ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|【MLB】大谷翔平を韓国人記者が取材する理由「日本とのライバル関係も」「ファンすごく興味」


写真 エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

【MLB】大谷翔平を韓国人記者が取材する理由「日本とのライバル関係も」「ファンすごく興味」

 
内容をざっくり書くと
その人気ぶりは2019年に最優秀防御率のタイトルを獲得したブルージェイズ・柳賢振投手やパドレス・金河成、レイズ・崔志萬両内野手のような韓国スター選手にも引けを取らないという。
 

韓国MKスポーツ記者は“大谷目当て”で現地取材「韓国人ファンはすごく興味」エンゼルス・大谷翔平投手は… →このまま続きを読む

 Full-Count


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

崔志萬

崔 志萬(チェ・ジマン、: 최지만朝鮮語発音: [t͡ɕʰwe̞.d͡ʑi.man]; 1991年5月19日 - )は、大韓民国仁川広域市出身のプロ野球選手一塁手左翼手)。右投左打。MLBタンパベイ・レイズ所属。

経歴

プロ入りとマリナーズ傘下時代

2010年シアトル・マリナーズと契約。ルーキー級アリゾナリーグ・マリナーズとA+級ハイデザート・マーベリックスでプレー。アリゾナリーグでは8月31日にMVPを獲得した[2]

2012年はA級英語版でプレーした。

2013年はA+級ハイデザート、AA級ジャクソン・ジェネラルズ、AAA級タコマ・レイニアーズでプレーし、同年行われたオールスター・フューチャーズゲームに選出された。オフの11月20日に40人枠入りを果たした[3]

2014年2月25日にマリナーズと1年契約に合意した[4]。3月11日にAAA級タコマへ異動した[5]。4月17日に薬物違反で50試合の出場停止処分を受けた[6]

2015年3月5日にDFAとなり[7]、7日にAAA級タコマへ異動。オフに自由契約となった。

エンゼルス時代

2015年11月24日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[8]。直後の12月10日、ルール・ファイブ・ドラフトによりロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[9]

2016年は開幕25人枠入りし[10]、4月5日のシカゴ・カブス戦でメジャーデビューした。しかしながら、14試合で打率.056と振るわず、5月11日にDFA、5月15日に40人枠から外れる形でAAA級ソルトレイク・ビーズへ配属された。7月9日、エンゼルスに復帰した。最終的には54試合に出場し、打率.170・5本塁打・12打点・2盗塁を記録した。12月23日にDFAとなり、2017年1月5日に40人枠から外れる形でAAA級ソルトレイクへ配属された後、11日にFAとなった[11]

ヤンキース時代

2017年1月14日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]。シーズン開幕は傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで迎えたが、7月5日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[12]。7月19日にDFAとなり[13]、23日に40人枠を外れる形でAAA級スクラントン・ウィルクスバリに降格した[11]10月13日にFAとなった[11]

ブルワーズ時代

2018年1月15日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[11]。3月28日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[11][14]

レイズ時代

2018年6月10日にブラッド・ミラー及び金銭とのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍した[15]。その日の内に、AAA級ダーラム・ブルズにオプションで降格した。7月11日に、メジャーに昇格した。レイズでは49試合に出場し、打率.269・8本塁打・27打点だった。

2019年は自己最多の127試合に出場し、打率.261・19本塁打・63打点を記録した。

2020年スイッチヒッターに挑戦し、右打席でホームランも放った[16]。60試合の短縮シーズンで42試合に出場し、打率.230・3本塁打・16打点だった。結局、スイッチヒッターはこのシーズンのみとし、オフに再び左打ちに戻した。

オフに来季の年俸として崔は単年245万ドルを求めたが、球団から提示されたのは単年185万ドルだった。これを受けて2021年2月5日に調停回避のための公聴会が開かれた。結果は崔に軍配が上がり、単年245万ドルで契約更改した[17]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2016LAA54129112919405381224011610272.170.271.339.611
2017NYY6181524102115000120051.267.333.7331.067
2018MIL123230472021550000210141.233.281.500.781
TB4918916021431218812720022403410.269.370.506.877
'18計61221190255014110963220022613551.263.357.505.863
2019127487410541072021918863230764261087.261.363.459.822
20204214512216281303501600032020361.230.331.410.741
2021833052583659140111064500004502875.229.348.411.758
MLB:6年37313051107142267663504891736701417361131817.241.346.442.787
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績



一塁(1B)左翼(LF)
























2016LAA2712711115.99320260001.000
2017NYY635113.973-
2018MIL2102051.00010000----
TB130001.000-
'18計3132051.00010000----
201910374836666.992-
20203825511325.989-
20217350023246.996-
MLB25016788413160.99321260001.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録

MiLB

背番号

  • 51(2016年)
  • 36(2017年)
  • 25(2018年 - 同年6月9日)
  • 26(2018年7月11日 - )

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ レイズ崔志万が年俸調停勝利、希望の2・6億円採用”. 日刊スポーツ (2021年2月6日). 2021年2月6日閲覧。
  2. ^ Daren Smith (2010年8月31日). “Choi named Arizona League MVP”. Minor League Baseball. 2018年1月29日閲覧。
  3. ^ Greg Johns (2013年11月20日). “Mariners add four to 40-man roster before deadline” (英語). MLB.com. 2018年1月29日閲覧。
  4. ^ “Seattle Mariners player signing updates” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年2月25日), http://seattle.mariners.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140225&content_id=68311692&vkey=pr_sea&c_id=sea 2018年1月29日閲覧。 
  5. ^ “Mariners announce spring training roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年3月11日), http://seattle.mariners.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140311&content_id=69109532&vkey=pr_sea&c_id=sea 2018年1月29日閲覧。 
  6. ^ “Seattle Mariners statement on Ji-Man Choi” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年4月17日), http://seattle.mariners.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20140417&content_id=72440056&vkey=pr_sea&c_id=sea 2018年1月29日閲覧。 
  7. ^ Mark Polishuk (2015年3月5日). “Mariners Designate Ji-Man Choi For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2015年12月11日閲覧。
  8. ^ Matt Eddy (2015年12月1日). “Minor League Transactions: Nov. 21-27”. Baseball America. 2016年5月13日閲覧。
  9. ^ Alden Gonzalez (2015年12月10日). “Angels select Guerra, Choi in Rule 5 Draft” (英語). MLB.com. 2018年1月29日閲覧。
  10. ^ Pedro Moura (2016年4月4日). “Ji-Man Choi ready to show off his quirks” (英語). Los Angeles Times. 2016年5月17日閲覧。
  11. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2018年3月29日閲覧。
  12. ^ Matthew Martell (2017年7月4日). “Yankees DFA Carter again; Choi getting call” (英語). MLB.com. 2018年1月29日閲覧。
  13. ^ Bryan Hoch (2017年7月19日). “On whirlwind day, new trio joins Yankees” (英語). MLB.com. 2018年1月29日閲覧。
  14. ^ Adam McCalvy (2018年3月28日). “Crew surprises with Opening Day roster” (英語). MLB.com. 2018年3月29日閲覧。
  15. ^ David Adler (2018年6月10日). “Rays add lefty bat Choi from Brewers for Miller” (英語). MLB.com. 2018年6月11日閲覧。
  16. ^ Rays' Ji-Man Choi: Homers right-handed”. CBSSports.com. 2020年10月13日閲覧。
  17. ^ Arbitration Hearing Decisions: J.D. Davis, Choi, Santander” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年2月14日閲覧。

関連項目

外部リンク

最優秀防御率

最優秀防御率(さいゆうしゅうぼうぎょりつ)は、プロ野球リーグにおける投手タイトルの一つ。


 

Back to Top
Close