ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏓|張本智和、“南米の星”に完勝で決勝進出 世界王者との対戦へ<卓球・WTTカップファイナル>


写真 

張本智和、“南米の星”に完勝で決勝進出 世界王者との対戦へ<卓球・WTTカップファイナル>

 
内容をざっくり書くと
また、カルデラノは今大会で 林高遠 (リンガオユエン・中国)を下し、勝ち上がっている難敵だ。
 

<WTTカップファイナル・シンガポール 日時:12月4日~7日 場所:シンガポール> 6日、WTTカ… →このまま続きを読む

 卓球専門メディア Rallys


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

リンガオユエン

林高遠

林 高遠(りん こうえん、リン ガオユエン、簡体字:林 高远、Lin Gaoyuan、1995年3月19日 - )は、中国広東省深圳市出身の男子卓球選手[3]。2017年アジアカップ男子シングルス優勝。

経歴

広東省深圳市出身。卓球場を経営していた父の影響で卓球を始める[4]。14歳で卓球中国代表の2軍に入り、世界ジュニア卓球選手権のシングルスでは、2010年から2012年までの3大会連続で銀メダルを獲得した。

2017年に行われた中国国内の選考会では、世界ランクトップクラスであり代表入り確実とみられていた樊振東許昕を次々と破り、世界選手権デュッセルドルフ大会への出場権を獲得。世界選手権初デビューとなる同大会シングルスでは、許昕にフルゲームの末敗れ、ベスト16に終わった。同年行われたアジアカップでは、決勝で樊振東を破り優勝を果たした。

プレースタイル

サウスポーの選手で、前陣でのプレーを得意とする。特にコンパクトなスイングから繰り出されるバックハンドドライブはスピード、精度ともに高い[5]

大舞台でのメンタル面に課題がある。2017年のワールドカップ準々決勝のティモ・ボル戦では、第7ゲームで10-4から6点連取、デュースの末逆転されタイトルを逃している。

脚注

[脚注の使い方]

出典

外部リンク


 

Back to Top
Close