ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|トーマス・ピータースが逆転で6勝目 金谷拓実は25位T、川村昌弘は65位T


写真 トーマス・ピータースが通算6勝目(撮影:GettyImages)

トーマス・ピータースが逆転で6勝目 金谷拓実は25位T、川村昌弘は65位T

 
内容をざっくり書くと
金谷拓実はトータルスコアを一つ伸ばしトータル3アンダーの25位タイ。
 

<アブダビHSBC選手権 最終日◇23日◇ヤスリンクス アブダビ(アラブ首長国連邦)◇7425ヤード… →このまま続きを読む

 ゴルフ情報ALBA.Net


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

トータル3アンダー

金谷拓実

金谷 拓実(かなや たくみ、1998年5月23日–)は、広島県出身の日本のプロゴルファー。

経歴

5歳のころからゴルフを始める。

広島国際学院高校在学時の2015年、「日本アマチュアゴルフ選手権競技」決勝 (36ホール・マッチプレー) で中島啓太を10アンド9で破り優勝。17歳51日の優勝は最年少記録[1]。「日本オープンゴルフ選手権競技」で通算3アンダー、11位でローアマチュアに輝いた。17歳148日でのローアマは最年少記録[2]。「アジア太平洋アマチュアゴルフチーム選手権」では日本チーム26年ぶり優勝に貢献[3]

2016年全国高等学校ゴルフ選手権大会春季大会で優勝[4]

東北福祉大学在学時の2017年台北 (台湾) で開催された第29回夏季ユニバーシアード英語版個人では14位タイ。団体では比嘉一貴、と共に金メダル[5]。日本オープン最終日は首位・池田勇太に5打差から4バーディーと猛追したが1打及ばず2位[6]

2018年インドネシアで開催された第18回アジア競技大会英語版では個人で4位。団体で中島、今野、と共に金メダルを獲得[7]。「世界アマチュアチーム選手権」個人で2位、日本チームは15位[8]。「アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権」で優勝。日本人としては松山英樹以来7年ぶり[9]

2019年、「マスターズ・トーナメント」では予選カットラインで決勝に進んだが通算5オーバー、58位タイでローアマ獲得ならず[10]。同年8月には日本人として松山以来の世界アマチュアゴルフランキング1位に輝く[11]。「三井住友VISA太平洋マスターズ」では通算13アンダー、2位の英語版と1打差で史上4人目のアマチュア優勝[12]

2020年、プロ転向し、初戦の日本オープンで7位。「ダンロップフェニックストーナメント」では通算13アンダーで並んだと4ホールのプレーオフを制し、プロ転向後初優勝[13]。前年と同一シーズンとなった2021年、「東建ホームメイトカップ」では第3日が中止で54ホールに短縮となる中、通算11アンダー、2位・中島に1打差で優勝[14]

プロ優勝 (3)

日本ツアー優勝 (3)

No.日程大会スコア2位との差2位(タイ)
1@2019年11月14-17日三井住友VISA太平洋マスターズ−13 (73-66-63-65=267)1打南アフリカ共和国の旗 英語版
22020年11月19-22日ダンロップフェニックス−13 (68-66-68-69=271)プレーオフ日本の旗
32021年4月15-18日東建ホームメイトカップ−11 (67-65-70=202)*1打日本の旗 中島啓太@

@はアマチュア。*は54ホールに短縮

表彰

逸話

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 金谷拓実が大会最年少V 高校日本一からアマの頂点へ”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  2. ^ またも年少記録を更新 17歳金谷拓実がローアマ獲得”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  3. ^ 日本が灼熱の激戦を制し26年ぶりの優勝/アジアアマチーム選手権”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  4. ^ 全国高校ゴルフ選手権>歴代優勝者”. 日刊スポーツ. 2021年9月3日閲覧。
  5. ^ 【ユニバーシアード競技大会が終了。比嘉が個人銀メダルの活躍で男子団体は3大会連続の金メダルを獲得。女子団体は4位】”. JGA. 2021年9月4日閲覧。
  6. ^ 国内メジャー最年少Vならず アマ金谷拓実は「優勝ちらついた」”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  7. ^ 中島啓太が金メダル 男子団体も金/アジア大会”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ 金谷拓実が個人戦2位 日本は15位/世界アマチーム選手権”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  9. ^ 金谷拓実が松山以来の7年ぶりV 「マスターズ」出場権/アジアアマ”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  10. ^ 金谷拓実はローアマ獲得ならず 次のメジャーは「全英」”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  11. ^ 金谷拓実がアマチュア世界1位に 松山英樹以来の日本人2人目”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。
  12. ^ 金谷拓実、松山英樹以来史上4人目のアマチュアV/国内男子”. サンケイスポーツ. 2021年9月3日閲覧。
  13. ^ 新時代の一騎打ち。金谷拓実がプレーオフ4Hを制す”. JGTO. 2021年9月3日閲覧。
  14. ^ 1年の計は開幕戦にあり。新人の金谷拓実がプラン通りのシーズンV2”. JGTO. 2021年9月3日閲覧。
  15. ^ 金谷拓実、世界アマ1位の称号に「興奮しています」”. 日刊スポーツ. 2021年9月3日閲覧。
  16. ^ 田辺ひかり プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年9月3日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close