ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|【高校野球秋季北信越地区大会準々決勝】富山商が東京都市大塩尻から勝利をもぎ取る


写真 野球 試合サマリー

【高校野球秋季北信越地区大会準々決勝】富山商が東京都市大塩尻から勝利をもぎ取る

 
内容をざっくり書くと
東京都市大塩尻 3 – 4 富山商 とし、富山商が1点差での勝利となった。
 

高校野球秋季北信越大会準々決勝は10月17日 (日)、しんきん諏訪湖スタジアムで東京都市大塩尻高等学… →このまま続きを読む

 Player!

スポーツエンターテイメントアプリ「Player!(プレイヤー)」。サッカー、野球から競馬、陸上まで幅広いスポーツの最新ニュースや速報、日程、結果などをどこよりも早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

4富山商

富山県立富山商業高等学校

富山県立富山商業高等学校(とやまけんりつとやましょうぎょうこうとうがっこう)は富山県富山市庄高田に所在する公立商業高等学校。通称、愛称は「富商(とみしょう)」。

概要

1897年に創立。校歌は、高岡高校と同じ團伊玖磨作曲、堀口大學作詞のものである。新設校以外では、県下で初めて男子制服にブレザー&ネクタイを1987年度入学生より採用している(同時に女子制服もモデルチェンジした)。

設置学科

  • 流通経済科
定員80名。商品の流通と経済について学ぶ学科。
  • 国際経済科
定員40名。国際間の商品の流通と経済について学ぶ学科。
  • 会計科
定員80名。会社経営のための会計に関することを学ぶ学科。
  • 情報処理科
定員80名。情報社会における情報処理に関することについて学ぶ学科。

沿革

年表

  • 1897年4月 - 富山市立富山商業簡易学校として開校。
  • 1899年4月 - 富山商業学校に改称。
  • 1901年6月 - 富山市立富山商業学校に改称。
  • 1922年4月 - 富山県へ移管により、富山県立富山商業学校に改称。
  • 1948年4月 - 学制改革により、富山県立富山商業高等学校に改称。
  • 1948年9月 - 富山中学校(現・富山県立富山高等学校)と統合し、富山県立富山南部高等学校となる。
  • 1950年4月 - 独立し、富山県立富山東部高等学校となる。
  • 1953年2月 - 富山県立富山商業高等学校に改称。
  • 1957年7月 - 富山市五福へ移転
  • 1983年 - 現在地へ移転。
  • 1997年 - 創立100周年
  • 2017年ー創立120周年

教育

教育方針としては、検定取得に重点をおいた指導をしており、特に全国商業高等学校協会の試験においては取得資格数に応じて表彰制度をとっている。

2002年より生徒実習の一環として、「飛び出せ富商シリーズ」として様々な取り組みを実施している。

TOMI SHOP
2001年より毎年5月に模擬株式会社「TOMI SHOP」を発足し、生徒達が出資金を出し合い、地域企業などの協力のもと、学科単位で富山県ならびに富山商業高校にちなんだオリジナル商品開発をしたり、クラス単位で販売店の企画・販売戦略を練り、11月下旬の土曜・日曜の2日間にわたり、一般のお客様への販売実習を実施している。教員は生徒のサポートに徹し、運営は「本部」と呼ぼれる生徒達を中心として行われる。
生徒達は一般販売の前日に生徒販売を実施しており、富山商業高等学校における事実上の文化祭に当たる[1]
一般の株式会社と同様に、創立総会株主総会が行われ、会計報告などの流れも学習出来るようになっている。
弟子入り体験学習
中央通り商店街や総曲輪通り商店街等の商店に「弟子入り」をし、経営者から商業に関することを直接学ぶというもの。

行事

  • 4月 - 社会見学[2]
  • 5月 - TOMI SHOP 創立総会
  • 7月 - 体育大会結団式
  • 9月 - 体育大会
  • 11月 - TOMI SHOP
  • 2月 - TOMI SHOP 株主総会
  • 3月 -卒業証書授与式

部活動

富山商業高等学校では全員入部制をとっており、部活動は学業と並ぶ重要な活動として重視されている。

運動部

  • 硬式野球部
甲子園出場の常連であり、特に夏の甲子園の出場回数は16回と、高岡商業高校に次ぐ。春の選抜は県内最多の6回出場[3]
  • 軟式野球部
全国大会の常連。全国高等学校軟式野球選手権大会において、1993年に初優勝を果たした。また2007年に準優勝。
  • 陸上競技部
全国高校駅伝インターハイの常連。
  • バスケットボール部
インターハイ、ウィンターカップの常連。
応援部女子のチアリーディングチームは、チアリーディング日本選手権大会(ジャパンカップ)において、2006年に全国3位。また2005年全国4位、2009年、2011年全国6位、2004年全国8位。
  • 弓道部
1965年のインターハイで男子が優勝した。女子もインターハイや全国高等学校弓道選抜大会に出場経験がある。
  • 水泳部
  • 相撲部
  • 硬式テニス部
  • ソフトテニス部
  • バドミントン部
  • ソフトボール部
  • バレーボール部
  • サッカー部
  • 体操競技部
  • 柔道部
  • 卓球部

文化部

  • 吹奏楽部
⚪︎創部は戦前の1940年、全日本吹奏楽コンクールは1960年の第8回大会に初出場している古豪校である。
また全日本吹奏楽コンクールの出場回数は30回を超えており2021年現在で富山県及び北陸支部で最多、全国でも上位10校に入る。
⚪︎全日本マーチングコンテストは1988年の第1回大会で金賞を受賞している。
⚪︎海外での演奏機会もあり1999年にハンガリーでフラワー・カーニバルのパレード演奏部門で第1位、またアメリカオレゴン州でフラワー・カーニバルの州外100人以下の部で第3位を受賞している。
⚪︎毎年6月ごろに定期演奏会、12月にホットコンサートをオーバードホールにて開催される。
  • 経理部
現在県大会29連覇中。
  • コンピュータ部
  • ワープロ部
  • 英語部
  • 商業美術部
  • プランニング部
  • 珠算部
  • 書道部
  • 広報部
  • 茶道部

応援歌

  • 「秋(とき)は来(きた)れり」
  • 「出陣の歌」
  • 「勝利の歌」

交通

著名な出身者

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ これの他に文化祭に当たるものはない。
  2. ^ 3年間毎年行われる(日帰り)。修学旅行は無いため、3年目の社会見学が事実上の修学旅行となる。
  3. ^ 『富山商センバツ出場決定 投打充実 旋風起こせ』北日本新聞 2018年1月27日20、21面
  4. ^ 「富山商10年ぶり甲子園 高校野球富山大会 高岡商に9-3」北日本新聞 2014年7月27日1面

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close