ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|【MLB】“悪夢の契約”に大谷翔平の同僚が選出 年俸44億円でも「活躍する可能性は低い」


写真 エンゼルスのアンソニー・レンドン【写真:Getty Images】

【MLB】“悪夢の契約”に大谷翔平の同僚が選出 年俸44億円でも「活躍する可能性は低い」

 
内容をざっくり書くと
短縮シーズンだった2020年には49試合で打率.316、10本塁打でOPS.896を記録しているものの、記事は「この年齢(38歳)で18か月以上もメジャーリーグから離れていたような選手が、その時のような調子に戻れる確率がどれほどあるだろうか」と、処分が明けて復帰する来季の成績に疑問符をつけている。
 

オリオールズのデービス、メッツのカノも“ランクイン”長期契約は有力選手を振り向かせる材料になると同時… →このまま続きを読む

 Full-Count


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

49試合

18か月以上


 

Back to Top
Close