ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|女子ゴルフ大里桃子、ファンの声に応えた行動が好評「センス抜群」「グッドアイデア」


写真 大里桃子【写真:Getty Images】

女子ゴルフ大里桃子、ファンの声に応えた行動が好評「センス抜群」「グッドアイデア」

 
内容をざっくり書くと
大里はニッポンハムレディス初日、佐久間朱莉、藤田さいきとの同組で回る。
 

自身のインスタグラムで報告「作っちゃいました」女子ゴルフで国内ツアー通算2勝の大里桃子(伊藤園)が、… →このまま続きを読む

 THE ANSWER

「THE ANSWER(ジアンサー)」は、アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

    リンクを追加

    佐久間朱莉

    佐久間 朱莉(さくま しゅり、2002年12月11日 - )は、日本の女子プロゴルファー。所属は大東建託

    3歳の頃父親と一緒にゴルフ練習場へと行ったことからゴルフを始める。

    アマチュア時代

    12歳の頃から大会で優勝する様に成る[1]。 2018年中学3年時、プロツアーに出場していた時、同組で回った原英莉花のキャディにスカウトされ高校入学前の3月に尾崎が設立した『ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー』に第1期生として入門することとなる。同1期生の西郷真央は1つ年上[2]

    4月埼玉平成高校へ入学。

    アマチュア時代の活躍は圧巻で、2020年ナショナルチームに選抜される。

    2021年初めて受けたJLPGA女子プロテストで2位に3打差のトップ合格を果たした。 ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー出身者では、西郷に次ぐ2人目のプロゴルファーとなる。

    アマ優勝大会 

    • 2014年、埼玉県小学生ゴルフ大会
    • 2014年、関東小学生ゴルフ大会
    • 2016年、関東ジュニアゴルフ選手権
    • 2018年、関東ジュニアゴルフ選手権、関東高等学校ゴルフ選手権
    • 2019年、関東女子ゴルフ選手権
    • 2021年、関東女子ゴルフ選手権

    プロ戦績

    2021年シーズン

    ステップアップツアーを飛び超して、推薦で7月22日開幕のレギュラーツアー「大東建託・いい部屋ネットレディス」でプロデビューを飾った。この大会は予選落ちしたが、8月26日に開幕の「ニトリレディスゴルフトーナメント」では予選を通過位してイーブンの34位タイに入り、プロとして初の賞金を獲得した。 その後、9月17日開幕の「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」でも1アンダーで27位タイに入り、プロとして順調なスタートを切った。

    11月、ステップアップツアー、京都レディースオープンでプロ初優勝。

    トップ合格の特典として、2022年の試合出場をかけた予選会QTの1次が免除され、ファイナルQTでも14位となり翌年の前半戦ツアー出場権を獲得した。

    2022年シーズン

    2月、大東建託と所属契約を結ぶ[3]

    4月、ヤマハレディスオープン葛城で9位タイに入り初めてトップ10入りした。

    7月、第1回QTリランキングニッポンハムレディスクラシッククラシック終了時点で4位となりミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント(9月)までの出場権を獲得した。

    QTリランキングー

    トーナメント優勝

    ツアー優勝

    JLPGAツアー

    No.DateTournamentスコア2位との差2位(タイ)
    1

    JLPGA年間順位

    年度出場試合数メルセデス

    ランキング

    獲得賞金平均

    ストローク数

    優勝回数備考
    2020-215試合0pt (--位)¥1,047,500 (154位)73.2513 (--位)0回QTランキング12位,翌年前半戦出場権獲得
    2022

    プロフィール

    記録

    脚注

    [脚注の使い方]

    出典

    関連項目

    外部リンク

      リンクを追加

      藤田幸希

      藤田 幸希(ふじた さいき、1985年11月22日 - )は、日本の女子プロゴルファー静岡県沼津市出身。所属はTOSHIN→チェリーゴルフ(2015年1月から)。

      2016年シーズンより、登録名を「藤田さいき」と、ひらがな表記に変更した。

      来歴

      14歳の時に、トップアマである父・藤田健の影響で本格的にゴルフを始める。4人きょうだいの末っ子で、次兄・もプロゴルファーである(プロデビューは幸希のほうが先)。小学校入学直前に父の故郷である栃木県鹿沼市の隣の宇都宮市に転居。 中学2年までは水泳部に所属しオフは陸上部にも顔を出した。宇都宮市立陽西中学校卒業後、県内の強豪高校へ進学したが電車通学で父から指導を受ける時間がなくなり、ゴルフが下手になる懸念から自主退学し、に転校し卒業した[1][2]。在学中の2003年、関東高校ゴルフ優勝。卒業後は栃木県内のゴルフ場で練習生として勤務する。2004年よりQTに挑戦し、2006年プロテスト実技試験免除でプロ入会。2010年の第43回日本女子プロゴルフ選手権で優勝し、日本メジャー大会初制覇を果たすなど、これまでに日本女子ツアー通算5勝。2006年から2017年まで12年連続賞金シード権を獲得。2018年は賞金ランキング51位に終わり連続シードは途絶え、2019年も賞金ランキング60位に終わりシード奪還はならなかった。同年の最終QTを27位で終え、2020年シーズン前半戦の出場権は確保した。2020-21年シーズンは、第2戦のNEC軽井沢72ゴルフトーナメントで2位タイに入る等、8戦でトップ10入りを果たし、賞金ランキング28位で3年ぶりにシードを奪還した。

      人物

      2006年・2007年JLPGAツアープロミスレディスゴルフトーナメント連覇。宮里藍と同組になった際の「ギャラリーがいっぱいつきますよね。ゴルフでダメなら見た目では負けないぞ。(中略)何なら全部脱ぎますけど」と発言し話題になったことがある。宮里藍・横峯さくらと同い年で、有村智恵と誕生日が同じである。パーソナルカラーは

      フィギュアスケートで活躍中の安藤美姫に似ていることから、一部マスコミからはミキティと呼ばれている(藤本美貴に似ているからという説もある)。

      週刊パーゴルフにて「幸希まちっく」という連載コラムを持っている。その記事の中で岡田伊津美プロと仲が良いと語っている。岡田プロからは「チャー」と呼ばれている。

      2008年ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントで優勝。最終日、全英女子オープンチャンピオンの申智愛に競り勝った。

      2011年11月22日に一般人男性と結婚[3]。入婿のため姓は変わらず。

      2022年、フジサンケイレディスクラシック1日目の17番でツアー通算6度目のホールインワンを決めた。通算6度のホールインワンは史上最多タイ[4]

      契約先

      • クラブ - ホンマ(2015年まで)
      • ボール - ホンマ(2015年まで)→タイトリスト(2016年)
      • ウェア - ブラック&ホワイト
      • シューズ -

      年度別成績

      年 度出場試合数獲得賞金賞金順位最高成績
      2005年13試合549万4400円76位4位T
      2006年30試合3123万5370円24位優勝
      2007年31試合3234万8971円26位優勝
      2008年30試合3171万9535円29位優勝
      2009年30試合2637万8850円34位3位T
      2010年32試合6450万2115円10位優勝
      2011年27試合4815万8398円15位優勝
      2012年26試合1717万4960円50位6位
      2013年32試合1782万5463円51位[5]7位T
      2014年30試合4013万9828円25位2位
      2015年31試合2093万5333円46位8位T
      2016年33試合2672万0220円40位7位T
      2017年33試合3833万6612円29位2位T
      2018年32試合2186万8358円51位5位T
      2019年34試合1974万6213円60位5位T

      LPGA米メジャー出場

      年度シェブロン選手権全米女子オープン全米女子プロ選手権エビアン選手権全英女子オープン
      2022
      2023

      優勝記録

      太字は公式戦

      脚注

      [脚注の使い方]
      1. ^ SPRIDE vol.19 下野新聞社
      2. ^ 学校生活[1]国際TBC高等専修学校
      3. ^ 第26打 ○○報告です。幸希まちっく31|ブログ|藤田幸希ブログ
      4. ^ 賞金500万円獲得 藤田さいき-夢の17番JLPGA
      5. ^ 永久シード不動裕理が50位以内に入ったため、51位までが賞金シード権獲得。

      関連項目

      外部リンク


       

      Back to Top
      Close