ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🎾|新星ラドゥカヌ、躍進した「ウィンブルドン」以来初の大会で初戦敗退


写真 「WTA250 ノッティンガム」でのラドゥカヌ

新星ラドゥカヌ、躍進した「ウィンブルドン」以来初の大会で初戦敗退

 
内容をざっくり書くと
「ウィンブルドン」以降はロンドンで行われた「EURO(欧州選手権)」決勝やF1のイギリスグランプリを観たり、卒業した小学校に足を運ぶなど、気分転換の機会を設けていたラドゥカヌ。
 

先月の「ウィンブルドン」を沸かせた18歳の新星、エマ・ラドゥカヌ(イギリス)が「WTA500 サンノ… →このまま続きを読む

 THE TENNIS DAILY

試合速報から動画、コラムなどテニス情報を網羅的にチェックできるサイト。試合ハイライト動画やランキング、テニス基礎知識を学べるコンテンツもあります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

イギリスグランプリ

イギリスグランプリ(イギリスGP, British Grand Prix)は、イギリスで行われるモータースポーツレース。現在はF1のイベントとして開催されている。

1950年、F1世界選手権が初めて開催された際の第1戦がこのイギリスGPであり、F1の中ではもっとも伝統のあるレースのひとつである。

イギリス国内で行われた、イギリスGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。

概要

1926年に初開催され、1928年1947年の中断を経て開催が続けられている。1950年以降は、同年に発足したF1に組み込まれ、F1において同一名称のグランプリが1年も欠かさず開催されているのは、このイギリスGPとイタリアGPのみである。

1950年にF1グランプリの第1戦として初開催された際にはシルバーストン・サーキットで行われた。以降、ブランズ・ハッチなどのサーキットでもイギリスGPは開催されたが、1987年以降はシルバーストンでの開催が続いている。

シルバーストンの施設の老朽化、タバコ広告禁止を含めた金銭的・興行的問題など多数の問題から、2010年はドニントンパーク・サーキットに開催が移ると一旦発表されたが、その後ドニントンパークのサーキット運営会社がコース改修資金の調達に失敗、F1開催が困難な状況となってしまった[1]。そのため2010年以降もシルバーストンでの開催が継続する可能性が高くなり[2]、2009年12月7日、シルバーストンにて2026年までのイギリスGP開催が決定した。

しかし、シルバーストン・サーキットのオーナーであるブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)は2017年のイギリスGP開催直前、開催費用の負担増加により経済的損失が大きくなりすぎることを理由に開催契約の解除条項を行使し、2019年まで契約が短縮されることになった[3]。この間、ロンドン市街地での開催も検討されたが[4]、契約が切れる2019年にシルバーストンと2024年までの開催契約が結ばれた[5]。なお、F1を経営するリバティメディアは、引き続きロンドン市街地での開催の可能性を模索するとしている[6]

開催されたサーキット

1926年の初開催と、翌1927年ブルックランズで開催され、1928年1947年の20年間は開催されなかったものの、1948年に場所をシルバーストンに変えて再び開催され、以降も時折開催地を変えながら現在まで毎年欠かさず開催されている。

1948年1954年まではシルバーストンで行われた。1955・1957・1959・1961・1962年の5回はエイントリーで、1956・1958・1960・1963年はシルバーストンで開催された。

エイントリーでF1が開催されなくなって以降は、1964年から1986年までは偶数年がブランズハッチ、奇数年がシルバーストン・サーキットで交互に開催されていたが、1987年以降はシルバーストン・サーキットで開催されている。

1983年1985年1993年2020年には、英国内でイギリスGPではない名称のグランプリが、イギリスGPと併催されている。詳細は後述のイギリスグランプリ以外のF1レースを参照のこと。

イギリスグランプリ以外のF1レース

英国内で実施されながら、別の名称が付与されたレースがある。1国で年内に2回の開催を行ったが、1国1開催の原則等の理由でヨーロッパGPという名称が付与された。また、2020年は70周年記念GPとして2回目の開催が行われた。

ブランズハッチ開催
1983年と1985年に開催。シルバーストンにイギリスGPの名が付けられたため、ブランズ・ハッチで開催されたレースはヨーロッパGPの名が冠せられた。はブラバムBMWネルソン・ピケ1985年ウィリアムズホンダナイジェル・マンセルが優勝した。
ドニントンパーク開催
1993年に1回のみ開催。2輪の世界選手権でよく使用されている、ドニントン・パークで開催された。マクラーレンフォードアイルトン・セナが優勝した。
シルバーストン開催
2020年では同じシルバーストンで2週連続で開催され、1週目はイギリスGPとして、2週目は70周年記念GPとして開催されることが発表された[7]


特筆すべき過去のレース

数多く開催されたイギリスGPの中でも、大きな出来事が起こった、または記念すべきレースをいくつか取り上げて紹介する。

  • 2013年 - 土曜フリー走行でマクラーレンセルジオ・ペレス、また決勝レースではメルセデスのルイス・ハミルトン、フェラーリのフェリペ・マッサトロ・ロッソジャン=エリック・ベルニュ、そしてペレスの左後輪タイヤが相次いでバーストを起こす異常事態。特にベルニュがバーストした際には直後にセーフティーカーまで入った[9][10]。これを受けてタイヤを独占供給しているピレリは原因の徹底調査を行い、タイヤを左右逆に付けたり、空気圧を低めにするなどの不適切な使用方法やサーキットの縁石が原因であると結論づけた[11]。しかし一方でピレリが国際自動車連盟(FIA)や各チームに無断でタイヤの構造変更を行った、との報道もされている[12]
  • 2017年 - ハミルトンがクラーク以来のイギリスGP4連勝をグランドスラムで達成。また、イギリスGPにおける通算勝利数もクラークとアラン・プロストに並んだ[13]
  • 2019年 - ハミルトンがチームメイトのバルテリ・ボッタスに勝ち、イギリスGP単独トップとなる通算6勝目を達成。
  • 2020年 - ハミルトンが最終ラップで左フロントタイヤがパンクするアクシデントに見舞われ3輪走行を強いられたが、その状態のままリードを守りきって優勝した[14]
  • 2021年 - F1史上初のスプリントレース形式による予選はマックス・フェルスタッペンが制してポールポジションを獲得するが[15]、決勝は1周目でハミルトンと接触してコース外に押し出されてタイヤバリアにクラッシュ、リタイアに終わった。このアクシデントにより赤旗が出されてレースは中断。ハミルトンはレース再開後に10秒のタイムペナルティが科せられたが、先述のアクシデントに乗じてトップに立ったシャルル・ルクレールをレース終盤にパスして逆転優勝を果たした[16]

過去の結果と開催サーキット

イギリスGP

F1世界選手権として開催された1950年以降の結果について記載する。シルバーストン・サーキットのコースレイアウトの変遷については、シルバーストン・サーキット#改修履歴を参照。

決勝日ラウンドサーキット勝者コンストラクター結果
19505月13日1シルバーストンイタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナアルファロメオ詳細
19517月14日5シルバーストンアルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレスフェラーリ詳細
19527月19日5シルバーストンイタリアの旗 アルベルト・アスカリフェラーリ詳細
19537月18日6シルバーストンイタリアの旗 アルベルト・アスカリフェラーリ詳細
19547月17日5シルバーストンアルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレスフェラーリ詳細
19557月16日6エイントリーイギリスの旗 スターリング・モスメルセデス詳細
19567月14日6シルバーストンアルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオフェラーリ詳細
19577月20日5エイントリーイギリスの旗 トニー・ブルックス
イギリスの旗 スターリング・モス
ヴァンウォール詳細
19587月19日7シルバーストンイギリスの旗 ピーター・コリンズフェラーリ詳細
19597月18日5エイントリーオーストラリアの旗 ジャック・ブラバムクーパー-クライマックス詳細
19607月16日7シルバーストンオーストラリアの旗 ジャック・ブラバムクーパー-クライマックス詳細
19617月15日5エイントリー西ドイツの旗 ヴォルフガング・フォン・トリップスフェラーリ詳細
19627月21日5エイントリーイギリスの旗 ジム・クラークロータス-クライマックス詳細
19637月20日5シルバーストンイギリスの旗 ジム・クラークロータス-クライマックス詳細
19647月11日5ブランズ・ハッチイギリスの旗 ジム・クラークロータス-クライマックス詳細
19657月10日5シルバーストンイギリスの旗 ジム・クラークロータス-クライマックス詳細
19667月16日4ブランズ・ハッチオーストラリアの旗 ジャック・ブラバムブラバム-レプコ詳細
19677月15日6シルバーストンイギリスの旗 ジム・クラークロータス-フォード詳細
19687月20日7ブランズ・ハッチスイスの旗 ジョー・シフェールロータス-フォード
ロブ・ウォーカー
詳細
19697月19日6シルバーストンイギリスの旗 ジャッキー・スチュワートマトラ-フォード
マトラ・インターナショナル
詳細
19707月18日7ブランズ・ハッチオーストリアの旗 ヨッヘン・リントロータス-フォード詳細
19717月17日6シルバーストンイギリスの旗 ジャッキー・スチュワートティレル-フォード詳細
19727月15日7ブランズ・ハッチブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディロータス-フォード詳細
19737月14日9シルバーストンアメリカ合衆国の旗 ピーター・レブソンマクラーレン-フォード詳細
19747月20日10ブランズ・ハッチ南アフリカの旗 ジョディー・シェクターティレル-フォード
19757月19日10シルバーストンブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディマクラーレン-フォード
19767月18日9ブランズ・ハッチオーストリアの旗 ニキ・ラウダフェラーリ詳細
19777月17日10シルバーストンイギリスの旗 ジェームス・ハントマクラーレン-フォード
19787月16日10ブランズ・ハッチアルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマンフェラーリ
19797月15日9シルバーストンスイスの旗 クレイ・レガツォーニウィリアムズ-フォード
19807月13日8ブランズ・ハッチオーストラリアの旗 アラン・ジョーンズウィリアムズ-フォード
19817月19日9シルバーストンイギリスの旗 ジョン・ワトソンマクラーレン-フォード
19827月18日10ブランズ・ハッチオーストリアの旗 ニキ・ラウダマクラーレン-フォード
19837月17日9シルバーストンフランスの旗 アラン・プロストルノー
19847月22日10ブランズ・ハッチオーストリアの旗 ニキ・ラウダマクラーレン-TAG
19857月21日8シルバーストンフランスの旗 アラン・プロストマクラーレン-TAG詳細
19867月13日9ブランズ・ハッチイギリスの旗 ナイジェル・マンセルウィリアムズ-ホンダ詳細
19877月12日7シルバーストンイギリスの旗 ナイジェル・マンセルウィリアムズ-ホンダ詳細
19887月10日8シルバーストンブラジルの旗 アイルトン・セナマクラーレン-ホンダ詳細
19897月16日8シルバーストンフランスの旗 アラン・プロストマクラーレン-ホンダ詳細
19907月15日8シルバーストンフランスの旗 アラン・プロストフェラーリ詳細
19917月14日8シルバーストンイギリスの旗 ナイジェル・マンセルウィリアムズ-ルノー詳細
19927月12日9シルバーストンイギリスの旗 ナイジェル・マンセルウィリアムズ-ルノー詳細
19937月11日9シルバーストンフランスの旗 アラン・プロストウィリアムズ-ルノー詳細
19947月10日8シルバーストンイギリスの旗 デイモン・ヒルウィリアムズ-ルノー詳細
19957月16日8シルバーストンイギリスの旗 ジョニー・ハーバートベネトン-ルノー
19967月14日10シルバーストンカナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴウィリアムズ-ルノー詳細
19977月13日9シルバーストンカナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴウィリアムズ-ルノー詳細
19987月12日9シルバーストンドイツの旗 ミハエル・シューマッハフェラーリ
19997月11日8シルバーストンイギリスの旗 デビッド・クルサードマクラーレン-メルセデス詳細
20004月23日4シルバーストンイギリスの旗 デビッド・クルサードマクラーレン-メルセデス
20017月15日11シルバーストンフィンランドの旗 ミカ・ハッキネンマクラーレン-メルセデス
20027月07日10シルバーストンドイツの旗 ミハエル・シューマッハフェラーリ
20037月20日11シルバーストンブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロフェラーリ詳細
20047月11日11シルバーストンドイツの旗 ミハエル・シューマッハフェラーリ詳細
20057月10日11シルバーストンコロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤマクラーレン-メルセデス詳細
20066月11日8シルバーストンスペインの旗 フェルナンド・アロンソルノー詳細
20077月08日9シルバーストンフィンランドの旗 キミ・ライコネンフェラーリ詳細
20087月06日9シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンマクラーレン-メルセデス詳細
20096月21日8シルバーストンドイツの旗 セバスチャン・ベッテルレッドブル-ルノー詳細
20107月11日10シルバーストンオーストラリアの旗 マーク・ウェバーレッドブル-ルノー詳細
20117月10日9シルバーストンスペインの旗 フェルナンド・アロンソフェラーリ詳細
20127月08日9シルバーストンオーストラリアの旗 マーク・ウェバーレッドブル-ルノー詳細
20136月30日8シルバーストンドイツの旗 ニコ・ロズベルグメルセデス詳細
20147月06日9シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細
20157月05日9シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細
20167月10日10シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細
20177月16日10シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細
20187月08日10シルバーストンドイツの旗 セバスチャン・ベッテルフェラーリ詳細
20197月14日10シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細
20208月02日4シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細
20217月18日10シルバーストンイギリスの旗 ルイス・ハミルトンメルセデス詳細

複数回優勝したドライバー

回数ドライバー優勝年
8イギリスの旗 ルイス・ハミルトン2008, 2014, 2015, 2016, 2017, 2019, 2020, 2021
5イギリスの旗 ジム・クラーク1962, 1963, 1964, 1965, 1967
フランスの旗 アラン・プロスト, 1985, 1989, 1990, 1993
4イギリスの旗 ナイジェル・マンセル1986, 1987, 1991, 1992
3オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム1959, 1960, 1966
オーストリアの旗 ニキ・ラウダ1976, ,
ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ, , 2004
2アルゼンチンの旗 ホセ・フロイラン・ゴンザレス1951, 1954
イタリアの旗 アルベルト・アスカリ1952, 1953
イギリスの旗 スターリング・モス1955, 19571
イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート1969, 1971
ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ1972,
カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ1996, 1997
イギリスの旗 デビッド・クルサード1999,
スペインの旗 フェルナンド・アロンソ2006, 2011
オーストラリアの旗 マーク・ウェバー2010, 2012
ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル2009, 2018

複数回優勝したコンストラクター

回数コンストラクター優勝年
17イタリアの旗 フェラーリ1951, 1952, 1953, 1954, 19561, 1958, 1961, 1976, , 1990,
, , 2003, 2004, 2007, 2011, 2018
14イギリスの旗 マクラーレン1973, , , , , , 1985, 1988, 1989, 1999,
, , 2005, 2008
10イギリスの旗 ウィリアムズ, , 1986, 1987, 1991, 1992, 1993, 1994, 1996, 1997
9ドイツの旗 メルセデス1955, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2019, 2020, 2021
8イギリスの旗 ロータス1962, 1963, 1964, 1965, 1967, 1968, 1970, 1972
3オーストリアの旗 レッドブル2009, 2010, 2012
2フランスの旗 フランス語版1926, 1927
イタリアの旗 マセラティ1948, 1949
イギリスの旗 クーパー1959, 1960
イギリスの旗 ティレル1971,
フランスの旗 ルノー, 2006

複数回優勝したエンジン

回数メーカー優勝年
17イタリアの旗 フェラーリ1951, 1952, 1953, 1954, 1956, 1958, 1961, 1976, , 1990,
, , 2003, 2004, 2007, 2011, 2018
14アメリカ合衆国の旗 フォード *1967, 1968, 1969, 1970, 1971, 1972, 1973, , , ,
, , ,
ドイツの旗 メルセデス **1955, 1999, , , 2005, 2008, 2013, 2014, 2015, 2016,
2017, 2019, 2020, 2021
12フランスの旗 ルノー, 1991, 1992, 1993, 1994, , 1996, 1997, 2006, 2009,
2010, 2012
6イギリスの旗 クライマックス1959, 1960, 1962, 1963, 1964, 1965
4日本の旗 ホンダ1986, 1987, 1988, 1989
2フランスの旗 フランス語版1926, 1927
イタリアの旗 マセラティ1948, 1949
ルクセンブルクの旗 TAG ***, 1985

70周年記念GP

決勝日ラウンドサーキット勝者コンストラクター結果
20208月09日5シルバーストンオランダの旗 マックス・フェルスタッペンレッドブル-ホンダ詳細

ヨーロッパGP

冠スポンサー

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1956年ランチア・フェラーリ D50による優勝を含む。
  2. ^ 17周のスプリントレース形式による予選により決定。
  3. ^ a b 1925-1930年に行われた四輪モータースポーツにおける製造者に対する選手権。現在のF1コンストラクターズ選手権の前身にあたる。ただし、1928-1930年は対象となるレースの減少によりキャンセルされた。イギリスグランプリが選手権の一戦として開催されたのは1926-1927年。

出典

  1. ^ バーニー・エクレストン 「ドニントンの望みは消えた」 - F1-gate.com・2009年10月29日
  2. ^ シルバーストン、F1イギリスGPの開催へ近づく - F1-gate.com・2009年11月25日
  3. ^ シルバーストンがF1イギリスGP開催契約を解除。多額の損失に耐えかね、条件変更を望む”. AUTOSPORTweb (2017年7月12日). 2017年7月13日閲覧。
  4. ^ ロンドンF1レースは実現する? 契約交渉を続けるシルバーストンに危機感”. motorsport.com (2019年7月4日). 2019年7月11日閲覧。
  5. ^ シルバーストンでのF1イギリスGP、開催継続が確定。2024年までの新契約を締結”. autosport web (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  6. ^ イギリスGP継続と同時にロンドンの構想も続けるF1”. ESPN F1 (2019年7月11日). 2019年7月11日閲覧。
  7. ^ F1、7月5日開幕。欧州8戦のカレンダー発表。イギリス2戦目は70周年記念GPに”. Motorsport.com. 2020年6月3日閲覧。
  8. ^ "特集:1976年イギリスGP". ESPN F1.(2011年12月18日)2013年4月15日閲覧。
  9. ^ 決勝序盤、3台の左リヤタイヤが相次いでバースト - オートスポーツweb(2013年6月30日)※2013年7月2日閲覧
  10. ^ トッド、ピレリに作業部会への出席を求める - オートスポーツweb(2013年7月1日)※2013年7月2日閲覧
  11. ^ ピレリ「原因はタイヤの適切でない使い方」 - オートスポーツweb(2013年7月3日)
  12. ^ ピレリ、F1イギリスGPでタイヤ構造を無断変更か - TopNews.jp(2013年7月3日)
  13. ^ ハミルトン母国GP4年連続V F1英国GP最多勝利に並ぶ - スポーツニッポン 2017年7月17日配信 2017年7月20日閲覧
  14. ^ F1 Topic:3輪走行での優勝は選手権史上初。ルイス・ハミルトンが“伝説の走り”に並ぶ”. autosport web (2020年8月6日). 2020年8月9日閲覧。
  15. ^ F1イギリスGP:初のスプリント予選はフェルスタッペン完勝、決勝のポールシッターに! 角田裕毅は16位”. motorsport.com (2021年7月18日). 2021年7月19日閲覧。
  16. ^ F1イギリス決勝:ハミルトン、フェルスタッペンと接触も”執念”の逆転優勝。角田裕毅は10位入賞”. motorsport.com (2021年7月19日). 2021年7月19日閲覧。
  17. ^ British Grand Prix 2020 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年8月3日閲覧。
  18. ^ British Grand Prix 2021 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2021年7月19日閲覧。

関連項目

外部リンク

ベンチャーバンク

ベンチャーバンクVenture Bank, Inc )とは、インターネットカフェフィットネスクラブなどを展開している企業。インキュベーション・カンパニーを標榜し、社内で立ち上げた事業から多くの事業会社を設立している。

沿革

  • 1990年、有限会社トータルアクセスカンパニー設立。
  • 1994年、有限会社から株式会社へ組織変更。
  • 1997年、まんが喫茶ゲラゲラ1号店(田町店)を出店。
  • 2000年、株式会社トータルアクセスカンパニーから分社化し、株式会社アイデアリンク設立(ゲラゲラ事業を継承)。
  • 2001年、ウェディング事業「ファーストウェディング」を開始。
  • 2002年、株式会社アイデアリンクが日本複合カフェ協会に加盟。株式会社ビジネスアイ設立(インキュベーション事業)。
  • 2004年、ホットヨガ事業「LAVA」を開始。
  • 2005年、株式会社ビジネスアイを株式会社ベンチャーバンク(初代)に商号変更。株式会社トータルアクセスカンパニーを株式会社ファーストウエディングに商号変更。株式会社ベンチャーバンクコミュニケーション設立(マーケティング事業)。
  • 2007年、株式会社アイデアリンクおよび株式会社ファーストウェディング、株式会社ベンチャーバンクコミュニケーションを株式会社ベンチャーバンク(初代)に統合。
  • 2009年、ウェディング事業を株式会社ファーストウエディングに分社化しグループ離脱。
  • 2012年、インドアサイクル事業「FEELCYCLE」を開始。
  • 2016年、会社分割により、以下の通り各事業ごとに事業会社を設立[1]
    • ホットヨガ事業については株式会社ベンチャーバンク(初代)を「株式会社LAVA International」へ商号変更し継承。
    • FEELCYCLE事業ついては「株式会社FEEL CONNECTION」へ継承。
    • ネットカフェ事業ついては「株式会社ソーエキサイト」へ継承。
    • 人材開発事業ついては「株式会社ACTIVE Brain」へ継承( 11月1日に「株式会社iGENE」に商号を変更)。
    • インキュベーション母体としてのベンチャーバンク事業については「株式会社ベンチャーバンク(2代目)」を新たに設立し継承。子会社化されなかった各種事業も継承。
  • 2018年、株式会社プラント設立(ベンチャーバンクグループの店舗等設備施工および設備管理事業)。
  • 2019年、株式会社ベンチャーバンクホールディングス設立(ベンチャーバンクグループの管理部門業務事業、ホールディングスの名称は一般に持株会社に付く場合が多いが、持株会社の性格はなく、またベンチャーバンク子会社である)、株式会社ベンチャーバンクエンターテインメント設立(映画事業)。
  • 2020年、株式会社VB NEXT設立(ピラティス事業)。
  • 2021年、サーキット形式のピラティス事業「URBAN CLASSIC PILATES」を開始。

2021年現在、「まんが喫茶ゲラゲラ」を48店舗、「ホットヨガスタジオ LAVA」を430店舗、「暗闇バイクエクササイズFEELCYCLE」を41店舗展開、その他各種事業も首都圏を中心に多数展開している。

主な事業

複合カフェ事業

株式会社ソーエキサイトによる運営。全店舗が直営店となっている。

まんが喫茶ゲラゲラ

主に首都圏鉄道駅付近の繁華街に、集中的にドミナント出店を行う。近年店舗網を拡大させ、沖縄県へも出店地域を広げている。

サービス・設備・特徴

Hailey'5 Café

池袋店(池袋駅東口)・渋谷店(渋谷駅ハチ公口)の2店舗がある。大人向けの店舗。

サービス・設備・特徴

  • 会員制を採用している。18歳未満は利用できない。
  • 完全個室(オートロック)。
  • 雑誌漫画の閲覧
  • テレビゲーム機 PS2ゲーム・DVDソフト類・使用許諾を得て導入。
  • インターネットアクセスができるパソコン
  • カラオケ(池袋店のみ)
  • シアター
  • DVDソフト貸し出し・視聴
  • 軽食
  • オンラインゲーム
  • ドリンクバー

俺の部屋

横浜駅みなみ西口(相鉄口)に1店舗ある。

サービス・設備・特徴

  • 会員制を採用している。
  • 完全個室。
  • 雑誌、漫画の閲覧
  • テレビゲーム機 PS2ゲーム・DVDソフト類・使用許諾を得て導入。
  • インターネットアクセスができるパソコン
  • DVDソフト貸し出し・視聴
  • 軽食
  • オンラインゲーム
  • ドリンクバー
  • パウダールーム

CLUTCH

柏駅東口に1店舗ある。

サービス・設備・特徴

  • 会員制を採用している。
  • 完全個室。
  • 雑誌、漫画の閲覧
  • テレビゲーム機 PS2ゲーム・DVDソフト類・使用許諾を得て導入。
  • インターネットアクセスができるパソコン
  • DVDソフト貸し出し・視聴
  • 軽食
  • オンラインゲーム
  • ドリンクバー

店舗の一覧

ヨガスタジオ事業

株式会社LAVA Internationalによる運営。2006年よりフランチャイズ事業を開始。

ホットヨガスタジオLAVA

主に全国の鉄道駅付近の繁華街に、集中的にドミナント出店を行う。女性専用店舗と男女共用店舗がある(ただし、女性専用店舗のみの地域もある)。

店舗の一覧

バイクエクササイズ事業

株式会社FEEL CONNECTIONによる運営。

FEELCYCLE

スピンバイクを用いたバイクエクササイズを提供する。暗い照明の中でライティングが行われるスタジオで、EDMレゲェヒップホップなどの洋楽に合わせたインストラクターの指示により、ペダリングや腹筋、ダンベルなどの動作を45分間行うスタジオレッスンを専門に行う。関連事業として、FEELCYCLEオリジナルアパレルや海外ブランドとのコラボレーションアイテムを揃えたアパレルブランド「DIFFERENTLY」とオーガニックカフェ「FEEL&FOODS」を1店舗ずつ運営。

ピラティス事業

株式会社VB NEXTによる運営。

URBAN CLASSIC PILATES

マシンピラティスとファンクショナルトレーニングを組み合わせた、サーキット形式のエクササイズを行う。浅草店の1店舗がある。

店舗の一覧

インキュベーション、その他事業

株式会社ベンチャーバンクが直営する事業。前述の事業もベンチャーバンク直営事業から子会社化している。

暗闇トランポリンエクササイズ事業「jump one」などのフィットネス事業や、整体事業「Re: Bone」、健康食品事業「養蜂堂」、デイサービス事業「ゆずりは」など健康関連のサービスを中心としている。

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 当社組織再編(グループ会社化)のお知らせ (pdf)”. 株式会社ベンチャーバンク (2016年10月3日). 2016年12月23日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close