ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⛳|<速報>堀琴音が1イーグルなど「69」でホールアウト 渋野日向子は5番イーグルで首位と4打差に


写真 堀琴音が4日間をいい形で終えた(撮影:福田文平)

<速報>堀琴音が1イーグルなど「69」でホールアウト 渋野日向子は5番イーグルで首位と4打差に

 
内容をざっくり書くと
最終組の一人としてスタートした渋野日向子は、1つ落として迎えた5番でイーグルを奪い、現在首位と4打差のトータル10アンダー。
 

<AIG女子オープン 最終日◇7日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71> … →このまま続きを読む

 ゴルフ情報ALBA.Net


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

トータル10アンダー

    渋野日向子

    渋野 日向子[3](しぶの ひなこ、1998年11月15日 - )は、岡山県岡山市出身の日本の女子プロゴルファーである。所属はサントリー

    アマチュア時代の登録上の表記は澁野 日向子[4]。2019年の「AIG全英女子オープン」で日本人選手として樋口久子以来、42年ぶり2人目の海外メジャー優勝を果たした[5]。血液型はAB型。

    経歴

    アマチュア時代

    陸上競技の投擲選手だった両親(父:砲丸投円盤投、母:やり投)の下、三人姉妹の二女として生まれる[6]。父親は岡山市水道局に勤務しており筑波大学出身[7]。母親も同じ大学の1年後輩[8]

    岡山市立平島小学校2年生の夏休みにゴルフと出逢い、その年の12月からは地元のスポーツ少年団に入団してソフトボールも始めた[6]。ソフトボールでは投手となり、バッテイングはゴルフスイングとのバランスから左打ちに変えた[6]。ゴルフでは2010年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(小学生・女子の部・高学年)で3位等の成績がある[9]

    2011年に岡山市立上道中学校に進学[10]、学校で唯一の女子選手として軟式野球部に入るが[6]、同年「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)で優勝すると[10]、中学2年生からゴルフ一本に絞った[6]。その裏には軟式野球部の監督から「ゴルフ一本の方が良い」という助言があったからだという[11]。その後「岡山県ジュニアゴルフ選手権競技」(中学生・女子の部)では、2012年[12]、2013年も優勝し3連覇を果たす[13]

    2014年に岡山県作陽高等学校へ進学、同年の「中国女子アマチュア選手権」で優勝[14]。2015年「全国高等学校ゴルフ選手権大会」女子団体戦では同高校のメンバーとして出場し、大里桃子がいた熊本国府高等学校を抑えて優勝した[15]

    高校卒業後の2017年、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)最終プロテストに進出、3日目までで14オーバーとなった為、最終日はプレー出来ずに終える[16]。同年サードクォリファイングトーナメント(QT)B地区59位でファイナルに進めなかった[17]。同年秋頃から青木翔に師事している[18]

    プロ転向後

    2018年

    サードQT進出者の資格でTP単年登録者(後述のプロテスト合格まで)として[19]、主にステップ・アップ・ツアーに出場[20]

    主催者推薦競技会(マンデー)を経て同年唯一JLPGAツアーに出場した7月の「アース・モンダミンカップ」では[21]、初日の9番ホールでホールインワンを達成して600万円を得た[11]

    7月末のJLPGA最終プロテストに2度目の進出を果たし14位で合格[22]。JLPGA90期生となる[3]

    ファイナルQTで40位となり、翌シーズン前半戦のJLPGAツアー出場資格を得た[23]

    2019年

    プロテスト合格後にゴルフ番組に出演したのが縁となり[24]、2月からRSK山陽放送と所属契約を結ぶ[25]

    5月のJLPGAツアー公式戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」において通算12アンダーで同ツアー初優勝、20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ大韓民国)の20歳273日を更新する大会史上最年少優勝となった[26]。JLPGAツアー初優勝が公式戦となったのは史上13人目[27]、日本人に限ると2016年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」の畑岡奈紗[注 1]に次いで8人目となる[28]。公式戦優勝により翌シーズンから3年間のシード権を得た[29]

    6月の「アース・モンダミンカップ」終了時点で年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)3位に浮上し、8月の全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアー「AIG全英女子オープン」への出場権を獲得する[30][注 2]

    同年からの新設大会である7月のJLPGAツアー「資生堂 アネッサ レディスオープン」において[31]、通算12アンダーで並んだイ・ミニョンとのプレーオフを制し、初代女王となり自身同ツアー2勝目をあげた[32]

    海外初試合となった「AIG全英女子オープン」では、大会前の目標を「予選突破」としていた[33]。しかしながら、初日と2日目は2位、3日目は2位に2打差の14アンダーで単独首位となる[34]。最終日は、3番ホールで4パットを叩いてダブルボギー、その後11番ホール終了時点で前日終了時と同じ14アンダー、2組先でプレーしていた英語版らに2打差の3位に後退するも、15番ホールで並び、最終18番ホールで約5mのバーディーパットを決め、通算18アンダーでLPGAツアー初出場初優勝をメジャー大会で飾った[5]。日本人女子のメジャー優勝は、1977年「全米女子プロゴルフ選手権」を制した樋口久子以来42年ぶり、2人目の快挙[5][注 3]。またLPGAメジャー大会初出場初優勝は、2014年「エビアン選手権」でキム・ヒョージュ(大韓民国)が達成して以来、史上2人目となった[36]。さらに、プレー中にも笑顔を見せ、ファンと交流することから「スマイルシンデレラ」として国内外のゴルフファンやメディアから注目を集めた[37]。直後の同年8月5日付女子ゴルフ世界ランキング(世界ランク)で32ランクアップの14位となった[38]

    全英女子優勝後には、先輩プロの有村智恵古閑美保等が所属するスポーツマネジメントエージェンシーの「ZONE」と契約、所属はRSK山陽放送のままマネジメントをZONEに委託することになった[39]

    8月16日から開催されたNEC軽井沢72ゴルフトーナメントに出場。3日間のギャラリー数は2万1844人を記録し、同大会では2000年以降最多、2019年ツアー3日間大会で最多、公式グッズの『渋野日向子』タオルは会場オープンから1時間後に完売するなど「シブコ」フィーバーに沸いた。試合は最終日3日目の最終ホール、入れれば優勝のバーディーパットを外し、更に返しのパーパットも外す痛恨の3パットで優勝した穴井詩に1打及ばなかった。この日のテレビ視聴率はゴルフツアーとしては異例の12.3%と、2019年ツアーでは渋野の賞金女王がかかった最終戦リコー杯につぐ高視聴率となった。

    9月の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」初日、5バーディ、3ボギーの70(パー72)で回り、6月の「ニチレイレディス」初日からの「国内試合における連続オーバーパーなしのラウンド数」を29とし、アン・ソンジュ(大韓民国)が2013年に記録したJLPGAツアー最長記録を更新した[40][41]

    翌週の「デサントレディース東海クラシック」では、最終日に64を記録し通算13アンダーで優勝[42]。最終日に8打差を逆転しての優勝は1998年の「東洋水産レディス北海道」の大場美智恵と並ぶJLPGAツアー史上2番目の記録[注 4]、また出場24試合での獲得賞金1億円突破は畑岡奈紗に次いで日本人2番目の記録となった[42]。直後の同年9月23日付世界ランクで自身最高位となる11位となった[43]

    11月15日から開催された「伊藤園レディスゴルフトーナメント」で、カットラインに1打及ばず、3月の「アクサレディス in MIYAZAKI」以来国内26試合ぶりの予選落ちを喫した[44]。その翌週の「大王製紙エリエールレディスオープン」では、最終日に66を記録し通算19アンダーで優勝[45]。最終日同組で回った鈴木愛の4週連続優勝を阻むとともに[45]、最終戦に賞金女王への望みを残した[46]

    単独2位以上が賞金女王への条件となったJLPGAツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は[46]古江彩佳と共に2位タイで終える[47]

    最終的に賞金ランク2位、メルセデスランキング1位となり、シーズンの自己採点を98点と評した[48]

    2020年

    1月14日、サントリーホールディングスと所属選手契約を締結したことが発表された[49][50]。これにより2020年シーズンよりサントリー所属選手として公式競技に出場することとなる[50]。なお、それまでの所属先であったRSK山陽放送は、引き続きスポンサーとして渋野を支援するとしている[51]。しかしこの年は新型コロナウイルスの世界的流行によりシーズン開幕が大幅に遅れた影響もあり、調子が一向に上がらない状態での戦いとなった。10月までの国内、海外でのツアー大会では思うような成績を挙げられなかったが、11月下旬の「大王製紙エリエールレディスオープン」5位[52]、最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ3位[53]と終盤になって復調ぶりを見せる。そして異例の12月開催となった第75回全米女子オープンでは3日目終了時点で単独首位に立つが、最終日にスコアを落として4位となりLPGAメジャー2勝目と米国本土初優勝を逸した[54]

    2021年

    この年は年明けから取り組んだスイング改造がなかなかモノにならず、シーズン開幕から暫くは成績も低迷する状況が続いた。その中で挑戦した全英女子オープンでは、3日目前半でスコアを-7まで伸ばし一時は単独首位に浮上したものの、後半に4連続ボギーで同日終了時点で首位と5打差の18位に後退[55]、最終日は最初の2ホールを連続バーディーでスタートしたものの、5バーディー4ボギー2ダブルボギーの出入りの激しいゴルフで同日75を叩き、通算-1の34位タイに終わった[56]

    全英から帰国した後の秋口になると改造したスイングが安定してショットの精度が高まるとそれに比例してツアートーナメントでも上位に顔を出すようになり、そして10月上旬のスタンレーレディスゴルフトーナメントでは最終日に2打差の5位からスタートし、最終18番ホールでバーディーを奪って10アンダーとして首位に並んでホールアウト。勝敗はプレーオフ決着となり、2ホール目でバーディーを奪った後にペ・ソンウ大韓民国)がバーディーパットを外し、2019年11月の大王製紙エリエールレディスオープン以来となる国内5勝目(プロ通算6勝目)を挙げた[57]。その後、10月最終週の樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントでは最終日首位からスタートし、一時はペ・ソンウに逆転されて2打差をつけられる場面があったが最終ホールで追いついてプレーオフに持ち込み、1ホール目でイーグルを奪って今季2勝目(プロ通算7勝目)を挙げた[58]

    受賞歴

    2019年

    • 日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)[59][注 5]
      • ルーキー・オブ・ザ・イヤー
      • 特別賞
    • LPGAアワード[60]
      • LPGA Mercedes-Benz Player of the Year
      • LPGA 資生堂ANESSA Beauty of the Year
      • メディア賞『ベストコメント』部門
      • LPGA輝き賞

    選手としての特徴

    2019年の「AIG全英女子オープン」では平均260ヤードを超えるドライバー飛距離を誇り、同大会最終日には本人もこれが勝因と語ったパー4の12番で自信を持って1オンを決めるなど、強気な姿勢でラウンドに臨む[61]。また、スイングがダスティン・ジョンソンと似ており、本人もそれを認識している[62]

    人物

    • ニックネームは「シブコ」、命名者はかつての師匠である青木翔の門下で一緒に練習していた1年先輩の大出瑞月である[1]
    • 特技は書道で、幼少時より日本習字で習い、小学生年代に教えられる初等師範免許を取得したほどの技能を持つ[63]
    • 好きな駄菓子はよっちゃん食品工業の定番商品 「タラタラしてんじゃねーよ」。「AIG全英女子オープン」最終日にプレイの合間に食べていたことが話題となり、製造元に問い合わせが殺到した[64]。柿の種の辛い味も大好物。
    • EXILEFANTASTICS from EXILE TRIBE佐藤大樹のファンであることを公言しており、佐藤が渋野の全英オープン優勝を祝福するコメントを出した際には「優勝より、うれしいかもしれない」と表現した[65]
    • 大会期間中でもポケモンピカチュウのヘッドカバーを愛用していることで知られている[66]。2019年12月中にはポケモンを全部クリアしたという発言も話題になった[67]。なお、一番好きなポケモンはイーブイと語っており[68]、イーブイの特注ヘッドカバーも持っている[69]

    プロ優勝 (6)

    LPGAツアー (1)

    勝数
    メジャー大会 (1)
    ツアー (0)
    No.日時大会スコア2位との差2位(タイ)
    14 Aug 2019AIG全英女子オープン−18(66-69-67-68=270)1打アメリカ合衆国の旗 Lizette Salas

    JLPGAツアー (6)

    No.日時大会スコア2位との差2位(タイ)
    12019年5月12日ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ−12 (71-68-66-71=276)1打大韓民国の旗 ペ・ソンウ
    22019年7月7日資生堂 アネッサ レディスオープン−12 (71-68-66-71=276)プレーオフ大韓民国の旗 イ・ミニョン
    32019年9月22日デサントレディース東海クラシック−13 (69-70-64=203)2打日本の旗 上田桃子
    日本の旗 濱田茉優
    大韓民国の旗 李知姫
    台湾の旗 テレサ・ルー
    大韓民国の旗 申ジエ
    42019年11月24日大王製紙エリエールレディースオープン−19 (60-70-66-66=269)1打日本の旗 鈴木愛
    52021年10月10日スタンレーレディスゴルフトーナメント−10 (71-67-68=206)プレーオフ日本の旗 木村彩子
    日本の旗
    大韓民国の旗 ペ・ソンウ
    62021年10月31日樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント−9 (69-68-70=207)プレーオフ大韓民国の旗 ペ・ソンウ

    LPGAメジャー戦績

    大会2019202020212022
    シェブロン選手権T51CUTT4
    全米女子オープン4CUTCUT
    全米女子プロゴルフ選手権T58T40WD
    エビアン選手権-CUT
    全英女子オープン1CUTT343
      優勝
      トップ10
      出場せず

    CUT = 予選落ち
    WD = 棄権
    T = 順位タイ

    CM

    脚注

    [脚注の使い方]

    注釈

    1. ^ なお、この当時の畑岡奈紗はアマチュア(高校生)であり、アマチュア選手の公式戦優勝も初であった。
    2. ^ 「アース・モンダミンカップ」終了時点のJLPGA賞金ランク5位までに出場資格がある。
    3. ^ 男子では井戸木鴻樹が全米プロシニア選手権(シニア公式戦)を2013年に制している[35]
    4. ^ JLPGAツアー最大の逆転優勝は藤野オリエが2002年「廣済堂レディスゴルフカップ」で記録した11打差。
    5. ^ ルーキー・オブ・ザ・イヤーは河本結稲見萌寧原英莉花とともに受賞。特別賞は古江彩佳とともに受賞。

    出典

    1. ^ a b “シブコの名付け親・大出瑞月があだ名誕生秘話を明かす「世界中で呼ばれてすごい」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年8月7日). https://hochi.news/articles/20190807-OHT1T50168.html 2019年8月8日閲覧。 
    2. ^ “Shibuno captures hearts everywhere with enchanting Women's British triumph” (英語). Golf Channel. (2019年8月4日). https://www.golfchannel.com/news/hinako-shibuno-captures-hearts-everywhere-enchanting-womens-british-triumph 2019年8月16日閲覧。 
    3. ^ a b 渋野 日向子 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月4日閲覧。
    4. ^ 澁野 日向子選手のプロフィール”. JGA. 2019年8月4日閲覧。
    5. ^ a b c 渋野日向子がメジャー初出場で初優勝 日本勢42年ぶりの制覇”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
    6. ^ a b c d e 渋野日向子の“いま”を作り上げたソフトボール「ゴルフよりも好き」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年5月10日). 2019年5月12日閲覧。
    7. ^ 渋野日向子父「因縁めいたもの」青春の地で娘が初V”. 日刊スポーツ (2019年5月12日). 2019年8月23日閲覧。
    8. ^ Field of View 全英女子OPで海外メジャー初挑戦 地域に育てられ豊かに育つ渋野日向子”. 毎日新聞 (2019年8月2日). 2019年8月23日閲覧。
    9. ^ 平成22年度岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(小学生・女子の部/高学年)”. 岡山県ゴルフ協会 (2010年8月27日). 2019年8月4日閲覧。
    10. ^ a b 2011岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部)”. 岡山県ゴルフ協会 (2011年8月26日). 2019年5月12日閲覧。
    11. ^ a b 2019ルーキー特集 第18回 渋野 日向子”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年2月27日). 2019年8月16日閲覧。
    12. ^ 2012岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部)”. 岡山県ゴルフ協会 (2012年8月24日). 2019年5月12日閲覧。
    13. ^ 2013岡山県ジュニアゴルフ選手権競技(中学生・女子の部)”. 岡山県ゴルフ協会 (2013年8月28日). 2019年5月12日閲覧。
    14. ^ 2014中国女子アマチュアゴルフ選手権”. 岡山県ゴルフ協会 (2014年5月22日). 2019年5月12日閲覧。
    15. ^ 2015全国高等学校ゴルフ選手権大会団体の部”. 日本高等学校ゴルフ連盟 (2015年8月5日). 2019年5月12日閲覧。
    16. ^ 【2017】LPGA 最終プロテスト フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年7月27日). 2019年5月12日閲覧。
    17. ^ 【2017】サードクォリファイングトーナメント B地区 フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2017年11月23日). 2019年5月12日閲覧。
    18. ^ 全英Vに導いた「反面教師」 渋野支える青木コーチ 福大ゴルフ部出身”. 西日本新聞 (2019年8月14日). 2019年8月14日閲覧。
    19. ^ 仲良しコンビ・渋野日向子&木下彩、同期の優勝に刺激を受け“LPGA会員”デビュー”. ALBA.Net (2018年8月22日). 2019年8月16日閲覧。
    20. ^ 渋野 日向子 年度別大会成績2018”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月4日閲覧。
    21. ^ レギュラー初出場で600万獲得の強運”. ALBA.Net (2018年7月4日). 2019年8月4日閲覧。
    22. ^ 【2018】LPGA 最終プロテスト フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年7月27日). 2019年5月12日閲覧。
    23. ^ 【2018】ファイナルクォリファイングトーナメント フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2018年11月30日). 2019年5月12日閲覧。
    24. ^ 岡山が生んだ「しぶこ」 渋野日向子は“桃太郎の街”から世界へ”. ゴルフダイジェストオンライン (2019年8月5日). 2019年8月7日閲覧。
    25. ^ “渋野と2月に契約のRSK山陽放送、優勝お祝いイベントなど検討”. サンケイスポーツ. (2019年8月6日). https://www.sanspo.com/article/20190806-LRN4TSAHDZLXLKYHC6AZRHXY74/ 2019年8月6日閲覧。 
    26. ^ 20歳・渋野日向子がメジャーでツアー初優勝 涙の大会史上最年少V”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年5月12日). 2019年5月12日閲覧。
    27. ^ 微笑みの天使 渋野日向子−公式戦を制す”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年5月12日). 2019年5月15日閲覧。
    28. ^ 黄金世代・渋野日向子 笑顔諭した母に贈る涙の初V”. 日刊スポーツ (2019年5月12日). 2019年5月15日閲覧。
    29. ^ 2019年度 LPGAツアー出場有資格者”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年8月6日閲覧。
    30. ^ “渋野日向子が逆転でイングランドへ 全英女子OP出場権獲得者が決定”. ALBA.net. (2019年6月30日). https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=128045 2019年8月5日閲覧。 
    31. ^ 【2019】資生堂 アネッサ レディスオープン 過去大会・歴代優勝者”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年7月7日閲覧。
    32. ^ 大逆転 渋野日向子が初代女王”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年7月7日). 2019年7月7日閲覧。
    33. ^ 海外メジャー初挑戦の渋野日向子「全英女子は夢の舞台」”. ゴルフネットワーク (2019年8月1日). 2019年8月5日閲覧。
    34. ^ 渋野単独首位に「食べたもの全部出そう」”. 日刊スポーツ (2019年8月4日). 2019年8月4日閲覧。
    35. ^ https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/p-sp-tp1-20130528-1134095.html 「六本木の男」井戸木V 日刊スポーツ(2013年5月28日)
    36. ^ In the Winner's Circle with Hinako Shibuno” (英語). LPGA (2019年8月4日). 2019年8月5日閲覧。
    37. ^ 「ゴルフに笑顔を取り戻した」目の肥えた英国ファンの叫び 渋野日向子を絶賛”. ALBA.Net (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
    38. ^ Rankings2019-08-05” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
    39. ^ “渋野日向子が新事務所と契約 古閑、有村、笠ら在籍”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年8月14日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201908140000656.html 2019年8月14日閲覧。 
    40. ^ 巻き返し型“渋野劇場”でツアー新記録樹立”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年9月12日). 2019年9月12日閲覧。
    41. ^ 渋野日向子 ツアー最長に並ぶ 連続オーバーパーなしラウンド「28」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年9月1日). 2019年9月12日閲覧。
    42. ^ a b 渋野日向子が8打差大逆転優勝”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年9月22日). 2019年9月22日閲覧。
    43. ^ Rankings2019-09-23” (英語). Women's World Golf Rankings (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
    44. ^ “「賞金女王って言っちゃいけない」 渋野日向子は予選落ちに涙”. GDOニュース (ゴルフダイジェスト・オンライン). (2019年11月16日). https://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/111453/1/?format=amphtml 2019年12月9日閲覧。 
    45. ^ a b 白熱の大接戦 渋野日向子、逆転V”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年11月24日). 2019年12月3日閲覧。
    46. ^ a b どうなる? 19年賞金女王、メルセデス・ランキング”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年11月24日). 2019年12月3日閲覧。
    47. ^ 【2019】LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ フルリーダーボード”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年12月1日). 2019年12月3日閲覧。
    48. ^ 渋野日向子 謎のシーズンは98点”. 日本女子プロゴルフ協会 (2019年12月1日). 2019年12月3日閲覧。
    49. ^ “プロゴルファーの渋野日向子選手と所属選手契約締結” (日本語) (HTML) (プレスリリース), サントリーホールディングス株式会社, (2020年1月14日), https://www.suntory.co.jp/news/article/13632.html 2020年1月14日閲覧。 
    50. ^ a b “渋野日向子がサントリーと所属契約「たくさんの子ども達に夢と希望を」先輩・宮里藍さんとお披露目会見” (日本語). スポーツ報知. 報知新聞社. (2020年1月14日). https://hochi.news/articles/20200114-OHT1T50058.html 2020年1月14日閲覧。 
    51. ^ 渋野選手「サントリー所属」に RSK山陽放送 2020年1月15日。
    52. ^ “<速報>渋野日向子、今季自己ベスト「66」締め 通算8アンダーでホールアウト” (日本語). ALBA.net. グローバルゴルフメディアグループ. (2020年11月22日). https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=162677/ 2020年12月17日閲覧。 
    53. ^ “渋野、今季最高の3位 リコー杯女子ゴルフ” (日本語). 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年11月29日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112900315 2020年12月17日閲覧。 
    54. ^ “渋野日向子は4位 全米女子OP「めっちゃ悔しいけど」” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. (2020年12月15日). https://www.asahi.com/articles/ASNDG1RKDNDFUTQP028.html 2020年12月17日閲覧。 
    55. ^ "渋野日向子「自滅した感じ」後半悪夢4連続ボギー 悔しさ押し殺し最終日へ". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 22 August 2021. 2021年8月23日閲覧
    56. ^ "渋野日向子 最終日75で34位「成長が結果に結び付いていない」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 23 August 2021. 2021年8月23日閲覧
    57. ^ "渋野日向子686日ぶりV! 4人のプレーオフ制す/スタンレーL最終日詳細". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 10 October 2021. 2021年10月10日閲覧
    58. ^ "渋野日向子が今季2勝目「自分に負けたくないと頑張りました」プレーオフ制す". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 31 October 2021. 2021年10月31日閲覧
    59. ^ 渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2019年12月11日). 2019年12月11日閲覧。
    60. ^ 年度別一覧2019 | LPGAアワード”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年12月19日閲覧。
    61. ^ 最終日の平均飛距離260ヤード超! 世界1位より飛ばしてた、渋野日向子のスウィングをプロが分析”. みんなのゴルフダイジェスト (2019年8月5日). 2019年8月6日閲覧。
    62. ^ 渋野日向子、海外メジャーVの裏に… ダスティン・ジョンソンとそっくりのスイング”. デイリースポーツ (2019年8月6日). 2019年8月6日閲覧。
    63. ^ “渋野選手が食べたお菓子に注目 製造元へ問い合わせ殺到”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社: p. 1-3. (2020年1月1日). https://www.sanspo.com/article/20200101-MPJLXA7P3JOS3CZ52HGACPY3RI/ 2020年1月1日閲覧。 
    64. ^ “渋野選手が食べたお菓子に注目 製造元へ問い合わせ殺到”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. (2019年8月5日). オリジナルの2019年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190806111346/https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201908/0012580343.shtml 2019年8月6日閲覧。 
    65. ^ “【渋野日向子会見一問一答1】 EXILE佐藤大樹からのメッセージに「優勝より、うれしいかもしれない」”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2019年8月6日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/08/06/kiji/20190806s00043000359000c.html 2019年12月9日閲覧。 
    66. ^ https://www.chunichi.co.jp/article_photo_chuspo/list?article_id=12883&pid=10224 【写真】“もぐもぐシブコ”を見守るピカチュウ 中日スポーツ (2019年11月29日) 15時47分 2020.9.18 閲覧
    67. ^ https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/golf/1700523/ 渋野日向子「ポケモン全部クリア」オフの目標達成 東京スポーツ (2020.1.21.) 2020.9.18.閲覧
    68. ^ https://www.daily.co.jp/golf/2019/11/16/0012880405.shtml?pg=2 渋野、ポケモンパワーで巻き返す 21歳誕生日!ゲーム2種類大人買い デイリースポーツ(2019.11.16.) 2020.9.18 閲覧
    69. ^ beams_golf_grandfrontosakaのInstagram投稿 2019年12月3日配信

    関連項目

    外部リンク


     

    Back to Top
    Close