ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|「すげー選手いるなって…」本田圭佑が名古屋時代振り返る「いまだに忘れられない」


写真 本田圭佑(写真右) 写真提供: Gettyimages

「すげー選手いるなって…」本田圭佑が名古屋時代振り返る「いまだに忘れられない」

 
内容をざっくり書くと
そして、2008年1月に名古屋グランパスから当時エールディビジ(オランダ1部)のVVVフェンロへ完全移籍。
 

リトアニア1部の強豪FKスードゥバに所属する元日本代表MF本田圭佑(35)は24日、自身の公式You… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

オランダ1部

VVVフェンロー

VVVフェンローVVV-Venlo, オランダ語発音: [ˌveːveːˈveː ˈvɛnloː]、正式名称: Venlose Voetbal Vereniging, [ˈvɛnloːzə ˈvudbɑl vəˈreːnəɣɪŋ])は、オランダの南東部、リンブルフ州の都市フェンローを本拠地とするサッカークラブである。

歴史

1903年2月7日に創設。エールディヴィジに所属していた1960-61シーズンにはフェイエノールトアヤックスに次ぐ3位となっている。しかし翌シーズンに2部(エールステ・ディヴィジ)に降格し、その後昇格・降格を繰り返した。1994-95シーズンから2部所属が続いていた。しかし2003年、ハイ・ベルデンがVVVを常時1部で戦うチームにする野望を掲げ会長に就任してから、チームは成績と観客動員数を伸ばしていく。アドリー・コスター(現アヤックス・ユース育成責任者)、ヘルベルト・ノイマン(ただし2006年開幕を前に解雇)、ウェッツェル(現ADO監督)、ファン・ダイクを監督に据え、攻撃的なチームスタイルが固まっていった。やがてVVVは地域の人気チーム、強豪チーム、財政的に安定したクラブに育った。2006-07シーズンに2位となり入れ替え戦を勝ち抜いてエールディヴィジに復帰した。

2007-08シーズンは17位で終え、入れ替え戦を経て2部降格となったが、多くの選手を残留させて2部では最強ともいえる戦力の保持に成功した。そして2009年4月24日に2部優勝を果たし、1年での1部復帰が決定した。

近年日本との関係が深いクラブであり、2008年1月から2009年12月まで本田圭佑2010年1月から2012年8月まで吉田麻也2011年1月から2013年6月までカレン・ロバートが所属していた[1][2]。2012年8月から2014年まで大津祐樹が所属している。また2014年から、コーチとして藤田俊哉が所属していた。

2012-13シーズンは17位で終え、入れ替え戦でもゴー・アヘッド・イーグルスに2連敗して2部リーグに降格となった。

2020年10月24日、ホームでアヤックスに0-13と大敗。エールディヴィジ史上最多失点を喫した[3]

タイトル

国内タイトル

1993-94, 2008-09, 2016-17
1958-59

国際タイトル

なし

過去の成績

EredivisieEerste DivisieEredivisieEerste Divisie
シーズンディビジョンKNVBカップ
リーグ順位
1956-57エールディヴィジ34166125053387位準々決勝敗退
1957-58エールディヴィジ34147136159357位2回戦敗退
1958-59エールディヴィジ341013117165339位優勝
1959-60エールディヴィジ341212105760366位
1960-61エールディヴィジ34186107747423位準々決勝敗退
1961-62エールディヴィジ341071738622717位3回戦敗退
1962-63エールステ・ディヴィジ30791440632314位ベスト16
1963-64エールステ・ディヴィジ30791438662314位2回戦敗退
1964-65エールステ・ディヴィジ30911104651298位2回戦敗退
1965-66エールステ・ディヴィジ28451932781315位GS敗退
1966-67トゥヴェーデ・ディヴィジ44221577941592位ベスト16
1967-68エールステ・ディヴィジ36952247812318位GS敗退
1968-69トゥヴェーデ・ディヴィジ34991640692715位1回戦敗退
1969-70トゥヴェーデ・ディヴィジ32581929611816位1回戦敗退
1970-71トゥヴェーデ・ディヴィジ321181342463011位1回戦敗退
1971-72エールステ・ディヴィジ4011121742503416位1回戦敗退
1972-73エールステ・ディヴィジ386161625452818位2回戦敗退
1973-74エールステ・ディヴィジ388171346533316位2回戦敗退
1974-75エールステ・ディヴィジ36151385930435位2回戦敗退
1975-76エールステ・ディヴィジ3621786133492位2回戦敗退
1976-77エールディヴィジ348111537602713位2回戦敗退
1977-78エールディヴィジ349101546662814位2回戦敗退
1978-79エールディヴィジ34462423791418位2回戦敗退
1979-80エールステ・ディヴィジ361391455683512位1回戦敗退
1980-81エールステ・ディヴィジ361451768743313位ベスト16
1981-82エールステ・ディヴィジ34151186447417位2回戦敗退
1982-83エールステ・ディヴィジ30143135456317位ベスト16
1983-84エールステ・ディヴィジ321441454533210位2回戦敗退
1984-85エールステ・ディヴィジ3420597539452位2回戦敗退
1985-86エールディヴィジ341151839622713位1回戦敗退
1986-87エールディヴィジ34101774645375位ベスト16
1987-88エールディヴィジ34131294335385位準決勝敗退
1988-89エールディヴィジ345141540622417位2回戦敗退
1989-90エールステ・ディヴィジ36121595344394位2回戦敗退
1990-91エールステ・ディヴィジ38217107346493位2回戦敗退
1991-92エールディヴィジ34362532841218位準々決勝敗退
1992-93エールステ・ディヴィジ3424288446501位3回戦敗退
1993-94エールディヴィジ347111630622517位3回戦敗退
1994-95エールステ・ディヴィジ341091554622912位2回戦敗退
1995-96エールステ・ディヴィジ34151275533575位準々決勝敗退
1996-97エールステ・ディヴィジ3416995755404位2回戦敗退
1997-98エールステ・ディヴィジ3412111145464711位GS敗退
1998-99エールステ・ディヴィジ341261659664211位2回戦敗退
1999-2000エールステ・ディヴィジ348111538623515位GS敗退
2000-01エールステ・ディヴィジ34842237632818位ベスト16
2001-02エールステ・ディヴィジ341151851643813位3回戦敗退
2002-03エールステ・ディヴィジ341071742603713位3回戦敗退
2003-04エールステ・ディヴィジ36194137662617位2回戦敗退
2004-05エールステ・ディヴィジ36188105636623位2回戦敗退
2005-06エールステ・ディヴィジ38208105334682位ベスト16
2006-07エールステ・ディヴィジ3821896444712位2回戦敗退
2007-08エールディヴィジ34781944762917位2回戦敗退
2008-09エールステ・ディヴィジ3825588638801位2回戦敗退
2009-10エールディヴィジ348111543573512位3回戦敗退
2010-11エールディヴィジ34632534762117位3回戦敗退
2011-12エールディヴィジ34942142783116位2回戦敗退
2012-13エールディヴィジ346101833622817位2回戦敗退
2013-14エールステ・ディヴィジ38187135852615位3回戦敗退
2014-15エールステ・ディヴィジ381612104843607位4回戦敗退
2015-16エールステ・ディヴィジ3623678439752位2回戦敗退
2016-17エールステ・ディヴィジ3825587535801位2回戦敗退
2017-18エールディヴィジ347131435543415位ベスト16
2018-19エールディヴィジ341181547634112位2回戦敗退
2019-20エールディヴィジ26841424512813位1回戦敗退
2020-21エールディヴィジ34652343912317位

現所属メンバー

2021年2月4日 [4]現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
1GKドイツトルステン・キルシュバウム
2DFドイツトビアス・パホニク
3DFオランダアルヤン・スヴィンケルス
4DFスイスロイ・ジェルミ (Flag of Netherlands.svg)
5DFドイツステフェン・シェーファー
6MFオランダダニー・ポスト
7FWオランダフース・ハペルツ
8FWフランスジネディーヌ・マシャク
9MFクロアチアアンテ・チョリッチ
10MFオランダヴィトー・ファン・クローイ
11FWギリシャギオルゴス・ギアクマキス
12FWアルバ (Flag of Netherlands.svg)
14DFオランダクリスティアン・クム (Flag of Germany.svg)
15MFオランダ
No.Pos.選手名
16GKオランダ
17DFオランダトリスタン・デケル (Flag of Korea.svg)
18DFオランダ
19FWオランダ (Flag of Suriname.svg)
20MFオランダ
21MFオランダエフェルト・リンソルスト
22GKオランダ
23MFベルギー
24MFオランダ (Flag of Morocco.svg)
25FWキュラソー (オランダ王国)ヤファル・アリアス (Flag of Netherlands.svg)
26DFドイツルーカス・シュミッツ
27FWオランダ
30GKオランダ
44DFスウェーデンクリストファー・ダ・グラカ (Flag of Cabo Verde.svg)
--MFドイツメリタン・シャバニ (Flag of Kosovo.svg) (Flag of Albania.svg)
--FWギリシャアナスタシオス・ドニス

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

監督

レンタル移籍選手

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
8FWフランスジネディーヌ・マシャク (イタリアの旗 ナポリ)
9MFクロアチアアンテ・チョリッチ (イタリアの旗 ローマ)
No.Pos.選手名
--MFドイツメリタン・シャバニ (ウルブズ)
--FWギリシャアナスタシオス・ドニス (スタッド・ランス)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
No.Pos.選手名

歴代監督

名前就任退任試合勝ち分け負け勝率 %
ヤン・ファン・ダイクオランダの旗2008年7月1日2010年12月20日95371741038.95
オランダの旗2010年12月22日2011年6月30日196310031.58
オランダの旗2011年4月12日2011年6月30日0000!
ベルギーの旗2011年7月1日2011年12月15日161411006.25
オランダの旗2011年12月6日2011年12月24日2101050.00
オランダの旗2011年12月24日2013年6月6日58151231025.86
オランダの旗2013年7月1日2014年6月30日4219716045.24
オランダの旗2014年7月1日2019年6月30日195884562045.13
オランダの旗2019年7月1日2019年11月11日143011021.43
オランダの旗2019年11月15日2019年12月18日4202050.00
オランダの旗2019年12月19日

歴代所属選手

GK

DF

MF

FW

脚注

  1. ^ Robert Cullen nieuwe aanwinst VVV-Venlo VVV-Venlo News 2011-1-14
  2. ^ カレン、オランダ1部のVVVフェンロに入団 スポーツ報知 2011年1月15日閲覧
  3. ^ Eredivisie > Fixtures > Wedstrijdoverzicht (en-US)”. eredivisie.nl. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Selectie”. vvv-venlo.nl. 2018年7月14日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close