ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛷|群馬県選手団2年ぶりの臨戦 スケート国体


写真 新しくなった本県選手団のユニホーム

群馬県選手団2年ぶりの臨戦 スケート国体

 
内容をざっくり書くと
6日の日本学生氷上(インカレ)1000メートルを樋沙織(高崎健大)が大会新記録で制している。
 

第77回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会は24日に栃木県日光市で開始式が行われて開… →このまま続きを読む

 上毛新聞ニュース


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

日本学生氷上

樋沙織

樋 沙織(とい さおり、1994年5月23日 - )は、日本のスピードスケート選手。

人物

1994年、群馬県吾妻郡嬬恋村生まれ。

地元の群馬県立嬬恋高等学校に進学。高校在学中の2012年、北海道帯広市明治北海道十勝オーバルで開催された世界ジュニアスピードスケート選手権大会に於いて女子団体追い抜き決勝に高木美帆高木菜那と組んで出場。3分13秒67で韓国に敗れ、4大会連続の銀メダル獲得に貢献した[1]

翌2013年、世界ジュニアスピードスケート選手権大会に於いて、髙木美帆佐藤綾乃と組んで女子チームパシュートで金メダルを獲得した[2]

インターハイ(全国高等学校スケート選手権大会スピード競技)では2012年に女子1500m優勝。2013年の全日本ジュニアでは500m、1000m、1500mの三冠達成。

嬬恋高校卒業後、日本電産サンキョーに勤務。同僚に高木菜那ウイリアムソン師円らがいた。

2014年、高木菜那、ウィリアムソン師円とともに日本とオランダで編成した共同チームに1年間所属し、オランダ国内での練習や記録会などに参加することが発表された[3]

2014年11月のワールドカップ帯広大会のチームスプリント(公開競技)で、、高木美帆と組んで韓国を0.01秒差でかわし優勝した。

2015年、スピードスケートワールドカップ日本代表に選出される[4]

2017年、ジャパンカップ第1戦女子1000mで(JAつまごい村)に次ぐ2位に入る[5]

その後教師を志し、佐藤綾乃と同じ高崎健康福祉大学人間発達学部子ども教育学科に進学、入澤孝一の指導を受ける。

主な成績

世界ジュニア

  • 2013年
    • チームパシュート Med 1.png優勝

脚注

  1. ^ 女子団体追い抜きで日本は銀/スピード世界ジュニア選手権 四国新聞電子版 2012年3月4日付
  2. ^ 日本、女子団体追い抜き優勝 スケートの世界ジュニア 日本経済新聞 2013年3月25日付
  3. ^ スピードスケートの長島と加藤、現役続行を表明 朝日新聞デジタル 2014年5月30日付
  4. ^ 加藤、小平ら代表に スピードスケートW杯前半戦 日本経済新聞電子版 2015年10月25日付
  5. ^ 男子1000Mで藤野が優勝、中村が2位 サンケイスポーツ電子版 2017年11月12日付

外部リンク


 

Back to Top
Close