佐賀新聞1997年2月14日
  8. ^ 新生「サガン鳥栖」スタート - 佐賀新聞1997年2月17日
  9. ^ サガン鳥栖に2選手入団、地場企業が確保 - 佐賀新聞1997年3月11日
  10. ^ a b c 官報、2005年4月20日
  11. ^ a b c d e 官報、2004年5月26日
  12. ^ サガン98年度赤字3173万円 - 佐賀新聞1999年3月22日
  13. ^ サガン鳥栖、田中ら7人解雇 - 佐賀新聞1998年11月17日
  14. ^ サガン鳥栖に新戦力 - 佐賀新聞1999年1月19日
  15. ^ サガン臨時株主総会「高祖社長」を承認 - 佐賀新聞2001年9月21日
  16. ^ サガン鳥栖、高祖氏が社長辞退へ - 佐賀新聞2001年10月23日
  17. ^ サガン社長に古賀氏 - 佐賀新聞2002年3月29日
  18. ^ サガン古賀社長辞任へ - 佐賀新聞2002年11月23日
  19. ^ 「叶った夢」サガンJ1昇格 <上> サポーターが支えた17年 - 読売新聞九州版2011年12月5日(2012年6月27日時点でのインターネットアーカイブ)
  20. ^ サガン、古賀社長ら辞任へ - 佐賀新聞2003年10月11日
  21. ^ ニュースさがTOP サガン鳥栖、新社長候補に楠田氏 - 佐賀新聞2003年10月21日
  22. ^ サガン鳥栖、新経営陣が就任撤回 - 佐賀新聞2003年12月10日
  23. ^ 創価学会「ニッポン洗脳」 の不気味 - 週刊文春2005年3月31日号
  24. ^ 算書開示請求を「放置」 サガン経営陣への告訴状提出 - 西日本新聞2003年12月4日
  25. ^ J2鳥栖の松本育夫監督、球団事務所に出入り禁止 - 日刊スポーツ 2004年11月15日
  26. ^ Jリーグ、サガンへの出資表明 - 佐賀新聞2004年2月15日
  27. ^ ニュースさがTOP Jリーグ、鳥栖支援策を撤回 - 佐賀新聞2004年7月2日
  28. ^ ニュースさがTOP サガン鳥栖・古賀社長退任へ - 佐賀新聞2004年10月1日
  29. ^ サガン新体制なお混とん - 佐賀新聞2004年11月24日
  30. ^ 経営陣は迷走、社員5人解雇 - 日刊スポーツ2004年11月24日
  31. ^ サガン経営井川氏受諾、チェアマン「歓迎」 - 佐賀新聞2004年11月27日
  32. ^ サガン鳥栖新取締役選任を否決 - 佐賀新聞2004年12月6日
  33. ^ サッカーJ2サガン鳥栖に関するお知らせ 株式会社クリーク・アンド・リバー社プレスリリース 2004年11月26日
  34. ^ “2010シーズン 松本GMが監督就任、尹コーチがヘッドコーチ就任” (プレスリリース), サガン鳥栖, (2009年12月7日), http://www.sagantosu.jp/news_release/2009/12/005157.html 2014年1月25日閲覧。 
  35. ^ a b c