ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|本田圭佑、ハリルジャパン落選時の心境激白!ロシアW杯出場への焦りは…


写真 本田圭佑 写真提供: Gettyimages

本田圭佑、ハリルジャパン落選時の心境激白!ロシアW杯出場への焦りは…

 
内容をざっくり書くと
そんな本田圭佑は、16日に自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を実施。
 

元日本代表MF本田圭佑(35)は、FIFAワールドカップ・ロシア大会を控える中でバヒド・ハリルホジッ… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

YouTube

Google > YouTube

YouTube(ユーチューブ)は、カリフォルニア州サンブルーノに本社を置くアメリカのオンライン動画共有プラットフォームである。2005年2月にPayPalの元従業員であるチャド・ハーリースティーブ・チェンジョード・カリムの3人によって設立されたこのサービスは、2006年11月に16.5億米ドルGoogleに買収され、現在は同社の子会社の1つとして運営されている。YouTubeは、アレクサ・インターネットランキングによると、Google検索に次いで2番目にアクセス数の多いウェブサイトである[2]

YouTubeでは、ユーザーが動画をアップロード、閲覧、評価、共有、プレイリストへの追加、レポート、コメント、他のユーザーのチャンネル登録などを行うことができる。利用可能なコンテンツには、ビデオクリップテレビ番組のクリップ、ミュージック・ビデオ短編映画ドキュメンタリー映画、音声録音、映画予告編ライブストリーム、ビデオブログ、短編オリジナルビデオ、教育用ビデオなどがある。ほとんどのコンテンツは個人によって生成され、アップロードされるが、CBSBBCVevoHuluなどのメディア企業は、YouTubeとのパートナーシッププログラムの一環として、YouTubeを介してコンテンツの一部を提供している。登録していないユーザーも動画を視聴することはできるが、動画をアップロードすることはできない。年齢制限付きの動画は、18歳以上であることを確認した登録ユーザーのみが視聴できる。

2019年5月現在、YouTubeには毎分500時間以上のコンテンツがアップロードされており、毎日10億時間以上のコンテンツがYouTubeで視聴されている[3]。YouTubeと選ばれたクリエイターは、サイトのコンテンツや視聴者に応じて広告のターゲットを絞るプログラムであるGoogle AdSenseから広告収入を得ている。動画の大部分は無料で視聴できるが、サブスクリプションベースのプレミアムチャンネル、映画のレンタル、YouTube MusicYouTube Premiumなどの例外もあり、それぞれがプレミアム音楽と広告なしの音楽ストリーミングを提供するサブスクリプションサービスであり、著名人から依頼された独占コンテンツを含むすべてのコンテンツに広告なしでアクセスできる。四半期ごとに報告された広告収入に基づいて、YouTubeの年間収入は150億米ドルと推定されている。

Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管テレビ)」という意味である[4]

歴史

2005年2月15日PayPalの従業員であったチャド・ハーリースティーブ・チェンジョード・カリムらがカリフォルニア州サンマテオで設立した[5]。ハーリーはペンシルベニア州立インディアナ大学でデザインを、チェンとカリムはともにイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校計算機科学を学んだ[6]

メディア上でよく取り上げられる一説によれば、ハーリーとチェンが2005年の初めにYouTubeのアイディアをひらめいたのは、サンフランシスコのチェンのアパートで開かれたディナーパーティの動画を共有するのに苦労したことがきっかけだったとされている。カリムはこのパーティに出席しておらず、そのようなパーティが開かれたこと自体を否定している。チェンは、パーティは実際に開かれたとした上で、「YouTubeはディナーパーティをきっかけにされた」という物語は、わかりやすいストーリーを必要とするマーケティング上の都合によってかなり強調されていることを認めた[7]

カリムによると、YouTubeの発想のきっかけとなったのは、2004年にジャネット・ジャクソンが起こした第38回スーパーボウルでのハプニング(パフォーマンス中にジャクソンの胸が露出した)と、同じく2004年に発生したスマトラ島沖地震だった。カリムはインターネット上でそれらの事件の動画を探したが、どちらの出来事の動画も簡単には見つけることができず、その体験が動画共有サイトのアイディアを生んだという[8]

YouTubeはベンチャーキャピタルが出資するスタートアップ企業として開業した。主な出資者はセコイア・キャピタルであり、2005年11月から2006年4月までの間に1150万米ドルをYouTubeに投資した[9]。当初、YouTubeの本社はカリフォルニア州サンマテオのピザ販売店・日本食レストランの2階に置かれていた[10]www.youtube.comドメインは2005年2月14日に有効化された[11]。ハーリーとチェンによれば、最初期のYouTubeは動画版の英語版(ユーザーが異性の画像をアップロードできる出会い系サイト)を目指しており、その方向性を示したのはカリムだった[7][12]

YouTubeに初めて投稿された動画は、ジョード・カリムがサンディエゴ動物園の象の前にいる様子を映した 『ミー・アット・ザ・ズー』(2005年4月23日投稿)だった[13][14]。2005年5月、YouTubeのベータ版が一般に公開された。YouTubeで初めて再生回数が100万に達した動画は、ロナウジーニョが出演したナイキの広告動画(2005年11月に達成)だった[15][16]。2005年10月、カリフォルニア州で事業を行うデラウェア州法人としてYOUTUBE, INC.を設立[17][18]

2005年11月にセコイア・キャピタルから350万米ドルの出資を受け、YouTubeは2005年12月15日から公式なサービスを開始した。公式サービスの開始当時、1日の動画再生回数は約800万回だった[19][20]。YouTubeは急速に成長し、2006年7月の発表では、1日に6万5000本以上の新たな動画がアップロードされており、1日の動画再生回数は約1億回であるとされた[21]

アメリカでは、2005年12月頃にNBCの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』がアップロードされていたことからブログなどで話題になり[22]、2006年上旬にはYouTubeの映像をブログなどに貼り付け簡単に見られるAPIも公開され爆発的に普及した。日本では2006年3月に民間調査会社のネットレイティングスの調査で日本国内からの利用者が約212万人に達し、平均利用時間では米国ユーザーを上回っていることが発表された[23]

2006年4月にアメリカの映画制作会社のワインスタイン・カンパニーディメンション・フィルムズと提携し、映画の予告編がYouTubeで配信された[24]。これを初めとして様々な企業や団体がYouTubeにチャンネルを持ち、コンテンツを公開するようになった。2006年10月、YouTubeは本社をカリフォルニア州サンブルーノに移転した[25]

www.youtube.comというドメイン名を選択したことで、類似するドメイン名www.utube.comの保有者との間でトラブルが生じた。 2006年11月、YouTubeへのアクセスを試みた訪問者によって自社サイトが常に過負荷になっているとして、www.utube.comを保有する英語版社はYouTubeを提訴した。その後、Universal Tube社は自社サイトのドメイン名をwww.utubeonline.comに変更した[26][27]

YouTubeはサーバ回線コストだけで月間100万ドルに達すると言われていたため、どう収益を上げていくかが注目されていたが[28]、2006年10月9日に16億5000万ドルの株式交換でGoogleの買収に同意した[29][注 1]。GoogleによるYouTubeの買収は2006年11月13日に完了した[30][31]。2006年11月、カリフォルニア州で事業を行うデラウェア州法人としてYOUTUBE, LLCを設立[32][33]。「アップロードされた動画に対し厳しい規制が取られてしまうのでは」と一般ユーザーから危惧が持たれていたが、ハーリーCEOは「YouTubeはGoogleに買収されたが、今後もYouTubeとしたブランドで独立したサービスを提供し続ける」と述べた。またGoogle側も類似サービスであるGoogle ビデオのサービスを継続。検索窓を通じてYouTube内の動画を検索するサービスを開始した[34]

その後、タイム誌の「Invention of the Year for 2006」に選出された[35]2007年3月、民間調査会社のネットレイティングスから日本国内家庭からの利用者が1000万人を超えたことが発表された[36]。同年5月、第11回ウェビー賞を受賞[37]。2007年にYouTubeが消費した通信容量は、2000年当時のインターネット全体の通信量に相当すると推定された[38]

2007年6月19日、インターフェース等が日本語版を含めた10か国語に対応した[39]。その後は、次々とインターフェース等が多言語に対応した[39](後述)。

第三者のウェブ分析企業であるアレクサ・インターネットおよびシミラーウェブによれば、YouTubeは2016年12月時点で世界で2番目に訪問者の多いウェブサイト だった。さらにシミラーウェブは、月間150億人以上の訪問者を抱えるYouTubeは、TV・ビデオ分野における世界第1位のウェブサイトであるとした[40][41][42]2008年11月22日、YouTube本部が主催する公式イベント「YouTube Live」がサンフランシスコで開かれ、11月23日には東京で「YouTube Live Tokyo」が開かれた。

市場調査会社のコムスコアが発表したデータによれば、2010年5月にYouTubeの動画は140億回以上再生され、その市場占有率は約43%であり、YouTubeはアメリカにおけるオンライン動画の支配的な供給元であるとされた[43]

2011年5月時点では、毎分48時間分の動画がYouTubeにアップロードされていた[44]。動画が投稿される速度は年々増加しており、2012年1月時点では毎分60時間分が[44]、2013年5月時点では毎分100時間分が[45][46]、2014年11月時点では毎分300時間分が[47]、2017年2月時点では毎分400時間分の動画がアップロードされていた[48][49]。2012年1月の時点で、YouTubeの月間ユニークユーザーは8億人だった[50]

2010年3月、YouTubeは特定のコンテンツ(インディアン・プレミアリーグのクリケットのゲーム60試合を含む)の無料ストリーム配信を開始した。YouTubeは、この試みがメジャースポーツのイベントの世界初無料オンライン放送であるとした[51]

2010年5月、YouTube動画の1日の視聴回数は20億回以上だった[52][53][54]。この数字は2011年5月時点では30億回[55][56][57]、2012年1月時点では40億回に増加した[44][58]。2017年2月時点で、YouTubeの1日あたりの視聴時間は10億時間に達していた[59][60][61]

2010年10月、チャド・ハーリーがYouTubeの最高経営責任者(CEO) を退任しYouTubeの顧問となること、CEO職が英語版に引継がれることが発表された[62]。2011年4月、YouTubeのソフトウェアエンジニアであるジェイムズ・ザーンは、視聴回数の99%が全体の30%の動画によって生み出されていることを明らかにした[63]

2011年12月、YouTubeはウェブサイトのユーザーインターフェース(UI)を刷新した。新しいUIでは、SNSのニュースフィードに似た形で、トップページ中央の一覧に動画のチャンネルが表示されるようになった[64][65]。UIと同時にロゴデザインも2006年10月以来初めて変更され、使われる赤の色合いが濃くなった[66]

2013年5月、YouTubeは、コンテンツ制作者がサブスクリプション方式の有料チャンネルを開設できる試験的プログラムを開始した[67][68]2013年9月14日、YouTubeが主催する公式イベント『YouTube エンタメウィーク』が開催された。プロデューサーは高須光聖

2014年2月スーザン・ウォシッキーがYouTubeの最高経営責任者 (CEO) に就任した[69]。2014年11月、YouTubeはサブスクリプション方式の有料サービス『Music Key』を発表した。『Music Key』は既存のサービスGoogle Play Musicと、YouTube上の音楽コンテンツを広告なしで再生できるサービスをバンドルしたものだった[70]2014年7月、YouTubeが常時SSL化(常時https)された。

2015年2月、YouTubeは子ども向けに最適化されたモバイルアプリ 『YouTube Kids』をリリースした。『YouTube Kids』では簡略化されたユーザーインターフェース、子供に適するよう精選されたコンテンツ、ペアレンタルコントロール機能が提供された[71]。2015年8月26日、YouTubeはコンピュータゲームの動画・ライブストリーミング向けに最適化された『YouTube Gaming』のサービスを開始した。『YouTube Gaming』はモバイルアプリとしても提供され、Amazon.com所有のTwitchと競合することを狙っていた[72]

2015年10月、広告なしでYouTube上の全てのコンテンツにアクセスできる有料サービス『YouTube Red』が発表された。(前年発表の『Music Key』の後継サービスに当たる)『YouTube Red』の会員はYouTubeタレントがプロデュースするオリジナル動画を視聴できるほか、モバイル端末でYouTubeコンテンツをバックグラウンド再生する機能も利用できる。YouTubeはさらに、音楽コンテンツの再生・検索に最適化された第3のアプリとなる 『YouTube Music』をリリースした[73][74][75]

2016年1月、YouTubeは2億1500万米ドルでオフィスパークを購入し、サンブルーノの本社を拡張した。本社の敷地面積は約51500平方メートルとなり、最大で2800人の従業員を収容することが可能になった[76]

2017年8月29日、YouTubeはマテリアルデザインを採用した新ユーザーインターフェースを公式にリリースした。同時にYouTubeロゴも刷新され、動画再生ボタンをモチーフにしたものとなった[77]2017年12月、YouTubeはオリジナルビデオである『YouTube Originals』を開始した。アイドリッシュセブンのスピンオフ作品などが視聴できる[78]

2018年4月3日、カリフォルニア州サンブルーノのYouTube本社のオープンカフェにて英語版が発生した。サンディエゴに住む39歳女性ユーチューバーによる犯行とみられ、容疑者女性は自殺した。容疑者はYouTubeと長年争っており、YouTubeがコンテンツクリエイターを抑圧しようとしていると主張、投稿した動画に対する支払いが止められたことに憤っていた[79][80][81][82]

2018年5月17日、YouTubeは『YouTube Red』のサービス名を『YouTube Premium』に変更すること、このサービスをカナダと13のヨーロッパ諸国でも展開することを発表した。さらに、近く『YouTube Music』が独立したサブスクリプション方式のサービスとして展開されることも発表された[83]。同年11月14日、日本での両サービスが展開された[84]

2019年12月10日、利用規約が更新され、YouTubeのサービス提供者がYouTube LLCからGoogle LLCに変更された[85]

動画

視聴

サービスは基本無料で利用できる。登録していなくても、多くの動画を見ることが出来る。動画の評価をしたり、コメントをしたり(評価や新着・評価順のソート、タイムスタンプの設定も可)や、再生リストの作成には、無料の会員登録が必要である。YouTube上での検索などで直接視聴できるものもあれば、チャンネルの動画一覧に表示されず特定のサイトやURL、通知からの経由のみで視聴できる限定公開も可能。Ajaxと呼ばれる技術が用いられており、YouTubeを利用するにはJavaScriptを有効にする必要がある。

かつてはAdobe Flashを用いた動画再生が行われていたが、2015年からHTML5での再生が標準になった[86]

再生リスト(キューに追加・追加先)により、動画をまとめたり自動再生(リピート)やシャッフル再生をすることができる。

検索においては、より目的の動画を判別するためにハッシュタグを挿入することもできる。

機能追加も活発に行われており、動画に吹き出しなどの注釈を書き込むことができる「Video Annotations」[87]、動画に字幕が付けられる機能[88]、動画の字幕自動翻訳機能[89]、テレビ画面(家庭用ゲーム機含む)で視聴するための専用サービスの「YouTube for Television」[90]、大画面テレビで視聴するための専用ユーザーインターフェイスの「YouTube XL」[91]、Webブラウザでテレビ感覚で見られるユーザーインターフェイスの「YouTube Leanback」[92]が公開されていた。

Super Thanks(スーパーサンクス、拍手を送る)

2020年初頭に実装された、動画向けのギフティング機能(投げ銭)。一定金額を拍手という形で購入し、動画投稿者に贈ることができる。全てのチャンネルユーザーには実装されず、随時実装が進められる。

日本においては開始時1人当たりの上限が200円相当で固定されていたが、同年9月に500円、1000円、5000円まで送ることができるように緩和された。

YouTube Premium

YouTubeのサブスクリプションサービス。初月無料。月額料金を払うことで追加のサービスを受けられる。主な例として、動画に広告が表示されなくなり、音楽のバックグラウンド再生やオフライン環境での視聴を目的とした事前ダウンロードに対応する。また、プレミアムのみ公開されるコンテンツ(YouTube Originals)も存在する。YouTube Musicに関連したサービスでもあり、加入するとこちらも同様の扱いとなる。アメリカ韓国などで実施されている。2018年11月には、日本でも実施されている。 旧名称YouTube Music Key、YouTube Red。下記のYouTube Premieresとは別サービス。

YouTube Music

YouTubeの音楽配信サービス。

YouTube Go

モバイルデバイスでYouTubeへのアクセスしやすくすることを目的としたAndroidアプリ。

2017年2月にインドで発売され[93]、2017年11月にナイジェリア、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、ケニア、南アフリカなど14か国で拡大。2018年2月にブラジル、メキシコ、トルコ、イラクを含む世界130か国で拡大し[94]、2019年8月に全世界で利用可能となった[95]

YouTube Kids

YouTubeの子供向け動画サービス。

YouTube TV

70を超えるテレビネットワークのライブTV、オンデマンドビデオ、クラウドベースの9ヶ月間保存の録画機能を提供するYouTubeの有料ストリーミングテレビサービス[96]

アップロード

アップロードできる動画形式は非常に広く、現在流通しているほとんどの動画形式に対応している。ニコニコ動画などと違い、必ずYouTube側で再圧縮が行われるので、自前で圧縮せずにオリジナルファイルのアップロードが可能。

音声は、YouTubeはステレオまたは5.1チャンネルでサンプルレート96 kHzまたは48 kHzを推奨しているが、現時点では5.1チャンネルでの再生はできない。

尚、プレーヤーの右下のメニューによって画質が選択できるがアップロードされた動画の画質によって選択できる画質は限られるので、どの動画でも下記の画質で表示できる訳ではない。また、広告動画はメニュー上にない為、画質を選択できない。

アスペクト比は自動的に判断され正しい比率で再生できる。

卑猥な動画など過激な描写を含む動画は視聴者からの通報などにより、メンバー登録による18歳以上の年齢認証が設定されるが、年齢認証は検証の手段が無い簡易的なものなのであまり有効ではないため、場合によっては年齢認証ではなく、ガイドライン違反として削除されることもある。尚、年齢認証の必要な動画はYouTube側の独自の判断で決められる為、テレビで放映できるようなものも、嫌がらせの通報により年齢認証が必要となってしまうことがある(特に、暴力シーンがあると判断されたアクション映画のクリップ、路上でのストリートファイト等)。

投稿した動画が著作権侵害や過激な性描写などの理由で3回削除されるとアカウントと同時に過去にアップロードした全ての動画が警告なしに削除される。

基本は長さ15分までの動画ファイルをアップロードできる。電話番号やSMSによる認証を行うと15分を超える長さの動画ファイルをアップロード、投稿できるようになる。

2009年7月21日に初の3D動画がアップロードされ[97]2015年11月11日に「Google Cardboard」に対応し、すべての動画でヴァーチャル3Dが視聴できるようになった。

2015年6月7日には、アメリカの映像制作会社が8Kスーパーハイビジョンの動画アップロードに成功した[98]。しかしながら、負荷がかかるため、対応した再生機器は少ない。

ちなみに、今回アップロードされた8K第一弾の映像もアメリカ製のカメラで撮影した6K映像を125%アップスケーリングして8K映像にしており、撮影した元の映像は8Kではない。

ライブストリーミング

2011年4月に開始されたYouTubeのライブストリーミング機能。通称YouTube Live

YouTubeは、2008年11月にYouTube Liveというリアルライブイベント[99]や、U2によるコンサート[100]、2010年2月の米国大統領バラク・オバマとの質疑応答セッション[101]など、サードパーティパートナーの技術に依存したライブストリーミングの初期実験を実施した。

2010年9月にYouTubeはGoogle独自技術のライブストリーミングテストを一部コンテンツパートナーと開始し[102][103]2011年4月にライブストリーミングサービスの正式開始を発表[104]

2012年10月には、約800万人以上がFelix Baumgartnerの宇宙の端から飛ぶレッドブル・ストラトスをYouTubeのライブストリームで視聴した[105][106]

ライブストリーミング機能の利用については、2013年5月にはチャンネル登録者数1000人以上が条件だったが、同年8月には100人以上へと緩和され、12月には制限が撤廃された[107]。また、2017年2月からはモバイルアプリに導入。こちらは当初、登録者数1万人以上が条件だった。同年後半には100人以上に緩和されたものの、2019年10月現在、1000人以上に引き上げられている[108]

システムとしては、通常のYouTubeにもある画質変換機能の他、コメントの代わりとしてチャットを備えている(後述のメンバーシップ限定で書き込み許可することも可能。「モデレーター」の権限を持ったユーザーがチャットメッセージの除外を行うこともできる)。チャットは、視聴者からのポップアウトを除いた上位チャットと、全ての書き込みを表示する通常のチャットの二段に分けている。このチャット欄にスーパーチャット(後述)を贈ることも可能。放送後は12時間以内の配信に関してはアーカイブとして、動画の形で残すことも可能(チャットコメントに関しては再現の可否の設定が可能)。なお、ライブストリーミング中における厳密な機能名は「チャット」とそれに入力する「メッセージ」なのだが、日本ではストリーミング配信をするユーザーもその視聴者も、まとめて画面に送る「コメント」として区別せず呼ぶことが多い[109] [110]。あらかじめ配信を行うことを予告したページでは、視聴者側でリマインダー設定(配信開始の直前通知)が可能。また、最大4K 60fpsや、360度ビデオの配信が可能。

動画と同様に特定のURLを介した限定生放送も可能。メンバーシップの加入者を対象とした限定ライブ配信は不可(アーカイブ化した動画には対応する)。これについては、その後ベータ版として限定的に可能になった。

ライブ情報は、検索での絞り込み、ライブ専用チャンネルで現時点でのライブ放送や今後予定しているライブ放送を一覧としてまとめている。ゲーム配信に特化した「YouTube Gaming」にも同様のサービスを受けることができる。

なお、ライブストリーミングは、ユーザーが著作権侵害やガイドライン違反をした場合(警告がされた場合)は、制限されて使用ができなくなる。また、ドイツからは使用できない[111]

Super Chat(スーパーチャット)

2017年2月に追加された、ライブチャットや動画のプレミア公開でチャット欄にメッセージを目立たせることができる有料機能[112]。YouTubeにおいて一定のチャンネル登録者数を超えていると利用できる機能の一つ。投げ銭機能であり、略称は「スパチャ」[113]

複数の金額段階を持つ購入制となっており、支払った金額に応じてチャットコメントを色付きで強調表示し、一定の金額以上だとチャットの上部にティッカーという形で一定時間表示される。スーパーチャットとして課金された総額の数割が配信者への収益となる。1日で利用できるスーパーチャットの金額は1日ごとに上限が設けられている。

2019年9月のインタビューでYouTubeの最高プロダクト責任者のNeal Mohan(ニール・モーハン)は、スーパーチャットの収益ランキングのトップ10人の内、7人までが日本のクリエイターと答えた[114]。2020年3月4日、新型コロナウイルス感染症流行に伴い無観客ライブを行うM.S.S Projectが、開演を前に5000万円を集めた。

Super Stickers(スーパーステッカー)

2019年11月に追加された、ライブチャットや動画のプレミア公開で、チャット欄にステッカーを表示させる有料機能[115]。YouTubeにおいて一定のチャンネル登録者数を超えていると利用できる機能の一つ。

YouTube プレミア公開(YouTube Premieres)

YouTubeで映画やテレビ番組のプレミア上映のように、クリエイターと視聴者が公開した(ストリーミングではない事前制作された)動画を同時に観て楽しむようにする機能。上記のYouTube Premium(プレミアム)とは別の機能。

スケジュール設定された動画が巻き戻しや早送りが出来ない状態でライブ再生され、全員が同じタイミングで動画を観ることになる。YouTube Liveのようなチャット機能および、スーパーチャットも使用できる。一度再生されると、通常の動画として再生出来るようになる。[116]

YouTube Shorts

2020年9月にインドで発売された携帯電話で最大15秒の短いビデオを投稿できる機能。クリエイターツールとして、複数のビデオクリップを繋ぐマルチセグメントカメラ機能やスピードコントロール、ハンズフリーで簡単に録画できるタイマー・カウントダウン撮影といった機能が用意されている[117][118]

マルチカメラ動画

YouTubeのライブイベントでのみ使用できるマルチカメラアングル機能[119]。ライブ配信後、動画アーカイブとして視聴することができる。

動画再生中に視聴者の好みでカメラを切り替えられる「マルチアングル機能」が一部のチャンネルで公開されている。マディリン・ベイリーの公式YouTubeチャンネルもこの技術を利用している。[120][121]

360度動画

2015年3月、YouTubeは360度動画のアップロードと再生に対応した[122]。最大4K解像度の360°ビデオのライブストリーミングもサポートされている[123]

Googleアカウントとの連携

ほとんどの動画はGoogleアカウントを持ってなくても閲覧できるが、年齢制限がかかっている動画などはGoogleアカウントを持っている場合しか見ることができない。

Googleアカウントがある場合、主に以下のサービスを利用できる。

保護者向け管理機能

2021年2月25日にGoogleが発表した機能。

ビデオクリエイターとのパートナーシップ

2007年5月、YouTubeはGoogle AdSenseに基づくシステムであるパートナープログラム(YPP)を開始した[124]。これにより、動画投稿者は、サイトの広告によって生み出された収益を共有できる。

YouTubeパートナーシップの用件を満たしたアカウントには

のどちらかをリンクさせる必要がある。

本編の始まる前に動画CMを流す[注 2]他、バナー(アイコンリク)での静止画広告も挿入することができる。

収益を受け取るには、AdSense経由の場合はAdSenseに準ずる(本人名義の銀行口座と現住所を登録する必要がある)。マルチチャンネルネットワークの場合はネットワークが定める方法で収益を受け取る(銀行振り込み、PayPalなど)。

ただし、2019年冬以降は「子供向け」コンテンツに関しては収益の対象外となる。YouTube側での自動判断で子供向けと判断される場合もあり、その都度申請が必要となる。

チャンネルメンバーシップ

制度を利用したチャンネルに対し、利用者が一定料金を毎月支払うことで該当チャンネルの「チャンネルメンバー」となる[125][126]。旧名称、スポンサーシップ[125]。設定金額は、日本国内の場合90円から6000円まで対応。

チャンネルメンバーになることで、動画およびYouTube Liveのコメント欄に表示できるバッジや独自の絵文字、その他メンバー限定のコンテンツに優先してアクセスすることができる[125]

施設

弊害

収益化を悪用し、理不尽なヘイトスピーチ人権侵害人種差別を煽る不適切コンテンツで収益を得る投稿者が増加している。

2017年3月17日イギリス政府は不適切なコンテンツに政府や英企業の広告が掲載される事を問題視しYouTubeから広告を引き上げを表明した[127]

同問題はイギリスの他にも波及し、アメリカの大手企業も広告引き上げを表明している。YouTube側が問題へ対策を行う事を約束すると発表した[128]

2017年4月7日対策の一環として視聴回数1万未満のチャンネルは広告が非表示となり、1万回以上となったチャンネルは審査を行い問題が無い場合のみ収益化が有効となる。理由は視聴回数が1万回未満のチャンネルのは、広告収入目当ての著作権侵害動画が多いことを上げ、遵法性の高いクリエイターの収入を守るためという[129]

2018年2月20日以降は収益化の審査を行う基準が変更され、チャンネル登録者1,000人以上、直近12ヶ月の視聴時間が4,000時間(240,000分)を超えたチャンネルについて収益化の審査の対象となる。なお、基準変更以前に収益化を有効とされたチャンネルについても同じ基準が適用され、要件を満たさない場合は収益化は無効となる。

世論への影響

娯楽以外の活用例としてはイーホームズ藤田東吾がYouTubeを通じ構造計算書偽造問題に対する告発を行ったり、ロサンゼルス市警察の警官が無抵抗な被疑者に対し暴力を振るっている姿を捕らえた映像がYouTubeで匿名で公開されたりと[130]告発の場となっている。

他には、カナダの警察が犯人逮捕のために、殺人事件が発生した際に映った犯人らしき人物のビデオ映像をYouTube上で流している[131]

政治面としてはYouTube側が「You Choose '08」を用意し、2008年アメリカ合衆国大統領選挙のために候補者と有権者が直接映像で意見交換する場を設置。登録者のひとりである大統領候補者ヒラリー・クリントンが「YouTubeを利用することで、アメリカ国民に自分の意志を動画で共有出来るから」とコメントしている[132]

日本でも2007年12月に自由民主党社会民主党日本共産党が相次いで公式チャンネルを開設、政策発信や党の活動状況の情報配信を実施し若い有権者へのアピールを行っている[133][134]

2007年6月1日、ベネズエラにて反政府的としてウゴ・チャベス大統領によって閉鎖させられた民間放送局ラジオ・カラカス・テレビ(RCTV)は閉鎖に抗議する形として、YouTubeでの番組の公開を開始した[135]

2007年の後半にはオーストラリアカトリック司祭であるジェフ・バロンの言動を隠し撮りした映像がアップロードされ、これがマスメディアを通して世界中に伝えられる事態となりやがては同司祭の解任にまで至った[136]

2010年11月4日日本国政府によってひた隠しにされていた尖閣諸島中国漁船衝突事件の映像が当時海上保安官であった一色正春により、神戸市ネットカフェからアップロードされ、事件の状況が映像で明らかになり、日本の世論に衝撃を与えた。これは尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件と呼ばれ、日本では社会現象ともなった。

著作権問題

他の動画共有サービスと同様に著作権法によって保護されているコンテンツ、例えばテレビ番組プロモーションビデオ、中にはアーティストのライブを密かに録画したものなどが違法に多数アップロードされていることが問題点として指摘されている。YouTubeは利用規約で著作権侵害になるファイルのアップロードを禁止しているが、違法コンテンツは後を絶たない。

YouTube側の対応

2006年3月27日からアニメなどの海賊版のアップロードを制限するために、10分を超えるファイルのアップロードを原則制限しているが[137]、利用者はファイルを10分以内に分割するようになった[138]。2006年4月10日から15分以上の動画をアップロードしたいとの要望に応えるため、Director制度が始まった[139]。Directorに登録すれば15分を超えるファイルのアップロードも可能になるが登録には審査があり、完全なオリジナルコンテンツを提供する人のみに限定されている。通常とは違い、他者の著作権を侵害した動画をアップロードした場合は動画を1回削除されただけでアカウントも削除されることとなっている。

以前は違法コンテンツも放置される傾向にあったが、2006年5月頃からは削除作業が活発になった。

また2008年10月23日、YouTubeとJASRACとの間で音楽著作権に関する包括許諾契約を締結した。YouTubeは収入の約2%をJASRACに支払うことによって、JASRACの管理楽曲を二次利用した動画のアップロード行為は合法に当たる。また、JASRAC以外にもJRC及びイーライセンスとも既に契約を結んでいる[140]

ただし、これらはあくまで二次利用の許諾であるためかオリジナル音源やプロモーションビデオをそのまま投稿することは違法行為である。このため、動画に問題はなくても音源に問題がある場合、音源だけが削除・ミュートされることがある他、動画・音源共に削除されないものの、一部地域で動画の視聴が不可能になる場合などがある。

角川書店角川デジックスYouTube向けの動画識別技術の実証実験に参加[141]、これによる著作権対策が有効だと判断できたとして、2008年2月より公式チャンネルを開設、角川グループとしてYouTubeのプロモーション活用を行うほか、角川グループの映像作品を使った投稿動画についても、各権利者の許諾が得られた場合、公認動画として認定マークと広告を付加、広告収入を権利者に分配を行う事にしている。さらに公認動画の広告枠の販売や、投稿された動画の優秀作の作者を角川グループの作品の監督や脚本家に起用する「クリエイター発掘企画」も展開する予定となっている[142]

テレビ局の対応

2006年2月16日、アメリカのNBCが著作権の侵害として、テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の無断転載映像を削除した。大手のテレビ局からの要請による動画削除はこの件が初めてであった(その後『サタデー・ナイト・ライブ』は、公式YouTubeチャンネルを開設している)。

各テレビ局にYouTubeの動画の監視・削除要請などを行う専任監視部隊(主として編成や著作権・権利関係の業務を行う専任部署、またはスカイアンドロード社ほか番組制作会社の関連会社など)が設けられている。度々の申し入れをせざるを得ない社[143]に対しては、専用の申し入れフォームが作成送付されている。特にTBSに至っては、「視聴者サービス部宛メッセージフォーム」にYouTube上でのTBS番組の無断アップロード(=著作権侵害行為)の件について通報すると、通報した翌日から数日中にかけ、動画ファイルがTBSによって削除されるようになっている。また、TBSはほかの動画共有サイトにある動画の削除の対応にも強化を入れている。

2006年、スペースシャワーTVMUSIC ON! TVなども削除依頼を提出している。しかし、番組映像の二次流用が後を絶たない。

例外的にTOKYO MXの一部の番組についてはアップロードが黙認されたケースがあった[注 3]。2006年放送の『BlogTV』は出演者、広告主、制作会社、TOKYO MXの4社が、YouTubeに積極的にアップロードすることの番組的価値を見出し、30分放送のプログラムを10分枠で3本に分割した上でアップロードしている。2008年4月7日放送の『』においては、月曜日放送分を前週の金曜日に、テレビ放送よりも先にYouTubeで共有するという手法をとっている。また、海外のテレビ局(英国放送協会など)の対応は、比較的寛容である。

2007年1月25日から放送番組の違法流通を防止するため「放送コンテンツ適正流通推進連絡会」が発足し、2月6日にチャド・ハーリーCEOと親会社のグーグル社の幹部が訪日し、日本の著作権団体らと会見[144]。日本側が提示した登録者に対して、個人情報登録をさせる件については難色を示したものの、違法動画をアップロードすら出来なくなる技術を開発することと、日本語での著作権に対する警告文を表示すると約束した。

レコード会社の対応

まず、YouTubeは2006年9月にワーナー・ミュージック・グループとの間で、ミュージック・ビデオの取り扱いに関する契約を結んだ[145]。さらに2006年10月9日にユニバーサルミュージックソニー・ミュージックエンタテインメント、CBSとの間でビデオの投稿や購入に関する提携を行った[146]。Googleも同日にソニーBMG・ミュージックエンタテインメントとワーナー・ミュージック・グループとの間にビデオ配信に関する提携を行った[147][148]。2008年5月31日にGoogle/YouTubeはEMIとの間にビデオと音楽の利用に関する提携を行い、これにより世界的な4大メジャー・レーベル全てがGoogle/YouTubeとライセンス契約を締結することとなった[149]。またユニバーサルミュージック、ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループの3社は以前よりYouTube株を取得しており、Googleとの合併時に5000万ドルの利益を得たと報じられた[150]。メジャーだけでなくインディーズ・レーベルとも提携している。

法廷闘争

MTVパラマウント・ピクチャーズを保有する米メディア大手バイアコムは2007年2月に10万本以上の未許可投稿動画を削除するよう要請、3月13日のYouTubeとGoogleを相手に10億ドルの著作権訴訟をニューヨーク連邦地裁に起こした[151]。声明で「無許可の映像につけた広告を収入源とするYouTubeとGoogleの事業モデルは明らかに違法行為だ」と述べた。訴えによるとこれまでに同社の映像16万本が流れ、計15億回視聴された。

メディア会社は、対価なしで自社の番組を使用するYouTubeがケーブルテレビテレビ放送から視聴者広告費を奪い取ることを懸念している。バイアコムは同時にAppleiTunes Storeで、番組を1本1.99ドルで販売するなど、合法的なデジタル配信の方法を模索している。これは、iTunesを使って、パソコンiPadiPhone(Video iPod)で視聴できる。

YouTubeはすべての著作権者に協力し通知を受けた場合は直ちに削除を行うとしているが、バイアコムはYouTubeがこのような方法を取ることで著作権侵害を防止するイニシアチブを取ることを避け、サイトを監視する負担とコストを著作権者に転嫁していると主張している。

バイアコムが削除要請した動画には、著作権侵害に当たらないバイアコム傘下企業番組のパロディ映像が含まれていたとして、2007年3月22日に、電子フロンティア財団はバイアコムに対し、言論の自由を侵害したとして提訴したが[152]、バイアコムは削除要請したことは誤りだったと認め、訴状は同年4月に取り下げられた[153]

日本における著作権法改正案

2007年9月26日文部科学省所轄2007年第13回会合にて、YouTubeに公開されている違法コンテンツを知らずにダウンロードしただけでも違法行為とする指針が定められ、著作権法改正案のなかに入れることで合意した[154]。また、文化庁著作権課は「YouTubeはストリーミング再生なのでこの指針のうちには入らず違法ではない」との声明を出している[155]

2008年4月1日日本音楽著作権協会 (JASRAC) と楽曲の使用についての包括契約を締結し、「JASRACが管理する曲」を演奏したり歌ったりした動画を(合法的に)アップロードできるようになった。同日、EMIミュージック・ジャパンは公式チャンネルを設けている。また、日本国内と海外からのアクセスを切り分けも行っている[156]

YouTubeは、構造的にストリーミング再生ではなくダウンロードでの再生であるためにもしこの改正案がそのまま国会で可決され施行された場合、YouTubeに勝手に公開されてしまった違法コンテンツを知らずに自分のパソコンなどで見ただけでも違法行為となるという意見がネットを中心として続出したが[157]、ブラウザのキャッシュ機能は著作権業界における「ダウンロード」ないし「複製」には当てはまらないという指摘もある[158]

文化審議会著作権分科会は2007年10月16日から11月15日までパブリックコメントの制度を使い、広く意見を募集していた[159]。これに対し、インターネット先進ユーザーの会などが意見の提出を一般ユーザーに呼びかけると共に、一般ユーザーの意見提出に対する支援を実施するとしている[160]

著作権保護ツール

2007年6月にGoogleは、YouTubeの著作権を侵害するアップロード動画を自動検出する著作権保護ツールの試用を開始した[161][162]

著作権者は、閲覧できないよう動画をブロックするか、動画の再生に関する統計情報を追跡するか、動画に広告を掲載して動画を収益化し、場合によってはアップロードしたユーザーと収益を分配するかを選択することができる[163][164]

アクセス規制措置

YouTubeには、各国の法律に違反するコンテンツの投稿が後を絶たない。そのため、各国政府若しくはインターネットサービスプロバイダなど、しばしば非常措置として、YouTubeへのアクセス規制を実施することがある。

2007年1月9日、ブラジルにて元サッカー選手ロナウドの元婚約者のが、恋人と海岸にいる姿をパパラッチに撮られ、YouTubeに公開されたことに対し、ブラジルの裁判所に訴えYouTube側は何度もその映像を削除していたもののすぐに他の誰かが公開してしまい、まだ映像が残っているとのことによりブラジルからYouTubeに接続できなくなるという措置がブラジル政府により執られた[165]。翌日の1月10日には完全にその映像が削除され、アクセス制限は解除された。

2007年3月6日、トルコの初代大統領であるケマル・アタテュルクを誹謗する映像が掲載されたとしてイスタンブール第一刑事治安裁判所は同国内からのYouTubeへのアクセスを禁止する命令を下した。この決定を受けトルコの通信サービス最大手、トルコ・テレコムはすぐにYouTubeへのアクセスを規制した[166]。問題の映像は削除され、3月9日にアクセス規制は解除された[167]

2007年4月5日、タイの暫定政府はプミポン国王(当時)を侮辱する映像が掲載されたとして、同国内からYouTubeへのアクセス規制措置を下した[168]。映像自体は投稿者が自主的に削除したものの、YouTube側は「アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領をもっとひどくからかった映像が放置されている」として、削除要請を拒否した[169]

対応言語

収益

Alphabet Inc.は2019年財務報告書の一部として、2020年2月にYouTubeの正確な広告収入を初めて公開した。

Alphabetによると、YouTubeの広告収入は、2017年81億ドル、2018年111億ドル、2019年151億ドル[170]、2020年197億ドルだった[171]。YouTubeの利益については未だ非公開である。

2019年第4四半期の時点でYouTube PremiumとYouTube Musicのサブスクリプションを合わせた加入者は約2,000万人、YouTube TVの加入者は200万人いる[172]。 なお一定に人数にチャンネル登録されると[173][174]バナーが贈られる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ ちなみに、YouTubeは買収前にGoogle AdSenseの広告を利用していた。
  2. ^ 一部のスポンサーはCMを一定時間映してからスキップして本編を見ることができる。
  3. ^ 詳細は談志・陳平の言いたい放だいを参照。

出典

  1. ^ youtube.com Site Overview”. 2016年12月22日閲覧。
  2. ^ Alexa - Top sites”. www.alexa.com. 2021年2月16日閲覧。
  3. ^ https://www.tubefilter.com/2019/05/07/number-hours-video-uploaded-to-youtube-per-minute/”. 2020年2月16日閲覧。
  4. ^ 鳥羽賢 (2006年11月25日). “知らないと困るYouTubeの歩き方”. All About. 2011年4月10日閲覧。
  5. ^ Graham, Jefferson (2005年11月21日). “Video websites pop up, invite postings”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/techinnovations/2005-11-21-video-websites_x.htm 2006年7月28日閲覧。 
  6. ^ YouTube: Sharing Digital Camera Videos”. . 2009年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月29日閲覧。
  7. ^ a b Cloud, John (2006年12月25日). “The YouTube Gurus”. Time. 2017年3月26日閲覧。
  8. ^ Hopkins, Jim (2006年10月11日). “Surprise! There's a third YouTube co-founder”. USA Today. Gannett Company. 2017年3月26日閲覧。
  9. ^ Venture Firm Shares a YouTube Jackpot”. The New York Times (2006年10月10日). 2017年3月26日閲覧。
  10. ^ Kehaulani Goo, Sara (2006年10月7日). “Ready for Its Close-Up”. The Washington Post. . 2017年3月26日閲覧。
  11. ^ Whois Record for www.youtube.com”. DomainTools. 2009年4月1日閲覧。
  12. ^ Earliest surviving version of the YouTube website Wayback Machine, April 28, 2005. Retrieved June 19, 2013.
  13. ^ Alleyne, Richard (2008年7月31日). “YouTube: Overnight success has sparked a backlash”. The Daily Telegraph. . 2017年3月26日閲覧。
  14. ^ Me at the zoo”. YouTube (2005年4月23日). 2009年8月3日閲覧。
  15. ^ Ronaldinho: Touch of Gold – YouTube”. Wayback Machine (2005年11月25日). 2017年1月1日閲覧。
  16. ^ Most Viewed – YouTube”. Wayback Machine (2005年11月2日). 2017年1月1日閲覧。
  17. ^ Business Search - Business Entities - Business Programs(YOUTUBE, INC.)”. California Secretary of State. 2020年3月11日閲覧。
  18. ^ YouTube Inc”. www.bloomberg.com. 2020年3月11日閲覧。
  19. ^ YouTube: a history”. The Daily Telegraph. (2010年4月17日). 2017年3月26日閲覧。
  20. ^ Dickey, Megan Rose (2013年2月15日). “The 22 Key Turning Points in the History of YouTube”. Business Insider. . 2017年3月25日閲覧。
  21. ^ YouTube serves up 100 million videos a day online”. USA Today. Gannett Company (2006年7月16日). 2017年3月26日閲覧。
  22. ^ Google、YouTube買収で合意 - 総額16億5000万ドル、MYCOMジャーナル、2006年10月10日
  23. ^ 「YouTube」日本から212万人が訪問、平均利用時間は米ユーザーを上回る”. internet.watch.impress.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  24. ^ Marketers are into YouTube、USATODAY.com、2006年4月17日
  25. ^ The revolution wasn't televised: The early days of YouTube”. Mashable (2015年2月15日). 2018年7月4日閲覧。
  26. ^ Zappone, Christian (2006年10月12日). “Help! YouTube is killing my business!”. CNN. http://money.cnn.com/2006/10/12/news/companies/utube/index.htm 2008年11月29日閲覧。 
  27. ^ Blakely, Rhys (2006年11月2日). “Utube sues YouTube”. The Times (London). http://business.timesonline.co.uk/tol/business/industry_sectors/media/article623050.ece 2008年11月29日閲覧。 
  28. ^ Your Tube, Whose Dime?、Forbes.com、2006年4月28日
  29. ^ GoogleYouTubeを16億5000万ドルで買収」ITmedia、2006年10月10日
  30. ^ Arrington, Michael (2006年11月13日). “Google Closes YouTube Acquisition”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  31. ^ Google closes $A2b YouTube deal”. The Age. (2006年11月14日). 2007年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月26日閲覧。
  32. ^ Business Search - Business Entities - Business Programs(YOUTUBE, LLC)”. California Secretary of State. 2020年3月11日閲覧。
  33. ^ YouTube LLC”. www.bloomberg.com. 2020年3月11日閲覧。
  34. ^ A Message From Chad and Steve - YouTube(Google買収に対するチャド・ハーリーCEOとスティーブのコメント)
  35. ^ YouTubeTime誌の「Invention of the Year」にITmedia、2006年11月6日
  36. ^ YouTube、"史上最速"で利用者 1000 万人に到達”. ニールセン デジタル株式会社. 2020年2月24日閲覧。
  37. ^ YouTube co-founders among Webby winners、MSNBC.com、2007年5月1日
  38. ^ Carter, Lewis (2008年4月7日). “Web could collapse as video demand soars”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. 2017年3月26日閲覧。
  39. ^ a b YouTube Japanがスタート--日本語をはじめ多言語化”. CNET Japan. 朝日インタラクティブ (2007年6月19日). 2021年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月24日閲覧。
  40. ^ youtube.com Traffic Statistics”. Alexa Internet. Amazon.com (2017年7月9日). 2018年1月20日閲覧。
  41. ^ Youtube.com Analytics”. SimilarWeb. 2015年6月29日閲覧。
  42. ^ Top 50 sites in the world for Arts And Entertainment > TV And Video”. SimilarWeb. 2015年6月29日閲覧。
  43. ^ comScore Releases May 2010 U.S. Online Video Rankings”. comScore. 2010年6月27日閲覧。
  44. ^ a b c Oreskovic, Alexei (2012年1月23日). “Exclusive: YouTube hits 4 billion daily video views”. Reuters. Thomson Reuters. 2017年3月26日閲覧。
  45. ^ Welch, Chris (2013年5月19日). “YouTube users now upload 100 hours of video every minute”. The Verge. Vox Media. 2017年3月26日閲覧。
  46. ^ Russell, Jon (2013年5月19日). “YouTube reveals users now upload more than 100 hours of video per minute, as the site turns eight”. The Next Web. 2017年3月26日閲覧。
  47. ^ E. Solsman, Joan (2014年11月12日). “YouTube's Music Key: Can paid streaming finally hook the masses?”. CNET. CBS Interactive. 2017年3月25日閲覧。
  48. ^ Hamedy, Saba (2017年2月28日). “People now spend 1 billion hours watching YouTube every day”. Mashable. 2017年3月26日閲覧。
  49. ^ Bates, Daniel (2017年3月1日). “YouTube users watch more than a BILLION hours of footage every day … and is set to overtake TV viewing”. The Sun. . 2017年3月26日閲覧。
  50. ^ Seabrook, John (2012年1月16日). “Streaming Dreams”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/reporting/2012/01/16/120116fa_fact_seabrook?currentPage=all 2012年1月6日閲覧。 
  51. ^ Sweney, Mark (2010年1月20日). “Cricket: IPL goes global with live online deal”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/media/2010/jan/20/youtube-live-indian-premier-league Feburary 6, 2010閲覧。 
  52. ^ Parr, Ben (2010年5月17日). “YouTube Surpasses Two Billion Video Views Daily”. Mashable. 2017年3月26日閲覧。
  53. ^ Kincaid, Jason (2010年5月16日). “Five Years In, YouTube Is Now Streaming Two Billion Views Per Day”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  54. ^ Barnett, Emma (2010年5月17日). “YouTube hits two billion views a day”. The Guardian. Guardian Media Group. 2017年3月26日閲覧。
  55. ^ O'Neill, Megan (2011年5月25日). “YouTube Celebrates Its 6th Birthday With 3 Billion Daily Views”. . Beringer Capital. 2017年3月26日閲覧。
  56. ^ Bryant, Martin (2011年5月25日). “YouTube hits 3 Billion views per day, 2 DAYS worth of video uploaded every minute”. The Next Web. 2017年3月26日閲覧。
  57. ^ YouTube moves past 3 billion views a day”. CNET. CBS Interactive (2011年5月25日). 2017年3月26日閲覧。
  58. ^ Perez, Sarah (2012年1月23日). “YouTube Reaches 4 Billion Views Per Day”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  59. ^ McCormick, Rich (2017年2月27日). “Humans watch a billion hours of YouTube every single day”. The Verge. Vox Media. 2017年3月26日閲覧。
  60. ^ Lumb, David (2017年2月27日). “One billion hours of YouTube are watched every day”. Engadget. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  61. ^ Broussard, Mitchel (2017年2月28日). “YouTube Users Watch More Than 1 Billion Hours of Video a Day, Will Soon Outpace U.S. TV”. . 2017年3月26日閲覧。
  62. ^ “Hurley stepping down as YouTube chief executive”. AFP. (2010年10月29日). https://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5ggtnJSISuXoPHgxu6HwPJJqVTT6g?docId=CNG.f7ff59e3829714d23524d35ed1afdd63.921 2010年10月30日閲覧。 
  63. ^ Whitelaw, Ben (2011年4月20日). “Almost all YouTube views come from just 30% of films”. The Daily Telegraph. . 2017年3月26日閲覧。
  64. ^ “YouTubeがユーザーインターフェイスを一新 -トップページデザインやSNS連携など”. AV Watch. (2011年12月2日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/495528.html 2018年7月4日閲覧。 
  65. ^ “YouTube's website redesign puts the focus on channels”. BBC. (2011年12月2日). http://www.bbc.co.uk/news/technology-16006524 2011年12月2日閲覧。 
  66. ^ Cashmore, Pete (2006年10月26日). “YouTube Gets New Logo, Facelift and Trackbacks – Growing Fast!”. 2011年12月2日閲覧。
  67. ^ “YouTube launches pay-to-watch subscription channels”. BBC News. (2013年5月9日). http://www.bbc.co.uk/news/business-22474715 2013年5月11日閲覧。 
  68. ^ Nakaso, Dan (2013年5月7日). “YouTube providers could begin charging fees this week”. . http://www.mercurynews.com/business/ci_23184159/youtube-providers-could-begin-charging-fees-this-week 2013年5月10日閲覧。 
  69. ^ Google taps longtime executive Wojcicki to head YouTube” (英語). Reuters. 2017年9月16日閲覧。
  70. ^ “YouTube announces plans for a subscription music service”. The Verge. https://www.theverge.com/2014/11/12/7201969/youtube-music-key-new-subscription-service 2018年5月17日閲覧。 
  71. ^ Perez, Sarah (2015年2月23日). “Hands on With "YouTube Kids," Google's Newly Launched, Child-Friendly YouTube App”. TechCrunch. AOL. 2017年3月26日閲覧。
  72. ^ Dredge, Stuart (2015年8月26日). “Google launches YouTube Gaming to challenge Amazon-owned Twitch”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2015/aug/26/youtube-gaming-live-website-apps 2015年9月5日閲覧。 
  73. ^ Google wants you to pay $9.99 per month for ad-free YouTube”. Venturebeat. 2015年10月22日閲覧。
  74. ^ “Exclusive: An inside look at the new ad-free YouTube Red” (英語). The Verge. https://www.theverge.com/2015/10/21/9566973/youtube-red-ad-free-offline-paid-subscription-service 2018年5月17日閲覧。 
  75. ^ YouTube Music isn't perfect, but it's still heaven for music nerds”. Engadget. 2016年11月7日閲覧。
  76. ^ Avalos, George (2016年1月20日). “YouTube expansion in San Bruno signals big push by video site”. San Jose Mercury News. http://www.mercurynews.com/business/ci_29405413/youtube-expansion-san-bruno-signals-big-push-by 2016年2月3日閲覧。 
  77. ^ “YouTube has a new look and, for the first time, a new logo”. The Verge. https://www.theverge.com/2017/8/29/16216868/new-youtube-logo-redesign-font-color-app-design 2018年5月7日閲覧。 
  78. ^ AV Watchによる報道 [1]
  79. ^ “YouTube shooting: Suspect visited shooting range before attack”. BBC News. (2018年4月4日). http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-43645812 2018年4月9日閲覧。 
  80. ^ ライブドアニュース - YouTube本社銃乱射事件は3人負傷も命に別状なし。容疑者は自身のYouTube視聴者数減少を気にしていたとの報 2018年4月4日 12時0分
  81. ^ IT media NEWS - YouTube本社で銃乱射事件 自殺した襲撃者は39歳の女性YouTuber 2018年04月04日 07時05分
  82. ^ IT media NEWS - YouTube本社襲撃犯はYouTuber 2018年04月04日 17時32分
  83. ^ “Google announces YouTube Music and YouTube Premium”. The Verge. https://www.theverge.com/2018/5/17/17364056/youtube-music-premium-google-launch 2018年5月17日閲覧。 
  84. ^ 広告なしで再生できる「YouTube Premium」日本上陸--音楽特化の「YouTube Music」も”. CNET Japan (2018年11月14日). 2018年11月15日閲覧。
  85. ^ Terms of Service - YouTube”. www.youtube.com. 2020年3月11日閲覧。
  86. ^ YouTube now defaults to HTML5 <video> - Engineering and Developers Blog - 2016年8月14日閲覧
  87. ^ YouTubeに“吹き出し”書き込み機能、ベータテストを開始”. internet.watch.impress.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  88. ^ YouTubeに字幕がつけられるようになりました” (日本語). MarkeZine. 2020年2月24日閲覧。
  89. ^ YouTubeに字幕自動翻訳機能”. CNET Japan (2008年11月4日). 2020年2月24日閲覧。
  90. ^ WiiPS3から利用できる「テレビ用YouTube」スタート」。AV watch、2009年1月16日
  91. ^ 大画面テレビ向けの「YouTube XL」公開、連続再生も可能”. internet.watch.impress.co.jp. 2020年2月24日閲覧。
  92. ^ YouTubeの「Leanback」、まもなくサポート終了” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  93. ^ YouTube Go is finally here, kind of” (英語). Mashable. 2020年2月24日閲覧。
  94. ^ データ通信量に優しい「YouTube Go」、130カ国以上で利用可能に” (日本語). CNET Japan (2018年2月2日). 2020年2月24日閲覧。
  95. ^ 軽量版Googleアプリ「Google Go」、日本を含む世界で公開 音声読み上げ機能も” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  96. ^ 「YouTube TV」はテレビの未来を変えるのか|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2020年2月24日閲覧。
  97. ^ YouTube in 3D - YouTube
  98. ^ Ghost Towns in 8K - YouTube
  99. ^ Google、YouTube LiveストリーミングにAkamaiを利用―視聴者は70万”. TechCrunch Japan. 2020年2月24日閲覧。
  100. ^ U2のYouTubeコンサート、ライブストリーミングで1千万ユーザーに楽々配信成功”. TechCrunch Japan. 2020年2月24日閲覧。
  101. ^ オバマ米大統領、ユーチューブに生出演 ユーザーの質問に回答” (日本語). AFPBB News. 2020年2月24日閲覧。
  102. ^ YouTube、ライブストリーミングの限定テストを2日間実施”. 日経クロステック(xTECH). 2020年2月24日閲覧。
  103. ^ YouTube生放送が始まるらしい:海外速報部ログ:オルタナティブ・ブログ”. オルタナティブ・ブログ. 2020年2月24日閲覧。
  104. ^ YouTube、ライブ動画サービス「YouTube Live」をスタート” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  105. ^ Plunkett, John (2012年10月15日). “Felix Baumgartner jump: record 8m watch live on YouTube” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/media/2012/oct/15/felix-baumgartner-skydive-youtube 2020年2月24日閲覧。 
  106. ^ Millions Watch as Felix Baumgartner Makes Record-Breaking Space Jump” (英語). The Hollywood Reporter. 2020年2月24日閲覧。
  107. ^ YouTube opens live streaming for all verified accounts”. MacNN (2013年12月13日). 2017年9月22日閲覧。
  108. ^ ライブ配信に関する制限
  109. ^ Youtuberヒカキンの例”. Twitter. 2021年11月21日閲覧。
  110. ^ バーチャルタレント キズナアイの例”. Twitter. 2021年11月21日閲覧。
  111. ^ ライブ配信に関する制限
  112. ^ YouTube、クリエーターに投げ銭できるステッカー「Super Stickers」を提供開始” (日本語). CNET Japan (2019年11月6日). 2020年2月24日閲覧。
  113. ^ “YouTubeビデオの過激化をあおる「スパチャ」、“投げ銭”が差別主義者の資金源に”. Buzz Feed News. (2018年6月3日). https://www.buzzfeed.com/jp/ishmaeldaro/youtube-comments-hate-speech-racist-white-nationalists 2020年3月4日閲覧。 
  114. ^ ASCII. “YouTubeは収益多様化で違反コンテンツを抑止できるのか? (3/4)” (日本語). ASCII.jp. 2020年2月24日閲覧。
  115. ^ YouTube、クリエイター向け収益化ツール改善 「チャンネルメンバーシップ」のレベル設定など” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  116. ^ [2]
  117. ^ Perez, Sarah. “YouTubeがTikTok似のショートビデオ機能「YouTube Shorts」を搭載、まずはインドで提供” (日本語). TechCrunch Japan. 2020年9月29日閲覧。
  118. ^ 株式会社インプレス (2020年9月15日). “YouTube、TikTok風の15秒動画「YouTube Shorts」” (日本語). AV Watch. 2020年9月29日閲覧。
  119. ^ マルチカメラ イベントの設定 - YouTube ヘルプ”. support.google.com. 2020年2月24日閲覧。
  120. ^ YouTube がマルチアングル動画を実験中。マディリン・ベイリー1曲のみ[3]
  121. ^ マルチアングル動画のサンプル[4]
  122. ^ YouTube、360度動画のアップロード/再生に対応” (日本語). PHILE WEB. 2020年2月24日閲覧。
  123. ^ YouTube now supports 4K live-streaming for both 360-degree and standard video” (英語). The Verge (2016年11月30日). 2020年2月24日閲覧。
  124. ^ YouTube Launches Revenue Sharing Partners Program, but no Pre-Rolls” (英語). TechCrunch. 2020年2月24日閲覧。
  125. ^ a b c YouTuber向けに3つの収益化ツール 月額490円のサブスクリプションなど”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  126. ^ YouTube、クリエイター向け収益化ツール改善 「チャンネルメンバーシップ」のレベル設定など”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  127. ^ 佐藤由紀子 (2017年3月20日). “YouTubeからの大手メディア広告引き上げを受け、Googleが自動システム改善を約束”. ITmedia. 2017年4月15日閲覧。
  128. ^ 佐藤由紀子 (2017年3月22日). “Google、不適切なコンテンツへの広告表示対策について説明”. ITmedia. 2017年4月15日閲覧。
  129. ^ 佐藤由紀子 (2017年4月7日). “YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに”. ITmedia. 2017年4月15日閲覧。
  130. ^ 証拠は「ユーチューブ」 FBIが捜査始める、イザ!、2006年11月11日
  131. ^ YouTubeが殺人犯逮捕に貢献、カナダ警察が容疑者のビデオを投稿、ITpro、2006年12月22日
  132. ^ YouTubeが大統領選特集コーナー「You Choose」、ヒラリーも活用、INTERNET Watch、2007年3月2日
  133. ^ 自民、ユーチューブに公式チャンネル開設、asahi.com、2007年12月18日
  134. ^ 社民党も「YouTube」に公式チャンネル、Internet Watch、2007年12月20日
  135. ^ Silenced Venezuelan TV station moves to YouTube、CNN.com、2007年6月3日
  136. ^ 豪カトリック司祭、ユーチューブの映像が原因で解任CNN
  137. ^ 青木大我 (2006年3月28日). “米動画サイトYouTubeが「10分間制限」、海賊行為撲滅の切り札になるか”. Impress Watch. 2011年4月10日閲覧。
  138. ^ “読者が選ぶ2006年インターネット10大ニュース”. INTERNET Watch. (2006年12月27日). http://internet.watch.impress.co.jp/static/enquete/vote2006/result.htm 2011年4月10日閲覧。 
  139. ^ 永沢茂 (2006年4月11日). “YouTube、動画の“10分間制限”がかからないアカウントの登録受付開始”. INTERNET Watch. http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/04/11/11600.html 2011年4月10日閲覧。 
  140. ^ YouTube、JASRACから音楽著作権の利用許諾:ITpro
  141. ^ 角川グループ、YouTube活用へ 著作権保護ツール検証に協力ITmedia、2007年7月26日
  142. ^ 「ユーザー投稿角川アニメ」の公式認定も YouTubeに角川参加ITmedia、2008年1月25日
  143. ^ 例:NHK日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京MBSテレビABCテレビ関西テレビよみうりテレビ東海テレビメ~テレなど。
  144. ^ YouTubeのCEOらが来日、違法動画対策を約束 技術面でGoogleが協力ITmedia、2007年2月6日
  145. ^ Anderson, Nate (2006年9月18日). “Warner Music coming to YouTube (HTML)” (英語). Ars Technica. Ars Technica, LLC. 2007年6月5日閲覧。
  146. ^ Lombardi, Candace (2006年10月10日). “ユーチューブ、メディア企業3社とコンテンツ契約を締結 (HTML)” (日本語). CNET Japan. 2007年6月4日閲覧。
  147. ^ Google and Warner Music Group Announce Agreement to Offer Google Video Users WMG's Music Video Content (HTML)” (英語). Google (2006年10月9日). 2007年6月4日閲覧。
  148. ^ Google Signs Agreement with SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENT to Give Users Access to Expansive Catalog of Music Videos (HTML)” (英語). Google (2006年10月9日). 2007年6月4日閲覧。
  149. ^ EMI Music, Google and YouTube strike milestone partnership (HTML)” (英語). EMI Group plc (2007年5月31日). 2007年6月4日閲覧。
  150. ^ Ross Sorkin, Andrew,; Jeff Leads (2006年10月19日). “Music Companies Grab a Share of the YouTube Sale (HTML)” (英語). The New York Times. The New York Times Company. 2007年6月4日閲覧。
  151. ^ 著作権侵害でViacomがYouTubeを提訴 - 10億ドル以上の賠償請求、MYCOMジャーナル、2007年3月14日
  152. ^ EFF、Viacomを「言論の自由侵害」で提訴、ITmedia、2007年3月24日
  153. ^ EFF、バイアコムへの訴訟取り下げ--YouTube掲載のパロディ映像問題、CNET Japan、2007年4月24日
  154. ^ 文化審議会 著作権分科会 私的録音録画小委員会(第13回)の開催について-文部科学省 (HTML)” (日本語). 文部科学省 (2007年9月26日). 2007年9月26日閲覧。
  155. ^ 「法改正後はYouTube見るだけで違法」は誤解、文化庁が見解示す (HTML)” (日本語). インプレス (2007年9月26日). 2008年5月12日閲覧。
  156. ^ ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ”. NEWS. ITmedia (2007年10月30日). 2008年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月7日閲覧。
  157. ^ YouTubeの視聴は「ストリーミング」ではなく「ダウンロード」です (HTML)” (日本語). GIGAZINE (2007年9月27日). 2008年5月12日閲覧。
  158. ^ 「ダウンロード違法」の動き、反対の声を届けるには(2/4) (HTML)” (日本語). ITmedia (2007年10月12日). 2007年10月15日閲覧。
  159. ^ 著作権分科会、「ダウンロード違法化」などについて16日から意見募集 (HTML)” (日本語). INTERNET Watch (2007年10月16日). 2008年5月12日閲覧。
  160. ^ MIAU 公式サイト (HTML)” (日本語). MIAU (2007年10月18日). 2007年10月18日閲覧。
  161. ^ Google、YouTubeの著作権保護ツールについて報告” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  162. ^ YouTube、新しい著作権保護ツールをβ公開” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年2月24日閲覧。
  163. ^ Content ID の仕組み - YouTube ヘルプ”. support.google.com. 2020年2月24日閲覧。
  164. ^ ASCII. “YouTube「Content ID」 非権利者の動画投稿を裏で支える技術とは (2/4)” (日本語). ASCII.jp. 2020年2月24日閲覧。
  165. ^ ユーチューブに閉鎖命令…スーパーモデル盗撮映像掲載、ZAKZAK、2007年1月5日
  166. ^ Turkey pulls plug on YouTube over Ataturk 'insults'、Guardian Unlimited、2007年3月7日
  167. ^ Turkey revokes YouTube ban、theage.com.au、2007年3月10日
  168. ^ Thailand blocks access to YouTube、BBS NEWS、2007年4月4日
  169. ^ YouTube clip out, but Thai ban continues、MSNBC.com、2007年4月5日
  170. ^ Alphabet Inc.年次報告書2019年12月期”. 証券取引委員会. 2020年2月24日閲覧。
  171. ^ FORM 10-K”. 米国証券取引委員会. 2021年6月21日閲覧。
  172. ^ YouTube PremiumおよびMusic加入者数が2000万人に到達。YouTube TVは200万人に”. Engadget 日本版. 2020年2月24日閲覧。
  173. ^ http://services.google.com/fh/files/emails/yt_500_milestone.gif
  174. ^ https://services.google.com/fh/files/emails/1k_bananas_en_uk_us.gif

関連項目

外部リンク

本田圭佑

本田圭佑(ほんだ けいすけ、1986年昭和61年)6月13日 - )は、日本プロサッカー選手リトアニアAリーガスードゥヴァ所属。ポジションミッドフィールダー。元日本代表サッカー指導者、サッカークラブ経営者実業家カンボジア代表GM・監督を務める。

アジア(日本)、ヨーロッパ(オランダロシアイタリアアゼルバイジャンリトアニア)、北中米(メキシコ)、オセアニア(オーストラリア)、南米(ブラジル)の5地域のプロリーグでプレーして得点を決めた。

日本代表時代には日本人初となるW杯3大会連続ゴールを決め(日本人のW杯最年長得点者)、アジア人のW杯最多得点者となり、アジア人初となるW杯3大会連続アシストも達成。ルディ・フェラーデイビッド・ベッカムらに続くW杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となった[3][4]FIFA選出のW杯の「マン・オブ・ザ・マッチ」数において日本人最多の「4回」受賞し、ミロスラフ・クローゼエデン・アザールハメス・ロドリゲスらと並び受賞総数5位である[5]

2020年にイギリスメディア『90min』選定の「21世紀の日本代表ベストイレブン」に選出[6]、ドイツメディア『SPOX』選定の「アジア歴代ベストイレブン」に選出[7]、『アジアサッカー連盟(AFC)』『Opta』選定の「W杯アジアベストイレブン」に選出された[8]

現役選手ながら選手以外の活動も精力的に行い、2012年には自身がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を日本全国で開校[9]。2015年からは複数のプロサッカークラブの実質的なオーナーを務め[10]、2018年にはカンボジア代表GM・監督に就任した。

クラブ経歴

プロ入り前

大阪府摂津市出身。両親は本田が小学2年生の春に離婚、自身は父親に引き取られたが、仕事で忙しかったこともあり、祖父母に育てられていた[11][12]。幼少時は鳥飼さつき園に通園[13]摂津市立鳥飼北小学校2年時から地元の摂津FCに入団しサッカーを始めた。摂津市立第四中学校に入学。あだ名はゴリ[14]。その後、ガンバ大阪ジュニアユースに所属し家長昭博安田理大東口順昭らとともにプレーしたが[14]、当時はスタミナやスピードに難があり、ユースチームへの昇格が見送られた為[15]石川県星稜高校へ進学した[16]。1年時に高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝し、3年時にはキャプテンとして第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、石川県勢として初のベスト4に貢献した[16]。高校では、豊田陽平橋本晃司とともにプレーした。2004年には特別指定選手として名古屋グランパスエイトの練習に参加し、7月24日に行われたナビスコカップジュビロ磐田戦で公式戦初出場を果たした。背番号は「39」。同時期に横浜F・マリノスの練習にも参加したが獲得は見送られた[17]

名古屋グランパスエイト

高校卒業に際して複数のJリーグクラブからオファーを受け[16]、前年に特別指定選手として在籍していた名古屋グランパスエイトとプロ契約を結んだ。背番号は「24」。本人の希望により加入時の契約に「オファーがあれば海外クラブへの移籍を認める」という条項が盛り込まれていた[18]。2005年3月5日、ジェフユナイテッド千葉戦でクラブ史上4人目となる高卒ルーキーの開幕スタメンでプロデビューし、アシストを決めた。4月28日、第8節東京ヴェルディ戦でプロ初ゴールを決めた。プロ2年目でレギュラーに定着し、左サイドハーフ、左ウイングバック、左サイドバックなどのポジションでプレーした。

VVVフェンロ

2008年1月16日、エールディヴィジ(オランダ1部リーグ)のVVVフェンロへ移籍。2年半契約+1年のオプション付きで背番号は「29」[19]。1月20日の入団会見ではオランダ語で挨拶を行い、会見直後に行われたPSV戦に後半開始から出場した[20]。 3月15日、第29節フェイエノールト戦で移籍後初得点となる直接FKを決めた[21]。レギュラーに定着したが、チームはエールステ・ディヴィジ(オランダ2部リーグ)への降格が決定した。

2008-09シーズンは8月に浦和レッズからオファーが届いたが、本田はオファーを断り、残留を決めた[22][23]。背番号を「10」に変更し、攻撃の軸として首位を独走するチームの原動力となり、2009年3月20日のフォルトゥナ戦からはキャプテンを任された。4月24日、ハーレムに勝利し、チームをリーグ優勝と1部復帰に導いた[24][25]。リーグ戦36試合に出場し16ゴール13アシストを挙げ、2部各チームの監督と主将投票による年間最優秀選手賞(MVP)を受賞した[26][27]

2009-10シーズンは8月にジーコが率いるロシア・プレミアリーグCSKAモスクワからオファーが届いたが、本田はオファーを断り、残留を決めた[28][29]。前半戦18試合に先発出場し、6ゴール7アシストを挙げた。第3節ユトレヒト戦では30mの距離から豪快なミドルシュートを決めた[30]。このゴールは2017年に『FOX Sports』で過去10年のエールディビジで生まれた「スーパーミドルTOP10」で5位に選出[31]、2019年にはエールディビジで生まれた「日本人最高のゴールTOP10」で1位に選出された[32]。2009年12月にCSKAモスクワ、PSVからオファーが届いた[33][34]

CSKAモスクワ

2010年1月1日、移籍金900万ユーロ(約12億円)でロシア・プレミアリーグCSKAモスクワへ移籍。4年契約で背番号は「7」。ロシア・プレミアリーグでプレーする初めての日本人選手になった[35][36][37]

2010年2月24日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのセビージャ戦に先発出場し、CL初出場を果たした。この大会のみ背番号は「18」をつけた。3月16日、2ndレグのセビージャ戦で前半39分には先制点をアシストし、後半10分には30mの距離から決勝点となる直接FKを決め、CL初得点。2戦合計3-2でCSKAが勝利し、日本人初、クラブ史上初、ロシアリーグ所属チーム史上初となるCLベスト8への原動力となった[38]。この試合で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出、さらに1stレグ2ndレグともに欧州の複数のスポーツ紙にてCL週間ベストイレブンに選出された[39][40]。準々決勝ではジョゼ・モウリーニョが率いるインテルと対戦し、1stレグ2ndレグともに先発出場したが、チームは敗れた。この大会でインテルは優勝を果たした。

2010-11シーズンは2010年3月12日に行われた開幕戦のアムカル戦に先発出場し、後半アディショナルタイムに移籍後初得点となる決勝点を決めた[41]。不慣れなボランチでの出場が多いながらも、リーグ戦で4得点を挙げ、ロシア紙『スポーツ・エクスプレス』の採点では平均6.02で全選手中10位と高く評価され[42]、来シーズンのCL本戦出場権獲得に貢献した。UEFAヨーロッパリーグ(EL)では、グループリーグのパレルモ戦で1ゴール2アシストを挙げるなどの活躍を見せ、グループリーグ突破に貢献した[43][44]。2011年3月、EL決勝トーナメント2回戦でフッキラダメル・ファルカオハメス・ロドリゲスらを擁し、アンドレ・ビラス・ボアスが率いるポルトと対戦。1stレグ2ndレグともに先発出場したが、チームは敗れ、ベスト16に終わった。この大会でポルトは優勝を果たした。2011年5月22日、ロシア・カップ決勝のアラニア戦で決勝点をアシストし、CSKAモスクワの2シーズンぶりの優勝に貢献した。

2011-12シーズンはボランチではなく、得意とする右サイドハーフで起用されたことで得点に絡む機会が増え、18試合で前シーズンを上回る7得点を挙げるなど好調だったが、2011年8月28日のスパルタク・モスクワ戦で右膝半月板を損傷し、9月1日に手術を受け、全治には最長3か月と発表された[45]。11月18日のルビン・カザン戦で先発フル出場し、2か月半ぶりに復帰を果たすも、試合後に右膝の故障が再発し、またも長期離脱となり[46]CLグループリーグを全試合欠場した。2012年1月、イタリア・セリエAラツィオへの移籍が取り沙汰され、冬の移籍市場でイタリア勢で最高金額の移籍金のオファーを提示されたが、CSKAがオファーを断り、移籍は破談となった[47][48]。2012年2月21日、CL決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリード戦で途中出場し、3か月ぶりに公式戦復帰を果たした。しかし、2ndレグは左太ももの負傷で欠場し、チームも敗退した。4月21日のディナモ・モスクワ戦で1か月半ぶりに復帰を果たした。5月13日、最終節ルビン・カザン戦で9カ月ぶりの得点を決めるもチームは敗れ、来シーズンのCL出場権を逃した。

2012-13シーズンはトップ下で起用され、前半戦18試合で7得点を挙げる活躍を見せていたが、2013年2月に左足首の負傷でチームを離脱。以後、長期に渡り治療を余儀なくされ、3月のW杯アジア最終予選ヨルダン戦も欠場し、4月21日のスパルタク・モスクワ戦で2か月ぶりに復帰を果たした。2013年5月18日、CSKAモスクワは6シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、自身にとって初の欧州1部リーグでの優勝となった。6月1日、ロシア・カップ決勝のアンジ戦に先発出場し、2シーズンぶりの優勝に貢献、2冠を達成した。ロシア紙『スポーツ・エクスプレス』選定の2012-13シーズンのベストイレブンにトップ下で選出された[49]

2013-14シーズン初戦となったロシア・スーパーカップゼニト戦で2得点を決める活躍を見せ、CSKAモスクワの4シーズンぶりの優勝に貢献した[50][51]。また、CLグループリーグではバイエルン・ミュンヘン戦とプルゼニ戦で1ゴールを決めるなど2G2Aの活躍を見せたが、チームはグループリーグで敗退した。2013年12月11日、CSKAモスクワ退団が発表された。

ACミラン

2013年12月11日、セリエAACミラン移籍が発表された[52]。3年半契約で背番号は自ら希望した「10」に決まった。2014年1月12日、第19節サッスオーロ戦で後半から途中出場し、セリエAデビューを果たした[53]。しかし、翌日マッシミリアーノ・アッレグリ監督が解任された。アッレグリの下で得意とするシャドーでの起用予定だったが[54]、新監督のクラレンス・セードルフカカをトップ下に置き、本田は右サイドで起用された。1月15日、初の先発出場となったコッパ・イタリア5回戦スペツィア戦で移籍後初得点を決めた。4月7日、第32節ジェノア戦でリーグ戦初得点を決めた。

2014-15シーズンフィリッポ・インザーギが監督に就任し、3トップの右ウイングで起用された。開幕戦のラツィオ戦で先発出場し、先制点を決めた[55]。第2節パルマ戦ではジャコモ・ボナヴェントゥーラの先制点をアシスト、イニャツィオ・アバーテのクロスを頭で決め、1ゴール1アシストを記録した[56][57][58]。第7節ヴェローナ戦で移籍後初の1試合2得点を決めた。2014年11月23日のミラノダービーインテル所属の長友佑都とともに出場し、ミラノダービーで初の日本人対決が実現した[59]

2015-16シーズンシニシャ・ミハイロヴィチが監督に就任。2試合連続で出場機会がなく、チームが2連敗を喫した10月4日のナポリ戦後、チーム批判とも受け取られかねない発言をした[60]。次節からアレッシオ・チェルチが右ウイングで起用されたため、出場機会が激減した[61]。12月20日、第17節フロジノーネ戦でシステム変更に伴い右サイドハーフに抜擢、リーグ戦では12試合ぶりの先発出場となり、アシストを挙げフル出場を果たし勝利に貢献[62]。監督の信頼を得て、以降は右サイドハーフのレギュラーに定着。2016年1月30日のミラノダービーで決勝点をアシスト、伊3紙から最高点が与えられた[63]。2月14日、第25節ジェノア戦で今季初得点となるミドルシュートを決めた。このゴールはミランサポーターが選ぶシーズンベストゴールに選出された[64]。コッパ・イタリアでは7試合で1G4Aを挙げ決勝進出に貢献、決勝戦のユヴェントス戦で先発フル出場を果たしたが、チームは延長戦で敗れ、優勝を逃した[65]。ユヴェントスはリーグでも優勝を果たしていたため、準優勝のミランが来シーズンのスーペルコッパ・イタリアーナの出場権を獲得した。

2016-17シーズンヴィンチェンツォ・モンテッラが監督に就任し、スソエムベイェ・ニアンジェラール・デウロフェウといった若くてスピードがあるウイングが起用されたため、出場機会が少なかった。2016年12月23日、スーペルコッパ・イタリアーナが行われ、ベンチ入りしたが出場せず、チームはユヴェントスにPK戦で勝利し、ミラン移籍後初タイトルを獲得した。2017年1月31日、冬の移籍市場最終日にイングランド・プレミアリーグハル・シティからオファーが届いたが、本田はオファーを断り、残留を決めた[66]。2017年5月21日、ホーム最終戦のボローニャ戦で今季初得点となる直接FKを決めた。ミランの来季のEL出場を決定付ける得点でもあり、このFKはミランサポーターが選ぶ5月のベストゴールに選出された[67]。試合後、自身の公式Twitterを開設すると同時に今季限りでのミラン退団を表明した[68]。5月28日、ミランでのラストマッチとなった最終節のカリアリ戦では、移籍後初のキャプテンマークを巻き、フル出場を果たした[69]

ミラン情報サイト『ピアネタ・ミラン』は本田について「良いテクニックを持っており、戦術的には貴重な選手であり、頭も良い。それに非常にプロフェッショナルな選手だ」と評した一方で「マーケティング目当てで獲得したというレッテルが貼られ、ティフォージ(サポーター)から愛されなかった。もし本田が背番号10番以外を選んでいたとしたら、ミランのサポーターの態度は違っていたのかもしれない」と指摘した。「模範的なプロ選手であり続け、コンディションを保つために労を惜しまず、彼を指導した監督は全員、彼について好印象を持っていた。ミランでは大成功を収めることはできなかったが、足跡はしっかり残した」と締めくくった[70]

パチューカ

2017年7月14日、リーガMX(メキシコ1部リーグ)のパチューカへの移籍が決定した[71][72]。1年契約で背番号は「02」[73]。ユニフォームネームは「KSK」となっている。この「KSK」とは自身の展開するブランドの名前であり、圭佑という名前をもじったものである[74]

2017-18シーズンは右ふくらはぎ肉離れで出遅れたが、8月22日の前期第6節ベラクルス戦で後半から途中出場し、移籍後初得点を決めた[75]コパMXでは決勝トーナメント1回戦のサカテペク戦で移籍後初の1試合2得点を決め[76]、準々決勝のティフアナ戦ではハーフウェーライン手前から4人抜きのゴールを決め称賛された[77][78]。2017年12月9日、北中米カリブ海王者として挑んだFIFAクラブワールドカップでは、準々決勝のウィダード・カサブランカ(アフリカ王者)戦で先発フル出場し、勝利に貢献した[79]。2018年2月3日、後期第5節モレリア戦で2試合連続ゴールとなる直接FKを決め[80]、第14節プエブラ戦ではリーグ戦初の1試合2得点を決めた[81]。1トップ、トップ下、右インサイドハーフ、右ウイングと複数のポジションでプレーし、リーグ戦29試合に出場し10ゴール7アシストを挙げ、チームの攻撃を牽引。この活躍を北米メディア『ESPN』は「今季メキシコリーグに加入選手の中で最もインパクトを残した」と称賛した[82]

メルボルン・ビクトリー

2018年8月6日、Aリーグ(オーストラリア1部リーグ)のメルボルン・ビクトリーへの移籍が発表された。1年契約で背番号は「4」。年俸制限のないマーキープレーヤーとしての契約となる[83]

2018-19シーズンは右インサイドハーフで起用され、10月20日に行われた開幕戦のメルボルン・シティ戦にキャプテンマークを巻き先発出場し、移籍後初得点となる先制点を決めた[84]。開幕から7試合で4G3Aを挙げ、10月と11月のAリーグ月間最優秀選手に選出された[85]。12月に右太もも裏を負傷し、チームを離脱。2019年2月10日、第18節パース・グローリー戦で2か月ぶりに復帰を果たした。AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第1節大邱FC戦で大会初出場を果たした。2019年3月12日、クラブチームの選手として、11年3カ月ぶりの日本凱旋試合になった第2節サンフレッチェ広島戦でACL初得点を決め、第2節のベストイレブンに選出された[86][87]。チームはレギュラーシーズン3位になり、ファイナルシリーズ進出を決めた。ファイナルシリーズでは2試合にフル出場し、2アシストを挙げたが、準決勝でシドニーFCに敗れた[88]

フィテッセ・アーネム

2019年6月にメルボルンビクトリーを退団後、無所属の状態が続いたが、同年10月31日からCSKAモスクワ時代の恩師であるレオニード・スルツキー率いるエールディヴィジSBVフィテッセの練習に参加。11月6日、フィテッセへの移籍が発表された。シーズン終了までの1年契約で背番号は「33」。2年半ぶりの欧州復帰、10年ぶりのオランダ復帰となった[89][90]。練習参加だけの予定だったが、スルツキー監督から獲得を熱望され、心変わりした事を移籍理由に挙げた[91]

2019年11月24日、第14節スパルタ戦に先発出場し、半年ぶりの実戦となった[92]。第15節ヘーレンフェーン戦も先発出場を果たしたがチームは敗れ、試合後に5連敗の責任を取り、スルツキー監督は辞任した[93]。12月23日、フィテッセ退団が発表された[94]。低迷するチーム状況を変えられず、恩師であるスルツキ監督の退任を招いたことを退団理由に挙げた[95]

2020年1月31日、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部リーグ)のボタフォゴへの移籍を発表[96]。1年契約で背番号は「4」。

2020年3月15日、リオデジャネイロ州選手権の第3節バングー戦に先発出場し、先制点となるPKを決め、移籍後初得点を挙げた[97]。この得点により、クラブキャリア通算100得点を達成した[98]。また、アジア・ヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリア・南アメリカの5大陸のプロリーグで得点を記録した史上初の選手となった[注釈 1][99][100]。しかし、試合後に新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全ての公式戦が中断。中断によりクラブの収入は激減し、以前から巨額の負債を抱えていたクラブの財務状況は一層悪化、選手やクラブスタッフへの給与遅配が続いた。5月に本田は遅配している3月分の給与を受け取らないことを申し出たが、クラブ側は全選手に給与を支払う方針を示した[101]。6月29日、公式戦再開となるリオデジャネイロ州選手権の第4節カボフリエンセ戦からゲームキャプテンを任された[102]。10月11日、ブラジル全国選手権の第15節スポルチ戦で全国選手権初得点を挙げた[103]。日本人の全国選手権でのゴールは三浦知良(1990年)、前園真聖(1998年)に続き3人目となった[104]。チームは降格圏に沈み、1年で4人(最終的には1年で5人)の監督が解任。度重なる監督交代、1試合も指揮を執っていない監督を就任13日で解任したフロント陣に不満を持ち、ボタフォゴ退団を示唆した[105]。12月19日のコリチーバ戦で左太ももを負傷し、全治6週間~8週間の診断を受け、チームを離脱。

2020年12月30日、自身のTwitterでボタフォゴ退団を表明し[106]、2021年1月29日に退団が発表された。チームに残留しても負傷でシーズンの残り試合の出場は難しい中での退団だったが、チームが降格圏に沈む中での退団にサポーターやメディアからは厳しい声が上がった。しかし、チームメイトのサロモン・カルーはボタフォゴの問題を指摘し、本田の退団に理解を示した[107]。新型コロナウイルスの感染が深刻化している中でチームメイトやチームスタッフと自身の送別会を開き、批判を受けた[108]

ポルティモネンセ

2021年2月4日、プレミアム音声サービスNowVoiceプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)のポルティモネンセへの移籍報告を行った[109]。半年契約で背番号は「4」[110]。プリメイラ・リーガの冬の移籍期限の2分前に契約した事を明かした。しかし後日、選手登録が間に合ってなかった事が判明し、またリーグ規定により2020年夏の移籍市場が閉まった時点で無所属でなければ追加登録が可能なフリーエージェントとして認められない事も判明。2021年1月までボタフォゴ所属の本田はこれに該当しないため、選手登録が認められず、今シーズンの公式戦出場が不可能になったため、退団した[111]

ネフチ・バクー

2021年3月15日、アゼルバイジャン・プレミアリーグネフチ・バクーへの移籍が発表された。今シーズン終了までの契約で背番号は「4」[112]。アゼルバイジャン・プレミアリーグでプレーする初めての日本人選手となった[113]。4月4日、第21節スムガイト戦に後半開始から出場し、3か月半ぶりの公式戦出場となった。第25節ケシュラ戦で移籍後初得点を挙げ[114]、第26節サバイル戦では2試合連続となる得点を挙げた[115]。5月19日、リーグ7連覇中で首位のカラバフと優勝を懸けた最終節に先発出場し、チームはカラバフに勝ち、逆転で8シーズンぶりのリーグ優勝を達成した[116]

スードゥヴァ・マリヤンポレ

2021年9月14日、Aリーガ(リトアニア1部リーグ)のスードゥヴァへの移籍が発表された[117]。今シーズン終了までの契約で背番号は「3」[117]。 9月26日、第30節バンガ戦に先発出場し、4か月ぶりの実戦となった試合で移籍後初得点を挙げた[118]

代表経歴

星稜高校3年時に石川県選抜として、本来のボランチではなく左サイドバックとしてプレーし、ステップなしの強いキックで、いとも簡単にサイドチェンジしていた姿がU-19日本代表監督を務めていた大熊清の目に留まり、2004年に初めて日本代表に選出された[119]。2005年6月に開催されたFIFAワールドユース選手権・オランダ大会にU-20日本代表として招集され、負傷明けの梶山陽平に代わって、グループリーグ初戦のオランダ戦にボランチで先発出場した[120]。しかし試合は前半にオランダが圧倒、後半は日本もペースをつかむ時間帯を得たが本田は途中交代となり、チームも敗れた。この後、チームはベスト16に進出したものの、梶山の復調もあって出場機会はなかった。

2007年に開催された北京オリンピックアジア予選では左サイドハーフ、左ウイングバック、左サイドバックとして最終予選5試合にフル出場し、五輪出場権獲得に貢献した。2008年8月に開催された北京オリンピックでは3試合に先発出場し、谷口博之らとともに主力として攻撃を牽引したが、グループリーグ3戦全敗で敗退した。

2006年11月、A代表に初選出されたが出場はなかった。2008年6月22日、2010 FIFAワールドカップ・アジア3次予選バーレーン戦でA代表デビュー[2]。2009年5月27日、キリンカップチリ戦で山田直輝からパスを受け、A代表初得点を挙げた[121]。右サイドには中村俊輔が君臨していたため、本田は控えの立場だったが、2010年に入るとレギュラーに定着。

2010年6月に開催されたFIFAワールドカップ・南アフリカ大会では4試合にフル出場。大会直前にそれまで経験のないセンターフォワード(1トップ)に抜擢され、グループリーグ初戦のカメルーン戦で決勝点を挙げ、FIFA選定の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された[122][123]。第3戦のデンマーク戦では直接FKで先制点を挙げ、岡崎慎司のゴールもアシストし、日本代表の決勝トーナメント進出に貢献、この試合でも「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された[124]。決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦では強烈なミドルシュートを放つなど強い印象を残したが、PK戦の末に日本代表は敗れた(記録上は引き分け)。しかし敗戦チームからは異例の今大会3度目となる「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された[125]

2011年1月に開催されたアジアカップ2011では5試合に先発出場。グループリーグ第2戦のシリア戦では、PKで日本代表の国際Aマッチ通算1000点目となる決勝点を挙げた[126]。準決勝の韓国戦でも全2得点に繋がるプレーを見せ、この2試合で「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された。準々決勝のカタール戦での2得点につながる縦パスを含め、出場した試合で日本代表が挙げた全9得点中6得点に絡む活躍で日本代表の2大会ぶりのアジアカップ優勝に貢献し、最優秀選手(MVP)に選出された[127][128]

2011年2月7日、全国のサッカー担当記者の投票による2010年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に有効投票202票のうち、75票を集めて初選出された[129]。50年の歴史がある賞だが、海外クラブ所属の選手が受賞するのは本田が初めてであった[注釈 2]。3月29日に開催されたチャリティーマッチ「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」では、先制点のきっかけとなったFKを獲得し、岡崎慎司の決勝点をアシストする活躍を見せた。2011年8月に右膝半月板を損傷し、長期離脱を余儀なくされ、2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選を全試合欠場した。2012年5月のアゼルバイジャン戦で9か月ぶりに代表復帰を果たした。

2012年6月8日、2014 FIFAワールドカップ・アジア最終予選ヨルダン戦でハットトリックを達成[130]。本田のハットトリックは高校時代以来でプロ入り以降は初めてであり、W杯アジア最終予選の日本人選手のハットトリックは三浦知良(1997年ウズベキスタン戦)以来となる、史上2人目の快挙となった[131]。2013年6月4日、オーストラリア戦の後半アディショナルタイムに自らが獲得した同点となるPKを決め、日本代表は2014 FIFAワールドカップ出場を決めた。最終予選で5得点を決めた本田は、1大会のW杯アジア最終予選における通算得点で三浦知良の4得点を抜き、歴代最多得点を更新した[132]

2013年6月に開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2013では3試合に先発出場。グループリーグ第2戦のイタリア戦でPKで先制点を決めるが、チームは逆転負け。グループリーグ3戦全敗で敗退した。本田はFIFA選定のグループリーグベストイレブンにアンドレス・イニエスタマリオ・バロテッリらとともに選出され、グループリーグ敗退国からは唯一の選出となった[133]

2014年6月に開催されたFIFAワールドカップ・ブラジル大会では3試合にフル出場。グループリーグ初戦のコートジボワール戦では先制点を決め、日本人のW杯最多得点を更新したが、チームは逆転負け。第2戦のギリシャ戦ではチームは引き分けに終わったものの、FIFA選定の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出された[134]。第3戦のコロンビア戦では岡崎慎司のゴールをアシストしたが、チームは敗れ、グループリーグで敗退した。

2015年1月に開催されたアジアカップ2015では4試合に先発出場。グループリーグで3得点(2得点がPK)を決め、AFC選定のグループリーグベストイレブンに選出された[135]。準々決勝UAE戦では柴崎岳の同点弾をアシストするも、PK戦で本田と香川真司がPKを外し、チームは敗れた[136]

2015年11月17日、2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選カンボジア戦で得点を決め、日本サッカー史上初のワールドカップ地区予選5試合連続ゴールを記録[137]シリア戦でも得点を決め、6試合連続ゴールを記録[138]。2016年9月1日、2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選UAE戦で先制点を決め、7試合連続ゴールを記録[139]タイ戦では得点を決められず、連続ゴールは7試合でストップした。オーストラリア戦では4年ぶりとなる1トップで出場し原口元気の先制点をアシスト、イラク戦では大迫勇也の先制点をアシストした。

2017年9月6日のサウジアラビア戦に先発したが、前半終了後交代となった。試合後に代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチは「本田のゲーム勘が欠けていたことが分かっていたので、45分限定で使った。リズムの面でトップレベルにない、今後も努力して取り戻してもらいたい」と評した[140]。自身も「全然ダメ」と認める低調なプレーに[141]、サッカーファンやメディアの間から“本田不要論”が噴出した。本田はこれを受けて、Twitterにて「サッカーファンの皆さん、メディアの皆さん、『もう代表に必要ない』とか他にも厳しい声をありがとうございます」「良い感じで舞台は整ってると思ってます」と批判に対して感謝を述べた[142]。2017年9月28日、負傷や国内組で編成された試合を除いて、代表とクラブでの不振を理由に2009年3月以来となる8年半ぶりに代表メンバーから外れた。2018年3月、クラブでの活躍が評価されて半年ぶりに代表復帰を果たした。

2018年6月に開催されたFIFAワールドカップ・ロシア大会ではスーパーサブとして3試合に途中出場。グループリーグ初戦のコロンビア戦でCKから大迫勇也の決勝点をアシストし、アジア人初となるW杯3大会連続のアシストを達成した[143]。第2戦のセネガル戦では同点弾を決め、日本人初となるW杯3大会連続ゴールを達成し、アジア人のW杯最多得点を更新した[144]。W杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となり[3]、32歳11日でのゴールは中山雅史が30歳277日で決めた得点(1998年ジャマイカ戦)を上回り、日本人のW杯最年長ゴールとなった[4]。日本代表の決勝トーナメント進出に貢献した本田の活躍は“本田不要論”を唱えていた者たちにも予想外であり、ネット上で「本田さん、ごめんね」といった謝罪の言葉があふれた[145]。また、イギリス公共放送『BBC』にグループステージのベストイレブンに選出された[146]。決勝トーナメント1回戦のベルギー戦では、同点で迎えた後半アディショナルタイムに南アフリカW杯のデンマーク戦を彷彿とさせる直接FKを遠距離から放ったが、GKのティボ・クルトゥワの好守に阻まれた。その直後に蹴ったCKをクルトゥワにキャッチされた流れから、カウンターで失点し、チームは逆転負け。試合後に本田は「僕自身はこれが最後のW杯になる。次の世代にバトンを渡して、W杯で優勝という目標を掲げて引っ張っていく若い連中に期待したい」とW杯優勝の夢を次の世代に託して、自らは4年後のW杯は目指さないことを明言した[147][148]

ベルギー戦の後半アディショナルタイムに勝ち越し点を狙いに行った本田や日本代表には賛否両論が噴出し、試合直後にファビオ・カペッロは「ボールをキープして延長戦に持ち込むべきだった」とCKを蹴った本田を批判し、書籍『ロストフの14秒』では「ゴール前に2人のCBを上げずに、1人は自陣に残してカウンターに備えるべきだった」と日本代表の判断を批判した[149]。しかし、同書でアルベルト・ザッケローニは「CKを蹴った選択は正しかったんだ。私が監督だったら日本代表と同じように『ゴールを狙え』と指示したでしょう」「CKで得点できていれば、世界中から日本代表は称賛された。逆にボールを回す選択をして負けたら『勇気をもって戦えば良かったのに』と言われたかもしれません」「攻める姿勢を貫いたことは日本のサッカー文化だ」と語った[150]。また、NHK BS1で放映された『激白!西野朗×岡田武史』で岡田武史は「ショートコーナーで時間を使って延長戦に持ち込む、俺は絶対違うと思ったね。ここは勝負に行くべきでしょ」と語り、西野朗も「ビッグチャンスだからね」と同調した。ベルギー戦から1年後には「負けた一番の原因は1失点目。そして2失点目」「3失点目はクルトゥワのスローイングを遅らせなかった事が痛かった」などの日本サッカー協会テクニカルスタッフによる分析内容の一部が明かされた[151][152][153]

2018年8月、2020年東京オリンピックオーバーエイジとして出場を目指す事を宣言した[154]。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて、オリンピックは1年延期となった。2021年6月、東京オリンピックに臨むU-24日本代表が発表され、オーバーエイジとしてA代表で主力の吉田麻也酒井宏樹遠藤航の3人が選出され、本田の五輪出場は叶わなかった。

指導者として

カンボジア代表監督

2018年8月12日、カンボジアで記者会見を開き、現役選手ながら実質的なカンボジア代表GM・監督に就任することが発表された[155]。ただし、本田自身は監督の資格を有していないために、実質的には本田が指揮をとるものの、登録上はフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマスが監督に就任した。11月20日、2018年東南アジアサッカー選手権ラオス戦で監督初勝利を挙げた[156]。カンボジア代表の東南アジアサッカー選手権での勝利は通算3勝目であり、2002年大会以来16年ぶりの勝利となった。

2019年6月11日、2022 FIFAワールドカップ・アジア1次予選パキスタンに勝ち、2次予選進出を決めた[157]。2019年9月5日、2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選香港に引き分け、カンボジアサッカー史上初の2次予選で勝ち点を挙げた[158]。五輪代表も実質的な監督を兼任し、2019年の東南アジア競技大会で史上初のグループリーグ突破を果たし、過去最高の4位の成績を残した。

2021年3月24日、2023年の東南アジア競技大会までの契約延長が発表された[159]。また、フェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマスの監督退任が発表され、帝京高校などを率いてきた広瀬龍の監督就任が発表された[160]

その他の指導者としての実績

2012年5月、自身がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」を地元の大阪に開校[9]。同年11月には神戸にも開校している。SOLTILOはスペイン語の「SOL=太陽」と「ESTILO=スタイル」からの造語で、FAMILIAは家族を意味する。

2015年8月19日、『HONDA ESTILO 株式会社』がのユース、ジュニアユースを新設することを発表した[161]

2016年6月22日、国連財閥の教育事業である「グローバル・アドボケイト・フォー・ユース」に任命された。また、アメリカのマサチューセッツ工科大学メディアラボの特別研究員に日本人アスリートとして初めて就任した[162]

ビジネスとして

  • 2017年12月、株式会社HRBrain に本田圭佑氏が代表を務める「KSK Angel Fund LLC」が出資。投資家に加わり独自の目標達成メソッドの共同開発やパブリシティ面で随時連携を図っていく予定。
  • 2018年4月、ウィル・スミスと共同で投資ファンド「ドリーマーズ・ファンド」を設立[163]。世界各国の投資家から資金として約1億ドルを集め、アメリカの新興企業に投資を行う計画である[163]。7月18日には、野村ホールディングスがファンドへの出資に参加することを発表した[163]
  • 2020年4月、音声通話サービス「Now Voice」をリリースし、ダルビッシュ有錦織圭など多くの著名人が参加した[164]
  • 2020年5月、投資などを行うビジネスファンド「WEIN挑戦者FUND」を設立した[165]

選手としての特徴

プレースタイル

名古屋時代はシュートへの意識はそれほど高くなく、かつては「自分の中の美学はパスだった」とも語っていたが、海外移籍後はゴール数を残すことがキャリアアップへの近道と考え、貪欲にゴールを目指すスタイルを確立した[166][167]

フリーキックが得意と評されており[168][169]、距離的にはやや離れた位置が得意である[170]

以前も日本代表において守備時の運動量の少なさを指摘されることもあった[171]。またすべての中盤のポジションとウイング、時にはセンターフォワード左サイドバックでもプレーし[注釈 3]ユーティリティ性に優れている。

2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会パラグアイ戦では、両チームの中で最速の29.43 km/hのランを記録した。J SPORTSウェブ版のコラムニスト原田公樹は「この数字は一瞬のもので、どれくらいの時間、持続していたかわからないが、少なくとも本田は鈍足ではない」と記事を綴った[172]

評価

2010年に南アフリカW杯、CLでの活躍が評価され、日本人選手として小野伸二(2002年)以来2人目となるUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた[173][174]

2020年にイギリスメディア『90min』選定の「21世紀の日本代表ベストイレブン」に選出[6]、ドイツメディア『SPOX』選定の「アジア歴代ベストイレブン」に選出[7]、『アジアサッカー連盟(AFC)』『Opta』選定の「W杯アジアベストイレブン」に選出された[8]

日本代表監督として本田を4年間指導していたアルベルト・ザッケローニは「素晴らしい技術に恵まれた偉大なプロ意識の持ち主だ。日本人選手としては珍しいタイプで、フィジカルが強い。 際立ったパーソナリティーがあり、試合の中で多くのボールを必要とする」「ピッチの上では自分の方法でリーダーになることを知っている」と評した[175]。2016-17シーズンに本田がACミランで控えになった際には、本田がサイドのポジションで起用されることに懐疑的な見解を示し「これは私が昔から言っていることで、彼はトップ下の選手なんだ。彼は足下でボールを受けて、そこからアイディアを出す。彼は100本のパスを送る必要があり、そうしても決して疲れることはない」とあくまでトップ下が適正ポジションだと言及[176]。「決して落第ではない。ミランは色んな問題もあり、本田という選手を生かし切れなかった」と分析した[177]

レオニード・スルツキーCSKAモスクワ監督時代に「本田は最高のテクニックを備えた選手だ。ビッグクラブでも十分にやっていけるだけの強い精神力も持っている。高精度のラストパスに強烈なシュートと、近代サッカーの司令塔に求められる資質を全て兼ね備えた選手。本田はビッグクラブでプレーするのがふさわしい。彼はプロとして非の打ち所がない男だ。」と評した[178]。また、フィテッセ監督時代には「ケイスケはロボットだよ。食事、睡眠、トレーニング、準備、コンディションなど全てが適正だ。確かに彼は決してスピードのある素早い選手ではない。だが、スピード以外のクオリティーは十分。彼は私の指導者人生のなかで、最高の選手の1人だ」と絶賛した[179][180]。 

2010年のFIFAワールドカップ・南アフリカ大会敗退直後、アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲルから、「天才」「ここまでのベストプレーヤー」「間違いなくトップレベル」「日本のさらなる成長のためには本田のように能力が揃っているクローン選手を育成するべき、それが無理なら本田をさらに活かすためにビジャのような相棒を探すべき」との絶賛を受けた[181]。FIFAの技術研究グループが作成したW杯南アフリカ大会の報告書では、松井大輔とともにドリブル技術が高いと評価された[182]。2010年10月には世界的なサッカー情報サイト「goal.com」が「アジア人最高のサッカー選手」と称える記事を掲載した[183]

2014年のFIFAワールドカップ・ブラジル大会敗退後に日本のメディアからは批判もされたが[184][185][186]、コートジボワール戦をイタリアのガゼッタ・デロ・スポルト[187]、フランスのル・モンド[188]レキップ[189]、コロンビア戦をブラジルのプラカール誌、ガゼッタ・エスポルチーバ、ランセ紙[190]、フォーリャ紙[191] では高評価が与えられた。グループリーグ終了後にFIFAは、公式分析システムのを使い、出場全選手736人のランキングを10点満点で発表し、本田は8.96点の全体37位および日本選手では最上位と採点した[192][193][注釈 4]

2013-14シーズン途中に移籍したACミランでは、クラブOBのアレッサンドロ・コスタクルタに「現時点での本田は『ミランの10番』どころか、単に『ミランの一員』としても認めるわけにはいかないレベルにある、と言わざるを得ない」[194]、同OBのパオロ・マルディーニはミランの低迷を踏まえて「その救世主たり得るだけの実力を本田は残念ながら持ち合わせてはいない」[195] と評された。

しかしOBでミラン監督のフィリッポ・インザーギは2014-15シーズン前から「本田は勝利に必要なスピリットを随所で見せられる選手。(イタリアメディアが)本田に対して過小評価の報道をするのに納得できない」と、イタリアで報じられる本田不要説を一蹴[196]。2014-15シーズン開幕後、元イタリア代表DFフルヴィオ・コッロヴァーティは「本田には驚いた。異なるサッカーから来た選手だからね。いいクオリティーを持った選手だ。」[197]、 ミランOBのマウリツィオ・ガンツは「本当に素晴らしい活躍を見せている。ミランのクオリティを高めた」[198]、イタリア高級紙コリエーレ・デラ・セラは本田の得点力を「ミランのチェッキーノ(Cecchino:射撃の達人)」という異名をつけ[199]ガゼッタ・デロ・スポルトは「美徳と勇気を備えた男」と[200]、関係者・マスコミが次々と評価を翻した。

人物

父親は熊本県坂本村の出身[201]。母親は広島県出身[202]。実兄の弘幸も元サッカー選手で2005年には大分トリニータ加入が決まっていたが、けがのために現役を引退し、現在は本田の代理人を務めている。

大叔父本田大三郎1964年東京オリンピックカヌー競技のカナディアンペアに出場。その息子の本田多聞(圭佑の父母の従兄弟、圭佑からみて従兄弟違いになる)はレスリングフリースタイルで3大会連続のオリンピック出場経験を持つ現役プロレスラーである[16]

2008年7月に元保育園勤務の保育士の女性と結婚[203]。2012年秋に第一子となる長男が誕生した[204][205]

1999年から2004年に週刊少年サンデーで連載されていたサッカー漫画ファンタジスタ」のファンであり、2009年に作者の草場道輝と対談。これがきっかけで、2012年10月から2015年まで連載されたファンタジスタの続編「ファンタジスタ ステラ」に原案という形で参画し、本人役で登場した[206]

名古屋時代は黒髪だったが、オランダ移籍後から金髪にしており、現在では本田のトレードマークになっている[207]

プライベートでは、いつも両腕に腕時計をつけている[14]。2011年10月にはイタリアの腕時計メーカー「GaGa MILANO」とスポンサー契約を結んだ[208]。両腕にはめる理由について、2008年に安田理大から尋ねられたときは「誰が時計は片腕って決めたん?」とはぐらかしていたが[14]、2013年(CSKAモスクワ在籍中)にロシア誌『Futbol』のインタビューを受けた際は「僕のスタイルだからだが別の意味もある。1つはロシア時間、もう1つは日本時間。間違えて夜中に電話やメールをしないように」と答えている[209]。このエピソードは本田の物真似をする芸人のじゅんいちダビッドソンも用いている。

スパイクはミズノ「イグニタス」を使用している[210]。W杯後に本田の活躍によりこのスパイクが急激に売れたとのこと。ちなみに右足は26.5 cm、左足は27.0cmとサイズが異なるだけでなく、2010年W杯のときは右足のポイントを付け替え式、左足を固定式とするなど、左右非対称の構成を採用している。またメンテナンスは欧州移籍後も古巣・名古屋グランパスの用具担当である松浦紀典に依頼しており、松浦によれば「年間で約10 - 15足ほどを消費する」という[211]

ファッションがメディアに取り上げられることが多い。2010年の南アフリカワールドカップから帰国した際は、チーム内では唯一サングラス姿で到着ロビーに現われた[212]

エピソード

  • 利き足と生年月日が一緒である家長昭博とはガンバ大阪ジュニアユースの同期生であり、親友として互いに尊重しあう間柄である[213]
  • 本田が尊敬している中田英寿とは、日本代表のトップ下を務める新旧エースとして比較されることが多い。21歳で欧州リーグへ移籍し活躍していることをはじめ、日本人離れした強靭なフィジカルとメンタリティ、ファッションへの独自のこだわりといった共通点が挙げられる。二人は南アフリカW杯の直前に放映された対談で初対面した。中田は本田について「彼は貪欲に上を目指せるタイプで、今後の日本を背負う選手」と期待を寄せている[214]
  • 北京五輪のグループリーグで敗退が決まったあとの消化試合では、数名の選手とともに反町康治監督の指示に造反していたことを明かした[215]
  • VVVフェンローは「本田を放出した際の移籍金の一部を、新スタジアム建設に充てる」と発表した。NHKの取材に対してサポーターたちは「新スタジアムの名前は『ケイスケ・ホンダスタジアム』にすべきだ」「名前がダメならせめて銅像だけでも建てるべき」など、本田の功績と求心力がうかがえるコメントを残し、VVVフェンローのオランダ語版会長も「ケイスケのクラブに対する功績は何らかの形で残すつもりだ」と明言した[216]。2018年9月20日、3人の歴代の名選手の1人として、VVVフェンローのホームスタジアム外壁に肖像画が描かれた[217]
  • 2ちゃんねるをはじめとしたインターネット掲示板ツイッターmixiニコニコ動画のコメント欄などにおいて本田△(意味:本田三角形→本田さんかっけー→本田さんカッコイイ)というネットスラングが広がっており[218]、2010年度の「新語・流行語大賞」にもノミネートされた[219]
  • 2010年ワールドカップでの活躍を受けて、FCバルセロナをはじめとする欧州複数クラブが水面下で獲得に動いていたことが明らかになった。
  • 2011年3月、東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通じて5000万円を寄付した[220]。また、サッカーボール200個を被災地の子供たちに寄贈した[220]。さらに、「Notice of Honda災害支援基金」を設立して募金を募り、集まった950万円を超える基金を運用し、被災地の宮城県石巻市フットサル場を建設した[221]
  • 2011年8月、VVVフェンローで2008-09シーズンのMVPを獲得した活躍を称え、高校時代を過ごした第2の故郷・石川県金沢市内に子供向けの42メートル×28メートルの人工芝コート「本田圭佑クライフコート」が設置された[222]。オランダのNPO法人ヨハン・クライフ財団からフェンローのベルデン会長を通じ、同コートを寄付したい旨の要望が日本サッカー協会に届いた。その後、日本協会が石川県協会、金沢市などの協力を経て実現する運びとなった。
  • カプコンの人気ゲーム『モンスターハンター』シリーズのファンで、総プレイ時間は2013年時点で185時間を超えている。2013年にはニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター4』のCMイメージキャラクターを務めた[223]
  • 小学校の卒業文集に「世界一のサッカー選手になる」「セリエAに入団し10番で活躍する」という将来の夢を書いている[224]。2014年1月、ACミランの加入会見で複数のクラブ[225] からオファーを受ける中、「なぜACミランを選んだのか」との質問に「心の中の"リトルホンダ"に聞いたらミランでプレーしたいと言った」と答え[226]、「夢が1つ叶いました」とコメントした[227]
  • 「ミランの経営ではいい部分と反面教師にすべき部分を直に見ている。これは今後のビジネスに必ず生きてくる。だから経営者としてもミランでプレーすることは価値がある」と引退後に経営者としてサッカービジネスに携わることを公言している。
  • 2016年4月、同月に発生した熊本地震を受け、熊本県に1000万円を寄付した[228]
  • 2016年8月、前日に発生したイタリア中部地震を受け、イタリア赤十字社に2万ユーロ(230万円)を寄付した[229][230]
  • 2017年9月、同月に発生した2度のメキシコ地震を受け、メキシコ赤十字社に50万メキシコ・ペソ(310万円)を寄付した[231]
  • 「元日本代表」という呼称を嫌い「ナショナルチャレンジャー」と書いてほしいと自身のSNSで発信した[232]

経営者として

サッカースクール

2012年、小学生を対象に始めたサッカースクールは日本国内で65を数え、中学生を対象としたクラブは関東と関西で合計3、高校生のユースクラブは1と、わずか4年間で日本最大級のサッカースクールを運営する経営者となる(2016年4月)[9]

「才能とは生まれ持ったものではなく、環境によって磨き上げられるもの。大きな夢を持ち、物事がうまくいかなかったときにも心の折れない人材を育成し、才能を開花させるために必要な環境、機会を与える」のがスクールのミッション。一現役選手がこれだけ本格的にスポーツビジネスに参画するのは、本場欧州でも異例である。「誰も成しえていないことに挑戦する」という本田の哲学を体現するスクール経営を目指している。

2017年、2025年国際博覧会誘致特使に就任[233]

ホルン

2015年6月9日、自身のマネジメント事務所である『HONDA ESTILO 株式会社』がオーストリア・3部リーグSVホルンの経営に参入することを発表した。多くのメディアでは「クラブ買収」と報道されたがこれは誤報であり、SVホルンのドイツ語公式HPでは「HONDA ESTILOは我がクラブに投資をする新しい業務提携パートナーである」と発表されている。SVホルンのルドルフ・ラウドン会長は本田サイドとの合意事項は3年であり、2018年シーズン終了時までのパートナーシップ契約を結んでいると説明している。

欧州では下部リーグであってもトップチームにスカウトされるチャンスがあるため、若くして欧州でプレーする選手を増やしたいという意図がある[234]。本田は現役選手としてプレーしているため現地でクラブの業務に関わることはできないが、毎日スタッフと連絡を取り合い近況報告を聞くだけではなく、自らもピッチ内のことに限らず集客などの細かいアイデアを出している。

また、本田とHONDA ESTILOはIT活用による選手強化やチームのパフォーマンス改善にも取り組んでおり、2016年4月25日にはドイツのソフトウェア企業SAPと協力して、選手達のトレーニングや試合中のデータを分析して育成に繋げる取り組み「」の開始を発表した。 同プロジェクトではバイエルン・ミュンヘン横浜F・マリノスでも採用されている「SAP HANA」をデータ分析ツールとして利用する[235][236]。同ツールは2014年サッカーワールド杯でドイツ代表の優勝に貢献したことから、HONDA ESTILOの同取り組みはスポーツビジネス界やIT業界でも大きく注目を集めた[237][238][239][240][241][242]

アンコール

2016年12月26日、カンボジアのシェムリアップ・アンコールFCの経営に携わることを発表した。クラブ経営はSVホルンに続いて2クラブ目[243]

ウガンダ

2017年9月11日、アフリカでは初のチームを買収し、ウガンダン・スーパーリーグ(1部)のの実質的なオーナーになった。実質的なオーナーになるのは3クラブ目[10]

所属クラブ

ユース経歴

プロ経歴

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
出場得点出場得点出場得点出場得点
日本[244]リーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
2004名古屋39J10010-10
2005243122020352
20062964210348
20073033020353
オランダリーグ戦リーグ杯KNVBカップ期間通算
2007-08VVV29エールディヴィジ142--142
2008-0910エールステ3616-103716
2009-10エールディヴィジ186-22208
ロシアリーグ戦ロシア杯オープン杯期間通算
2010-11CSKAモスクワ7ロシア・プレミア28450-334
2011-1225810-268
2012-1323731-268
2013-1418100-181
イタリアリーグ戦イタリア杯オープン杯期間通算
2013-14ミラン10セリエA14121-162
2014-1529610-306
2015-1630171-372
2016-178110-91
メキシコリーグ戦コパMXオープン杯期間通算
2017-18パチューカ02リーガMX291053-3413
オーストラリアリーグ戦リーグ杯FFA杯期間通算
2018-19メルボルン・V4Aリーグ187-00187
オランダリーグ戦リーグ杯KNVBカップ期間通算
2019-20フィテッセ33エールディヴィジ40--40
ブラジルリーグ戦ブラジル杯オープン杯期間通算
2020ボタフォゴ4セリエA18291-273
ポルトガルリーグ戦リーグ杯ポルトガル杯期間通算
2020-21ポルティモネンセ4プリメイラ---00
アゼルバイジャンリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
2020-21ネフチ・バクー4プレミア72--72
リトアニアリーグ戦リーグ杯オープン杯期間通算
2021FKスードゥヴァ3Aリーガ--
通算日本J190111025010513
オランダエールディヴィジ368-223810
オランダエールステ3616-103716
ロシアロシア・プレミア942091-10321
イタリアセリエA819112-9211
メキシコリーガMX291053-3413
オーストラリアAリーグ187-00187
ブラジルセリエA18291-273
アゼルバイジャンプレミア72--72
リトアニアAリーガ--
総通算409854498246196
その他の公式戦
国際大会個人成績 FIFA
年度クラブ背番号出場得点出場得点出場得点
UEFAUEFA ELUEFA CLクラブW杯
2009-10CSKAモスクワ18-41-
2010-11771--
2011-12-10-
2013-14-62-
CONCACAFCONCACAF CL-クラブW杯
2017パチューカ02--20
AFCACL-クラブW杯
2019メルボルン・V441--
通算UEFA7111320
通算CONCACAF--20
通算AFC41--
その他の国際公式戦

日本代表歴

出場大会

試合数

国際Aマッチ 98試合 37得点(2008年 - 2018年)[2]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
200810
2009103
2010123
201182
201294
2013128
2014134
20151410
201672
201750
201871
通算9837

ゴール

  FIFAワールドカップでの得点
#開催年月日開催地対戦国勝敗試合概要
1.2009年5月27日日本、大阪チリの旗 チリ○4-0キリンカップサッカー2009
2.2009年10月10日日本、横浜スコットランドの旗 スコットランド○2-0キリンチャレンジカップ2009
3.2009年10月14日日本、宮城トーゴの旗 トーゴ○5-0
4.2010年3月3日日本、豊田バーレーンの旗 バーレーン○2-0AFCアジアカップ2011 予選
5.2010年6月14日南アフリカ、ブルームフォンテーンカメルーンの旗 カメルーン○1-02010 FIFAワールドカップ
6.2010年6月24日南アフリカ、ルステンブルクデンマークの旗 デンマーク○3-1
7.2011年1月13日カタール、ドーハシリアの旗 シリア○2-1AFCアジアカップ2011
8.2011年8月10日日本、札幌大韓民国の旗 韓国○3-0キリンチャレンジカップ2011
9.2012年6月3日日本、埼玉オマーンの旗 オマーン○3-02014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選
10.2012年6月8日日本、埼玉ヨルダンの旗 ヨルダン○6-0
11.
12.
13.2013年2月6日日本、神戸ラトビアの旗 ラトビア○3-0キリンチャレンジカップ2013
14.2013年6月4日日本、埼玉オーストラリアの旗 オーストラリア△1-12014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選
15.2013年6月19日ブラジルレシフェイタリアの旗 イタリア●3-4FIFAコンフェデレーションズカップ2013
16.2013年8月15日日本、宮城ウルグアイの旗 ウルグアイ●2-4キリンチャレンジカップ2013
17.2013年9月6日日本、大阪グアテマラの旗 グアテマラ○3-0
18.2013年9月10日日本、横浜ガーナの旗 ガーナ○3-1
19.2013年11月16日ベルギーヘンクオランダの旗 オランダ△2-2国際親善試合
20.2013年11月19日ベルギー、ブリュッセルベルギーの旗 ベルギー○3-2
21.2014年6月6日アメリカタンパザンビアの旗 ザンビア○4-3
22.
23.2014年6月14日ブラジル、レシフェコートジボワールの旗 コートジボワール●1-22014 FIFAワールドカップ
24.2014年11月14日日本、豊田ホンジュラスの旗 ホンジュラス○6-0キリンチャレンジカップ2014
25.2015年1月12日オーストラリアニューカッスルパレスチナの旗 パレスチナ○4-0AFCアジアカップ2015
26.2015年1月16日オーストラリア、ブリスベンイラクの旗 イラク○1-0
27.2015年1月20日オーストラリア、メルボルンヨルダンの旗 ヨルダン○2-0
28.2015年3月27日日本、大分チュニジアの旗 チュニジア○2-0キリンチャレンジカップ2015
29.2015年6月11日日本、横浜イラクの旗 イラク○4-0
30.2015年9月3日日本、埼玉カンボジアの旗 カンボジア○3-02018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
31.2015年9月8日イランテヘランアフガニスタンの旗 アフガニスタン○6-0
32.2015年10月8日オマーンマスカットシリアの旗 シリア○3-0
33.2015年11月12日シンガポール、カランシンガポールの旗 シンガポール○3-0
34.2015年11月17日カンボジアプノンペンカンボジアの旗 カンボジア○2-0
35.2016年3月29日日本、埼玉シリアの旗 シリア○5-0
36.2016年9月1日日本、埼玉アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦●1-22018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
37.2018年6月24日ロシアエカテリンブルクセネガルの旗 セネガル△2-22018 FIFAワールドカップ

年表

指導経歴

タイトル

クラブ

VVVフェンロー
PFC CSKAモスクワ
ACミラン
ネフチ・バクー

代表

個人

出演番組

ラジオ

その他

CM

CM 広報

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ なお、アフリカ大陸でも2010年南アフリカW杯で2得点を挙げているため、これを含めれば南極大陸以外の大陸を全制覇したことになる。
  2. ^ 2位は名古屋グランパスエイトのGK楢崎正剛で33票、3位はボルシア・ドルトムントのMF香川真司とDF田中マルクス闘莉王(名古屋)が22票[129]
  3. ^ 2006年はチームの事情により、左サイドバックを務めることが多かった。
  4. ^ 日本から100位以内に入ったのは他にMF山口蛍のみで、全体1位はコロンビアMFハメス・ロドリゲスで9.79点を記録した[193]

出典

  1. ^ a b c 本田圭佑オフィシャルWEBサイト - Profile 2019年5月15日閲覧
  2. ^ a b c d e “本田 圭佑”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ha/keisuke_honda.html 
  3. ^ a b 「奇跡だ」ベッカムらに並ぶW杯史上6人目の偉業を達成した本田圭佑を世界が絶賛!【ロシアW杯】 サッカーダイジェスト 2018年6月25日
  4. ^ a b 円熟の本田圭佑、32歳11日でW杯“日本最年長”ゴール。中山雅史上回る【ロシアW杯】 フットボールチャンネル 2018年6月25日
  5. ^ W杯でのMOM受賞総数
  6. ^ a b 英メディアが「21世紀の日本代表ベスト11」を選出! サッカーダイジェスト 2020年4月29日
  7. ^ a b 海外メディアがアジア歴代ベスト11選定! ゲキサカ 2020年4月23日
  8. ^ a b 長友佑都、本田圭佑、中田英寿が選出 フットボールチャンネル 2020年7月7日
  9. ^ a b c 本田プロデュースのスクールが11・1開校”. nikkansports.com (2012年10月22日). 2013年4月24日閲覧。
  10. ^ a b 本田、ウガンダのチーム買収 実質的3クラブ目オーナーでアフリカは初 サンケイスポーツ(2017年9月12日)
  11. ^ 本田圭佑 激戦からの帰国を待ちわびる離別した母の存在(女性自身)
  12. ^ 本田圭佑スペシャルインタビュー「僕は世界一になれると確信している」”. サッカーキング (2012年9月12日). 2013年6月4日閲覧。
  13. ^ “えっ本田先輩!?突然の母校訪問に後輩興奮” (日本語). 読売新聞. (2010年7月3日). http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2010/news/japan_2/news/20100702-OYT1T01305.htm 2017年7月8日閲覧。 
  14. ^ a b c d 安田理大 (2008年6月19日). “本田圭佑という男。”. 安田理大公式ブログ. 2008年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月5日閲覧。
  15. ^ 「『見る眼がない』と散々に言われた」。当時の育成担当者語る、本田圭佑がガンバユースに上がれなかった理由”. フットボールチャンネル (2014年1月15日). 2014年1月17日閲覧。
  16. ^ a b c d “一人立つ、夢への舞台 サッカー・本田圭佑さん”. 朝日新聞. (2008年7月14日). オリジナルの2008年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2008-0814-1050-49/www2.asahi.com/olympic2008/column/TKY200807070134.html 2013年6月5日閲覧。 
  17. ^ “「得点に絡むプレーを」本田に切り札の期待”. サンケイスポーツ. (2010年5月10日). http://www.sanspo.com/worldcup2010/news/100510/wca1005101946036-n1.htm 2013年6月5日閲覧。 
  18. ^ 2010年6月16日付中日スポーツ紙面
  19. ^ 本田VVVと正式契約 スポニチ 2008年1月17日
  20. ^ 本田圭佑、オランダデビュー飾る ゲキサカ 2008年1月21日
  21. ^ 本田移籍後初ゴール スポニチ 2008年3月16日
  22. ^ 浦和、本田圭獲得失敗につきコメントを発表 ゲキサカ 2008年8月21日
  23. ^ 「2部でやります」本田圭、浦和に断り スポニチ 2008年8月21日
  24. ^ VVV本田主将がV導いた 日刊スポーツ 2009年4月26日
  25. ^ Vと昇格置き土産! スポニチ 2009年4月26日
  26. ^ 本田がオランダ2部最優秀選手に 日刊スポーツ 2009年5月15日
  27. ^ 本田、2部MVP! スポニチ 2009年5月15日
  28. ^ 本田、断ったオファーも「自信になった」 日刊スポーツ 2009年8月27日
  29. ^ CSKA監督時代のエピソードも明かす サッカーダイジェスト 2020年2月16日
  30. ^ 「皇帝」本田圭佑 “30m超絶ミドル弾”反響「ヒーロー」「史上最高 football-zone 2019年8月24日
  31. ^ オランダ史に刻まれた「過去10年のスーパーミドルTOP10」 football-zone 2017年10月6日
  32. ^ 現地選出、オランダで生まれた「日本人最高のゴールTOP10」 qoly 2019年12月6日
  33. ^ CSKAモスクワが正式オファー スポニチ 2009年12月18日
  34. ^ 「どちらかの選択肢しかなかった」本田圭佑が超名門クラブからオファーを受けた過去を告白 サッカーダイジェスト 2021年10月21日
  35. ^ ЦСКА заплатил за Хонду € 6 млн” (ロシア語). Чемпионат.ру (2010年1月2日). 2010年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月5日閲覧。
  36. ^ Роман Бабаев: "В ЦСКА может появиться еще один форвард".” (ロシア語). Футбол на Куличках (2010年1月4日). 2010年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月5日閲覧。
  37. ^ サッカー=日本代表MF本田、CSKAモスクワに移籍”. ロイター (2010年1月2日). 2011年1月10日閲覧。
  38. ^ 本田「日本人初とか興味ない」 日刊スポーツ 2010年3月17日
  39. ^ SKYSPORTS 2010.3.18
  40. ^ Goal.com Mar 18, 2010
  41. ^ 本田決勝弾!開幕戦衝撃デビュー/ロシア 日刊スポーツ 2010年3月13日
  42. ^ СПОРт2010.11.30
  43. ^ “ファンタジスタ”本田!華麗ヒールに「天才的」 スポニチ 2010年10月23日
  44. ^ 本田が1得点1アシスト!CSKAモスクワが3発逆転4連勝でGL突破 ゲキサカ 2010年11月5日
  45. ^ 本田最長で全治3カ月「手術は成功」 日刊スポーツ 2011年9月6日
  46. ^ 本田、右膝の故障再発で欠場 日本経済新聞 2011年11月23日
  47. ^ 本田圭佑、ラツィオ移籍破談の真相 サッカーキング 2012年3月12日
  48. ^ ラツィオ、本田獲り失敗で異例の声明発表 サンスポ 2012年2月5日
  49. ^ СПОРт2013.5.27
  50. ^ CSKA本田が2得点の活躍でスーパー杯獲得に貢献 サッカーキング 2013年7月14日
  51. ^ 本田2発スーパー杯V貢献!ミランに今夏獲得アピール スポニチ 2013年7月15日
  52. ^ “本田 ACミラン決定!背番号「10」”. スポーツニッポン. https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/12/12/kiji/K20131212007184910.html 2013年12月12日閲覧。 
  53. ^ ミラン救う!本田、デビュー戦高評価も…衝撃の監督解任(p.2) サンケイスポーツ 2014.1.14付記事
  54. ^ アッレグリ「本田はクリスマスツリーに適している」 ゲキサカ 2013年12月16日
  55. ^ 本田開幕先制ゴール 右足でGK股抜き”. 日刊スポーツ. 2014年9月1日閲覧。
  56. ^ 2戦連続弾の本田、「非常に美しい動きのゴール」で高評価
  57. ^ ピッポが本田を絶賛「彼は過小評価されていた」
  58. ^ “本田が2戦連続弾! ミランエラス・ヴェローナFC が乱戦制して2連勝”. Goal.com. (2014年9月15日). http://www.goal.com/jp/match/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%9E-vs-%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3/1836135?ICID=RE 2014年9月15日閲覧。 
  59. ^ 本田、ミラノ・ダービーで長友と日本人初対決!”. サンケイスポーツ. 2014年11月25日閲覧。
  60. ^ クラブや伊メディアに不満…心中を明かす本田「このチームは変わらない」
  61. ^ 【欧州サムライ通信簿】本田圭佑:苦しんだ前半戦、チェルチやチームに劣っていたのか?”. Goal.com (2015年12月27日). 2015年12月30日閲覧。
  62. ^ 本田の評価一変!2戦連続アシストで指揮官“手のひら返し”高評価 スポニチ 2015年12月22日
  63. ^ 本田、MVP級の活躍に伊3紙から最高評価「ゴールを決めずしてダービー男」「アシストはチョコの包み」”. フットボールチャンネル (2016年2月1日). 2016年2月1日閲覧。
  64. ^ 本田 今季のミラン“ベストゴール”に選出 ジェノア戦でのミドル弾”. スポーツニッポン (2016年5月4日). 2016年5月4日閲覧。
  65. ^ 本田120分奮闘も届かず、伊杯決勝でユベントスに惜敗 football-zone 2016年5月22日
  66. ^ 本田がミラン残留を決断…ハル・シティからのオファーに断り」”. ゲキサカ (2017年2月1日). 2017年2月1日閲覧。
  67. ^ 本田圭佑のFK弾がサポーターが選ぶベストゴールに”. 日刊スポーツ (2017年6月3日). 2017年6月3日閲覧。
  68. ^ 本田圭佑がミラン退団を発表「親愛なるミラニスタのみなさん、ありがとう」”. goal.com (2017年5月22日). 2018年8月6日閲覧。
  69. ^ ミラン本田圭佑、最終節を終える キャプテンマークを巻きフル出場 スポーツ報知 2017年5月29日
  70. ^ 「愛されなかったが記憶に残るだろう」本田圭佑に伊メディア ゲキサカ 2017年5月23日
  71. ^ 本田圭佑の新天地はメキシコ名門パチューカに決定 日刊スポーツ 2017年7月14日
  72. ^ 本田サイドの条件のんだパチューカ1年契約の意味 日刊スポーツ 2017年7月15日
  73. ^ 本田、パチューカでの背番号は「02」に…ユニのネームは「KSK」 サッカーキング 2017年7月19日
  74. ^ 本田、ユニの名前表記は「KSK」。いつもの「HONDA」を封印。その意味とは… フットボールチャンネル 2017年7月19日
  75. ^ 本田、初ゴール後異例の会見「冷静に受け止めたい」 日刊スポーツ 2017年8月23日
  76. ^ 本田 パチューカ移籍後初の1試合2ゴール “ホンダコール”沸き起こる スポーツニッポン 2017年10月26日
  77. ^ 本田圭佑にやまぬ賛辞「マラドーナをまとった」。4人抜きゴールで世界に衝撃 フットボールチャンネル 2017年11月9日
  78. ^ 「メッシ、ペレ、マラドーナ?いや本田だ!」衝撃の4人抜き弾に地元メディア興奮 ゲキサカ 2017年11月9日
  79. ^ 本田トップ下で躍動 延長制し準決で南米王者と対戦 日刊スポーツ(2017年12月9日)
  80. ^ 本田“宝刀”ブレ球FK弾 スポーツニッポン 2018年2月4日
  81. ^ 本田エンジン全開!リーグ戦初マルチで圧勝に貢献 ゲキサカ 2018年4月7日
  82. ^ 現地メディアがパチューカ本田圭佑を称賛 ゲキサカ 2018年4月20日
  83. ^ Melbourne Victory signs Keisuke Honda メルボルン・ビクトリーFC 2018年8月6日
  84. ^ 本田圭佑、豪州初出場でいきなり初ゴール! フットボールチャンネル 2018年10月20日
  85. ^ 本田圭佑が10月・11月のリーグ月間MVPに! サッカーキング 2018年12月12日
  86. ^ 本田圭佑が凱旋弾 サッカーキング 2019年3月12日
  87. ^ 本田圭佑がACL週間ベスト11入り フットボールチャンネル 2019年3月16日
  88. ^ 本田圭佑、悲願タイトルならず 3季ぶり欧州復帰へ 日刊スポーツ 2019年5月12日
  89. ^ 本田圭佑の新天地はフィテッセに決定! スルツキ監督も大きな期待「彼は特別なクオリティーをもたらす」”. goal.com (2019年11月7日). 2019年11月7日閲覧。
  90. ^ 本田圭佑、ついに新天地決定! フィテッセ加入で9年半ぶり蘭復帰「自分の全てを捧げる」”. フットボールチャンネル (2019年11月7日). 2019年11月7日閲覧。
  91. ^ 「奴らが僕の実力を見誤って…」本田圭佑がオファーを待ち続けていた国とは? 「33番」を選んだ理由も明かす! サッカーダイジェスト 2019年11月8日
  92. ^ フィテッセ本田圭佑、186日ぶりの実戦で81分までプレー! トップ下で決定的なシュートを放つも… サッカーダイジェスト 2019年11月25日
  93. ^ 本田圭佑、初フル出場も逆転で5連敗 スルツキー監督が辞任を表明「責任感じる」” (日本語). スポーツ報知 (2019年12月1日). 2019年12月1日閲覧。
  94. ^ WEGEN HONDA EN VITESSE SCHEIDEN” (オランダ語). Vitesse (2019年12月23日). 2019年12月23日閲覧。
  95. ^ 本田 フィテッセ退団 恩師スルツキ監督の退任を理由に挙げる スポーツニッポン 2019年12月23日
  96. ^ 本田圭佑がブラジル・ボタフォゴ入団 初の南米大陸 日刊スポーツ 2020年1月31日
  97. ^ デビュー弾の本田圭佑 公式ファンサイトと地元メディアのチーム内最高評価を獲得 サッカーキング 2020年3月16日
  98. ^ 本田圭佑、所属8クラブ15年で大台通算100得点 日刊スポーツ 2020年3月17日
  99. ^ Honda erster Profi mit Treffern auf fünf Kontinenten – Nur Afrika fehlt auf Klubebene” (ドイツ語). www.transfermarkt.de. 2020年3月16日閲覧。
  100. ^ 「歴史を築いた」“世界初”5大陸でゴール達成の本田圭佑にスペイン紙が注目! サッカーダイジェスト 2020年3月17日
  101. ^ '有言実行'本田圭佑が月給返上を提案か…ボタフォゴ側は拒否 ゲキサカ 2020年5月10日
  102. ^ 本田圭佑がフル出場、キャプテンマーク巻き大勝導く 日刊スポーツ 2020年6月29日
  103. ^ 本田圭佑にブラジルメディア絶賛 フットボールチャンネル 2020年10月12日
  104. ^ 本田圭佑が全国選手権でゴール 過去にカズ、前園 日刊スポーツ 2020年10月12日
  105. ^ 本田、ボタフォゴ退団を示唆 度重なる監督交代に不信感 スポニチ 2020年11月28日
  106. ^ 本田圭佑、ボタフォゴ退団を表明。「批判は受け止めます。それでも幸せでした」 フットボールチャンネル 2020年12月31日
  107. ^ 本田圭佑の退団に元同僚のカルーは理解を示す「計画性がなかった」 サッカーダイジェスト 2021年2月22日
  108. ^ 本田圭佑、批判が集まる送別会動画について説明 「全く後悔がない。恥ずべきことは何もやっていない」 スポニチ 2021年1月14日
  109. ^ 本田圭佑(サッカー選手)のポルティモネンセ(ポルトガル1部)入団発表のお知らせ。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年2月7日閲覧。
  110. ^ 本田圭佑が移籍報告 ポルトガル・ポルティモネンセ移籍に「ヨーロッパに戻ってきたかった」 スポニチ 2021年2月4日
  111. ^ “本田圭佑「FIFAのルールはなんか微妙なルール多い…変えた方がいいっすね」移籍ルール改正を提言”. スポーツニッポン. (2021年2月16日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2021/02/16/kiji/20210216s00002000509000c.html 2021年2月16日閲覧。 
  112. ^ 本田圭佑のアゼルバイジャン1部行きが正式に決定 - 海外サッカー : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年3月15日閲覧。
  113. ^ 「日本人で誰もやったことのないチャレンジを」 サッカーダイジェスト 2021年3月16日
  114. ^ 本田圭佑が“70m激走カウンター”アゼルバイジャン初ゴールに反響 フットボールゾーン 2021年5月4日
  115. ^ 本田圭佑が2試合連続ゴール! サッカーダイジェスト 2021年5月9日
  116. ^ 本田圭佑、8季ぶりリーグ制覇 ネフチ劇的逆転V 日刊スポーツ 2021年5月20日
  117. ^ a b „Sūduvoje“ žais K. Honda (tiesioginė transliacija)”. FK Sūduva (2021年9月14日). 2021年9月14日閲覧。
  118. ^ リトアニア挑戦の本田圭佑いきなりゴール!9カ国目の1部リーグ得点 日刊スポーツ 2021年9月26日
  119. ^ 86年組の意地――本田、長友、岡崎らはいかにして日本代表の中核を成していったのか? サッカーダイジェスト 2015年6月11日
  120. ^ 元川悦子 (2005年6月11日). “次につながる死闘を演じた大熊ジャパン(1/2)ワールドユース現地リポート”. スポーツナビ. 2013年6月5日閲覧。
  121. ^ 本田代表初ゴールで俊輔に宣戦布告! スポーツニッポン 2009年5月28日
  122. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト
  123. ^ 本田に不可能なし!“初体験”1トップでMOM スポーツニッポン 2010年6月15日
  124. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト
  125. ^ 2010 FIFAワールドカップ公式サイト
  126. ^ 本田、A代表1000ゴールで勝利 日刊スポーツ 2017年1月15日
  127. ^ 本田が大会MVP獲得! 日刊スポーツ 2011年1月30日
  128. ^ MVPは本田圭 朝日新聞 2011年1月31日
  129. ^ a b “本田圭 大差で年間最優秀選手に 記者投票で初選出”. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2010年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/02/07/kiji/K20110207000202520.html 2011年2月7日閲覧。 
  130. ^ “代表では初ハットトリックの本田圭佑「出来過ぎな部分もある」/ヨルダン戦” (日本語). サッカー (SOCCER KING). (2012年6月9日). http://www.soccer-king.jp/daihyo/article/201206090055_japan_honda.html 2012年6月9日閲覧。 
  131. ^ “本田ハット!カズ以来の快挙で6発大勝“主役””. スポーツニッポン (スポニチ Sponichi Annex). (2012年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/06/09/kiji/K20120609003426550.html 2012年6月9日閲覧。 
  132. ^ 本田が劇的同点PK!世界最速W杯切符 デイリースポーツ 2013年6月5日
  133. ^ コンフェデ杯、本田がGLのベストイレブンに…敗退国からは唯一選出 ゲキサカ 2013年6月28日
  134. ^ 2014 FIFAワールドカップ公式サイト
  135. ^ アジアカップGLのベスト11が発表…日本代表から最多の3選手が選出”. サッカーキング (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  136. ^ 解任論加速か…アギーレ監督「PK戦は運」”. ゲキサカ (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  137. ^ 本田、木村和司超え!5戦連続ゴール”. デイリースポーツ online (2015年11月18日). 2015年11月29日閲覧。
  138. ^ 本田圭佑が代表出場6戦連発「満足することない」”. 日刊スポーツ online (2016年3月29日). 2016年3月30日閲覧。
  139. ^ 本田7戦連発も不敗神話止まる”. 日刊スポーツ (2016年9月2日). 2016年9月7日閲覧。
  140. ^ ハリル、本田圭佑は「45分限定で使った」「リズムの面でトップレベルにない」 フットボールチャンネル 2017年9月6日
  141. ^ 「全然ダメ」…低調の本田圭佑、完敗を認める「サウジの方がよかった」 サッカーキング 2017年9月6日
  142. ^ 本田圭佑、「代表に必要ない」との批判に感謝「良い感じで舞台は整っている」 Goal.com 2017年9月7日
  143. ^ 本田圭佑、3大会連続アシストはアジア史上初。CKで大迫勇也の決勝点演出 フットボールチャンネル 2018年6月20日
  144. ^ 本田圭佑、W杯通算4点目。日本初の3大会連続弾&通算得点アジア最多に フットボールチャンネル 2018年6月25日
  145. ^ 「本田さん、ごめんね」ネットに感謝あふれる 読売新聞 2018年6月25日
  146. ^ 本田圭佑がグループステージベスト11に選出! 英『BBC』が発表 サッカーキング 2018年6月30日
  147. ^ 本田キッパリ「これが最後のW杯になる」 スポーツニッポン 2018年7月3日
  148. ^ 本田圭佑が代表引退「活躍した若手に」優勝の夢託す 日刊スポーツ 2018年7月4日
  149. ^ 『ロストフの14秒』53頁、54頁
  150. ^ 『ロストフの14秒』78頁、194頁
  151. ^ W杯から1年 “悪魔の14秒”分析官明かす裏側/上 日刊スポーツ 2019年7月2日
  152. ^ W杯から1年 分析官が考える「本当の敗因」/中 日刊スポーツ 2019年7月3日
  153. ^ W杯から1年 分析官が見た選手、監督の矜持/下 日刊スポーツ 2019年7月4日
  154. ^ 本田圭佑「東京五輪目指しサッカー続ける」豪移籍も示唆 朝日新聞 2018年8月2日
  155. ^ 本田圭佑がカンボジア代表の実質的な監督に! 選手との“二足のわらじ”へ サッカーキング 2018年8月12日
  156. ^ 本田圭佑、監督として記念すべき初白星 フットボールチャンネル 2018年11月20日
  157. ^ 本田圭佑監督のカンボジア、W杯アジア2次予選進出! サッカーキング 2019年6月12日
  158. ^ 本田圭佑(2)クレージーな監督業 日刊スポーツ 2019年10月15日
  159. ^ 本田圭佑がカンボジア代表と契約延長 超WORLDサッカー 2021年3月24日
  160. ^ あのROLANDの恩師が本田圭佑と代表監督に 日刊スポーツ 2021年3月26日
  161. ^ 本田オーナーのSVホルン ユース&Jrユース新設”. nikkansports.com (2015年8月20日). 2015年10月3日閲覧。
  162. ^ 本田圭佑、MIT特別研究員に就任!日本人アスリート初”. スポニチ (2016年7月22日). 2016年7月26日閲覧。
  163. ^ a b c “本田圭佑とウィル・スミスが共同ファンド 野村も出資”. 朝日新聞デジタル. (2018年7月18日). https://www.asahi.com/articles/ASL7L5279L7LULFA014.html 2018年7月18日閲覧。 
  164. ^ 本田圭佑、「音声で深い話を」 トップ選手参加のサービス JI JI com(2020年4月30日)2020年5月29日閲覧。
  165. ^ 本田圭佑 五輪への思い語る「挑戦として最後までやり切りたい」 スポニチ(2020年5月28日)2020年5月29日閲覧。
  166. ^ 「新たな次元へ」本田圭佑(VVVフェンロ/日本代表)”. OCNスポーツ. 2013年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月5日閲覧。
  167. ^ VVVの本田圭佑「おれは“特別な存在”になる」 (1/2) 、スポーツナビ、2009年1月16日
  168. ^ 豪紙が本田をアジア杯の注目選手に選出「ミランのベストプレーヤー」 SANSPO.COM 2015年1月5日閲覧。
  169. ^ 本田のFKはポスト直撃!得点ならずも試合後は笑顔 SANSPO.COM 2015年1月5日閲覧。
  170. ^ FK精度の低下を指摘された本田「大事なところで決めてきた自負がある」 ゲキサカ 2015年1月5日閲覧。
  171. ^ 岡田監督と本田圭佑のサッカー観の隔たり。 Number Web 2009年2月26日
  172. ^ #95 本田圭佑は「鈍足」じゃない J SPORTS 2010年7月20日
  173. ^ 本田、UEFAの2010ベスト11候補にノミネート ゲキサカ 2010年12月4日
  174. ^ 本田圭佑以来となる日本人3人目の欧州ベストイレブン候補にノミネートされるかもしれない 日刊スポーツ 2019年4月20日
  175. ^ 「長友はイタリア人なら代表」? 元日本代表監督ザッケローニ、本田や長友を語る Goal.com 2016年3月2日
  176. ^ ザック「本田はサイドの選手ではない」恩師が語る“取扱説明書” ゲキサカ 2016年12月10日
  177. ^ ザック氏、悩める本田の現状分析「システム合わない」「また輝ける」 スポニチ 2017年3月24日
  178. ^ 本田圭佑がモスクワを去る日。ロシア人記者が語る『移籍の可能性と移籍への障害』(archive.today) SOCCERKING 2015年1月5日閲覧。
  179. ^ 「指導した中で最高の選手」本田圭佑にフィテッセ指揮官が太鼓判! サッカーダイジェスト 2019年11月22日
  180. ^ 「ケイスケはロボット」「疑う余地ない」と指揮官絶賛 ゲキサカ 2019年11月22日
  181. ^ Wenger keen on 'Magic' Honda!
  182. ^ ドリブル技術の高さ 空中戦の強さ FIFAが評価した日本代表3人 スポニチ2010年09月03日
  183. ^ “本田圭佑はアジア最高の選手! 海外サイト「世界クラス」”. http://soccer.yahoo.co.jp/world/news/show/20101014-00000527-sanspo-socc 
  184. ^ 日本代表、主力信頼しすぎたツケ…不調の本田フル起用、初戦の遠藤投入”. 産経新聞 (2014年6月27日). 2014年10月16日閲覧。
  185. ^ なるようにしてなった結果。日本はワールドカップで戦うチームではない”. ゲキサカ (2014年6月20日). 2014年10月16日閲覧。
  186. ^ データコラム:データで浮き彫りになるザックジャパンの敗因”. Goal.com (2014年6月25日). 2014年10月16日閲覧。
  187. ^ “【世界の各紙から】本田のゲームづくりを消した大迫”. スポーツ報知. (2014年6月16日). http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20140616-OHT1T50017.html 2014年10月16日閲覧。 
  188. ^ (2014年6月16日). “本田を絶賛もチームには厳しい評価”. フランスメディアが見た日本。本田を「宝石」と絶賛もチームへの言及少なく。話題の中心はドログバ. . p. 1. 2014年10月16日閲覧。
  189. ^ 小川由紀子 (2014年6月16日). “「似たようなアクションの2連発は珍しい」。失点シーンを指摘”. フランスメディアが見た日本。本田を「宝石」と絶賛もチームへの言及少なく。話題の中心はドログバ. フットボールチャンネル. p. 2. 2014年10月16日閲覧。
  190. ^ (2014年6月26日). “もっと日本は戦えると思っていた。フィジカルで負け、CBは脆すぎた”. ブラジルメディアが見た日本。大会前の期待に応えず厳しい評価。「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点. フットボールチャンネル. p. 1. 2014年10月16日閲覧。
  191. ^ 下薗昌記 (2014年6月26日). “43歳モンドラゴンを出場させる余裕を持ったコロンビアに高い評価”. ブラジルメディアが見た日本。大会前の期待に応えず厳しい評価。「余りにも稚拙なPKを犯した」今野に最低点. フットボールチャンネル. p. 2. 2014年10月16日閲覧。
  192. ^ “FIFAが分析システムに準じた選手ランキングを発表…日本人トップは本田の37位”. ワールドサッカーキング. (2014年6月28日). http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140628/206704.html?view=more 2014年10月16日閲覧。 
  193. ^ a b “本田、FIFA W杯プレー分析システムで736人中37位”. サンケイスポーツ (SANSPO.COM). (2014年7月2日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20140702/jpn14070205000001-n1.html 2014年10月16日閲覧。 
  194. ^ クリスティアーノ・ルイウ:激辛注意。ミランOB・コスタクルタが放つ「本田圭佑論」Sportiva、2014年5月14日(2014年6月20日閲覧)
  195. ^ クリスティアーノ・ルイウ:元主将マルディーニが語る本田の価値「救世主となる実力はない。数年前のミランならメンバーになれない」 フットボールチャンネル、2014年05月01日(2014年6月20日閲覧)/
  196. ^ “本田、今季初アシスト!ミラン監督絶賛”. デイリースポーツ (DAILY SPORTS ONLINE). (2014年8月8日). http://www.daily.co.jp/soccer/2014/08/08/0007215831.shtml 2014年10月16日閲覧。 
  197. ^ “コッロヴァーティ氏が語る”. Goal.com. (2014年10月16日). http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/10/16/5188811/%E5%85%83%E4%BC%8A%E4%BB%A3%E8%A1%A8df%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E6%B4%BB%E8%BA%8D%E3%81%AB%E3%81%AF%E9%A9%9A%E3%81%84%E3%81%9F?ICID=HP_BN_4 2014年10月16日閲覧。 
  198. ^ “元ミランのガンツ氏が本田を称賛「チームのクオリティを高めた」”. ワールドサッカーキング. (2014年10月7日). http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20141007/239571.html?view=more 2014年10月16日閲覧。 
  199. ^ “驚異の決定力を見せる本田、「射撃の達人」と命名 地元記者からも絶賛の嵐”. サッカーマガジンZONE. (2014年10月5日). p. 1. http://www.soccermagazine-zone.com/archives/3500 2014年10月16日閲覧。 
  200. ^ “辛口イタリアメディアが称賛 薫り高き雲へと向かうミラン本田に備わる「美徳と勇気」”. サッカーマガジンZONE. (2014年9月24日). http://www.soccermagazine-zone.com/archives/3320 2014年10月16日閲覧。 
  201. ^ 本田選手、ルーツは熊本「決勝ゴール肥後もっこすの血が成した」”. 熊本日日新聞 (2010年6月16日). 2014年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。
  202. ^ 女性セブン小学館、2010年7月1日号、p42
  203. ^ 本田圭佑、7月に結婚していた ブログで発表
  204. ^ 本田圭佑が父親に「昨年の秋に元気な男の子が誕生しました」 SOCCERKING 2013年6月3日
  205. ^ ご報告 本田圭佑オフィシャルサイト、2013年6月3日
  206. ^ 本田 漫画ファンタジスタ本人役で登場”. nikkansports.com (2012年9月26日). 2013年4月24日閲覧。
  207. ^ 本田「金髪」「サングラス」の秘密”. 東京スポーツ新聞社 (2010年7月14日). 2010年7月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。
  208. ^ 本田間に合った! 11月タジク戦で代表復帰も”. スポーツ報知 (2011年10月13日). 2011年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。
  209. ^ 本田の両腕時計の謎解けた!ロシア誌に語る”. 産経新聞社 (2013年6月9日). 2013年6月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月11日閲覧。
  210. ^ ミズノホームページ・プレイヤー
  211. ^ 東京スポーツ・2011年4月13日付 5面「ザックJAPAN 新世代の素顔」
  212. ^ グラサン凱旋!本田、達成感より「残念」”. サンケイスポーツ (2010年7月2日). 2010年7月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年12月1日閲覧。
  213. ^ WEBサッカーマガジン 本誌連動インタビューより
  214. ^ 文藝春秋、2010年8月号
  215. ^ 3戦全敗1次L敗退、反町監督に選手造反 (2/2ページ)、サンスポ、2008.8.14
  216. ^ 本田、銅像になる!?古巣フェンロが新本拠地に建立計画”. スポニチ Sponichi Annex (2013年1月8日). 2013年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。
  217. ^ 本田圭佑、古巣のスタジアム外壁に肖像画描かれる!歴代の名選手らと共にクラブの“顔”に サッカーキング 2018年9月22日
  218. ^ 「本田△」が“読め”れば、ワールドカップもきっと面白い 日経ビジネス
  219. ^ 「新語・流行語大賞2010 ノミネート語」新語・流行語大賞公式サイト)
  220. ^ a b 本田3月中に5000万円寄付していた 日刊スポーツ2011年6月7日
  221. ^ 本田 自身の基金で石巻にフットサル場建設 スポニチ、2012年9月5日
  222. ^ 金沢に「本田圭佑クライフコート」完成-「夢を大きく持て」とメッセージ 金沢経済新聞、2011年8月17日
  223. ^ 本田圭佑がモンハン最新作のテレビCMに出演「お楽しみに!」 SOCCERKING 2013年6月1日
  224. ^ 本田圭佑の夢”. ACミランオフィシャルサイト (2014年1月8日). 2014年1月17日閲覧。
  225. ^ “本田 バルサ、マンC、エバートンのオファー断っていた”. Sponichi Annex. (2014年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/01/09/kiji/K20140109007349200.html 2014年1月16日閲覧。 
  226. ^ 入団会見に臨んだ本田、ミラン移籍の理由は「リトル・ホンダに聞いた」”. サッカーキング (2014年1月8日). 2014年1月15日閲覧。
  227. ^ 伊紙、本田圭佑の小学校卒業文集を紹介「10番で活躍します」”. サッカーキング (2014年1月10日). 2014年1月17日閲覧。
  228. ^ 本田圭佑が熊本県に1000万円を寄付「それぞれができることを行動に」”. サッカーキング (2016年4月23日). 2016年8月29日閲覧。
  229. ^ Pray for ITALY” (イタリア語). 本田圭佑公式Instagram (2016年8月25日). 2016年8月29日閲覧。
  230. ^ 本田、イタリア中部地震で230万円寄付 提案2つ”. 日刊スポーツ (2016年8月25日). 2016年8月29日閲覧。
  231. ^ 本田がメキシコ大地震を受け約310万円寄付「僕自身にできることで助けになりたい」”. サッカーキング (2017年9月26日). 2017年9月26日閲覧。
  232. ^ 本田圭佑が元代表の呼称に反発「ナショナルチャレンジャーと書いて」” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月4日閲覧。
  233. ^ 「「2025年国際博覧会誘致特使」(万博誘致特使)が任命されました。」
  234. ^ 2部昇格のホルン。CL出場に向けた“破壊的創造”
  235. ^ サッカーの本田圭佑選手、SAPのインメモリーDB「HANA」でデータ分析プロジェクト
  236. ^ サッカーの本田選手、SAPのDBで分析プロジェクト
  237. ^ 独サッカー代表、躍動の裏にデータ分析あり SAPの流儀とは
  238. ^ 独サッカー磨く“12番目の選手”――SAPのビッグデータ技術、1試合4000万件…即座に解析、超高速処理が武器
  239. ^ 本田選手のマネジメント事務所、チーム強化に向け最先端分析システム導入プロジェクト
  240. ^ 本田選手のマネジメント事務所、チーム強化に向け最先端分析システム導入プロジェクト
  241. ^ 本田圭佑のホルンvs岡田武史のFC今治の対決をデジタルで支援--SAPジャパン
  242. ^ 「IoTやAIでサッカーにもデジタル化を」、SAPがSVホルン対FC今治の試合を支援
  243. ^ 本田がクラブ経営、ホルンに続きカンボジアでも 日刊スポーツ(2016年12月26日)
  244. ^ 2004年は特別指定選手として出場。
  245. ^ A GREAT SUCCESS”. AC Milan (2014年8月24日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月3日閲覧。
  246. ^ “オリンパス、宮崎あおいさん・本田 圭佑選手を起用した新企業テレビCM & フォトコンテストを実施!”. Sankei Biz. (2014年9月25日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140925/prl1409251122054-n1.htm 2014年9月26 日閲覧。 
  247. ^ “本田圭佑“疾走”する新CM 欧州で戦う意義も語る”. ORICON STYLE. (2016年4月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2070305/full/ 2016年4月19日閲覧。 
  248. ^ “THE YELLOW MONKEY「ALRIGHT」バックに本田が吠える、新CM公開”. 音楽ナタリー. (2016年12月20日). http://natalie.mu/music/news/214143 2016年12月22日閲覧。 
  249. ^ HRBrainが本田圭佑さん出演の新CMを公開! | HRBrain”. HRBrain | HRBrain. 2020年7月13日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close