ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚴|「ピースロード2021」開催 佐田岬半島を自転車で駆ける 世界平和の願い込め


写真 日韓友好などを訴えながら佐田岬半島をサイクリングする走者

「ピースロード2021」開催 佐田岬半島を自転車で駆ける 世界平和の願い込め

 
内容をざっくり書くと
道の駅「きらら館」(九町)を出発し、数人でリレーし約24キロ先の町交流拠点施設「佐田岬はなはな」(三崎)に向かう。
 

日韓友好や世界平和などの願いを込めて佐田岬半島を自転車で走る「ピースロード2021」が7月31日、愛… →このまま続きを読む

 愛媛新聞社


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

町交流拠点施設

佐田岬

佐田岬(さだみさき)は、愛媛県佐田岬半島先端にある、四国最西端の

九州本島最南端の佐多岬(さたみさき)と字や読みが似ているため、混同されることがある。漢字の違いの他、こちらは“さみさき”と、濁音であることが異なる。

概要

九州佐賀関半島先端にある関崎と向かい合い、豊後水道の最も狭い部分である豊予海峡(速吸瀬戸)を形づくる。愛媛県西宇和郡伊方町(旧・三崎町)に属する。瀬戸内海国立公園の一部ともなっている。

海上交通の要所だが、付近には黄金碆(おうごんばえ)をはじめとして岩礁が多く、難所として知られる。

佐田岬灯台

突端には佐田岬灯台(高さ18メートル、灯高49メートル)が立てられている。麓には10台程度の駐車スペースのある駐車場もあり、駐車場から佐田岬灯台へは遊歩道で1.8kmの距離である。大正7年建造、登録有形文化財である。

豊予要塞 佐田岬砲台

1924年から1945年にかけて豊予要塞の一部として佐田岬灯台付近一帯に豊後水道の防衛のために砲台が設置された。佐田岬砲台は昭和19年にいったん廃止されたが、終戦間際に本土決戦に備えて再整備された。

画像解説

関連項目

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、佐田岬に関するカテゴリがあります。

座標: 北緯33度20分38.4秒 東経132度00分46.7秒 / 北緯33.344000度 東経132.012972度 / 33.344000; 132.012972


 

Back to Top
Close