ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏓|日本女子 強豪台湾に3-0で完勝!準決勝進出「自信になった」【五輪卓球 団体】


写真 

日本女子 強豪台湾に3-0で完勝!準決勝進出「自信になった」【五輪卓球 団体】

 
内容をざっくり書くと
準決勝は、杜凱琹(世界ランク15位)を擁する香港と対戦する。
 

東京オリンピック卓球競技<2021年7月24日~8月6日 東京体育館>10日目の8月2日、女子団体戦… →このまま続きを読む

 テレビ東京卓球NEWS

テレビ東京が提供する卓球情報webサイト コラム、大会・選手情報など最新のニュースをお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ドー・ホイカン

ドー・ホイカン(杜 凱粤拼:Dou6 hoi2kam4、Doo Hoi Kem、と がいきん[注 1]、1996年11月27日 - )は、香港の女子卓球選手である[2][3][4]。右シェーク裏裏ドライブ型Tリーグ木下アビエル神奈川所属。

来歴

7歳の時に卓球を始め、将軍澳カトリック小学校[5]、協恩中学[6]と進学、2010年から国際ユース大会に香港代表として出場し始め、アジアジュニア卓球選手権大会世界ジュニア卓球選手権メダルを数度にわたり獲得した。

2015年世界卓球選手権において優勝した黄鎮廷とのコンビのミックスダブルスで銅メダルを獲得した。

2016年4月13日に香港で開催された2016年リオデジャネイロオリンピックアジア予選の東アジア地区ベスト16では、劉詩雯をゲームカウント4-2で撃破している[7][8]

2018年12月4日より木下アビエル神奈川でプレイした[9]

2019年の世界選手権個人戦では4回戦で石川佳純を破りベスト8に入っている。

受賞

  • 香港優秀選手選挙
「香港の傑出した青少年アスリート」(2014年)
「香港の最優秀スポーツチーム」 - 卓球香港代表(ミックスダブルスチーム)(2015年、2017年 - 計2回選出)

脚註

  1. ^ ”は”琴”の異体字であるので、読みは“栞”の“かん”ではなく“きん”。

参考資料

  1. ^ a b Athlete's Profile”. 2014 Incheon Asian Games Organizing Committee. 2015年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月1日閲覧。
  2. ^ Stats Records - ITTF Statistics”. 2014年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月25日閲覧。
  3. ^ World ranking Record for DOO Hoi Kem (HKG)”. 2016年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月25日閲覧。
  4. ^ DOO Hoi Kem (HKG) - ITTF Rankings”. 2019年2月25日閲覧。
  5. ^ 2007 - 2008年西貢区小学校卓球競技会、香港学会体育聯会 2007/2008
  6. ^ 香港卓球総会 "恒生卓球学院" 2011年卒業式、2011年
  7. ^ 港女乒新貴齊創佳績 杜凱琹揪贏世界一姐
  8. ^ 【里約奧運.乒乓】19歲杜凱琹兩天長大了 次階段外圍賽再搏過”. 香港01. 李思詠 (2016年4月14日). 2019年2月25日閲覧。
  9. ^ 新たに杜凱琹選手が加入しました!”. Tリーグ (2018年12月4日). 2019年2月26日閲覧。

世界ランク15


 

Back to Top
Close