ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|五輪野球、韓国が18安打で圧勝 前日はナイター、過酷日程こなす


写真 韓国―イスラエル 5回、2ランを放つ韓国の金賢洙=横浜スタジアム

五輪野球、韓国が18安打で圧勝 前日はナイター、過酷日程こなす

 
内容をざっくり書くと
決勝トーナメント1回戦までの3試合は10打数1安打だった姜白虎が、4安打2打点と大当たり。
 

五輪野球で2日、2008年北京五輪金メダルの韓国が2本塁打を含む18安打の猛攻でイスラエルに圧勝した… →このまま続きを読む

 共同通信

国内外、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

10打数1安打

姜白虎

姜 白虎(カン・ベッコ、朝鮮語: 강백호1999年7月29日 - )は、大韓民国仁川広域市出身のプロ野球選手外野手)。

来歴・人物

プロ入り前

小学2年生の頃から野球を始め、高校時代には3年間で通算打率.406、10本塁打、108打点を記録した[1]。また、2015年には高尺スカイドーム開場後初本塁打を記録した[2]投手捕手を兼任し、投手としては最速153km/hを記録した[3]

2017年8月、中央日報主催の「大統領杯高校野球大会」において、ソウル高校を優勝に導き、大会MVPに選出された[4]

同年、第28回U-18野球ワールドカップに韓国代表として出場し、打率.357、1本塁打8打点と活躍し韓国を準優勝に導いた[5]

2017年9月11日、2018年KBO新人2次ドラフトにおいてKTウィズより全体1位指名を受け入団した。

KTウィズ時代

KTでは外野手でプレーしている。

2018年3月24日、開幕戦となる対起亜タイガース戦に出場すると4打数1安打1本塁打を記録した。高卒新人野手が開幕戦で初本塁打を記録するのはKBOリーグ史上初であった[6]。同年7月14日に蔚山文殊野球場で開催されたKBOオールスターゲームにも出場し、「ドリームオールスターチーム」の6番手投手として6回表に登板。最速150km/hを記録し2/3回を無失点に抑えた[7]。同年は138試合に出場し、打率.290、29本塁打84打点でKBOリーグ新人王を獲得した。

2019年は116試合に出場し打率.336、13本塁打65打点を記録した。また、9月29日水原KTウィズパークで行なわれた、シーズン最終戦となる対サムスン・ライオンズ戦にて、KTウィズ入団後初めて投手として7回表から登板。1イニングを無安打無失点に抑え、最速149km/hを記録した[8]

同年11月に開催された2019 WBSCプレミア12韓国代表に選出され、通算5試合に出場。11月16日のスーパーラウンド日本戦では2安打3打点を記録した[9]

2020年は主に一塁を守り、自身初となるゴールデングラブ賞(一塁手部門)を受賞した。

詳細情報

年度別打撃成績







































O
P
S
2018KT1385271533222984108355512446.290.574.356.881
2019116438147291136572956387113.336.495.416.915
2020129500165361238995727193710.330.544.411.955
通算:3年38314654659746523827519121793042219.317.522.393.915

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2019KT100000000.00041.000100000000.001.00
通算:1年100000000.00041.000100000000.001.00

タイトル

  • 新人王 (2018年)

代表歴

背番号

  • 50 (2018年 - )

出典

外部リンク


 

Back to Top
Close