ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|冨安健洋の去就に新展開?アタランタが争奪戦でポールポジションに再浮上か


写真 冨安健洋 写真提供: Gettyimages

冨安健洋の去就に新展開?アタランタが争奪戦でポールポジションに再浮上か

 
内容をざっくり書くと
移籍金は5500万ユーロ(約71億円)前後とみられており、アタランタはこの資金を利用して日本代表DFの獲得に動く可能性があるようで、ポールポジションに再浮上したという。
 

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の新天地を巡って、新展開があったようだ。イタリア『Il re… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

5500万ユーロ

ポールポジション

ポールポジション: pole positionPP)は、モータースポーツにおいて、決勝レースのスタート位置の先頭を指す。

概要

一般的には予選で最速のラップタイムを記録したドライバーが、この位置を得る権利を持つ(ただしリバースグリッドを採用しているレースではその限りではない)。ポールポジションを獲得したドライバーは「ポールシッター」と呼ばれる[1]

ポールポジションの語源は競馬にあるといわれている[1]。モータースポーツが盛んに行なわれるようになった1900年初頭、競馬の世界では観客席から離れた位置からのスタートでも馬番が判りやすいようゼッケン1番の馬の位置にポールを立てる習慣があった。この「1番の位置にポールを立てる」という習慣がモータースポーツに「1番前のスタート位置」として転じたのがポールポジションだとされている。

ポールポジションを獲得すると以下の様な利点がある。

無論、レース展開において非常に有利なポジションであるためポールポジションを獲得したドライバー(チーム)がそのまま優勝することも少なくない。これをポールトゥーウィンと呼ぶ。

F1におけるポールポジション記録

記録は2021年スペイングランプリ終了時点(太字は2021年の現役ドライバー)。

通算獲得数

順位回数ドライバー
1100イギリスの旗 ルイス・ハミルトン[2]
268ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
365ブラジルの旗 アイルトン・セナ
457ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
533イギリスの旗 ジム・クラーク
フランスの旗 アラン・プロスト
732イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
830ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
929アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ
1026フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン

[3]

年間獲得数

順位回数ドライバー
115ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル(2011年)
214イギリスの旗 ナイジェル・マンセル(1992年)
313ブラジルの旗 アイルトン・セナ(1988年,1989年)
フランスの旗 アラン・プロスト(1993年)
512イギリスの旗 ルイス・ハミルトン(2016年)
611フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン(1999年)
ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ(2001年)
ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ(2014年)
910カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーブ(1997年)
109スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン(1973年)
オーストリアの旗 ニキ・ラウダ(1974年,1975年)
ブラジルの旗 ネルソン・ピケ(1984年)
イギリスの旗 デイモン・ヒル(1996年)

※各ドライバーの自己ベスト記録のみ記載[4]

連続獲得数

順位回数ドライバー
18ブラジルの旗 アイルトン・セナ[5]
27フランスの旗 アラン・プロスト
ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
56オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン
ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
95イギリスの旗 スターリング・モス
アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル
カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーブ
コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ
スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル

※各ドライバーの自己ベスト記録のみ記載[6]

デビュー戦で獲得

インディ500のみに参戦のドライバーは除く)

[7]

デビューから遅く達成

順位レース数ドライバー
1132オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
2119イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ
3116ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン
4111ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
597フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン
694オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
793オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
892ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド
985ニュージーランドの旗 デニス・ハルム
1082フランスの旗 ジャン・アレジ

[7]

最年少記録

順位年齢ドライバー
121歳73日ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
221歳165日モナコの旗 シャルル・ルクレール
321歳237日スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
421歳307日オランダの旗 マックス・フェルスタッペン[8]
522歳16日カナダの旗 ランス・ストロール
622歳97日ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ
722歳154日イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
822歳308日イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
923歳79日ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ
1023歳120日ポーランドの旗 ロバート・クビサ

[9]

MOTOGPにおけるポールポジション記録

(2020年終了時点)

通算獲得数

順位ライダー回数
1スペインの旗 マルク・マルケス90
2スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ69
3イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ65
4オーストラリアの旗 ミック・ドゥーハン58
5イタリアの旗 マックス・ビアッジ56
6スペインの旗 ダニ・ペドロサ49
7オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー43
8スペインの旗 ホルヘ・マルティネス42
9イタリアの旗 ロリス・カピロッシ41
10イタリアの旗 エウジーニョ・ラッツァリーニ35

[10]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ポールポジション”. portf.co (2018年9月29日). 2018年11月7日閲覧。
  2. ^ “2時間半の赤旗中断を経てハミルトンが69回目のポール”. espnf1.com. (2017年9月3日). http://ja.espnf1.com/italy/motorsport/story/239023.html 2018年10月26日閲覧。 
  3. ^ PPレース数”. f1-data.jp. 2018年10月26日閲覧。
  4. ^ 年間ポールポジション”. f1-data.jp. 2018年11月9日閲覧。
  5. ^ 1988年スペイングランプリ1989年アメリカグランプリにかけて記録
  6. ^ 連続ポールポジション”. f1-data.jp. 2018年11月9日閲覧。
  7. ^ a b 初PPまでのレース数”. f1-data.jp. 2018年10月26日閲覧。
  8. ^ 獲得時点でF1通算100人目のポールシッターとなった
  9. ^ 初PPの年齢”. f1-data.jp. 2018年10月26日閲覧。
  10. ^ “Statistics”. MotoGP.com. http://www.motogp.com/en/Results+Statistics/Statistics/statsearch 2018年12月17日閲覧。 

関連項目


 

Back to Top
Close