ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏓|【Tリーグ】岡山リベッツ、エース森薗が奮闘も ホーム2連戦を白星で飾れず


写真 

【Tリーグ】岡山リベッツ、エース森薗が奮闘も ホーム2連戦を白星で飾れず

 
内容をざっくり書くと
チームは敗れたものの、エースの 森薗政崇 ( 岡山リベッツ )が奮闘し単複で2勝をあげている。
 

<ノジマTリーグ2021-2022シーズン> 卓球ノジマTリーグ2021-2022シーズンでは25~… →このまま続きを読む

 卓球専門メディア Rallys


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

森薗政崇

森薗 政崇(もりぞの まさたか、1995年4月5日 - )は、日本の男子卓球選手、俳優。東京都西東京市出身。明治大学卒業。身長160cm[1]、体重50kg[1]。血液型はA型。左シェークドライブ型ITTF世界ランキング最高位は21位。段級位は7段。ボブソン所属。Tリーグ岡山リベッツ所属。姉は卓球選手の森薗美咲、従妹は森薗美月である[4][5]

経歴

小学校までは自身の親が経営する美鷹クラブに所属。その後、青森山田中学校・青森山田高等学校明治大学を卒業。ボブソン所属。Tリーグでは岡山リベッツ所属。

2013年に、全日本ジュニアの部男子シングルスで優勝。

2014年の全日本選手権男子ダブルスでは同じ青森山田高校の後輩である三部航平とペアを組み、決勝で水谷隼岸川聖也ペアと対戦し勝利。史上2組目となる高校生ペアでの優勝を果たす。 翌年の2015年にも同じく三部航平とペアを組み出場し、決勝は2年連続同じ顔合わせとなった水谷隼・岸川聖也ペアと対戦し勝利。2連覇を達成した。

2015年7月6〜13日、韓国の光州で行われた第28回ユニバーシアード夏季大会男子シングルスで優勝しユニバーシアード卓球競技シングルス種目における日本勢初の金メダルを獲得した。

ポルトガルのリスボンで行われたITTFワールドツアーグランドファイナルの男子ダブルスでは大島祐哉とペアを組み、1996年第1回大会以来初となる日本ペアのグランドファイナル男子ダブルス優勝。

2017年現在2期ぶりにドイツのブンデスリーグでプレーしており前半は結果が振るわなかったが後半は10連勝を上げるなどリーグトップの成績を残した[6][7]。8月2017年夏季ユニバーシアードでシングルスで前回大会に続き2連覇を達成、大島と組んだダブルスでも優勝、団体準優勝と活躍した。10月の全日本学生総合選手権では、シングルスにおいて前年の世界ジュニア代表の松山祐季、同年の世界選手権代表の田添健汰、全日本選手権2位の吉村和弘を破り2年ぶり3度目の優勝を果たした。

2019年3月、2019年の世界選手権ブダペスト大会日本代表最終選考会で優勝し初のシングルスの代表権を獲得した。シングルスでは3回戦で敗れ、ダブルスでは大島祐哉とのペアで2回戦、混合ダブルスでは伊藤美誠とのペアで準々決勝敗退した。12月、2020年の世界選手権釜山大会日本代表最終選考会で優勝し代表権を獲得した。

2019年11月25日 西東京市PR親善大使に任命された。

人物

プロ卓球選手として活動しながらFPC株式会社を立ち上げ、代表取締役社長を務めている。[8]

11歳の時、コブクロの「君という名の翼」という曲のプロモーションビデオに父とともに出演している[9]

プレースタイル

チキータレシーブから前陣に張り付いて速い打点の両ハンドドライブで攻めていく。股関節が柔らかく、素早いフットワークが特徴である。 左利きの為、ダブルスが得意で大島と組むことが多い。

成績

2003年
2004年
2005年
  • 全日本卓球選手権大会カブの部 優勝、(ホープス・カブ・バンビの部)ベスト16、(カデットの部)ベスト16
  • 東アジアグランプリホープス大会 日本男子Aチーム4位
2006年
2007年
  • 全日本卓球選手権大会 カデットの部 13歳以下男子シングルス 優勝
  • 全日本ホープス 優勝
  • ワールドジュニアサーキット 団体・カデット 準優勝
  • 日中交歓卓球大会 男子ダブルス ベスト8
  • 東アジアグランプリホープス 準優勝(日本男子Aチーム)
2008年
2009年
  • 全日本卓球選手権大会カデットの部 男子ダブルス 優勝、男子シングルス ベスト8
  • 全国中学校大会 男子シングルス 準優勝、男子団体 優勝
  • オーストラリアジュニアオープン カデット男子シングルス 優勝、ジュニア男子シングルス 3位、ジュニア男子ダブルス 3位、ジュニア男子団体 3位
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
  • ITTFワールドツアー ポーランドオープン 男子ダブルス 優勝(大島祐哉ペア)
  • ITTFワールドツアー ドイツオープン 男子ダブルス 優勝(大島祐哉ペア)
  • ITTFワールドツアーグランドファイナル 男子ダブルス 準優勝(大島祐哉ペア)
2017年
2018年
  • 平成29年度全日本卓球選手権大会 混合ダブルス 優勝(伊藤美誠ペア)
  • ITTFチャレンジ・タイオープン 男子シングルス 準優勝
  • ITTFワールドツアー 中国オープン 混合ダブルス 準優勝(伊藤美誠ペア)
  • ITTFワールドツアーグランドファイナル 男子ダブルス 3位(大島祐哉ペア)、混合ダブルス 3位(伊藤美誠ペア)
2019年
2020年
2021年

Tリーグの成績

所属チーム背番号種目試合数勝利敗戦種目試合数勝利敗戦
2018-19岡山リベッツ#45シングル7試合6勝1敗 ダブルス21試合16勝5敗
2019-20岡山リベッツ#45シングル16試合6勝10敗 ダブルス17試合8勝9敗
2020-21岡山リベッツ#45シングル12試合7勝5敗 ダブルス17試合7勝10敗

受賞

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク

2勝


 

Back to Top
Close