ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|プロツアーで予選通過率8割超え 石川遼ジュニア初代チャンプの杉浦悠太【チームジャパン紹介】


写真 杉浦悠太が念願のアジアアマへ!

プロツアーで予選通過率8割超え 石川遼ジュニア初代チャンプの杉浦悠太【チームジャパン紹介】

 
内容をざっくり書くと
2019、20年は金谷拓実、中島啓太らとナショナルチームのメンバーとして国際試合も経験してきた。
 

<アジアパシフィックアマチュア選手権 事前情報◇2日◇ドバイクリークゴルフ&ヨットクラブ◇6986ヤ… →このまま続きを読む

 ゴルフ情報ALBA.Net


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

金谷拓実

金谷 拓実(かなや たくみ、1998年5月23日–)は、広島県出身の日本のプロゴルファー。

経歴

5歳のころからゴルフを始める。

広島国際学院高校在学時の2015年、「日本アマチュアゴルフ選手権競技」決勝 (36ホール・マッチプレー) で中島啓太を10アンド9で破り優勝。17歳51日の優勝は最年少記録[1]。「日本オープンゴルフ選手権競技」で通算3アンダー、11位でローアマチュアに輝いた。17歳148日でのローアマは最年少記録[2]。「アジア太平洋アマチュアゴルフチーム選手権」では日本チーム26年ぶり優勝に貢献[3]

2016年全国高等学校ゴルフ選手権大会春季大会で優勝[4]

東北福祉大学在学時の2017年台北 (台湾) で開催された第29回夏季ユニバーシアード英語版個人では14位タイ。団体では比嘉一貴、と共に金メダル[5]。日本オープン最終日は首位・池田勇太に5打差から4バーディーと猛追したが1打及ばず2位[6]

2018年インドネシアで開催された第18回アジア競技大会英語版では個人で4位。団体で中島、今野、と共に金メダルを獲得[7]。「世界アマチュアチーム選手権」個人で2位、日本チームは15位[8]。「アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権」で優勝。日本人としては松山英樹以来7年ぶり[9]

2019年、「マスターズ・トーナメント」では予選カットラインで決勝に進んだが通算5オーバー、58位タイでローアマ獲得ならず[10]。同年8月には日本人として松山以来の世界アマチュアゴルフランキング1位に輝く[11]。「三井住友VISA太平洋マスターズ」では通算13アンダー、2位の英語版と1打差で史上4人目のアマチュア優勝[12]

2020年、プロ転向し、初戦の日本オープンで7位。「ダンロップフェニックストーナメント」では通算13アンダーで並んだと4ホールのプレーオフを制し、プロ転向後初優勝[13]。前年と同一シーズンとなった2021年、「東建ホームメイトカップ」では第3日が中止で54ホールに短縮となる中、通算11アンダー、2位・中島に1打差で優勝[14]

プロ優勝 (3)

日本ツアー優勝 (3)

No.日程大会スコア2位との差2位(タイ)
1@2019年11月14-17日三井住友VISA太平洋マスターズ−13 (73-66-63-65=267)1打南アフリカ共和国の旗 英語版
22020年11月19-22日ダンロップフェニックス−13 (68-66-68-69=271)プレーオフ日本の旗
32021年4月15-18日東建ホームメイトカップ−11 (67-65-70=202)*1打日本の旗 中島啓太@

@はアマチュア。*は54ホールに短縮

表彰

逸話

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 金谷拓実が大会最年少V 高校日本一からアマの頂点へ”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  2. ^ またも年少記録を更新 17歳金谷拓実がローアマ獲得”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  3. ^ 日本が灼熱の激戦を制し26年ぶりの優勝/アジアアマチーム選手権”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  4. ^ 全国高校ゴルフ選手権>歴代優勝者”. 日刊スポーツ. 2021年9月3日閲覧。
  5. ^ 【ユニバーシアード競技大会が終了。比嘉が個人銀メダルの活躍で男子団体は3大会連続の金メダルを獲得。女子団体は4位】”. JGA. 2021年9月4日閲覧。
  6. ^ 国内メジャー最年少Vならず アマ金谷拓実は「優勝ちらついた」”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  7. ^ 中島啓太が金メダル 男子団体も金/アジア大会”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ 金谷拓実が個人戦2位 日本は15位/世界アマチーム選手権”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  9. ^ 金谷拓実が松山以来の7年ぶりV 「マスターズ」出場権/アジアアマ”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  10. ^ 金谷拓実はローアマ獲得ならず 次のメジャーは「全英」”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  11. ^ 金谷拓実がアマチュア世界1位に 松山英樹以来の日本人2人目”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  12. ^ 金谷拓実、松山英樹以来史上4人目のアマチュアV/国内男子”. サンケイスポーツ. 2021年9月3日閲覧。
  13. ^ 新時代の一騎打ち。金谷拓実がプレーオフ4Hを制す”. JGTO. 2021年9月3日閲覧。
  14. ^ 1年の計は開幕戦にあり。新人の金谷拓実がプラン通りのシーズンV2”. JGTO. 2021年9月3日閲覧。
  15. ^ 金谷拓実、世界アマ1位の称号に「興奮しています」”. 日刊スポーツ. 2021年9月3日閲覧。
  16. ^ 田辺ひかり プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。

関連項目

外部リンク

ナショナルチーム

ナショナルチーム(national team)とは、地域単位で結成されるチームのことである。特にスポーツにおいて、オリンピックパラリンピック世界選手権などの国際大会派遣するものを指す。

概要

ナショナルチームは基本的に各国内競技連盟によって結成される。

オリンピック競技は国籍を基本としているが、15人制ラグビーなど非オリンピック種目では国籍無関係の連盟単位となっている場合もある。

を代表する選手が集まることから、「(国名代表チーム」とも呼ばれる。ニュージーランドでは競技毎に「オールブラックス」(ラグビー)など愛称が付けられており、日本でもラグビー日本代表サッカー日本代表が「(監督名)ジャパン」、サッカー日本女子代表が「なでしこジャパン」と呼ばれている他、各競技で様々な愛称が付けられるようになった。また、イタリアの「アズーリ」など競技の枠を超えたナショナルチームの愛称が付けられている場合もある。

一般には連盟登録している有力選手の選抜チームで挑むが、かつては国内の強豪1チームをそのまま派遣する場合も多かった。現在でもカーリングなどでは単一チームが見られる。監督・コーチについては連盟専属の場合とクラブチームの監督・コーチ陣から選出される場合があり、これは連盟の方針などによる。

ナショナルチームには所属連盟(国籍)以外に制限のないベストメンバーによるチーム(フル代表、競技によってはA代表)の他、二軍以下の位置づけにあるチーム(B代表・選抜など、ラグビーなどではA代表も)、年齢制限を設けているチーム(U-○代表(U-はアンダー(under)、○には上限年齢が入る)、ユース・ジュニアなどもこれに含まれる)、学生によるチームも存在する。

IOCルール

IOCとは、国際オリンピック委員会のこと。 原則として当該国の国籍を持ち、かつ3年以上在住している選手に代表資格が有る。

各競技のナショナルチーム資格

サッカー

原則として当該国の国籍を持ち、かつ他国の代表歴のない選手に代表資格が有る。ただし二重国籍には特例が設けられる場合もある。

サッカー選手の代表資格も参照。

バスケットボール

年代別代表を含む他国の代表を経験していない選手のみ資格が与えられる。ただし前所属国の許可を受けている場合はこの限りでない。

1989年国際バスケットボール連盟 (FIBA)はプロ選手の出場を認め、1992年バルセロナオリンピックからプロ選手がオリンピックに出場した。

詳細な経緯は「バスケットボール男子アメリカ合衆国代表」を参照。

バレーボール

IOCルールに準ずる。

ラグビー

以下の条件のうち少なくとも1つを満たす者が代表資格を持つ。なお、保持する国籍に関係なく、充足すれば資格が付与される。ただし、1つの国・地域で代表、A代表、または7人制試合の代表に選ばれた者は、代表とした国・地域のラグビー協会およびワールドラグビーが認めなければ、他の国・地域で代表になることはできない。

  1. その国・地域で出生したこと。
  2. 両親および祖父母のうち少なくとも1人が、その国・地域で出生したこと。
  3. その国・地域に36か月以上継続して居住しつづけていること。

なお、2016年リオデジャネイロオリンピックにて7人制ラグビー採用に伴い、オリンピック及びその予選を兼ねるシリーズについてはオリンピック憲章に倣う[1]

野球

IOCルールに準ずる。

1997年国際野球連盟(IBAF)野球のプロ選手の出場を認め、2000年シドニーオリンピックからプロ選手がオリンピックに出場した。しかし、現在までオリンピックを含めIBAF主催大会におけるメジャーリーガーメジャーリーグベースボールの選手)の参加はない。

なおワールド・ベースボール・クラシックについてはメジャーリーガーも各国代表として参加しており、別に規定されている。ワールド・ベースボール・クラシック#出場資格を参照。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close