ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|日本開催のZOZO 異例システムで日本ツアーから繰り上がり出場が5人


写真 永野竜太郎も出場権がおりてきた(撮影:岩本芳弘)

日本開催のZOZO 異例システムで日本ツアーから繰り上がり出場が5人

 
内容をざっくり書くと
その代わりに大岩龍一、永野竜太郎、岩田寛、稲森佑貴、ショーン・ノリス(南アフリカ)が滑り込んだ。
 

<ZOZOチャンピオンシップ 事前情報◇20日◇アコーディア・ゴルフ 習志野CC(千葉県)◇7041… →このまま続きを読む

 ゴルフ情報ALBA.Net


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

大岩龍一

大岩 龍一(おおいわ りゅういち、1997年12月17日 – )は、千葉県出身の日本のプロゴルファー

経歴

幼少期はサッカーをしていたが父の影響でゴルフを始める。堀越高等学校から日本大学に進学したが、2年次途中で退学。

2018年、「第73回国民体育大会ゴルフ競技」成年男子では東京都代表として出場し、個人では2日間通算9アンダーで、と優勝を分け合った[1]。同年秋にプロ転向。

2019年、アジア下部ツアーの「コンビファール選手権」を通算12アンダーでプロ初優勝[2]

2020年、ツアー外競技「日神カップ千葉オープン」では大槻智春と首位で並び、プレーオフを制し優勝[3]

2021年、国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権」では優勝した木下稜介に8打差をつけられたものの、3位タイと好成績を修めた[4]。「パナソニックオープン」では首位タイの、永野竜太郎に1打及ばない3位でプレーオフに出場できなかった[5]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 天皇杯(男女総合成績)は地元福井県が、 皇后杯(女子総合成績)は兵庫県が獲得”. JGA. 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ 21歳の大岩龍一が初優勝/アジア下部ツアー”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年10月30日閲覧。
  3. ^ 大岩龍一がプレーオフを制して優勝/日神カップ千葉オープン”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年10月30日閲覧。
  4. ^ 29歳・木下稜介がメジャーでツアー初優勝 2位に5打差圧勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年10月30日閲覧。
  5. ^ 中島啓太が史上5人目のアマチュア優勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年10月30日閲覧。

関連項目

外部リンク

稲森佑


 

Back to Top
Close