ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|京都退団のヨルディ・バイス「オランダに戻りたい」母国メディアの取材で本音ポロリ


写真 京都サンガのサポーター 写真提供: Gettyimages

京都退団のヨルディ・バイス「オランダに戻りたい」母国メディアの取材で本音ポロリ

 
内容をざっくり書くと
デ・フラーフスハップ、NACブレダやヘーレンフェーン、Aリーグ(オーストラリア1部)のシドニーFCなどをへて、2018年夏にV・ファーレン長崎へ加入。
 

明治安田生命J2リーグの京都サンガは2日、オランダ人DFヨルディ・バイス(32)が契約満了により今季… →このまま続きを読む

 Football Tribe Japan

アジア11ヶ国に拠点を持つサッカー専門情報サイトの日本語版。欧州サッカー、Jリーグ、海外組、日本代表情報を中心に、豊富なニュースや独占コラム、独自の選手採点と試合分析などのオリジナルコンテンツを展開。楽しみながらサッカーの知識が深まります。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

シドニーFC

シドニー・フットボール・クラブ英語:Sydney Football Club)は、オーストラリアの南東部、ニューサウスウェールズ州の州都シドニーをホームタウンとする、オーストラリアプロサッカーリーグ(Aリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要

オーストラリアではそれまでセミプロによるオーストラリアン・ナショナルサッカーリーグが開催され、シドニーからも5クラブが参戦していたが、オーストラリアサッカー連盟がオセアニアサッカー連盟からアジアサッカー連盟に転籍することが決まり、オーストラリアのサッカーの全体のレベルアップを図る目的から完全プロによる「Aリーグ」が2005年からスタートし、同年2月に新たにシドニーFCを結成した。

チームはその年のオセアニアクラブ選手権大会で結成まもなく優勝を決定。12月のトヨタカップ世界クラブ選手権大会のオセアニア代表として参戦することとなったが、その初戦(12月12日、豊田スタジアムデポルティーボ・サプリサ=コスタリカ)で敗れた。

同チームにはJリーグ経験者も多数参戦しており、ピエール・リトバルスキー監督を筆頭に、イアン・クルークアシスタントコーチ、選手ではスティーブ・コリカマシュー・ビングリー、そして横浜FCからゲストプレイヤー(期限付き移籍に同義)として加入した三浦知良が在籍していた。

タイトル

国内タイトル

  • リーグ:2回
    • Aリーグレギュラーシーズン:2回
      • 2009-2010, 2016-2017
    • Aリーグファイナルシリーズ:4回
      • 2005-2006, 2009-2010, 2016-2017, 2018-19

国際タイトル

2005

過去の成績

年度レギュラーシーズンファイナルシリーズ
2005-062位優勝
2006-074位ベスト4
2007-083位ベスト4
2008-095位
2009-101位優勝
2010-119位
2011-125位5位
2012-137位
2013-145位Elimination final
2014-152位2位
2015-167位
2016-171位優勝
2017-181位ベスト4
2018-19優勝

現所属メンバー

2021年11月28日現在 [1]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
1GKオーストラリアアンドリュー・レッドメイン
2DFオーストラリアジェームス・ドナキー
3DFオーストラリアベンジャミン・ワーランド
4DFオーストラリアアレックス・ウィルキンソン キャプテン
5DFオーストラリアコナー・オトゥール
7DFオーストラリアマイケル・ズロ
8MFオーストラリアパウロ・レトル
9FWブラジルボボー
10MFセルビアミロシュ・ニンコヴィッチ
11FWニュージーランドコスタ・バルバルセス
12FWオーストラリアトレント・ブハジアー
14FWイングランドアダム・ル・フォンドル
16DFオーストラリアジョエル・キング
No.Pos.選手名
17MFオーストラリアアンソニー・カセレス
19MFオーストラリアクリストファー・スヴェラ
20GKオーストラリアトム・ハワード=ベル
21DFオーストラリアハリー・ファン・デル・サーグ
22MFオーストラリアマックス・バージェス
23DFオーストラリアライアン・グラント
25DFオーストラリアカラム・タルボット
26MFオーストラリアネイサン・ブラッタン
27FWブルンジエルヴィス・カムソバ
28MFオーストラリアカレム・ニーウェンホフ
30GKオーストラリアアダム・パヴレシッチ
32MFオーストラリアパトリック・ヤズベク
33FWオーストラリアパトリック・ウッド
35DFオーストラリアリアム・マッギング
監督

歴代監督

歴代所属選手

GK

DF

MF

FW

脚注

  1. ^ Sydney FC Squads”. Sydney FC. 2021年11月28日閲覧。

外部リンク

NACブレダ

NACブレダNOAD ADVENDO Combinatie Breda)は、オランダ北ブラバント州ブレダを本拠地とするサッカークラブチーム。現在はエールステ・ディヴィジに所属する。

歴史

1912年9月19日、NOADADVENDOの2つのクラブが合併して創設された。ちなみに「NOAD」は「Nooit Ophouden Altijd Doorgaan」(決して諦めずに続けよう)、「ADVENDO」は「Aangenaam Door Vermaak En Nuttig Door Ontspanning」(気晴らしに陽気で楽しくくつろごう)という言葉の略である[1]2003年にそれまでのNACからホームタウンのブレダを加えた名称に改名し現在に至る。読み方は「ナック・ブレダ」。

最初の公式戦は1915年3月14日のホルダート・カップ(KNVBカップの前身)のフェイエノールト戦で、3-0と完敗している。1920年には、クラブから初めてオランダ代表に招集されたエドゥアルト・ファン・ルーセルが活躍し、現在のエールディビジの前身に当たる全国選手権を初制覇している。

ホームスタジアムのマイコム・スタディオンは2003-04シーズンに現在の名称に変わるまでは富士写真フイルム(現・富士フイルムホールディングス)が命名権を取得し、「フジフイルム・スタディオン」と呼ばれていた。

2016年4月14日より、イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティFCと提携を結んでおり、マンチェスター・シティから多くの選手をレンタルで獲得している[2]

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

なし

過去の成績

シーズンディビジョンKNVBカップ
リーグ順位
1956-57エールディヴィジ34148125961369位3回戦敗退
1957-58エールディヴィジ34155146970358位4回戦敗退
1958-59エールディヴィジ341361572723211位準々決勝敗退
1959-60エールディヴィジ34159105653395位
1960-61エールディヴィジ34154155964349位準優勝
1961-62エールディヴィジ34158116049385位準々決勝敗退
1962-63エールディヴィジ30111095148326位3回戦敗退
1963-64エールディヴィジ30146105653346位2回戦敗退
1964-65エールディヴィジ30781534492216位準決勝敗退
1965-66エールステ・ディヴィジ2815945022393位準々決勝敗退
1966-67エールディヴィジ341091544502912位準優勝
1967-68エールディヴィジ34981725562615位GS敗退
1968-69エールディヴィジ34101595048357位2回戦敗退
1969-70エールディヴィジ3411101340543210位2回戦敗退
1970-71エールディヴィジ347101740612414位1回戦敗退
1971-72エールディヴィジ34991639582713位ベスト16
1972-73エールディヴィジ34772026572116位優勝
1973-74エールディヴィジ346101844722216位準優勝
1974-75エールディヴィジ34891738622516位2回戦敗退
1975-76エールディヴィジ349101526532811位2回戦敗退
1976-77エールディヴィジ341112114153348位準々決勝敗退
1977-78エールディヴィジ3410111337513111位2回戦敗退
1978-79エールディヴィジ348151141513110位準々決勝敗退
1979-80エールディヴィジ341071735592716位2回戦敗退
1980-81エールディヴィジ34991646662713位2回戦敗退
1981-82エールディヴィジ341291342483311位ベスト16
1982-83エールディヴィジ346121639752417位2回戦敗退
1983-84エールステ・ディヴィジ3218597249413位2回戦敗退
1984-85エールディヴィジ34752235681917位ベスト16
1985-86エールステ・ディヴィジ3610121454613213位ベスト16
1986-87エールステ・ディヴィジ361313104845398位1回戦敗退
1987-88エールステ・ディヴィジ36972045692517位1回戦敗退
1988-89エールステ・ディヴィジ36161196149437位1回戦敗退
1989-90エールステ・ディヴィジ36161195539432位2回戦敗退
1990-91エールステ・ディヴィジ38211439450562位ベスト16
1991-92エールステ・ディヴィジ381612106548444位3回戦敗退
1992-93エールステ・ディヴィジ3419787339453位2回戦敗退
1993-94エールディヴィジ341410106152387位準決勝敗退
1994-95エールディヴィジ341171654602910位準々決勝敗退
1995-96エールディヴィジ341410105844528位ベスト16
1996-97エールディヴィジ341010144154409位2回戦敗退
1997-98エールディヴィジ341261641494212位準々決勝敗退
1998-99エールディヴィジ344111941612318位ベスト16
1999-00エールステ・ディヴィジ3427168284361位2回戦敗退
2000-01エールディヴィジ341310114140499位2回戦敗退
2001-02エールディヴィジ34159105552546位2回戦敗退
2002-03エールディヴィジ34131384231524位ベスト16
2003-04エールディヴィジ341210125855469位準決勝敗退
2004-05エールディヴィジ34981743673515位準々決勝敗退
2005-06エールディヴィジ34891745663316位3回戦敗退
2006-07エールディヴィジ341271543544311位準決勝敗退
2007-08エールディヴィジ3419694840633位準決勝敗退
2008-09エールディヴィジ34136154454458位準決勝敗退
2009-10エールディヴィジ3412101242494610位準々決勝敗退
2010-11エールディヴィジ341251744604013位準々決勝敗退
2011-12エールディヴィジ341081645543813位2回戦敗退
2012-13エールディヴィジ341081640563813位ベスト16
2013-14エールディヴィジ348111543543515位3回戦敗退
2014-15エールディヴィジ346101836682816位ベスト16
2015-16エールステ・ディヴィジ3620798442673位2回戦敗退
2016-17エールステ・ディヴィジ38197126550645位1回戦敗退
2017-18エールディヴィジ34971841573414位1回戦敗退
2018-19エールディヴィジ34582129742318位1回戦敗退
2019-20エールステ・ディヴィジ2914874830505位準決勝敗退
2020-21エールステ・ディヴィジ3822797541735位1回戦敗退
2021-22エールステ・ディヴィジ38

欧州の成績

現所属メンバー

2020年10月15日現在[3]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
1GKオランダ
2DFオランダ
3DFスペイン
4DFベナン
5DFスペイン
6MFイングランド
7FWイングランド
8MFオランダ
9MFオランダレックス・イメルス
10FWオランダ
11FWオランダ
14DFスペインナチョ・モンサルベ
15DFオランダ
16GKオランダ
No.Pos.選手名
18MFオランダ
20MFオランダディオン・マローネ
21DFオランダ
22DFベルギー
23GKオランダ
24DFノルウェーコリン・レスラー
26FWベルギー
27MFオランダ
28DFオランダ
29MFオランダ
30DFオランダ
31MFオランダ
33MFオランダ
42FWオランダ
55MFアンティグア・バーブーダ

ローン選手

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No.Pos.選手名
6MFイングランド (イングランドの旗 マンチェスター・シティ)
No.Pos.選手名
11FWオランダ (ユトレヒト)

歴代監督

歴代所属選手


GK

DF

MF

FW

脚注

  1. ^ バウハウス刊 ワールドサッカーコレクション99
  2. ^ マンチェスター・シティがオランダ2部のNACと提携超ワールドサッカー、2016年4月15日
  3. ^ Selectie 2018-2019NACブレダ公式サイト 2018年8月1日閲覧

外部リンク


 

Back to Top
Close