ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|Jリーグ、鈴鹿ポイントゲッターズの「Jリーグ百年構想クラブ資格失格」を発表 「解除条件を満たす…


写真 鈴鹿のJリーグ百年構想クラブの資格を失格にすることを決定(写真はイメージです)【写真:高橋 学】

Jリーグ、鈴鹿ポイントゲッターズの「Jリーグ百年構想クラブ資格失格」を発表 「解除条件を満たす…

 
内容をざっくり書くと
(2)前項の規定により百年構想クラブとしての資格を停止させまたは失格させようとする場合は、その議決を行う理事会以前に、当該クラブに弁明の機会を与えなければならない。
 

6月28日の理事会にて決定Jリーグは6月28日、理事会にて鈴鹿ポイントゲッターズのJリーグ百年構想ク… →このまま続きを読む

 FOOTBALL ZONE

「FOOTBALL ZONE」は、サッカーを愛する人たちに向けた、サッカーの奥深さを伝えるサッカー専門メディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    当該クラブ

    Jリーグ百年構想クラブ

    Jリーグ百年構想クラブ(ジェイリーグひゃくねんこうそうクラブ)は、2014年1月1日以降、将来日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)への入会を目指す、日本フットボールリーグ(JFL)以下のカテゴリに所属するサッカークラブに対して、公益社団法人日本プロサッカーリーグがJリーグ規約第15条[1]に基づき認定したクラブである。

    特記なき限り、以下において「○○条」とは「Jリーグ百年構想クラブ規程[2]」の条文を指すものとする。

    概要

    設置の背景

    2013年12月31日まで「Jリーグ準加盟クラブ」の名前で認定していたものを、2014年シーズンからJ3リーグ (J3) が発足するのにあたり、準加盟クラブのうちJ3への参加が認められなかったクラブについて、規程の改正により別の名称で取り扱うことになったものである[注 1]

    この名称変更については、元々J3に参加するクラブを「Jリーグ準会員(J3会員)」という独自資格に位置づけることを想定していたことから、従来の「Jリーグ準加盟クラブ」に対して別の名称を付与することで区別すること目的としたものである[4]。最終的にJ3会員を正会員の一部に位置づけることになったため、単に「準加盟クラブ」という存在が名称変更したのみの形となっている。このことから、現在においてもJリーグクラブに対する「準加盟(クラブ)」に相当すると報じられることもある[5]

    なお、百年構想クラブは広報活動において「Jリーグ百年構想クラブ」の表記を用いることができるが、Jリーグのロゴやエンブレムなどは広報活動に用いることが出来ない(第3条[6])。

    参加要件

    参加要件としては、従前の「Jリーグ準加盟クラブ」の参加資格を踏襲している(第2条[6])。以下は主なもの。

    • チームがJFL・地域リーグまたは都道府県リーグに参加していること。
    • 運営法人が以下の要件を満たすこと。
      • 日本法に基づき設立された公益法人特定非営利活動法人[注 2]、または発行済株式総数の過半数を日本国籍を有するものが保有する株式会社であり、1年以上の運営実績を有すること。
      • サッカークラブの運営を主たる業務としていること。
      • 常勤役員が1名以上、常勤スタッフが4名以上いること。
      • 財務管理体制が確立されていること。
    • トップチームが常時練習できる場所が確保されていること(屋外・屋内を問わない)。
    • 普及活動(サッカースクールまたはクリニック)を1年以上継続して実施していること。
    • Jリーグ規約第21条[7]に準拠するホームタウンを予定あるいは決定しており、取締役(理事)にホームタウンに居住または勤務しているものが1名以上含まれること。
    • 申請クラブの名称、ロゴ、エンブレムについて、商標が取得済み(または出願中あるいは出願準備中)であること。
    • Jリーグ入会を目指すことを所属する都道府県サッカー協会が承認し支援することが文書により示されていること。
    • 以下の要件を満たすホームスタジアムを確保可能であること。
      • Jリーグクラブライセンス制度の施設基準に準拠していること、あるいは施設基準に準拠するよう将来改修可能であり施設所有者が改修計画を文書で示していること。
      • ホームタウン(の自治体)がホームスタジアムとして使用することを承認していること。
      • ホームスタジアムで相当数の試合が開催できること。

    これらの要件を満たした上で、前年の11月30日までにJリーグに申請しなければならない(Jリーグ規約第15条の2[8])。百年構想クラブとして承認された後は、年会費として年120万円をJリーグに納入する義務を負う(第4条第8項[9])。

    なお、百年構想クラブは、Jリーグチェアマンに対して書面で届け出ることにより、任意で百年構想クラブから脱退することができる(第8条[3])。この場合、当該クラブは脱退後、最低2年間は百年構想クラブの再加盟申請をすることができない。

    J3リーグへの新規参入(昇格)条件

    2014年度はJ3リーグが初回であったため、百年構想クラブの前身であるJリーグ準加盟申請を承認されたクラブの所属ディビジョンの成績や財務状況などを踏まえたうえで、J3に参入する11チームを決定したが、2015年度からのJ3リーグへの新規参入については、Jリーグ規約第15条第3項の規定[8]に基づき、日本フットボールリーグ(JFL)に所属する百年構想クラブのみがJ3リーグへ新規参入(昇格)できるようになる。前年の9月30日までに申請を行ったクラブに対し審議が行われ、11月30日までにJリーグ理事会において決定される。条件は次に示す通りである。

    1. J3ライセンス基準(スタジアム要件を含む)に関する審査を受け、合格すること。
    2. Jリーグ入会審査(クラブ責任者および行政当局責任者からの聴聞、地域との協力関係およびホームスタジアム・練習場等に関する調査、クラブの経営状態・戦力・観客数・選手育成その他に関する調査)を受け、合格すること。
    3. 以上の条件をすべて満たした上で、当該年度のJFLに於いて以下の要件をすべて満たすこと。
      • 1試合平均入場者数が2,000人を超えており、かつ3,000人に到達することを目指して努力していると認められること。
      • 年間事業収入が1億5000万円以上になり、かつ債務超過ではないことが、合理的に見込まれること。
      (ただしこの上記の2つの項目は2020年から一時的に新型コロナウィルスによる試合数削減や、観客動員数の制限(無観客含む)などの関係で例外的に扱われている)
      • 当該年度のJFLでの最終順位が「4位以内」かつJFL所属のJリーグ百年構想クラブ(J3ライセンスの有無は問わない)の上位2クラブであること(4位以内にJリーグ百年構想クラブが3クラブ以上いる場合は上位2クラブのみが参入対象となる。)。

    Jリーグ百年構想クラブに認定されたクラブ

    • 備考(次項同文)
      • クラブ名・所属リーグ・ホームタウンは認定時点(申請中・過去の申請クラブに関しては申請時点)のもの。「申請年月日の早い順」「審査・承認日の早い順」「ホームタウンの北から」の順に並べた。
      •   2022年シーズン時点でJリーグ所属(正会員)のクラブ
      •   2022年シーズン時点でJFL所属のクラブ
      •   2022年シーズン時点で地域リーグまたは都道府県リーグ所属のクラブ
    現在
    クラブ名所属リーグホームタウン申請年月日[注 3]審議・承認日Jリーグ
    入会年度
    備考
    レノファ山口FC中国山口市を中心とする山口県全県2013年6月10日[10]2013年8月20日[11]2015年2014年JFL4位によりJ3昇格
    奈良クラブ関西1部奈良市を中心とする奈良県全県2013年6月20日[12]2013年9月17日[13]-2020年1月30日に「解除条件付き失格」処分[14]
    同年6月23日に失格処分解除(再認定)[15]
    ヴァンラーレ八戸東北1部青森県八戸市十和田市五戸町2013年6月28日[16]2013年9月17日[13]2019年2018年JFL3位によりJ3昇格
    アスルクラロ沼津東海1部静岡県沼津市2013年6月28日[17]2017年2016年JFL3位によりJ3昇格
    栃木ウーヴァFCJFL栃木県栃木市2013年6月28日[18]2014年5月20日[19]-現クラブ名:栃木シティフットボールクラブ
    鹿児島ユナイテッドFCJFL鹿児島県鹿児島市2014年11月29日[20]2015年2月23日[21]2016年2015年JFL4位によりJ3昇格
    FC今治四国愛媛県今治市2015年11月2016年2月23日[22]2020年2019年JFL3位によりJ3昇格
    テゲバジャーロ宮崎JFL宮崎県宮崎市新富町2018年11月27日[23]2019年2月19日[24]2021年2020年JFL2位によりJ3昇格
    ラインメール青森FCJFL青森県青森市2018年11月30日[25]2019年2月19日[24]-
    FC大阪大阪府東大阪市2019年11月26日[26]2020年2月25日[27]
    ヴィアティン三重三重県桑名市ほか7市町2019年11月29日[28]2回目の申請[注 4]
    いわきFCJFL福島県いわき市ほか9市町村2019年12月2日[30]2020年2月25日[27]2022年2021年JFL優勝によりJ3昇格
    VONDS市原関東1部千葉県市原市2019年12月2020年2月25日[27]-
    南葛SC東京都1部東京都葛飾区
    クリアソン新宿関東1部東京都新宿区2020年11月30日[31]2021年2月25日[32]-
    ヴェルスパ大分JFL大分県大分市別府市由布市2020年12月
    コバルトーレ女川東北1部宮城県女川町2021年11月26日[33]2022年2月28日[34]-
    東京23フットボールクラブ関東1部東京都江戸川区2021年12月1日[35]
    高知ユナイテッドSCJFL高知市を中心とする高知県全県2021年11月30日[36]2022年2月28日[34]-
    沖縄SV九州豊見城市を中心とする沖縄県全県2021年11月[37]2022年2月28日[34]-
    過去(特記なきクラブは任意脱退)
    クラブ名所属リーグホームタウン申請年月日[注 3]審議・承認日脱退承認日備考
    tonan前橋関東1部群馬県前橋市2013年6月27日[38]2013年9月17日[13]2019年7月30日[39]2022年度:関東2部所属
    東京武蔵野シティFCJFL東京都武蔵野市2015年11月15日[40]2016年2月23日[41]2020年7月31日[42]2022年度:JFL所属
    現クラブ名:東京武蔵野ユナイテッドFC
    鈴鹿ポイントゲッターズ三重県鈴鹿市2020年11月30日[43]2021年2月25日[32]2022年6月28日[44]資格要件不備による失格処分

    Jリーグ百年構想クラブを申請中・または過去に申請があったクラブ

    申請中・または過去に申請があったクラブ
    クラブ名所属リーグホームタウン申請年月日[注 3]備考
    MIOびわこ滋賀JFL滋賀県草津市東近江市
    中心とする全域
    2013年6月27日[45]旧Jリーグ準加盟クラブとして申請後、
    継続審議中のままで審査が事実上凍結されている。
    おこしやす京都AC関西1部京都府京都市2022年2月28日[34]2019年12月2日に1回目の申請後、翌年2月14日に取り下げ[46]
    2021年11月末に2回目の申請[47]
    2022年2月末に3回目の申請を行う[34]も、普及活動が未充足という理由で未承認となった[48]

    脚注

    注記

    1. ^ このことは、「Jリーグ百年構想クラブ規程」が、百年構想クラブの名称が用いられるより前の「平成24年4月1日から施行」されていることから確認することが出来る[3]
    2. ^ ただし運営法人が特定非営利活動法人の場合、Jリーグ規約第12条の規定に基づき、そのままではJ2会員以上となることが出来ない(トップチームの運営母体が公益法人または株式会社等に改組する必要がある。ユース以下の下部組織はNPO、あるいは労協法人(2022年10月制定予定)が運営しても差し支えはない)。
    3. ^ a b c 2013年度まではJリーグ準加盟クラブとしての申請日。
    4. ^ 「ヴィアティン桑名」時代(当時三重県2部)の2013年6月に準加盟申請を行うが書類不備のため不受理となり[29]、再申請を行ったもの。

    出典

    1. ^ Jリーグ規約 2019, pp. 4–5.
    2. ^ 百年構想規程 2019.
    3. ^ a b 百年構想規程 2019, p. 4.
    4. ^ 公益社団法人日本プロサッカーリーグ (2013-03-14). “Jリーグディビジョン3 (J3) への参加に向けた各種資格要件について” (PDF). J3説明会(メディア説明会). p. 6-7. https://www.jfa.jp/about_jfa/report/PDF/h20130314_02.pdf 2016年9月23日閲覧。 
    5. ^ カズ所属JFL鈴鹿「百年構想クラブ」資格が失格 来季J3昇格は消滅、最速で24年に”. デイリースポーツ online (2022年6月28日). 2022年6月28日閲覧。
    6. ^ a b 百年構想規程 2019, p. 2.
    7. ^ Jリーグ規約 2019, pp. 7–8.
    8. ^ a b Jリーグ規約 2019, pp. 5.
    9. ^ 百年構想規程 2019, p. 3.
    10. ^ “Jリーグ準加盟申請提出について” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2013年6月13日), http://www.renofa.com/news/index.php?mod=news_top&act=detail&cate=&mon=&no=293#_news 2013年6月13日閲覧。 
    11. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年8月20日), http://www.jleague.jp/release/article-00005277/ 2013年8月20日閲覧。 
    12. ^ “Jリーグ準加盟申請書類提出のお知らせ” (プレスリリース), 奈良クラブ, (2013年6月20日), http://naraclub.jp/archives/22504 2013年6月20日閲覧。 
    13. ^ a b c “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年9月17日), http://www.jleague.jp/release/article-00005325/ 2013年9月17日閲覧。 
    14. ^ “奈良クラブのJリーグ百年構想クラブ資格認定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年1月30日), https://www.jleague.jp/release/post-62833/ 2020年1月30日閲覧。 
    15. ^ “奈良クラブのJリーグ百年構想クラブ資格認定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年6月23日), https://www.jleague.jp/news/article/17244/ 2020年6月23日閲覧。 
    16. ^ “「Jリーグ準加盟申請書」提出について” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2013年6月28日), http://www.vanraure.com/football/pickup/2196/ 2013年6月28日閲覧。 
    17. ^ “J3に参加意思 藤枝MYFC、アスルクラロ沼津”. @S (静岡新聞社静岡放送). (2013年6月28日). http://www.at-s.com/sports/detail/696033737.html 2013年6月29日閲覧。 
    18. ^ “Jリーグに準加盟申請書提出” (プレスリリース), 栃木ウーヴァFC, (2013年6月28日), http://www.tochigi-uva.com/event/%EF%BD%8A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%AB%E6%BA%96%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8%E6%8F%90%E5%87%BA 2014年5月20日閲覧。 
    19. ^ “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年5月20日), http://www.jleague.jp/release/article-00005822/ 2014年5月20日閲覧。 
    20. ^ “Jリーグ百年構想クラブ申請書類の提出について” (プレスリリース), 鹿児島ユナイテッドFC, (2014年11月29日), http://kagoshimaunited.com/information/news/j.html 2014年11月29日閲覧。 
    21. ^ “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-34085/ 2015年2月23日閲覧。 
    22. ^ “【リリース】FC今治 Jリーグ百年構想クラブ 認定のお知らせ” (プレスリリース), FC今治, (2016年2月23日), http://www.fcimabari.com/news/2016/160016.html 2016年2月24日閲覧。 
    23. ^ “百年構想クラブ申請について” (プレスリリース), デゲバジャーロ宮崎, (2018年11月27日), http://www.tegevajaro.com/news/26702.html 2019年2月19日閲覧。 
    24. ^ a b “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果お知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年2月19日), https://www.jleague.jp/release/post-57826/ 2019年2月19日閲覧。 
    25. ^ “【お知らせ】「Jリーグ百年構想クラブ」の申請受理のお知らせ” (プレスリリース), ラインメール青森FC, (2018年12月7日), https://reinmeer-aomori.jp/news-20181207/ 2019年2月19日閲覧。 
    26. ^ “Jリーグ百年構想クラブ申請書類の提出について” (プレスリリース), FC大阪, (2019年11月26日), https://fc-osaka.com/news/2019/11/26/37698/ 2020年2月25日閲覧。 
    27. ^ a b c “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年2月25日), https://www.jleague.jp/release/post-63062/ 2020年2月25日閲覧。 
    28. ^ “Jリーグ百年構想クラブ申請書類の提出について” (プレスリリース), ヴィアティン三重, (2019年11月29日), https://www.veertien.jp/fc/news_all/club/25250 2020年2月25日閲覧。 
    29. ^ “沿革” (プレスリリース), ヴィアティン三重, (2021年3月1日), https://www.veertien.jp/fc/club_history 2021年3月1日閲覧。 
    30. ^ “いわきFC Jリーグ百年構想クラブ申請書類を提出” (プレスリリース), いわきFC, (2019年12月2日), https://iwakifc.com/news/2019/1202_012580.php 2019年12月2日閲覧。 
    31. ^ “Criacao Shinjuku Jリーグ百年構想クラブ申請書類を提出” (プレスリリース), Criacao Shinjuku, (2020年11月30日), https://criacao.co.jp/soccerclub/information/post-4822/ 2021年2月25日閲覧。 
    32. ^ a b “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2021年2月25日), https://www.jleague.jp/release/post-66441/ 2021年2月25日閲覧。 
    33. ^ Jリーグ百年構想クラブ申請 完了のお知らせ”. コバルトーレ女川 (2021年11月26日). 2022年2月6日閲覧。
    34. ^ a b c d e “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年2月28日), https://www.jleague.jp/release/%ef%bd%8a%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0%e7%99%be%e5%b9%b4%e6%a7%8b%e6%83%b3%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96%e3%80%80%e5%af%a9%e6%9f%bb%e7%b5%90%e6%9e%9c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/ 2022年2月28日閲覧。 
    35. ^ 「Jリーグ百年構想クラブ」申請書類提出のお知らせ”. 東京23FC (2021年12月1日). 2022年2月6日閲覧。
    36. ^ Jリーグ百年構想クラブ申請書類提出について”. 高知ユナイテッドSC (2021年11月30日). 2022年2月6日閲覧。
    37. ^ 新聞・テレビ J参入条件審査「百年構想クラブ」可否を今月判断”. 沖縄SV(OSV) (2022年2月7日). 2022年3月1日閲覧。
    38. ^ “Jリーグ準加盟申請書提出について” (プレスリリース), tonan前橋, (2013年6月28日), http://tonan.sc/news/2013/20130628_jyunkameisinsei_teisyutsu.html 2013年6月28日閲覧。 
    39. ^ “tonan前橋のJリーグ百年構想クラブからの脱退について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年7月30日), https://www.jleague.jp/release/post-59650/ 2019年7月30日閲覧。 
    40. ^ “【お知らせ】百年構想クラブ申請のお知らせ” (プレスリリース), 横河武蔵野FC, (2015年11月15日), オリジナルの2016年3月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160310013615/http://www.yokogawa-musashino.com/【お知らせ】百年構想クラブ申請のお知らせ 2022年6月28日閲覧。 
    41. ^ “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-41864/ 2016年2月23日閲覧。 
    42. ^ “東京武蔵野シティFCのJリーグ百年構想クラブからの脱退について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2020年8月3日), https://www.jleague.jp/release/post-63944/ 2020年8月3日閲覧。 
    43. ^ “Jリーグ百年構想クラブ申請 完了のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿ポイントゲッターズ, (2020年12月1日), https://suzuka-un.co.jp/news/36986/ 2021年2月25日閲覧。 
    44. ^ “鈴鹿ポイントゲッターズのJリーグ百年構想クラブの資格について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年6月28日), https://www.jleague.jp/release/鈴鹿ポイントゲッターズのjリーグ百年構想クラ-2/ 2022年6月28日閲覧。 
    45. ^ 2013年6月27日のツイート”. MIOびわこ滋賀. 2022年2月6日閲覧。
    46. ^ おこしやす京都ACのJリーグ百年構想クラブ申請について”. おこしやす京都AC (2020年2月25日). 2021年12月17日閲覧。
    47. ^ 「おこしやす京都」Jリーグ加入の夢目指す 天皇杯で広島に大勝” (2022年1月27日). 2022年2月6日閲覧。
    48. ^ “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2022年5月31日), https://aboutj.jleague.jp/corporate/release/25370/ 2022年6月4日閲覧。 

    参考文献

    関連項目

    以下は百年構想クラブの制度とほぼ同じ要領の制度(JFL加盟のクラブは成績上の案件をクリアした場合にJリーグの最下部ディビジョンへの昇格権利が与えられる)

     

    Back to Top
    Close