ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳| 石川遼〝隔離破り〟でスポンサー離れの危機…広告関係者は「瀬戸の不倫と比較にならないほど責任は重い」


写真 石川遼(東スポWeb)

石川遼〝隔離破り〟でスポンサー離れの危機…広告関係者は「瀬戸の不倫と比較にならないほど責任は重い」

 
内容をざっくり書くと
今回も不祥事という点では共通するが、新型コロナ禍での隔離破りは変異株の国内流入など大きな危険をもたらす可能性も否定できず、より〝深刻〟というわけだ。
 

かつての〝ハニカミ王子〟はどうなるのか。男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)が米国から帰国後の自主… →このまま続きを読む

 東スポWeb

東スポ(東京スポーツ)のWebニュースでは、野球やサッカーなどのスポーツをはじめ、芸能・プロレス・競馬など豊富なジャンルのニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

コロナ禍

コロナ禍(コロナか)とは、2019年末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である[1]。「新型コロナウイルス禍」、「新型コロナ禍」、「COVID-19禍」などの表記もある。

「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス[2]を意味し、「」は「災い」や「災難」「不幸なできごと」を意味することば[3]で、さまざまな名詞に後置されて「○○禍(か)」という複合語[4]を形成する(例:水禍、戦禍など)。

新型コロナウイルス感染症の流行が拡大するとともに、2020年(令和2年)3月半ば頃から新聞やインターネット上において広く用いられるようになった[5][注釈 1][注釈 2]

「コロナ禍」という単語は誤った表記がなされることも多い。代表的な誤りは「禍」を「渦」と間違え、「コロナ渦(コロナうず、コロナか)」と表記するものである[6]

大辞泉が選ぶ新語大賞2020

小学館による「大辞泉が選ぶ新語大賞 2020」では、次点として「コロナ禍」が選出され、大辞泉編集部による語釈が発表サイト上に掲載された。

選出理由について、特別選考委員を務めた明治大学国際日本学部教授である田中牧郎は「今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました」と説明している。また田中は、日本語学の観点からは「○○禍」が造語成分として今後派生するかどうかも注目に値するとしている[7]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 行政によるインターネット上の発信では、 など。
  2. ^ 新聞報道では、全国紙5紙すべてに登場。 など。ブロック紙では、 など。県紙では、ブロック紙に準ずると評価されるものでは、 など。一般の県紙では、など。

出典

参考文献

関連項目

生物学において(かぶ、: strain)とは、微生物やそれに類する培養によって維持されるものの、同一系統のものを表す。ウイルスの分類でも用いられる[1]。分離したもの、との意味で分離株(isolate)という語も使われる。

例えば細菌類菌類を研究する場合、まず野外から試料を取り、これを適当な方法で培養し、そこから出現するさまざまな微生物の中から目指すものを取り出す。つまり純粋培養を行うわけだが、その際、取り出された微生物を、まず適当な培地、たいていは寒天培地の上にくっつける。これを植え付けると表現することも多い。そしてその微生物がそこでよく育つと、やがてシャーレの中一杯になって、栄養も使い尽くして死んでしまう。それでは困るので、そうなる前に、コロニーの一部を切り取って新しい培地に置いてやる(継代培養植え継ぐと表現することも多い)。これを繰り返すことで、その微生物を手元に置き続けられる。

したがって、その場合の研究対象の微生物は単独の個体を区別することはできず、このように植え継ぎによって維持する系統をその対象とせざるを得ない。そのような系統のことをと呼ぶ。恐らく植え込み、大きく育つと切り離しては植え継ぐ、という操作より植物のからの連想であろう。英語strainには植物の株の意味はなく、家系を意味する言葉である。なお、野外サンプルから微生物を捕りだして培養する場合、まず分離(isolation)という操作が必須である。したがってこれによって得られた株のことをisolateという場合もある。

当初は培養した微生物の系統を意味する語であったが、培養という手法がさまざまな方面に適用されるにつれ、この言葉も範囲を広げた。細胞培養においては、によって半永久的な継代培養が可能になった培養細胞を、株(細胞株あるいは株化細胞、cell line)と呼ぶ。さらには、高等植物のによって繁殖させたものをも株と呼ぶ例がある。云わば逆輸入である。

同一の株は細胞分裂の繰り返しによって継承されるものであるから、基本的には同一細胞からのクローンであり、遺伝的には同質の集団であると考えられる。細胞学などの分野においてはそのような点で共通の素材があった方が統一した研究ができるため、実験材料として多数の培養株がそれぞれに固有の名をつけて扱われている。その他、一般には野外から分離したものを野性株、特に変異を表したものを変異株(: variant strain、mutant strain)、あるいは栄養要求株などというように用いる。

ただし、培養中に新たな変異を生じる場合もある。そこから新しい発見がある場合もあるが、一般にはせっかく確立した株であるから、変異を起こさない方が望ましい。そのため、現在[いつ?]では低温や真空乾燥などの細胞が活動していない状態での保存が行われている。また、さまざまな微生物や培養細胞などの株を収集保存し、研究教育産業上の理由などで必要とする者に配布する機関もある。これらの機関は、植物の系統を種子の形で保存するシードバンクなどとともに、ジーンバンクあるいはセルバンク(遺伝子細胞銀行)と呼ばれることがある。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立感染症研究所ウイルス第二部、武田直和、白土東子、岡智一郎、片山和彦、宇田川悦子、名取克郎、宮村達男「カリシウイルスの命名変更について」病原微生物検出情報(IASR)Vol.24(12)No.286, p 311 - 312、2003年平成15年)

関連項目


 

Back to Top
Close