ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|食野亮太郎、エストリウ加入が決定!


写真 

食野亮太郎、エストリウ加入が決定!

 
内容をざっくり書くと
2013年からは2シーズン連続でUEFAヨーロッパリーグに出場するなど活躍を見せたこともある。
 

ポルトガル1部に昇格したエストリウ・プライアは、「マンチェスター・シティからFW食野亮太郎を獲得した… →このまま続きを読む

 Qoly


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

UEFAヨーロッパリーグ

UEFAヨーロッパリーグ: UEFA Europa League、略称: UEL)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの国際大会である。2009-10シーズンにUEFAカップ(: UEFA Cup)の大会名称と開催形式が一新された。この項ではUEFAカップ時代についても記述する。

概要

インターシティーズ・フェアーズカップとして創設された大会が前身となり、1972年UEFAカップとして正式に発足。

1999年、それまであった欧州三大カップの一角、UEFAカップウィナーズカップ(ヨーロッパ各国のカップ戦優勝クラブによる国際大会)を吸収する形で(UEFAカップ出場資格に、ヨーロッパ各国のカップ戦優勝クラブを加える形で吸収)、統合された。

グループステージ以外においては、対戦の勝敗は基本的にH&A方式の2戦合計にて決められる。また、決勝戦のみ中立地での1戦で勝敗を決する(1997-98シーズンより)。グループステージは、2009-10シーズンからは4クラブ×12組の48クラブが出場(H&Aの2回総当たり)、2004-05シーズンより2008-09シーズンまでは5クラブ×8組の40クラブが出場(1回総当たり、各チームがホームゲームとアウェーゲームを2回ずつ実施)する。

従来、UEFAヨーロッパリーグ(当時の名称はUEFAカップ)は、各国リーグの上位クラブ同士が対戦するということもあって、UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)と並んでレベルの高い大会であった(90年代中期までUEFAチャンピオンズリーグは、どの国も1クラブ(リーグ優勝したクラブのみ)しか出場できなかった。そのため当時のUEFAカップは、リーグ優勝を逃した各国の上位クラブが多数参加する非常にレベルの高い大会であった)。

しかし1997-98シーズン以降、UEFAチャンピオンズリーグ出場クラブ拡大の余波を受け、各国リーグから複数のクラブがUEFAチャンピオンズリーグへの参加が認められるようになると、欧州主要リーグのビッグクラブが軒並みUEFAチャンピオンズリーグに参加してしまう事態となり、UEFAカップは、「国内リーグで優勝もしくはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃したチームのための大会」という不名誉な位置付けの大会に成り下がりつつあった。

これらの課題を解決するための施策として、UEFAチャンピオンズリーグ本大会グループリーグ3位敗退組(そのほかUEFAチャンピオンズリーグ予選プレーオフ敗退組、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦敗退組)のUEFAヨーロッパリーグへの参加を可能とすることで、例えば近年ではマンチェスター・シティチェルシーリヴァプールユヴェントスのような本来UEFAチャンピオンズリーグの優勝を目指すビッグクラブ、またアトレティコ・マドリードドルトムントポルトのようなUEFAチャンピオンズリーグでGLを勝ち抜けるであろうと目される有力クラブが、UEFAヨーロッパリーグへ参加できるよう手配するようにしている。

同様に、これらの課題を克服するための施策として他にも、2004-05シーズンより変則H&A形式のリーグ戦を実施、決勝戦を中立地での1戦のみで決する(決勝戦はUEFA4つ星認定スタジアム以上の格付けを持ったスタジアムで開催する)、より格式高い大会とするためのセレモニーとしてUEFAヨーロッパリーグ・アンセム(賛美歌)の導入や新たな大会ロゴマークの新設、大会名も2009-10シーズンより従来のUEFAカップからUEFAヨーロッパリーグへと変更する、等、UEFAチャンピオンズリーグに近いような大会方式に変更された[1][2]。 さらに2014-15シーズンより、優勝クラブにはUEFAチャンピオンズリーグへの出場資格が与えられている。

歴史

参加資格

国内リーグ戦

UEFAランキング1位~51位の国は3つ、52位~54位の国は2つ、55位の国は1つの出場枠を持つ。ただし、リヒテンシュタインは国内リーグが無いため、国内カップ戦の優勝チームのみが出場する。リーグカップ戦からの出場枠を有するイングランド、フランスは国内リーグ戦成績上位1クラブのみ。

(1)UEFAランキング1位〜4位の前年度国内リーグ5位と6位クラブ
(2)UEFAランキング5位〜6位の前年度国内リーグ4位と5位クラブ
(3)UEFAランキング7位〜15位の前年度国内リーグ3位と4位クラブ
(4)UEFAランキング16位〜51位の前年度国内リーグ2位と3位クラブ
(5)UEFAランキング52位~54位の前年度国内リーグ2位クラブ

国内カップ戦

1996-97シーズン以降、同じ年度のUEFAチャンピオンズリーグの敗退チームの一部も当大会に合流する。

  • 同年度UEFAチャンピオンズリーグ予選敗退クラブ(2018-19~2020-21) ※1999-2000~2017-18は3回戦とプレーオフ敗退クラブ、2021-22以降は2回戦~プレーオフ敗退クラブが対象
  • 同年度UEFAチャンピオンズリーグ本大会グループリーグ3位クラブ(1999-2000シーズン以降)  ※決勝トーナメントから参加

2021-22シーズンから、UELを分割する形で、UCL、UELに次ぐ、3番目のレベルの大会として、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(UECL)が創設される予定である(かつて、3番目のレベルの大会としては、2008年までUEFAインタートトカップが存在し、上位入賞クラブがUEFAカップ出場権を得ていたが、UELに統合された)。 そのため、従来、UEL出場権を得ていたUEFAランキング16位以下のカップ戦優勝クラブ、同1~4位の前年度国内リーグ6位クラブ、同5位の前年度国内リーグ5位クラブ、同6位以下で前年度国内リーグ成績により出場権を得ていたクラブは、当大会では無くカンファレンスリーグに出場する。

国内カップ戦王者が国内リーグ成績でも出場権を獲得した場合の扱いは以下の通り。

  • 2015-16シーズンより、国内カップ戦王者が、国内リーグ成績によりUCLもしくはUEL出場権を獲得した場合、出場枠はカップ戦準優勝クラブではなく、UCLとUELの出場権を得ていない国内リーグ最上位のクラブに与えられる[3]。(それ以前は国内カップ戦王者がUCLに出場する場合、UEL出場枠はカップ戦準優勝クラブに与えられることもあった。)
  • 国内カップ戦王者(国内の出場枠の中で最上位扱いとされる)が、国内リーグ成績によりUCL出場権も獲得した場合、UCLに出場するため、UELの他の出場権獲得チームの参加ラウンドが1つ繰り上がる。国内カップ戦王者が、国内リーグ成績によるUEL出場権も獲得した場合、そのチームより国内リーグ成績が下のUEL出場権獲得チームの参加ラウンドが1つ繰り上がる。
  • イングランド、フランスの国内リーグカップ戦王者(国内の出場枠の中で最下位扱いとされる)が、国内リーグ成績によりUCLもしくはUEL出場権を獲得した場合、出場枠はUCLとUELの出場権を得ていない国内リーグ最上位のクラブに与えられる。

2015-16シーズン以降、前年度UEL優勝クラブが国内リーグ順位でUCL出場権獲得圏外かつ、UEL出場権を獲得した場合の扱いは以下の通り。

  • 前年度UEL優勝クラブが、前年度国内リーグ順位がUEL出場権獲得圏であった場合や、前年度国内カップ戦もしくはリーグカップ戦で優勝し、かつ前年度国内リーグ順位がUCL出場権獲得圏外の場合、UEL優勝クラブはUELの代わりにUCLに出場し、その国のUELの出場枠は結果として1つ減少する。また、その国の他のUEL出場クラブの参加ラウンドは繰り上がらない。

開催方式

予選はトーナメント形式によるホーム・アンド・アウェー戦を実施する。2試合終了後同点の場合にはアウェーゴールが多いクラブが勝者となる。それでも決まらない場合には延長戦PK戦を行い勝者を決定する。各対戦前に組合せ抽選が行われ、同国のクラブが対戦しないように、また各クラブのランキングポイントによりポットを分けた上で、組合せ抽選を行う。

グループリーグは48チームを4クラブずつ、12グループに分けたホーム・アンド・アウェー戦のグループリーグを実施する。抽選は各クラブのランキングポイントにより4つのポットにわけ、また同国のクラブが同じグループに入らないように行われる。各グループ上位2クラブが決勝トーナメントに進出する。

決勝トーナメントは、グループリーグを勝ち抜いた24クラブにUEFAチャンピオンズリーグをグループリーグ3位で敗退した8クラブを加えた32クラブでのトーナメント形式によるホーム・アンド・アウェー戦を実施する。2試合の合計スコアが同じ場合はアウェーゴール方式→延長戦→PK戦で次のステップ進出クラブを決める。決勝のみ中立地(自国クラブが勝ち上がった場合は中立地でなくなるが)での一発勝負となる。

決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選は、グループリーグ1位の12クラブとチャンピオンズリーグ敗退クラブのうち成績上位4クラブがシードされ、同国のクラブ同士が対戦しないように、またグループリーグで対戦したクラブとも当たらないように考慮される。2回戦以降の抽選ではシード分けはされず、同国同士・グループリーグ同組同士の対戦も制限されない。

初登場前ラウンド勝者チャンピオンズリーグ敗者
予選1回戦
(16チーム)
16チーム
  • 50位から55位の国内カップ優勝の6チーム
  • 49位から54位の国内リーグ2位の6チーム
  • 48位から51位の国内リーグ3位の4チーム
予選1回戦
(94チーム)
86チーム
  • 25位から49位の国内カップ優勝の25チーム
  • 18位から48位の国内リーグ2位の30チーム
    リヒテンシュタインは除く)
  • 16位から47位の国内リーグ3位の31チーム(同上)
  • 予備予選勝者の8チーム
予選2回戦チャンピオン・ルート
(20チーム)
20チーム
  • チャンピオンズリーグ・予選1回戦敗者の17チーム
  • チャンピオンズリーグ・予備予選敗者の3チーム
メイン・ルート
(74チーム)
27チーム
  • 18位から24位の国内カップ優勝の7チーム
  • 16位から17位の国内リーグ2位の2チーム
  • 13位から15位の国内リーグ3位の3チーム
  • 7位から15位の国内リーグ4位の9チーム
  • 5位から6位の国内リーグ5位の2チーム(又はフランスのリーグカップ優勝クラブ)
  • 1位から4位の国内リーグ6位の4チーム(又はイングランドのリーグカップ優勝クラブ)
  • 予選1回戦勝者の47チーム
予選3回戦チャンピオン・ルート
(20チーム)
  • 予選2回戦(チャンピオン・ルート)勝者の10チーム

10チーム

  • チャンピオンズリーグ・予選2回戦(優勝チーム予選)敗者の10チーム
メイン・ルート
(52チーム)
12チーム
  • 13位から17位の国内カップ優勝の5チーム
  • 7位から12位の国内リーグ3位の6チーム
  • 6位の国内リーグ4位の5チーム
  • 予選2回戦(メイン・ルート)勝者の37チーム

3チーム

  • チャンピオンズリーグ・予選2回戦(上位チーム予選)敗者の3チーム
プレーオフチャンピオン・ルート
(16チーム)
  • 予選3回戦(チャンピオン・ルート)勝者の10チーム
6チーム
  • チャンピオンズリーグ・予選3回戦(優勝チーム予選)敗者の6チーム
メイン・ルート
(26チーム)
  • 予選3回戦(メイン・ルート)勝者の26チーム
グループステージ
(48チーム)
17チーム
  • 1位から12位の国内カップ優勝の12チーム
  • 4位の国内リーグ4位の1チーム
  • 1位から3位の国内リーグ5位の3チーム
  • プレーオフ勝者の21チーム
10チーム
  • チャンピオンズリーグ・プレーオフ敗者の6チーム
  • チャンピオンズリーグ・予選3回戦(上位チーム予選)敗者の4チーム
決勝トーナメント
(32チーム)
  • グループステージ1位の12チーム
  • グループステージ2位の12チーム
8チーム
  • チャンピオンズリーグ・グループステージ3位の8チーム

2008-09シーズンまで

  • 予選-1回戦 トーナメント形式によるホーム・アンド・アウェー戦を実施する。2試合終了後同点の場合にはアウェーゴールが多いクラブが勝者となる。それでも決まらない場合には延長戦PK戦を行い勝者を決定する。各対戦前に組合せ抽選が行われ、同国のクラブが対戦しないように、また各クラブのランキングポイントによりポットを分けた上で、組合せ抽選を行う。
    • 予選1回戦は以下のクラブによって行われる。組合せは南部、中東部、北部の各地域内の国同士で対戦するように抽選される。
      • UEFAフェアプレークラブ
      • UEFAランキング19位以下の国・地域の国内カップ戦優勝クラブ
      • UEFAランキング19位-51位の国・地域の第2順位のクラブ
      • UEFAランキング16位-21位の国・地域の第3順位のクラブ
    • 予選2回戦は以下のチームによって行われ、32チームに絞られる。
      • UEFAインタートトカップの勝者
      • UEFAランキング14位-18位の国・地域の国内カップ戦優勝クラブ
      • UEFAランキング16位-18位の国・地域の第2順位のクラブ
      • UEFAランキング9位-15位の国・地域の第3順位のクラブ
      • 予選1回戦の勝者
    • 1回戦は以下のチームによって行われ、40チームがグループリーグに進出する。
      • UEFAカップの前年度優勝クラブ
      • UEFAランキング1位-13位の国・地域の国内カップ戦優勝クラブ
      • UEFAランキング7位-8位の国・地域の第3順位のクラブ
      • UEFAランキング4位-8位の国・地域の第4順位のクラブ
      • UEFAランキング1位-8位の国・地域の第5順位のクラブ
      • UEFAランキング1位-3位の国・地域の第6順位のクラブ
      • UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦の敗者
      • 予選2回戦の勝者(ただし、UEFAチャンピオンズリーグやUEFAカップの出場権重複により出場枠やシードには変動がある)
  • グループリーグ 40チームを5クラブずつ、8グループに分けたグループリーグを実施する。抽選は各クラブのランキングポイントにより5つのポットにわけ、また同国のクラブが同じグループに入らないように行われる。ホーム・アウェーあわせて4試合(基本的には各2試合ずつが割り当てられる。完全H&Aではない)を戦い、各グループ上位3クラブが決勝トーナメントに進出する。勝ち点が同じクラブがある場合には以下の順により決定する。UEFAチャンピオンズリーグと異なり、完全H&Aではないため該当チーム同士の直接対決の結果は考慮されない。
    1. グループリーグ全試合での得失点差
    2. グループリーグ全試合での総得点
    3. グループリーグ全試合でのアウェイゴール数
    4. グループリーグ全試合での勝利数
    5. グループリーグ全試合でのアウェイ勝利数
    6. UEFAランキングの上位の国と地域
  • 決勝トーナメント グループリーグを勝ち抜いた24クラブとUEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ3位クラブ8クラブを加えた32クラブでのトーナメント形式によるホーム・アンド・アウェー戦を実施する。
    • 決勝トーナメントの抽選 グループリーグ終了後に決勝トーナメント1、2回戦の抽選を行う。1回戦においては、同国のクラブ同士が対戦しないように、またグループリーグで対戦したクラブとも当たらないように考慮される。また、グループリーグ1位のクラブは3位のクラブと、グループリーグ2位のクラブはUEFAチャンピオンズリーグ3位のクラブと対戦する。グループリーグ3位のクラブとUEFAチャンピオンズリーグ3位のクラブが第1戦のホームゲームとなる。2回戦以降はカントリープロテクションは考慮されない。また、2回戦終了後に準々決勝以降の組み合わせ抽選を行い、トーナメントが確定する。

2009-10シーズンから

大会名称の変更
大会名がUEFAカップからUEFAヨーロッパリーグに変更される。

UEFAランキングによる出場クラブ数の変更

UEFAランキング1位から6位のリーグからの出場クラブ数に変更はない。それ以下のリーグに与えられる出場枠に変更がなされた。まず、7位から9位のリーグは国内カップ戦優勝クラブとその他3クラブを出場させることができる。その他のリーグは国内カップ戦優勝クラブとその他2クラブを出場させることができる。
グループステージの構成の変更
2008-09シーズンまでのグループステージは全40クラブを5クラブずつの8グループに分けて行われるが、2009-10シーズンから全48クラブを4クラブずつの12グループに分けて行われることになった。
  • 予選 全試合H&A戦を実施する。[4]
    • 予選1回戦
      • UEFAランキング35位〜53位の国内カップ戦優勝チーム
      • UEFAランキング22位〜51位の国内リーグ3位
      • UEFAランキング28位〜53位の国内リーグ2位
      • UEFAフェアプレーランキングで選ばれた3チーム
    • 予選2回戦
      • 予選1回戦を勝ち上がったチーム
      • UEFAランキング20位〜34位の国内カップ戦優勝チーム
      • UEFAランキング7位〜9位の国内リーグ5位
      • UEFAランキング10位〜15位の国内リーグ4位
      • UEFAランキング16位〜21位の国内リーグ3位
      • UEFAランキング16位〜27位の国内リーグ2位
    • 予選3回戦
      • 予選2回戦を勝ち上がったチーム
      • UEFAランキング17位〜19位の国内カップ戦優勝チーム
      • UEFAランキング1位〜3位の国内リーグ6位
      • UEFAランキング4位〜6位の国内リーグ5位
      • UEFAランキング7位〜9位の国内リーグ4位
      • UEFAランキング10位〜15位の国内リーグ3位
    • プレーオフ
      • 予選3回戦を勝ち上がったチーム
      • UEFAランキング8位〜16位の国内カップ戦優勝チーム
      • UEFAランキング1位〜3位の国内リーグ5位
      • UEFAランキング4位〜6位の国内リーグ4位
      • UEFAランキング7位〜9位の国内リーグ3位
      • UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦敗退15チーム
  • 本選
    • グループステージ
      • プレーオフを勝ち上がった37チーム
      • UEFAランキング1位〜7位の国内カップ戦優勝チーム
      • UEFAチャンピオンズリーグ予選プレーオフ敗退10チーム
      • UEFAヨーロッパリーグ前年度優勝クラブ
    • 決勝トーナメント
      • グループステージ各組上位2チーム
      • UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ3位

抽選はグループリーグ終了後に決勝トーナメント1回戦の抽選を行う。1回戦においては、UEFAチャンピオンズリーグ3位クラブのうち、成績上位4チームをグループステージ1位の枠に入れてシードし、成績下位4チームはグループステージ2位の枠に入れる。そして1位の枠から1つ、2位の枠から1つという形で抽選を行う。2位の枠から選ばれたチームが第1戦のホームとなる。また同国のクラブ同士が対戦しないように、またグループリーグで対戦したクラブとも当たらないように考慮される。準々決勝、準決勝は再度抽選となるが、この際には1回戦の抽選に伴う考慮はなく、全くのフリーで抽選を行う。

国内カップ戦優勝クラブがCLに出場のため不参加でカップ戦準優勝クラブが出場する場合、各国の判断によっては、どのラウンドから参加するかを国内リーグの順位に従って決める。

2015-16シーズンから

  • 前年度優勝クラブは、UCLに出場することになった。
  • UEFAランキング7位から9位のグループステージからの出場枠が4チームから3チームに変更され、ランキング1位から51位の国は、全て3チームずつ出場枠を得ることになった。
  • グループステージからの出場枠が7チームから16チームに拡大。拡大した9つの出場枠は、UEFAランキング8~12位の国のカップ戦王者、UEFAランキング4位の国の4位チーム、そしてUEFAランキング1位~3位の5位チームに与えられる[3]
  • 国内カップ戦王者が、国内リーグ成績によりUCL出場権を獲得した場合、出場枠はカップ戦準優勝クラブではなく、UCLとUELの出場権を得ていない国内リーグ最上位のクラブに与えられる。

2018-19シーズンから2020-21シーズンまで

  • UEFAチャンピオンズリーグの全ての予選ラウンドの敗退チームがUEFAヨーロッパリーグの出場権(予選2回戦~プレーオフのいずれか)を得ることになった。
  • 2020年後半戦より新型コロナウィルス感染対策のため、選手・監督・スタッフらにはPCR検査が義務付けられた。陽性者は隔離対象となるため、試合や遠征には帯同出来ない。
2019-20シーズンの特別ルール
新型コロナウィルスの世界的な感染拡大に伴い、準々決勝以降の全ての試合は、UEFAチャンピオンズリーグと同じく1試合決着方式の短期集中開催に変更され、中立地で開催されることになった。

2021-22シーズンから

UEFAヨーロッパカンファレンスリーグの創設に伴い、大幅に出場枠が変動する内容になる。グループステージは現行の48から32に削減される。 また、従前まではグループステージ2位のチームも自動的に決勝トーナメントに進んでいたが、グループステージ2位のチームはチャンピオンズリーグ3位のチームとプレーオフを行って、その勝者が決勝トーナメントに進む形になる。

初登場前ラウンド勝者チャンピオンズリーグ敗者
予選ラウンド
(16チーム)
16チーム
  • 13位から15位の国内カップ優勝の3チーム
  • チャンピオンズリーグ 2次予選の敗者10チーム(チャンピオンズ・ルート)
  • チャンピオンズリーグ 2次予選の敗者3チーム(リーグ・ルート)
プレーオフ
(20チーム)
20チーム
  • 7位から12位の国内カップ優勝の6チーム
  • 予選勝者の5チーム(チャンピオンズ・ルート)
  • 予選勝者の3チーム(リーグ・ルート)
  • チャンピオンズリーグ 3次予選の敗者6チーム
グループステージ
(32チーム)
12チーム
  • 1位から6位の国内カップ優勝の6チーム
  • 5位の国内リーグ4位の1チーム
  • 1位から4位の国内リーグ5位の4チーム
  • UEFAヨーロッパカンファレンスリーグの前回優勝チーム(2022-23シーズンから)
  • プレーオフ勝者の10チーム
10チーム
  • チャンピオンズリーグ・プレーオフ敗者の4チーム
  • チャンピオンズリーグ・3次予選(上位チーム予選)敗者とリーグ・ルートの敗者の6チーム
決勝トーナメント プレーオフ
(16チーム)
  • グループステージ2位の8チーム
8チーム
  • チャンピオンズリーグ・グループステージ3位の8チーム
決勝トーナメント
(16チーム)
  • グループステージ1位の8チーム
  • 決勝トーナメント プレーオフの勝者8チーム

結果

年度優勝結果準優勝会場
UEFAカップ
1971-72イングランドの旗 トッテナム2 - 1
1 - 1
イングランドの旗 ウルヴァーハンプトンイングランドの旗 モリニューウルヴァーハンプトン
イングランドの旗 ホワイト・ハート・レーンロンドン
1972-73イングランドの旗 リヴァプール3 - 0
0 - 2
西ドイツの旗 ボルシアMGイングランドの旗 アンフィールドリヴァプール
西ドイツの旗メンヒェングラートバッハ
1973-74オランダの旗 フェイエノールト2 - 2
2 - 0
イングランドの旗 トッテナムイングランドの旗 ホワイト・ハート・レーンロンドン
オランダの旗 デ・カイプロッテルダム
1974-75西ドイツの旗 ボルシアMG0 - 0
5 - 1
オランダの旗 トゥウェンテ西ドイツの旗 ラインデュッセルドルフ
オランダの旗エンスヘデ
1975-76イングランドの旗 リヴァプール3 - 2
1 - 1
ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘイングランドの旗 アンフィールドリヴァプール
ベルギーの旗 オリンピアブルッヘ
1976-77イタリアの旗 ユヴェントス1 - 0 AG
1 - 2 AG
スペインの旗 アスレティック・ビルバオイタリアの旗 スタディオ・コムナーレトリノ
スペインの旗 サン・マメスビルバオ
1977-78オランダの旗 PSV0 - 0
3 - 0
フランスの旗 バスティアフランスの旗バスティア
オランダの旗 フィリップスアイントホーフェン
1978-79西ドイツの旗 ボルシアMG1 - 1
1 - 0
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスターユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ツルヴェナ・ズヴェズダベオグラード
西ドイツの旗 ラインデュッセルドルフ
1979-80西ドイツの旗 アイントラハト2 - 3 AG
1 - 0 AG
西ドイツの旗 ボルシアMG西ドイツの旗メンヒェングラートバッハ
西ドイツの旗 ヴァルトフランクフルト
1980-81イングランドの旗 イプスウィッチ・タウン3 - 0
2 - 4
オランダの旗 AZイングランドの旗 ポートマン・ロードイプスウィッチ
オランダの旗 オリンピスフアムステルダム
1981-82スウェーデンの旗 ヨーテボリ1 - 0
3 - 0
西ドイツの旗 ハンブルガーSVスウェーデンの旗 ウッレヴィヨーテボリ
西ドイツの旗 フォルクスパルクハンブルク
1982-83ベルギーの旗 アンデルレヒト1 - 0
1 - 1
ポルトガルの旗 ベンフィカベルギーの旗 ヘイゼルブリュッセル
ポルトガルの旗 ダ・ルスリスボン
1983-84イングランドの旗 トッテナム1 - 1
1 - 1 aet
(PK 4 - 3)
ベルギーの旗 アンデルレヒトベルギーの旗 コンスタン・ヴァンデン・ストックブリュッセル
イングランドの旗 ホワイト・ハート・レーンロンドン
1984-85スペインの旗 レアル・マドリード3 - 0
0 - 1
ハンガリーの旗 ヴィデオトンハンガリーの旗セーケシュフェヘールヴァール
スペインの旗 サンティアゴ・ベルナベウマドリード
1985-86スペインの旗 レアル・マドリード5 - 1
0 - 2
西ドイツの旗 ケルンスペインの旗 サンティアゴ・ベルナベウマドリード
西ドイツの旗 ベルリン・オリンピアベルリン
1986-87スウェーデンの旗 ヨーテボリ1 - 0
1 - 1
スコットランドの旗 ダンディー・ユナイテッドスウェーデンの旗 ウッレヴィヨーテボリ
スコットランドの旗ダンディー
1987-88西ドイツの旗 レバークーゼン0 - 3
3 - 0 aet
(PK 3 - 2)
スペインの旗 エスパニョール西ドイツの旗 ウルリッヒ=ハーバーラントレバークーゼン
スペインの旗 エスタディ・デ・サリアバルセロナ
1988-89イタリアの旗 ナポリ2 - 1
3 - 3
西ドイツの旗 シュトゥットガルトイタリアの旗 サン・パオロナポリ
西ドイツの旗 ネッカーシュトゥットガルト
1989-90イタリアの旗 ユヴェントス3 - 1
0 - 0
イタリアの旗 フィオレンティーナイタリアの旗 スタディオ・コムナーレトリノ
イタリアの旗アヴェッリーノ
1990-91イタリアの旗 インテル2 - 0
0 - 1
イタリアの旗 ローマイタリアの旗 ジュゼッペ・メアッツァミラノ
イタリアの旗 オリンピコローマ
1991-92オランダの旗 アヤックス2 - 2 AG
0 - 0 AG
イタリアの旗 トリノイタリアの旗 デッレ・アルピトリノ
オランダの旗 オリンピスフアムステルダム
1992-93イタリアの旗 ユヴェントス3 - 1
3 - 0
ドイツの旗 ドルトムントドイツの旗 ヴェストファーレンドルトムント
イタリアの旗 デッレ・アルピトリノ
1993-94イタリアの旗 インテル1 - 0
1 - 0
オーストリアの旗 ザルツブルクオーストリアの旗 エルンスト・ハッペルウィーン
イタリアの旗 ジュゼッペ・メアッツァミラノ
1994-95イタリアの旗 パルマ1 - 0
1 - 1
イタリアの旗 ユヴェントスイタリアの旗 エンニオ・タルディーニパルマ
イタリアの旗 ジュゼッペ・メアッツァミラノ
1995-96ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン2 - 0
3 - 1
フランスの旗 ボルドードイツの旗 ミュンヘン・オリンピアミュンヘン
フランスの旗 パルク・レスキュールボルドー
1996-97ドイツの旗 シャルケ041 - 0
0 - 1 aet
(PK 4 - 1)
イタリアの旗 インテルドイツの旗 パルクゲルゼンキルヒェン
イタリアの旗 ジュゼッペ・メアッツァミラノ
1997-98イタリアの旗 インテル3 - 0イタリアの旗 ラツィオフランスの旗 パルク・デ・プランスパリ
1998-99イタリアの旗 パルマ3 - 0フランスの旗 マルセイユロシアの旗 ルジニキモスクワ
1999-00トルコの旗 ガラタサライ0 - 0 aet
(PK 4 - 1)
イングランドの旗 アーセナルデンマークの旗 パルケンコペンハーゲン
2000-01イングランドの旗 リヴァプール5 - 4 GGスペインの旗 アラベスドイツの旗 ヴェストファーレンドルトムント
2001-02オランダの旗 フェイエノールト3 - 2ドイツの旗 ドルトムントオランダの旗 デ・カイプロッテルダム
2002-03ポルトガルの旗 ポルト3 - 2 aetスコットランドの旗 セルティックスペインの旗 オリンピコセビリア
2003-04スペインの旗 バレンシア2 - 0フランスの旗 マルセイユスウェーデンの旗 ウッレヴィヨーテボリ
2004-05ロシアの旗 CSKAモスクワ3 - 1ポルトガルの旗 スポルティングCPポルトガルの旗 ジョゼ・アルヴァラーデリスボン
2005-06スペインの旗 セビージャ4 - 0イングランドの旗 ミドルズブラオランダの旗 フィリップスアイントホーフェン
2006-07スペインの旗 セビージャ2 - 2 aet
(PK 3 - 1)
スペインの旗 エスパニョールスコットランドの旗 ハムデン・パークグラスゴー
2007-08ロシアの旗 ゼニト2 - 0スコットランドの旗 レンジャーズイングランドの旗 シティ・オブ・マンチェスターマンチェスター
2008-09ウクライナの旗 シャフタール2 - 1 aetドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメントルコの旗 シュクリュ・サラジオウルイスタンブール
UEFAヨーロッパリーグ
2009-10スペインの旗 アトレティコ・マドリード2 - 1 aetイングランドの旗 フラムドイツの旗 ハンブルク・アレーナハンブルク
2010-11ポルトガルの旗 ポルト1 - 0ポルトガルの旗 ブラガアイルランドの旗 ダブリン・アリーナダブリン
2011-12スペインの旗 アトレティコ・マドリード3 - 0スペインの旗 アスレティック・ビルバオルーマニアの旗 ナツィオナルブカレスト
2012-13イングランドの旗 チェルシー2 - 1ポルトガルの旗 ベンフィカオランダの旗 アムステルダム・アレナアムステルダム
2013-14スペインの旗 セビージャ0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
ポルトガルの旗 ベンフィカイタリアの旗 ユヴェントス・スタジアムトリノ
2014-15スペインの旗 セビージャ3 - 2ウクライナの旗 ドニプロポーランドの旗 ワルシャワ国立競技場ワルシャワ
2015-16スペインの旗 セビージャ3 - 1イングランドの旗 リヴァプールスイスの旗 ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
2016-17イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド2 - 0オランダの旗 アヤックススウェーデンの旗 フレンズ・アレーナソルナ
2017-18スペインの旗 アトレティコ・マドリード3 - 0フランスの旗 マルセイユフランスの旗 パルク・オリンピック・リヨンリヨン
2018-19イングランドの旗 チェルシー4 - 1イングランドの旗 アーセナルアゼルバイジャンの旗 バクー・オリンピックバクー
2019-20スペインの旗 セビージャ3 - 2イタリアの旗 インテルドイツの旗 ミュンゲルスドルファーケルン
2020-21スペインの旗 ビジャレアル1 - 1 aet
(PK 11 - 10)
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッドポーランドの旗 アリーナ・グダニスクグダニスク
2021-22不明の旗不明の旗スペインの旗 ラモン・サンチェス・ピスフアンセビリア
不明の旗不明の旗ハンガリーの旗 プスカシュ・アレーナブダペスト
不明の旗不明の旗アイルランドの旗 ダブリン・アリーナダブリン
不明の旗不明の旗スペインの旗 サン・マメスビルバオ

統計

クラブ別成績

クラブ名優勝年度準優勝年度
スペインの旗 セビージャ602006,2007,2014,2015,2016,2020
イタリアの旗 インテル321991,1994,19981997,2020
イングランドの旗 リヴァプール311973,1976,20012016
イタリアの旗 ユヴェントス311977,1990,19931995
スペインの旗 アトレティコ・マドリード302010,2012,2018
ドイツの旗 ボルシアMG221975,19791973,1980
イングランドの旗 トッテナム211972,19841974
オランダの旗 フェイエノールト201974,2002
スウェーデンの旗 ヨーテボリ201982,1987
スペインの旗 レアル・マドリード201985,1986
イタリアの旗 パルマ201995,1999
ポルトガルの旗 ポルト202003,2011
イングランドの旗 チェルシー202013,2019
ベルギーの旗 アンデルレヒト1119831984
オランダの旗 アヤックス1119922017
イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド1120172021
オランダの旗 PSV101978
ドイツの旗 アイントラハト101980
イングランドの旗 イプスウィッチ・タウン101981
ドイツの旗 レバークーゼン101988
イタリアの旗 ナポリ101989
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン101996
ドイツの旗 シャルケ04101997
トルコの旗 ガラタサライ102000
スペインの旗 バレンシア102004
ロシアの旗 CSKAモスクワ102005
ロシアの旗 ゼニト102008
ウクライナの旗 シャフタール102009
スペインの旗 ビジャレアル102021
ポルトガルの旗 ベンフィカ031983,2013,2014
フランスの旗 マルセイユ031999,2004,2018
スペインの旗 アスレティック・ビルバオ021977,2012
スペインの旗 エスパニョール021988,2007
ドイツの旗 ドルトムント021993,2002
イングランドの旗 アーセナル022000,2019
イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン011972
オランダの旗 トゥウェンテ011975
ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ011976
フランスの旗 バスティア011978
セルビアの旗 レッドスター011979
オランダの旗 AZ011981
ドイツの旗 ハンブルガーSV011982
ハンガリーの旗 ヴィデオトン011985
ドイツの旗 ケルン011986
スコットランドの旗 ダンディー・ユナイテッド011987
ドイツの旗 シュトゥットガルト011989
イタリアの旗 フィオレンティーナ011990
イタリアの旗 ローマ011991
イタリアの旗 トリノ011992
オーストリアの旗 ザルツブルク011994
フランスの旗 ボルドー011996
イタリアの旗 ラツィオ011998
スペインの旗 アラベス012001
スコットランドの旗 セルティック012003
ポルトガルの旗 スポルティングCP012005
イングランドの旗 ミドルズブラ012006
スコットランドの旗 レンジャーズ012008
ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン012009
イングランドの旗 フラム012010
ポルトガルの旗 ブラガ012011
ウクライナの旗 ドニプロ012015

注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1971-72年度王者は1972年としている。

クラブ所在国別成績

国・地域名
スペインの旗 スペイン135
イングランドの旗 イングランド98
イタリアの旗 イタリア97
ドイツの旗 ドイツ68
オランダの旗 オランダ43
ポルトガルの旗 ポルトガル25
スウェーデンの旗 スウェーデン20
ロシアの旗 ロシア20
ベルギーの旗 ベルギー12
ウクライナの旗 ウクライナ11
トルコの旗 トルコ10
フランスの旗 フランス05
スコットランドの旗 スコットランド03
オーストリアの旗 オーストリア01
セルビアの旗 セルビア01
ハンガリーの旗 ハンガリー01

選手登録のルール

シーズン途中に移籍して新加入した選手が前所属クラブでEL本大会に出場歴のある場合、新たな所属クラブで同年度の大会に出場登録はできない。同年度のCL本大会に出場歴のある選手は、1人に限り登録が可能(但しCLに出場した際の前所属クラブが、CLでグループリーグ3位になってEL決勝トーナメントに参加する場合は不可)。CL、ELの予選のみに前所属クラブで出場歴がある選手に関しては、新たな所属クラブで本大会から登録できるルールに変更された(元々は前所属クラブが敗退していない場合は登録不可だった)。

賛歌

大会がUEFAヨーロッパリーグになった2009-10シーズン以降、テーマ曲「UEFAヨーロッパリーグ賛歌 (UEFA Europa League Anthem) 」が使われており、試合開始前、テレビ中継開始時と終了時に流される。このアンセムには、UEFAチャンピオンズリーグアンセムとは違って歌詞は存在しない。

初代アンセムは、2009-10シーズンから2014-15シーズンまでの6年間使われ、作曲はフランスヨアン・ツバイクが担当し、パリ・オペラ座管弦楽団の演奏によるものだった。

2015/16から2017/2018シーズンまでのアンセム(2代目)は、ドイツの作曲家・ミヒャエル・カデルバッハ氏によって作曲されたもので、アップテンポや拍手をベースに、選手・サポーター・チームスタッフとの一体感を表現したものとなっていた。

2018/2019シーズンからは、本大会のヴィジュアル・アイデンティティ(VI)がリニューアルしたのに合わせ、アンセムも3代目のものに一新された。現行のアンセムは、夜に行われる試合の情熱とエネルギーを表しており、高揚感を生み出す力強い楽曲となっている。[5]

オフィシャルスポンサー

オフィシャルライセンシー

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ Uefa Cup gets new name in revamp”. bbc.co.uk. 2008年9月28日閲覧。
  2. ^ UEFA Cup to become UEFA Europa League”. UEFA.com. 2008年9月28日閲覧。
  3. ^ a b UELの規定が変更に”. UEFA.com. 2015年5月18日閲覧。
  4. ^ 国内カップ戦の準優勝クラブが代替出場する場合、各国の判断により準優勝クラブが先に出場する場合がある。
  5. ^ UEFA Europa League launches edgier brand identity(日本語)UEFA. 2018年05月30日

関連項目

外部リンク

2013年

2013年(2013 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年平成25年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。

他の紀年法

カレンダー

1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

ポールと友人が乗っていて車両は ポルシェ・カレラGT に乗っていた。実際ハンドリングが悪く有名レーサーなどが【ハンドリングが悪く、スピードを出しすぎると素人にはカーブは曲がりきれない】と公言している。

12月

周年

イベント・行事

国際年

  • 国際水協力年(International Year of Water Cooperation)
  • 国際キヌア年(International Year of Quinoa)

天文現象

小惑星と隕石

2月15日UTC)に以下の二つの事柄が起きた。後述の通り、時期的な重なりは偶然とされる。

二つの彗星

3月中旬頃をピークにパンスターズ彗星(C/2011 L4)、11月下旬頃をピークにアイソン彗星(C/2012 S1)という二つの彗星太陽に接近・通過し、大彗星になる可能性があると期待されていた。以下、特に注目されていた後者の彗星について述べる。

11月から翌年の初頭にかけてアイソン彗星(C/2012 S1)が肉眼でも観測可能と予測され、特に近日点を通過する11月28日以降には視等級がマイナスになる可能性もあり、金星満月より明るい大彗星(視直径は満月以下)になるのではないかと期待されていた(ただし、あくまでも地球からの距離、近日点距離、彗星核の直径などから計算された予測であり、過去には期待通りの明るさにならなかった例もある)[149]。しかし、前述の近日点を通過した際に彗星の大部分が崩壊し[150]、近日点通過後に期待されていた大彗星としての観測は不可能となった。

太陽活動の異変

この年の後半には太陽活動極大期が予測されていたが、通常の極大期と比べて黒点数は少なく太陽の活動も低調に推移している。また、極大期には太陽の北極部と南極部において磁場が反転する現象(ポールシフト)が起きるが、今回の磁場の反転は北極部で日本の太陽観測衛星「ひので」により2012年に観測されたものの南極部では1年以上遅れており、北極部と南極部で同じ磁極となる特殊な状態(太陽磁極の四重極構造[151][152])が一時的に見られた[153]。なおNASAによると、今回の磁場の反転は本年12月末までに完了している[154]

極大期に突入して黒点が少ない状況は17世紀マウンダー極小期と類似しており、この時期には約70年に渡って黒点が極端に少ない状況が続き、さらにイギリスロンドンテムズ川アイススケートができるなどヨーロッパ北米大陸、その他地域で気温の低下も同時に起きており、今回も地球が寒冷化するのではないかと考える専門家もいる[155]

その他の天文現象

自然科学

ヒッグス粒子の存在の確定
2012年7月に欧州原子核研究機構(CERN)が発表した「新たな粒子の発見」について、その後の詳細な分析によりこの粒子がヒッグス粒子であったことが確定された。同粒子はあらゆる物質質量を持つに至ったことについて鍵を握る素粒子とされる。標準理論における最後の未発見素粒子であったヒッグス粒子の発見により同理論は完成を見たが、同理論だけでは宇宙全体の物質の僅か4.9%しか解明できていないとされており、同粒子の更なる解析により宇宙の大部分を占める未知の物質(暗黒物質ダークエネルギー)の解明への手がかりになるのではないかと期待されている[156]
今回の発見・確定からほとんど間を置かずに、2013年のノーベル物理学賞はヒッグス粒子の存在を予言したピーター・ヒッグスイギリスエディンバラ大学名誉教授)とフランソワ・アングレールベルギーブリュッセル自由大学名誉教授)へ贈られた[156]

経済

政治

芸術・文化・ファッション

スポーツ

音楽

映画

文学

ゲーム

誕生

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 5月 - 鳳凰島にて、死亡事故が発生。この事故を口実に島での噂を調査させるため、甲斐峯秋警察庁次長から密命を受けた、警察庁長官官房付の神戸尊が、杉下右京警部と甲斐亨巡査部長に鳳凰島に行くように命じられ、二人は島に上陸。調査を開始する。この事故を期に防衛省、政府の陰謀に関わる事件に発展していく。(映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』)
  • 5月 - 「キカイマシーン帝国」の巨大飛行物体が飛来し、16日に地球の明け渡しを要求。日本政府がこの要求を黙殺したため、キカイマシーン帝国はビーム兵器や機械兵軍団などによって地上を攻撃する。これに対し、地球防衛を目的とする謎の組織「グランゼーラ防衛軍」が対抗する。(グランゼーラエイプリルフールイベント「キカイマシーン帝国襲来」)[158]
  • 6月29日6月30日 - 7月1日 - アメリカのトールオークスと中国蘭祥(ランシャン)で相次いでバイオテロが発生。アメリカ大統領を含む多数の死者が出る。(ゲーム『バイオハザード6』)
  • 初夏 - 北海道雲雀ヶ崎市を始めとする日本各地で数十年ぶりとなる部分日食、一部地域では皆既日食を観測する。(ゲーム『星空のメモリアeternal heart』)
  • 8月10日[注釈 1] - 「K-DAY」。太平洋海底の地殻プレートに生じた「ブリーチ」から怪獣「トレスパッサー」が出現し、サンフランシスコからアメリカに上陸。トレスパッサーは戦術核兵器を含む攻撃を受けて6日後に倒され、核爆発によってオークランドに生じた汚染区域は、後に「オブリビオン・ベイ」となる。(映画『パシフィック・リム』)[159][160]
  • 8月23日 - 地球帝国宇宙軍が建造した人類初の超光速宇宙戦艦「るくしおん」が進宙する。(アニメ『トップをねらえ!』)[161][162]
  • 8月27日 - オクラホマ州クーガーズロック、房総半島沖合、地中海上にて、重力低下現象や電磁誘導現象、時間の加速などを伴う「スポット」が出現。翌日には南太平洋インド洋南大西洋上にも発生する。これにより、スポット付近の「停滞台風」や、世界各地での異常気象などが生じることになる。(小説『時の果てのフェブラリー』)[注釈 2][163]
  • 10月4日 - 「糸守町彗星災害」発生。1200年ぶりに地球に最接近した「ティアマト彗星」の核が地球近傍で砕け、直径40メートルの岩塊を内包した破片が隕石となり岐阜県糸守町に落下する。被害は町内の広範囲におよび、500名以上が死亡。糸守湖に隣接する形で生じたクレーターは糸守湖と一体化し「新糸守湖」となる。(アニメ映画『君の名は。』)[164]
  • 時期不明 - 映画『エスケープ・フロム・L.A.』の設定年代。
  • 警視庁捜査一課刑事の三浦信輔が、昇任試験に合格、警部補へ昇格するが、甲斐峯秋警察庁次長が浚われた事件で足を負傷、杖なしでは歩けない状態になり、警視庁を依願退職。(テレビドラマ『相棒 season12』)
  • 宇宙船「ギャニミード号」が誤って地球に持ち帰った宇宙病原体によって「ギャニミード号の惨事」が発生する。(小説『英語版』)[165]
  • 宇宙からの電波および飛行物体の確認によって、地球外生命体「フォーリナー」の存在が発見される。その後、フォーリナーとの接触が試みられるも失敗に終わる。(ゲーム『地球防衛軍3』)[166][167]
  • 大知性体が地球人の魂をインターネット上にアップロードする。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • ザイゴンがロンドン塔を制圧、人類側の自衛措置によりロンドン滅亡の危機。(ドラマ『ドクター・フー』)
  • 揚陸艇型の「進化侵略体」が台湾・高雄市に上陸し、台湾軍および超国家機関「DOGOO」と交戦。DOGOO所属者および居合わせた小椋しおら「E遺伝子ホルダー」によって揚陸艇型は蓮池潭公園内で撃破されるが、直後に自爆する。この進化侵略体の地上への初上陸を受けて、DOGOOの存在が公表される。(漫画・アニメ『ノブナガン』)[168]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 小説版では8月11日
  2. ^ 旧版では1998年。

出典

一部の出典の記事タイトルに伏字としている部分がある

  1. ^ “中国、民主政治求める記事改ざん”. ロイター (ロイター通信). (2013年1月4日). http://jp.reuters.com/article/kyodoMainNews/idJP2013010401001258 2013年1月9日閲覧。 
  2. ^ 7代目シボレー・コルベットは2013年1月13日、デトロイトで発表されます(clicccar 2012/10/21)
  3. ^ 【デトロイトモーターショー13】シボレー コルベット 新型、フロントデザイン流出(レスポンス 2012年12月19日)
  4. ^ アルジェリアの天然ガス施設襲撃、人質の日本人負傷か AFP BBNews 2013年1月17日閲覧
  5. ^ “米国とソマリアが国交樹立”. AFPBB News (AFP通信). (2013年1月18日). http://www.afpbb.com/article/politics/2921716/10122639 2013年1月18日閲覧。 
  6. ^ 「最高の国務長官の一人」クリントン氏退任 日テレNEWS24 2013年2月2日閲覧
  7. ^ トルコの米大使館前で自爆テロ 3人死傷 スポーツニッポン 2013年2月1日閲覧
  8. ^ ソロモン沖地震:5人死亡、複数の不明情報も 毎日新聞 2013年2月6日閲覧
  9. ^ ソロモン諸島:地震の死者9人に 毎日新聞 2013年2月8日閲覧
  10. ^ “ローマ法王が28日に退位 高齢理由、600年ぶり自己意思で 3月末までに新法王選出へ”. 産経新聞. (2013年2月11日). https://www.sankei.com/world/news/130211/wor1302110002-n1.html 2013年2月11日閲覧。 
  11. ^ 北朝鮮が核実験強行 成功と発表 産経新聞 2013年2月12日閲覧
  12. ^ 【グアム通り魔】繁華街に刃物男、日本人観光客2人死亡12人重軽傷 地元のXX歳男を逮捕 MSN産経新聞 2013年2月13日閲覧。
  13. ^ 隕石落下 負傷者150人に ロシア非常事態省「パニックに陥らないよう」呼び掛けMSN産経ニュース 2013年2月15日閲覧。
  14. ^ 韓国:朴大統領が就任「北朝鮮、核放棄を」 毎日新聞 2013年2月25日閲覧
  15. ^ ルクソール気球墜落:死者は19人 日本人は4人 毎日新聞 2013年2月27日閲覧
  16. ^ WBCを世界一決戦と公認(スポニチ 2011年12月4日)
  17. ^ 選管発表:次回総選挙2013年3月実施—迷走する日程設定(ジェトロ・アジア経済研究所 2012年3月21日)
  18. ^ チャベス大統領が死去 ベネズエラ(CNN.co.jp)
  19. ^ “チャベス大統領の国葬、30か国以上の首脳が参列 ベネズエラ”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年3月9日). http://www.afpbb.com/article/politics/2933013/10406486 2013年3月9日閲覧。 
  20. ^ “【東日本大震災2年】中国が追悼式ボイコット 台湾の「指名献花」に反発”. 産経新聞. (2013年3月11日). https://www.sankei.com/politics/news/130311/plt1303110001-n1.html 2013年3月11日閲覧。 
  21. ^ EUがほとんどの化粧品の動物実験を禁止へThe Straits Times 2003年1月17日/地球生物会議ALIVE)
  22. ^ Actuele stand van zaken veiligheidstests voor cosmetica(NCV-Cosmetica 14/07/2011)
  23. ^ Planck 2013 results. I. Overview of products and scientific results Astronomy & Astrophysics
  24. ^ 米特許制度が先願主義に転換へ、オバマ大統領が改正案に署名(ITpro 2011年9月20日)
  25. ^ [アメリカ特許制度の改正]13) 先願主義への移行(アペリオ国際特許事務所)
  26. ^ 山崩れで83人生き埋め チベット自治区の金鉱山MSN産経新聞 2013年3月30日閲覧。
  27. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013040500999
  28. ^ イラン南西部でM6.3の地震、32人死亡・原発に被害なし ワールド 中東 ロイター、2013年4月9日-2013年4月14日閲覧
  29. ^ イラン南部地震の被災地の最新情報 イラン日本語ラジオ 2013/04/11(木曜) 20:02-2013年4月14日閲覧
  30. ^ 市場の鶏・ウズラからウイルス 中国の鳥インフルエンザ朝日新聞 2013年4月7日閲覧。
  31. ^ a b “イラン・パキスタン国境付近でM7.8”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月16日). オリジナルの2013年4月17日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0417-2332-38/www3.nhk.or.jp/news/html/20130416/t10013963871000.html 2013年4月17日閲覧。 
  32. ^ Magnitude 7.8 - IRAN-PAKISTAN BORDER REGION 2013 April 16 10:44:20 UTC
  33. ^ Magnitude 7.5, Sistan va Baluchestan Province Tuersday, April 16, 2013 at 10:44:17 (UTC) Preliminary Earthquake Report Iranian Seismological Center
  34. ^ 四川雅安地震死亡人数达124人 3000余人受伤 中国新闻网 2013年4月20日付
  35. ^ 四川省地震の死者124人、負傷者3千人以上 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年4月20日付
  36. ^ 中国四川地震、死者157人に 負傷者5800人超す 朝日新聞デジタル 2013年4月20日付/2013年4月21日更新
  37. ^ “87歳、伊ナポリターノ大統領2期目就任「政府は即刻つくらねば」主要陣営を叱責”. 産経新聞. (2013年4月23日). https://www.sankei.com/world/news/130423/wor1304230003-n1.html 2013年4月23日閲覧。 
  38. ^ 首相候補にレッタ氏=中道左右の大連立へ-伊 時事通信 2013年4月24日閲覧
  39. ^ オランダで新国王の即位式、皇太子ご夫妻も笑顔で参列 Reuters JAPAN 2013年5月1日閲覧
  40. ^ オーストラリアで金環日食 AFP BBNews 2013年5月11日閲覧
  41. ^ The Economist (2013年6月24日). “ブラジルのデモ:街頭に繰り出す市民の望みは?”. Japan Business Press. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38071 2013年6月27日閲覧。 
  42. ^ “安倍首相との会談翌日、チェコ首相が辞任”. 読売新聞. (2013年6月18日). オリジナルの2013年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/ixHqp 2013年6月18日閲覧。 
  43. ^ “ラッド氏、豪労働党の党首に返り咲き首相に”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年6月27日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324873304578570413118195002.html 2013年6月27日閲覧。 
  44. ^ “富士山を正式登録 世界遺産委が実質審議終了”. 静岡新聞社. (2013年6月27日). http://www.at-s.com/news/detail/696033433.html 2013年6月27日閲覧。 
  45. ^ “日本の調査捕鯨、豪が中止要求 国際司法裁で審理”. 日本経済新聞. (2013年6月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2603D_W3A620C1FF1000/ 2013年6月27日閲覧。 
  46. ^ “「同性婚否認」の法律は違憲、米連邦最高裁が初の判断”. ロイター. (2013年6月27日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE95Q00620130627 2013年6月27日閲覧。 
  47. ^ “ブラジル、3-0の完勝でコンフェデ杯3連覇! スペインの公式戦無敗記録に終止符”. goal.com. (2013年7月1日). http://www.goal.com/jp/match/114883/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB-vs-%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/report 2013年7月1日閲覧。 
  48. ^ “クロアチア、EU加盟でバルカン安定へ前進 財政・汚職には課題、不安視”. 産経新聞. (2013年7月2日). https://www.sankei.com/world/news/130702/wor1307020032-n1.html 2019年7月29日閲覧。 
  49. ^ “エジプト軍がクーデター、大統領を排除 憲法停止宣言”. 産経新聞. (2013年7月4日). https://www.sankei.com/world/news/130704/wor1307040036-n1.html 2013年7月4日閲覧。 
  50. ^ “ソフトバンクのスプリント買収が完了 孫氏が会長に就任 携帯世界3位に”. 産経新聞. (2013年7月11日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130711/biz13071109090002-n1.htm 2013年7月14日閲覧。 
  51. ^ “パリ郊外列車脱線 死傷者多数”. NHK News Web. 日本放送協会. オリジナルの2013年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0715-1724-23/www3.nhk.or.jp/news/html/20130713/k10013018611000.html 2013年7月15日閲覧。 
  52. ^ 行方不明者5700人の死亡宣告=インド北部の豪雨時事通信 2013年7月15日閲覧。
  53. ^ “パナマ当局が北朝鮮籍の船舶を拿捕、砂糖のコンテナから武器”. ロイター. (2013年7月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96F05K20130716 2013年8月8日閲覧。 
  54. ^ “キューバ「北で修理」 拿捕船舶から武器、釈明”. 産経新聞. (2013年7月18日). https://www.sankei.com/world/news/130718/wor1307180037-n1.html 2013年8月8日閲覧。 
  55. ^ “デトロイト市が財政破綻、米地方自治体として過去最大規模”. ロイター. (2013年7月19日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0FO4CL20130718 
  56. ^ 海兵隊真似たキャンプ 高校生5人波にさらわれ死亡 KBS WORLD Radio (2013年7月20日) 2020年11月2日閲覧。
  57. ^ “ベルギー国王が退位表明、フィリップ皇太子即位へ 建国記念日の21日”. 産経新聞. (013-07-04). https://www.sankei.com/world/news/130704/wor1307040040-n1.html 2013年7月4日閲覧。 
  58. ^ “中国・甘粛省地震の死者89人に、家屋倒壊で重傷者も500人超”. ロイター. (2013年7月23日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96M02Q20130723 2013年8月16日閲覧。 
  59. ^ “甘粛省での地震…死者95人、負傷者は1000人以上”. サーチナ. (2013年7月24日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0724&f=national_0724_061.shtml 2013年8月16日閲覧。 
  60. ^ Accidente en Santiago: Un novo falecemento eleva o número de vítimas mortais a 79” (ガリシア語). La Voz de Galicia (2013年7月28日). 2013年7月29日閲覧。
  61. ^ a b “運転士の身柄拘束=減速間に合わず-スペイン脱線事故”. 時事通信. (2013年7月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013072600960 2013年7月26日閲覧。 
  62. ^ “速度超過が事故原因か=スペインの高速鉄道脱線”. 時事通信. (2013年7月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013072500939 2013年7月26日閲覧。 
  63. ^ “シリア内戦の犠牲者10万人超す 国連事務総長”. CNN. (2013年7月26日). http://www.cnn.co.jp/world/35035153.html 2013年7月26日閲覧。 
  64. ^ 北朝鮮の停戦60周年記念行事から見えてきたこと”. 2014年6月27日閲覧。
  65. ^ “カンヌで52億円相当の宝石盗難 高級ホテルの展示会”. 産経新聞. (2013年7月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130729/erp13072900450000-n1.htm 2013年7月29日閲覧。 
  66. ^ “ロシア、スノーデン容疑者の1年間亡命認める”. 読売新聞. (2013年8月1日). オリジナルの2013年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/PNRuy 2013年8月1日閲覧。 
  67. ^ “スノーデン容疑者亡命に「失望」=ロシアとは協力、G20出席へ-米大統領”. 時事通信. (2013年8月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013080700235 2013年8月7日閲覧。 
  68. ^ “ロシアとの首脳会談見送り=元CIA職員亡命も一因-米大統領”. 時事通信. (2013年8月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013080701050 2013年8月8日閲覧。 
  69. ^ “ベルルスコーニ元首相の有罪確定…伊最高裁”. 読売新聞. (2013年8月2日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130802-OYT1T00214.htm 2013年8月2日閲覧。 
  70. ^ “脱税のベルルスコーニ氏、公職停止を2年に短縮”. 読売新聞. (2013年10月19日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131019-OYT1T00818.htm?from=blist 2013年10月20日閲覧。 
  71. ^ “ロウハニ大統領が就任=核制裁の解除訴え-国際社会、穏健路線注視・イラン”. 時事通信. (2013年8月4日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013080400003 2013年8月4日閲覧。 
  72. ^ “収入格差は242倍 都市部でも深刻な富の偏在 中国 北京大調査”. 産経新聞. (2013年8月3日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130803/chn13080310170001-n1.htm 2013年8月7日閲覧。 
  73. ^ “米在外公館の閉鎖、10日まで延長-テロ攻撃への警戒続ける”. Bloomberg.co.jp. (2013年8月5日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MR15WZ6JTSEE01.html 2013年8月6日閲覧。 
  74. ^ “イエメンの米大使館職員が退避、アルカイダ攻撃警戒で”. AFPBB. (2013年8月7日). http://www.afpbb.com/article/politics/2960538/11143406 2013年8月7日閲覧。 
  75. ^ “米政府、パキスタンの米領事館に退避命令 テロ警戒”. CNN.co.jp. (2013年8月9日). http://www.cnn.co.jp/world/35035777.html 2013年8月10日閲覧。 
  76. ^ “密林40年生活の父子保護 ベトナム中部、戦争中から”. 産経新聞. (2013年8月9日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130809/asi13080922060003-n1.htm 2013年8月10日閲覧。 
  77. ^ “鳥インフル、「人・人」感染初確認=江蘇省で死亡の親子-中国”. 時事通信. (2013年8月8日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013080800633&j4 2013年8月8日閲覧。 
  78. ^ “火山噴火で6人死亡 インドネシア3000人避難”. 産経新聞. (2013年8月10日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130810/asi13081021470001-n1.htm 2013年8月16日閲覧。 
  79. ^ モスク襲撃で44人死亡 ナイジェリア - 2013.08.13 Tue posted at 10:18 JST (CNN)
  80. ^ モスクなど襲撃で56人死亡 ナイジェリア、過激派か - 2013.8.13 12:13(MSN産経ニュース)
  81. ^ 56人殺害される=ナイジェリア 時事ドットコム
  82. ^ “インド:初の国産空母が進水式 中国をけん制”. 毎日新聞. (2013年8月13日). http://mainichi.jp/select/news/20130813k0000m030133000c.html 2013年8月13日閲覧。 
  83. ^ “エジプト衝突の死者578人に、国連安保理は緊急会合開催へ”. ロイター. (2013年8月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE97E06C20130815 2013年8月16日閲覧。 
  84. ^ フィリピンのフェリー沈没、死者38人に 82人依然不明 (CNN .co.jp)
  85. ^ 死者38人、不明者82人に=比フェリー沈没事故(時事ドットコム)[リンク切れ]
  86. ^ 貨物列車が脱線、無賃乗車の外国人ら23人死傷 メキシコ CNN.co.jp
  87. ^ イラクで爆発や銃撃相次ぎ27人死亡 CNN.co.jp
  88. ^ ブラジル外相が辞任 ボリビアとの外交問題で引責か CNN.co.jp
  89. ^ 建設中の商業施設倒壊、作業員6人死亡 ブラジル CNN.co.jp
  90. ^ インド西部で建物倒壊、5人死亡 CNN.co.jp
  91. ^ ケニアでバス事故、死者多数 CNN.co.jp
  92. ^ アラスカで推定M7.0の地震 CNN.co.jp 2013年8月30日
  93. ^ 中国南西部のM5.9地震、被害の拡大判明 犠牲者4人に CNN.co.jp 2013年8月31日
  94. ^ 中国、M5.9の地震で死者 CNN.co.jp 2013年8月31日
  95. ^ 中国でM5.9の地震、被害も CNN.co.jp 2013年8月31日
  96. ^ チュニジアで49人が脱獄、13人拘束 CNN.co.jp 2013年9月3日付
  97. ^ バグダッドで爆発相次ぐ 27人死亡、50人負傷 CNN.co.jp 2013年9月4日付
  98. ^ G20:開幕 シリア問題が最大の焦点に 毎日jp 2013年9月5日付
  99. ^ “G20首脳会合が今夜ロシアで開幕 シリア問題も議題に”. 産経新聞. (2013年9月5日). https://www.sankei.com/economy/news/130905/ecn1309050023-n1.html 2013年9月5日閲覧。 
  100. ^ イスタンブール、2020年夏季五輪開催ならず AFP (2013年9月8日) 2020年8月27日閲覧。
  101. ^ 2020年五輪、東京が開催都市に決定
  102. ^ 2020年「東京五輪」に決定
  103. ^ “習近平主席がカザフスタンの大学で講演”. (2013年9月8日). http://j.people.com.cn/94474/8393141.html 2014年5月28日閲覧。 
  104. ^ 東京五輪、レスリング残留決定…改革着手を評価 YOMIURI ONLINE 2013年9月9日付
  105. ^ IOC会長にバッハ氏…ドーピング問題取り組む YOMIURI ONLINE 2013年9月11日付
  106. ^ “米ロ、化学兵器管理・廃棄で合意=軍事行動は当面回避-14年半ばの達成目標”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年9月15日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013091500002 2013年9月15日閲覧。 
  107. ^ イラク北部のモスルで自爆テロ、死傷者84人 CNN.co.jp 2013年9月15日付
  108. ^ インドネシアで火山噴火、6200人避難 CNN.co.jp 2013年9月17日付
  109. ^ カナダでバスと列車が衝突、6人死亡 CNN.co.jp 2013年9月19日付
  110. ^ “【シリア化学兵器】安保理、全廃決議 来年半ば期限に来月1日までに査察”. MSN産経ニュース. (2013年9月28日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130928/erp13092810060000-n1.htm 2013年10月1日閲覧。 
  111. ^ “米連邦政府機関が17年ぶりに閉鎖―予算協議まとまらず”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年10月1日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304827404579108320201967580.html 2013年10月1日閲覧。 
  112. ^ “【米政府機関閉鎖】自由の女神や国立公園も閉鎖 警察、医療は維持も影響に懸念広がる”. MSN産経ニュース. (2013年10月1日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/131001/amr13100123020009-n1.htm 2013年10月1日閲覧。 
  113. ^ “米、デフォルト回避=政府機関、きょう再開-上下院が合意案可決”. 時事通信. (2013年10月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013101700316 2013年10月17日閲覧。 
  114. ^ 「神の粒子」ヒッグス粒子の存在が確定 科学がどんどん霊界に近づいていく(ザ・リバティWeb 2013年10月4日)
  115. ^ “水俣条約を採択…水銀の採掘や輸出入など規制”. 読売新聞. (2013年10月10日). http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20131010-OYT1T00426.htm 2013年10月11日閲覧。 
  116. ^ フィリピン地震から5ヶ月、ボホール島の現状 -自分事と捉えるべき防災減災について(矢萩邦彦) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2021年4月6日閲覧。
  117. ^ “ラオス航空の旅客機が墜落、乗員乗客49人死亡”. CNN.co.jp. (2013年10月17日). http://www.cnn.co.jp/world/35038610.html 2013年10月17日閲覧。 
  118. ^ “サウジ、国連安保理の非常任理事国辞退─安保理入り拒否は前例なし”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年10月20日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304134704579146190446733808.html 2013年10月21日閲覧。 
  119. ^ “山火事「45年で最悪」か=シドニー含め非常事態宣言-豪”. 時事通信. (2013年10月21日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013102100056 2013年10月21日閲覧。 
  120. ^ “天安門前で車突入、5人死亡 故意の可能性 邦人ら38人けが”. 日本経済新聞. (2013年10月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2804E_Y3A021C1FF1000/ 2013年10月28日閲覧。 
  121. ^ “【天安門車炎上】警察、長安街を封鎖、AFP記者ら一時拘束、ネット投稿次々削除”. 産経新聞. (2013年10月29日). https://www.sankei.com/world/news/131029/wor1310290019-n1.html 2013年10月29日閲覧。 
  122. ^ “欧州の暴風で十数人が死亡、空の便など乱れる”. ロイター. (2013年10月29日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE99S00320131029 2013年10月29日閲覧。 
  123. ^ “アジアと欧州結ぶ海底トンネルが開通 トルコ”. CNN.co.jp. (2013年10月30日). http://www.cnn.co.jp/business/35039169.html 2013年11月1日閲覧。 
  124. ^ “米連邦航空局、全飛行段階での電子機器使用を解禁へ”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年11月1日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303343404579170283982942094.html 2013年11月1日閲覧。 
  125. ^ “米ロス空港で銃撃事件 空港職員1人死亡、容疑者拘束”. MSN産経ニュース. (2013年11月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131102/crm13110208030001-n1.htm 2013年11月3日閲覧。 
  126. ^ 史上最強スーパー台風「ハイエン」フィリピン上陸から5年 (森さやか) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月19日閲覧。
  127. ^ “米とイスラエル、ユネスコでの投票権失う”. 読売新聞. (2013年11月9日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131109-OYT1T00739.htm 2013年11月10日閲覧。 
  128. ^ ロシアで旅客機が墜落、炎上 乗客乗員50人全員が死亡 朝日新聞 2013年11月17日閲覧
  129. ^ 仏左翼紙襲撃、X人重体=散弾銃の男が侵入時事ドットコム 2013年11月19日閲覧。
  130. ^ “ラトビア首相が辞任、屋根崩落事故の引責で”. CNN.co.jp. (2013年11月28日). http://www.cnn.co.jp/world/35040602.html 2013年11月29日閲覧。 
  131. ^ “中国、尖閣上空に「防空識別圏」 日本と重複…空の緊張必至”. MSN産経ニュース. (2013年11月23日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131123/plc13112312410007-n1.htm 2013年11月29日閲覧。 
  132. ^ “米当局、B52爆撃機による中国の防空識別圏進入を日本に事前通知”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. (2013年11月27日). http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304471504579223411133560726.html 2013年11月29日閲覧。 
  133. ^ “アイソン彗星、消滅 「太陽最接近時に蒸発」NASA発表”. MSN産経ニュース. (2013年11月29日). http://sankei.jp.msn.com/science/news/131129/scn13112910260002-n1.htm 2013年12月1日閲覧。 
  134. ^ “アイソン彗星「生き延びたかも」…白く輝き飛ぶ”. 読売新聞. (2013年11月30日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131130-OYT1T00354.htm 2013年12月1日閲覧。 
  135. ^ “両陛下、インドへご出発 53年ぶり公式訪問”. MSN産経ニュース. (2013年11月30日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/131130/imp13113011400004-n1.htm 2013年12月1日閲覧。 
  136. ^ “和食が世界の和食に 「世界無形文化遺産」に登録”. 日本経済新聞. (2013年12月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXZZO63210430X21C13A1000004/ 2013年12月5日閲覧。 
  137. ^ “金正恩氏、個人独裁狙う ナンバー2張成沢氏解任 軍・党の世代交代急ぐ”. 日本経済新聞. (2013年12月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0903W_Z01C13A2FF2000/ 2013年12月10日閲覧。 
  138. ^ “張成沢氏を処刑 「敵に同調、国家転覆陰謀」と朝鮮中央放送 死刑判決、即日執行”. 産経新聞. (2013年12月13日). https://www.sankei.com/world/news/131213/wor1312130029-n1.html 2013年12月13日閲覧。 
  139. ^ “中国の探査機、初の月面着陸に成功”. 日本経済新聞. (2013年12月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131214-OYT1T00944.htm 2013年12月15日閲覧。 
  140. ^ ロンドン地下鉄が開業150周年 - 英国ニュース、求人、イベント、コラム、レストラン、イギリス生活情報誌 - 英国ニュースダイジェスト
  141. ^ “ワーグナー生誕200年、論争の的であり続けた音楽家”. フランス通信社. (2013年5月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/2944936 2017年2月13日閲覧。 
  142. ^ “革命開始60年で式典 キューバ、議長が演説”. 産経新聞. (2013年7月26日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130726/amr13072623510009-n1.htm 2013年7月27日閲覧。 
  143. ^ “北朝鮮、朝鮮戦争休戦60年で大規模軍事パレード”. 産経新聞. (2013年7月23日). https://www.sankei.com/world/news/130727/wor1307270022-n1.html 2013年7月27日閲覧。 
  144. ^ Kristallnacht 75 Reflecting on Kristallnacht 75 Years Later.” (英語). 2013年11月9日閲覧。
  145. ^ The 50th: HONORING THE MEMORY OF PRESIDENT JOHN F. KENNEDY” (英語). President John F. Kennedy Commemorative Foundation. 2013年10月26日閲覧。
  146. ^ First Flight Society News & Events” (英語). First Flight Society. 2013年10月26日閲覧。
  147. ^ 毛泽东诞辰120周年” (中国語(簡体字)). 新浪公司. 2013年12月26日閲覧。
  148. ^ GLOBAL 110TH ANNIVERSARY EVENTS” (英語). Harley Davidson. 2013年10月26日閲覧。
  149. ^ 新彗星「アイソン」、満月より明るい?(ナショナルジオグラフィックニュース 2012年10月1日)
  150. ^ アイソン彗星、崩壊した可能性 近日点通過(ITmedia 2013年11月29日)
  151. ^ 太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた(国立天文台「ひので」ホームページ 2012年4月19日)
  152. ^ NASA が「太陽の磁極の反転(磁場のポールシフト)」が始まったことを確認(In Deep 2013年8月8日)
  153. ^ 太陽活動に異常―黒点や磁極反転に異例の現象(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2013年11月12日)
  154. ^ Video: Sun has 'flipped upside down' as new magnetic cycle begins (英語記事)インデペンデント 2013年12月29日)
  155. ^ “太陽元気なし 寒冷化予兆 11年周期の磁場転換起きず、黒点も最少”. 産経新聞. (2013年11月18日). https://www.sankei.com/life/news/131118/lif1311180022-n1.html 
  156. ^ a b “2013年の自然科学部門のノーベル賞 物理学賞”. 産経新聞. (2013年10月21日). https://www.sankei.com/life/news/131021/lif1310210036-n1.html 
  157. ^ 次世代の据え置き型ゲーム機「Steam Box」とは何かがわかるまとめ(Gigazine 2013年11月07日)
  158. ^ キカイマシーン帝国襲来 オープニングムービー - Granzella Inc.公式チャンネル(YouTube)、2013年5月16日、2018年11月8日閲覧。
  159. ^ アレックス・アーバイン『パシフィック・リム』