ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|【都市対抗野球1回戦】伯和ビクトリーズが四国銀行に大きく点差をつけて勝利


写真 野球 試合サマリー

【都市対抗野球1回戦】伯和ビクトリーズが四国銀行に大きく点差をつけて勝利

 
内容をざっくり書くと
伯和ビクトリーズ 6 – 0 四国銀行 とし、伯和ビクトリーズが6点差の大差での勝利となった。
 

都市対抗野球1回戦は11月29日 (月)、東京ドームで伯和ビクトリーズ vs 四国銀行の試合が行われ… →このまま続きを読む

 Player!

スポーツエンターテイメントアプリ「Player!(プレイヤー)」。サッカー、野球から競馬、陸上まで幅広いスポーツの最新ニュースや速報、日程、結果などをどこよりも早くお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

伯和ビクトリーズ6

伯和ビクトリーズ

伯和ビクトリーズ(はくわビクトリーズ)は、広島県東広島市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

母体は、広島県を中心に展開するパチンコ企業のである。チーム名の「victory」の複数形は本来であれば「victories」だが、チームのロゴなどでは「victorys」となっている。

概要

1993年東洋観光グループのが、一事業である衛生業ブランド名(トーカイとのフランチャイズ契約により運営)をとって『リースキン広島硬式野球部』を創部。

2004年にチーム名を『リースキン硬式野球部』に改称し[1]、同年の都市対抗野球で創部12年目での初出場を果たした。しかし、同年の日本選手権の予選敗退後、翌2005年クラブチームとして活動し、シーズンいっぱいをもって廃部する旨が発表された。

その後、広島県を中心に展開するパチンコ企業のがチームごと譲り受ける事となり、2005年から会社登録のまま『伯和ビクトリーズ』としてチーム名称を変更する形でチームを引き継いだ[2]。同年は、日本選手権で中国地区代表として初出場を果たし、「伯和」として1年目で全国大会デビューすることとなった。

また、2006年には「伯和」となってから初の都市対抗野球出場を果たし、2012年都市対抗野球ではベスト8入りを果たした。

創業者である安本養伯がイ・ビョンホンをかねてから支援しており有名であり、イ・ビョンホンは同チームの応援副団長を務めている。また、イの話題で時折、女性週刊誌などに名前が出ることがある[3][4]

沿革

  • 1993年 - 『リースキン広島』として創部。
  • 2004年 - 『リースキン』に改称。都市対抗野球に初出場(初戦敗退)。
  • 2005年 - 母体の変更に伴いチーム名を『伯和ビクトリーズ』に改称。日本選手権に初出場(初戦敗退)。

主要大会の出場歴・最高成績

主な出身プロ野球選手

元プロ野球選手の競技者登録

脚注

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close