ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|前田大然、これぞはみがきまんゴール。スキマに入り込む決勝点


写真 

前田大然、これぞはみがきまんゴール。スキマに入り込む決勝点

 
内容をざっくり書くと
試合後の記者会見に臨んだ前田大然は、あのゴール、そしてスタンドに向けたセレブレーションについてこう話していた。
 

16日に行われたJ1リーグ第32節横浜F・マリノス対北海道コンサドーレ札幌の試合は、2-1というスコ… →このまま続きを読む

 Qoly


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

記者会見

記者会見(きしゃかいけん、英語:press conference、news conference)とは、一つの場所で人や団体が複数の記者に対して発表や説明を行い、質問の受け答え(インタビュー)をする会合である。

日本の記者会見

公的な記者会見

日本の記者会見の特徴は、公的機関が報道機関向けに行う発表は通常、記者クラブが主催することである。

日本新聞協会は、その理由を、「情報開示に消極的な公的機関に対して、記者クラブという形で結集して公開を迫ってきた」と、歴史的な経緯があること、公的機関が主催する会見は一方的な運営がなされるとの疑念を抱いていることを説明している[1]

1998年TBS『総理と語る』では当初同局が当時アメリカ大統領のビル・クリントンとのタウンミーティングを成功させたことを踏まえた上で、『筑紫哲也 NEWS23』で筑紫哲也が当時首相の小渕恵三に対し、クリントンと同様の形式でタウンミーティングを行うことを打診した。これに対し、小渕本人も乗り気だったが、記者クラブ側の反対で頓挫した。結局『総理と語る』はこれまで通りの形式で行うことになった[2]

2007年9月10日日本相撲協会は、日本福祉大学客員教授杉山邦博に対し、当時横綱朝青龍に関するテレビでの発言が協会批判にあたるとして協会発行の取材証を返還させた。これに対し、杉山が会友として所属している側は「批判する相手の取材証を取り上げるのは暴挙」と反発している。 日本新聞協会は公的機関が主催する会見を否定しないという立場を取っている。公的機関や民間の団体、個人が主催する会見に、記者クラブ所属記者が多数参加することも多くある。日本弁護士連合会が弁護士会館で開く記者会見に司法記者クラブの所属記者が参加したり、犯罪容疑者の弁護人が事務所で開く記者会見に警察の記者クラブ所属記者が参加したりなどである。ただし下記のような例をもとに「各記者クラブは記者クラブが主催する記者会見以外を、事実上、認めない。また会見場を私物化する動きもある」と主張する意見もある。

会員と非会員の関係

各記者クラブが主催する記者会見には、その記者クラブのメンバー以外は原則として参加できない。幹事社の事前承認があれば参加できるが、日本新聞協会に加盟していない週刊誌の記者やフリーライター、日本以外の報道機関の扱いは記者クラブの考え方によって異なるほか、記者クラブが置かれた省庁の姿勢、特に庁舎警備の方針によっても左右される。そのため、幅広い媒体から出席記者を募りたいなどの場合は、あえて記者クラブ主催の発表ではなく、企業側が主催となりホテル等を会場とする大規模な記者会見を行うことがある。

近年は開放的になりつつあり、大学のウェブマガジン(早稲田大学大学院ジャーナリズム研究科の「Spork!」)の記者(大学院生)が参加出来るかを調べた記事によると、学生記者の参加は、18閣僚のうち5閣僚の会見で認められた。この5件はいずれも記者クラブが主催を主張する記者会見だった。残る13人については「報道の対価として収入を得ている職業報道人にあたらない」などの理由で省庁側、あるいは省庁と記者クラブの双方などから拒否された[3]

警察や公的機関の発表の場合、会見の出席が難しいフリージャーナリストや雑誌記者は、記者クラブ所属記者から情報を得ている[4]。また、記者クラブ所属記者が匿名で記事を書いている場合もある[5]

記者会見の種類

主に新商品、新サービス発表や企業の事業戦略を発表する記者会見は「マーケティング記者会見」※記者説明会、記者発表会と分類される。企業の不祥事や有事の際の記者会見は「緊急記者会見」と分類され、これに含まれない。主に技術系BtoC企業によるプレゼンテーションが多くみられ、業界としては「自動車」「携帯電話」などが有名である。発表商品のアンベール含め、ショー的なPRを行うため、プレゼンテーションコンテンツは専門のノウハウを持つ会社が制作するが、欧米と違い日本ではまだまだ稀有な存在である。

欧米の記者会見

アメリカのホワイトハウスにも日本の記者クラブのような仕組みがある[6]。ただし、記者会見で発表されたニュースや数字についても、必ず記者個人や報道機関の検証が入るといわれる[6]

そもそも通信社の記者と新聞記者の役割が日本とは大きく異なっており、情報の大半は通信社が新聞社やテレビ局に提供し、新聞記者はその情報の裏を取ったり、異なる意見を収集し、事実を分析、検証するというシステムになっている[6]

脚注

  1. ^ “記者クラブに関する日本新聞協会編集委員会の見解” (プレスリリース), 日本新聞協会, (2006年3月9日), http://www.pressnet.or.jp/statement/report/020117_68.html 2010年6月16日閲覧。 
  2. ^ 『ニュースキャスター』
  3. ^ “大臣記者会見、だれが主催?省庁と記者クラブ、7閣僚で見解不一致 J-School院生の調査で判明”. 早稲田大学ジャーナリズムスクールウェブマガジンSpork! (早稲田大学ジャーナリズム大学院). (2010年2月16日). http://spork.jp/?p=746 2012年10月28日閲覧。 
  4. ^ 『ジャーナリズム崩壊』 112-114頁。
  5. ^ 『ジャーナリズム崩壊』 114-115頁。
  6. ^ a b c 岩崎博充. “記者クラブ制度が映すジャーナリズムの難題”. 東洋経済. p. 2. 2020年2月23日閲覧。

参考文献

関連項目

前田大然

前田 大然(まえだ だいぜん、1997年10月20日 - )は、大阪府南河内郡太子町出身のプロサッカー選手J1リーグ横浜F・マリノス所属。ポジションは、フォワード日本代表

来歴

プロ入り前

2010年1月の全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大学附属高校に憧れ、大阪から越境で同校へ入学[2]。高校3年次のプリンスリーグ関東では、12得点を挙げて得点王になった[2]

松本山雅

大学進学を視野に入れていた2014年11月、松本山雅FCの練習に2度参加し実力を認められ[2]2016年より松本へ加入[3]。同年2月28日、開幕戦のロアッソ熊本戦で途中出場し、Jリーグデビュー。天皇杯1回戦の徳山大学戦でプロ初ゴールを決めた[4]

水戸ホーリーホック

2017年水戸ホーリーホック期限付き移籍した[5][6]。9月2日、第31節の名古屋グランパス戦で得点を決めてシーズン二桁ゴールを達成した。12月8日、松本に復帰。

松本山雅復帰

2018年、パラグアイ遠征でU-21日本代表に選出され、第2戦のU-21ベネズエラ代表戦で代表初先発を果たした[7]2018年アジア競技大会の日本代表に選出されたが準決勝(アラブ首長国連邦代表戦)で負傷し、右前脛腓靭帯および右前距腓靭帯損傷で全治5~6週間のケガと診断された[8]

2019年5月24日、コパ・アメリカに臨む東京五輪世代中心で構成された日本代表に初選出された[9][10]。松本から初めて選ばれたA代表選手となった[11]。6月18日、コパ・アメリカ初戦のチリ戦でスタメン出場し、代表デビューを果たした[12]

マリティモ

2019年7月21日、ポルトガル1部CSマリティモへの期限付き移籍が発表された[13]。8月11日、開幕戦のスポルティングCP戦で途中出場からデビューを果たした[14]。8月25日、CDトンデラ戦で移籍後初ゴールを決めた[15]

横浜F・マリノス 

2020年8月3日、横浜F・マリノスへの期限付き移籍が発表された[16]。8月19日の清水エスパルス戦で移籍後初ゴールを決め、チームの3試合振りとなる勝利に貢献した[17]。シーズン終了後、期限付き移籍から完全移籍で加入を発表した。[18]

2021年3月7日、第2節のサンフレッチェ広島戦では2得点を決める活躍を見せた。[19]3月17日、第5節の徳島ヴォルティス戦では4試合連続ゴールをきめて勝利に貢献した。[20]9月25日、第30節の横浜FC戦でもゴールをきめ、得点ランキングで首位にたった。[21]11月6日、第35節のFC東京戦では今季2度目のハットトリックをきめて得点ランキングも首位をキープした。[22]

人物

水戸在籍時には「J2最速」とも称された1200m/s2の加速力が持ち味[23]。また、50mを5.8秒で走る俊足も併せ持っている。

2019年のJ1第2節大分トリニータ戦では53回、 2021年4月6日のJ1第8節セレッソ大阪戦では62回のスプリントを記録した。

さらに、2021年8月15日のJ1第24節大分トリニータ戦では計測開始史上最多である64回のスプリントを記録した。

また、J1リーグの選手試合別スプリント回数ランキングで上位20名のうち、のべ13回ランクインしている[24]

2018年7月10日に結婚し[25]、2019年6月13日に第1子となる長女が誕生している[26]

所属クラブ

ユース経歴
プロ経歴

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
出場得点出場得点出場得点出場得点
日本リーグ戦リーグ杯天皇杯期間通算
2016松本38J290-11101
2017水戸3613-003613
2018松本7297-00297
2019J11820000182
ポルトガルリーグ戦リーグ杯ポルトガル杯期間通算
2019-20マリティモ13プリメイラ2330011244
日本リーグ戦リーグ杯天皇杯期間通算
2020横浜FM38J123320-253
通算日本J14152000435
日本J27420-117521
ポルトガルプリメイラ2330000244
総通算13828202214230
国際大会個人成績
年度クラブ背番号出場得点
AFCACL
2020横浜FM3850
通算AFC50
出場歴

タイトル

クラブ

松本山雅FC

個人

  • TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD:1回(2017年)

代表歴

出場大会

試合数

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2019年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
201920
202100
通算20

出場

No.開催日開催都市スタジアム対戦国結果大会
1.2019年6月17日ブラジルの旗サンパウロエスタジオ・ド・モルンビーチリの旗 チリ●0-4コパ・アメリカ2019
2.2019年6月24日ブラジルの旗ベロオリゾンテエスタジオ・ミネイロエクアドルの旗 エクアドル△1-1

脚注

  1. ^ a b c サッカー(男子) 第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)日本代表選手団名簿 (p.36), 日本オリンピック委員会
  2. ^ a b c “山雅の新戦力・FW前田大然 50メートル5秒8のスピード”. 信濃毎日新聞. (2016年1月31日). http://www.shinmai.co.jp/soccer/2016/01/50-6.html 2017年1月27日閲覧。 
  3. ^ “前田大然選手(山梨学院大学附属高校)来季新加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2015年12月24日), http://www.yamaga-fc.com/archives/43391 2017年1月27日閲覧。 
  4. ^ 松本vs徳山大の選手コメント Jリーグ.jp, 2016年8月28日更新。
  5. ^ “前田大然選手 水戸ホーリーホックへ期限付移籍のお知らせ” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2017年1月6日), http://www.yamaga-fc.com/archives/82060 2017年1月27日閲覧。 
  6. ^ “前田 大然選手 松本山雅FCより期限付き移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 水戸ホーリーホック, (2017年1月6日), http://www.mito-hollyhock.net/news/3647/ 2017年1月27日閲覧。 
  7. ^ 【コラム】結果にこだわる前田大然、代表初先発で「2得点“1アシスト”」サッカーキング(2018年3月25日)
  8. ^ “前田大然選手の負傷について” (プレスリリース), 松本山雅FC, (2018年9月4日), http://www.yamaga-fc.com/archives/146424 2018年9月4日閲覧。 
  9. ^ 若手メンバーで臨むコパ・アメリカで森保一監督が掲げた目標は?ベテラン岡崎、川島らの招集にも言及”. サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月24日). 2019年5月25日閲覧。
  10. ^ コパ・アメリカの代表メンバーに久保建英、中島翔哉らを選出!A代表初招集は安部裕葵ら13名!”. サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月24日). 2019年5月25日閲覧。
  11. ^ 前田大然が松本山雅から初のA代表選出「南米の強豪にどれだけできるか試すチャンス」サカノワ 2019年5月24日
  12. ^ 【日本代表スタメン発表】久保建英、中島翔哉ら先発! 大迫敬介など6人がデビューへフットボールチャンネル 2019年6月18日
  13. ^ 前田大然選手CSマリティモ(ポルトガル)へ期限付き移籍のお知らせ”. 松本山雅FC (2019年7月21日). 2019年7月21日閲覧。
  14. ^ ポルトガルデビュー前田大然惜しい!ダイビングヘッドがポスト直撃ゲキサカ(2019年8月12日)2019年8月12日閲覧。
  15. ^ 前田大然が今季初ゴール マリティモ本拠3失点敗戦日刊スポーツ(2019年8月26日)2019年8月26日閲覧。
  16. ^ 前田大然選手 期限付き移籍加入のお知らせ”. 横浜F・マリノス (2020年8月3日). 2020年8月5日閲覧。
  17. ^ 横浜 3試合ぶりの白星 初先発のジュニオール・サントスが2発 大然も初得点”. www.sponichi.co.jp (2020年8月19日). 2020年8月20日閲覧。
  18. ^ 横浜FM、松本からFW前田大然を完全移籍で獲得! DF前貴之の完全移籍も発表サッカーキング(2020年12月25日)2020年12月27日閲覧。
  19. ^ 横浜M・前田大然が2発!開幕連敗危機救った「まずはチームでしっかり結果を残す」サンケイスポーツ(2021年3月8日)2021年3月12日閲覧。
  20. ^ J1得点ランク首位に立った横浜FM前田大然、代表招集に意気込み「その場で活躍することが大事」ゲキサカ(2021年3月17日)2021年3月18日閲覧。
  21. ^ 【データ】横浜前田大然ゴールで得点単独首位!日本人16点以上は18年ぶり日刊スポーツ(2021年9月25日)2021年10月24日閲覧。
  22. ^ 横浜前田大然が今季2度目のハットトリック 得点ランキング首位独走日刊スポーツ(2021年11月6日)2021年11月6日閲覧。
  23. ^ 加速がやばすぎる…水戸FW前田大然、反則級の「スピード」でまたもビビらせる Qoly、2017年7月11日
  24. ^ 【公式】トラッキングデータ スプリント回数ランキング:Jリーグ公式サイト(J.LEAGUE.jp)” (日本語). 【公式】Jリーグ公式サイト(J.LEAGUE.jp). 2021年11月17日閲覧。
  25. ^ 前田大然選手 入籍のお知らせ”. 松本山雅FC (2018年7月14日). 2021年7月9日閲覧。
  26. ^ 前田大然選手に第1子誕生のお知らせ”. 松本山雅FC (2019年6月14日). 2019年7月21日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close