ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🇯🇵|深井が7戦全勝で幕下初優勝「最後で一番いい相撲が取れた」


写真  北の若(右)を寄り切りで破った深井が幕下優勝を決める(撮影・園田高夫)

深井が7戦全勝で幕下初優勝「最後で一番いい相撲が取れた」

 
内容をざっくり書くと
部屋には幕下が多く、石崎らと切磋琢磨(せっさたくま)。
 

「大相撲秋場所・13日目」(24日、両国国技館) 東幕下42枚目の深井(24)=高砂=が北の若(八角… →このまま続きを読む

 デイリースポーツ

最新のニュースをお届けするデイリースポーツのニュースサイト、デイリースポーツonline(DailySportsOnline)です。阪神タイガースをはじめとした野球、サッカー、フィギュアスケートなどの最新情報(速報)、特集情報などをいち早くお届け!他にも写真特集やコラム特集も充実。スポーツ情報ならデイリースポーツonlineにお任せください。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

切磋琢磨

切磋琢磨(せっさたくま)とは、故事成語四字熟語の1つ。

元々は『詩経』の風・淇奥(きいく)篇で用いられた表現であり、武公の自己研鑽ぶりを表現したもの。

有匪君子,如切如磋,如琢如磨。

(書き下し) 匪(ひ)たる君子有り、切(せつ)するが如く 磋(さ)するが如く、琢(たく)するが如く 磨(ま)するが如し。
(現代語訳) 切するように、磋するように、琢するように、磨するように、(自己研鑽に励む)優れた君子がいた。

— 『詩経風・淇奥

切・磋・琢・磨とは、元来はそれぞれが材料を加工する作業の事を表す表現であり、

  • 「切」とはを切って加工する作業。
  • 「磋」とは象牙をといで加工する作業。
  • 「琢」とは(ぎょく)を打って加工する作業。
  • 「磨」とはを磨いて加工する作業。

という意味だが、上記の『詩経』の用法から、「自己研鑽」を意味するようになり、さらには「複数人で研鑽し合うこと」を意味する語ともなった[1]。 学業も授業中、研鑽(けんさん)を積むことで将来へ繋がる基盤を作ることができる。

日本語でも好んで用いられる四字熟語であり、特に「琢磨(たくま)」は男性名としてもよく用いられる。

脚注

関連項目

多く石崎


 

Back to Top
Close