ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🥋| 【ボクシング】銅メダル並木月海はパリ五輪でのリベンジも視野「もう一回話し合って」


写真 並木(右)は悔しさを口にした(ロイター)

【ボクシング】銅メダル並木月海はパリ五輪でのリベンジも視野「もう一回話し合って」

 
内容をざっくり書くと
前日の女子フェザー級で入江聖奈(20=日体大)に続いて金メダルを狙った並木は、体格差の不利もあり思うようにペースを奪うことはできなかった。
 

東京五輪のボクシング女子フライ級準決勝(4日)で、並木月海(22=自衛隊)がストイカ・クラステバ(3… →このまま続きを読む

 東スポWeb

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

女子フェザー

入江聖奈

入江 聖奈(いりえ せな、2000年(平成12年)10月9日 - )は、日本の女子アマチュアボクシング選手である。鳥取県米子市出身[1]日本体育大学在学中。

来歴

義方小学校[2]2年生の時に読んだ小山ゆうの漫画『がんばれ元気』の影響で米子市内唯一のボクシングジム「シュガーナックルボクシングジム」に入門[1]

後藤ヶ丘中学校は陸上部に所属し。800mを専門とし、1年時に全国中学駅伝出場[1]

米子西高校でボクシングに専念。1年時に並木月海に敗れるも、2、3年の全日本女子選手権(ジュニア)連覇[1]

国際大会でも2018年世界ユース選手権にて銅メダル獲得[3]

2019年、日体大へ進学。同年の世界選手権日本代表に選ばれ、本戦では準々決勝に進出した[4]が、英語版に敗れベスト8で終わる(ペテシオは金メダル獲得)[5]

12月8日、東京オリンピックアジア・オセアニア予選日本代表を決めるボックスオフで全日本チャンピオン晝田瑞希を下し代表を手にする[6]

2020年3月の予選では準々決勝でペテシオに4-1判定で勝利し、2012年ロンドン大会より採用された女子ボクシングで日本勢の出場第1号となった[5]。決勝まで進むが、2018年世界選手権優勝の英語版に敗れ準優勝[7]

2021年、東京オリンピックボクシング女子フェザー級日本代表として出場。7月24日、エルサルバドル英語版に判定勝ちし、五輪のボクシング女子初の日本人選手として初勝利を収めた[8]。また、準々決勝はルーマニア英語版を3-2の僅差の判定で勝利し、この時点で日本ボクシング女子選手史上初のメダリストが確定した。また、準決勝でイギリス英語版に3-2の判定で勝利した[9]。8月3日、決勝でフィリピン英語版を5-0の判定で破り金メダルを獲得した[10]。日本女子アマチュアボクシング選手として史上初の金メダリストであり、また全種目を通じて鳥取県出身選手では史上初の金メダリストとなった[10]

人物

好きで蛙の飼育や蛙に関する品物の収集をしている他、休日には蛙の観察などに出かける[11][12][13][14]。実家では「ジャイ子」と名付けたツノガエルを飼っている[2]。東京オリンピックでの金メダル獲得後、鳥取県から県民栄誉賞と県スポーツ最高栄冠賞の授与を受けた際には、併せて鳥取砂丘の砂で作られた蛙がデザインされたメダルも贈呈された[15]。日体大卒業後は蛙関連の職種に就きたい願望を持っている[12]

日体大では心理学のゼミに所属し、「浮気の境界線」について研究する[2]

蛙以外の趣味はYouTube観賞やゲームなどインドア派で、東京オリンピックの選手村にもNintendo Switchを持ち込んだ。ほか、海外遠征時には必ずカップ麺を持ち込み、中でも日清焼そばUFO一平ちゃんを好む[16]

小・中学校の同級生に飛込競技選手の三上紗也可がいる[1][2][17]

ボクシング競技は大学4年時の全日本選手権までで区切りをつけ、卒業後は競技を続けない意向を示している[18]

「聖奈」という名前はF1ドライバーのアイルトン・セナに由来する[16]

戦歴

  • 2019年 - 世界選手権ベスト8
  • 2020年 - 東京オリンピックアジア・オセアニアアジアオセアニア予選 準優勝
  • 2021年 - 東京オリンピック女子フェザー級 金メダル

受賞歴

  • 鳥取県県民栄誉賞(2021年)[15]
  • 鳥取県スポーツ最高栄冠賞(2021年)[15]
  • 米子市市民栄光賞(2021年)[19]

脚注

  1. ^ a b c d e “ボクシング女子・入江聖奈、日本を金で埋め尽くせ!「金メダル空白県」に栄光の輝きを”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年12月9日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/12/09/kiji/20201208s00021000593000c.html 2021年1月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d “入江聖奈(いりえ・せな)ってこんな子 日体大では心理学のゼミ「浮気の境界線」について研究/BOX”. サンスポ. (2021年8月3日). https://www.sanspo.com/article/20210803-LWP5JRVH5JMHDMX3ANE4M3YQOY/?outputType=theme_tokyo2020 2021年8月4日閲覧。 
  3. ^ “宇佐美正パトリックと入江聖奈が銅”. ボクシングモバイル. (2018年9月1日). https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=22306&n=1 2021年1月30日閲覧。 
  4. ^ 【世界女子選手権】並木月海・入江聖奈が準々決勝へ進出!”. 一般社団法人日本ボクシング連盟 (2019年10月9日). 2021年1月30日閲覧。
  5. ^ a b “入江聖奈、女子ボクシング五輪1号!宿敵の世界女王に判定勝ち「一番うれしい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年3月10日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/03/10/kiji/20200310s00021000156000c.html 2021年1月30日閲覧。 
  6. ^ “女子ボクシング五輪予選代表決定戦:フライ級は並木月海、フェザー級は入江聖奈、ライト級は濱本紗也が予選進出”. オリンピックチャンネル. (2019年12月8日). https://olympics.com/ja/news/女子ホクシンク五輪予選代表決定戦-フライ級は並木月海-フェサ-級は入江聖奈-ライト級は濱本紗也か予選進出 2021年1月30日閲覧。 
  7. ^ “女子フェザー級決勝 入江聖奈、劣勢ばん回できず完敗で準V”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年3月12日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/03/11/kiji/20200312s00021000062000c.html 2021年1月30日閲覧。 
  8. ^ “入江聖奈、歴史的1勝!日本女子ボクシング五輪初出場で初勝利”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年7月24日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/07/24/kiji/20210724s00021000526000c.html 2021年8月3日閲覧。 
  9. ^ “「黄金」の輝き見えた 女子ボクシング・入江聖奈の銀メダル以上が確定!ペテシオとの決勝は3日”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年7月31日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/07/31/kiji/20210731s00021000393000c.html 2021年7月31日閲覧。 
  10. ^ a b “入江聖奈がフェザー級で金メダル ボクシング女子で日本選手初”. 毎日新聞. (2021年8月3日). https://mainichi.jp/articles/20210803/k00/00m/050/074000c 2021年8月3日閲覧。 
  11. ^ 【東京五輪】ボクシング入江聖奈選手 金メダル獲得会見 ノーカット版”. YouTube. 【公式】日テレNEWS (2021年8月3日). 2021年8月3日閲覧。
  12. ^ a b “ボクシング女子・入江聖奈、金メダル獲得直後にケロリと引退表明「カエル関連で就職できたら」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年8月3日). https://hochi.news/articles/20210803-OHT1T51118.html 2021年8月3日閲覧。 
  13. ^ 【入江聖奈Ver.】女子ボクサーのオフの過ごし方【東京五輪代表】”. YouTube. 女子ボクシングガールズ【キトウビログ】 (2021年4月28日). 2021年8月3日閲覧。
  14. ^ “五輪女子ボクシング・入江 大好きカエルパワーで金獲り!特製グッズで地元鳥取も応援”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年8月1日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/08/01/kiji/20210801s00042000134000c.html 2021年8月3日閲覧。 
  15. ^ a b c “入江聖奈選手 金メダルおめでとう! : 鳥取県”. https://www.pref.tottori.lg.jp/299033.htm 2021年8月19日閲覧。 
  16. ^ a b “入江 女子フェザー級金王手!カエル好き20歳が歴史をカエル、3日決勝もカエル作戦”. Sponichi Annex. (2021年8月1日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/08/01/kiji/20210801s00021000139000c.html 2021年8月4日閲覧。 
  17. ^ “三上 紗也可(飛込)|TOKYO2020大会”. 日本体育大学. https://www.nittai.ac.jp/olympic/tokyo/athlete/olympic/mikami.html 2021年8月4日閲覧。 
  18. ^ “ボクシング金メダルの入江聖奈、“誤解”受け改めて説明「『引退』は今すぐではなく…」”. Sponichi Annex. (2021年8月3日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/08/03/kiji/20210803s00021000580000c.html 2021年8月4日閲覧。 
  19. ^ <東京五輪>入江選手「恩返しできた」”. 読売新聞. 2021年8月21日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close