ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🏓|水谷隼の一閃バックドライブ、カルデラノのテニス打ち バックのスーパープレイをITTF紹介


写真 

水谷隼の一閃バックドライブ、カルデラノのテニス打ち バックのスーパープレイをITTF紹介

 
内容をざっくり書くと
ボールはノータッチで馬琳のフォア側を抜けていった。
 

国際卓球連盟(ITTF)は7日、公式Twitterで「Who did the best backha… →このまま続きを読む

 卓球専門メディア Rallys


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ノータッチ

馬琳

馬 琳(ば りん、拼音:Mǎ Lín、仮名転写:マ リン、英語: Ma Lin1980年2月19日 - )は、中国遼寧省瀋陽市出身の元卓球選手。2004年アテネオリンピック男子ダブルス・2008年北京オリンピック男子シングルス・男子団体金メダリスト。

6歳の時卓球を始め、1990年に遼寧省のチームに、1994年には中国代表チームに入った。引退後の2017年4月から男子中国代表のコーチを務めている。

プレースタイル

ペンホルダー選手。技術はショート、プッシュに加えて裏面打法も使い、年を重ねるごとに多彩になっていっている。卓球王国裏面打法特集では第二世代の代表とされている[1][2]。フットワークを重視したフォア主戦とカウンターを重視した両ハンド主戦の2つの戦術を使い分ける。また、サービス、台上技術のレベルが非常に高く、特にサービスはインパクトが異常に速く、かつ多彩で強烈な回転を誇るため、「マジカルサービス」と呼ばれることもあるほど。

精神面が弱く流れが悪くなると試合態度が悪くなる。この点において、サムソノフボルと比較されることがあり、この点が実力はありながらも、世界選手権オリンピックといったビッグタイトルを獲得できない要因との指摘もあった。(この間、無冠の帝王と呼ばれていた)[誰によって?]

2008年北京オリンピックにて悲願のビッグタイトルを手に入れた。この他、ダブルスの名手とも知られており、世界選手権オリンピックにおいて優勝4回、準優勝3回、3位2回を誇る。 なお、オリンピック男子において大満貫(シングルス、ダブルス、団体すべての優勝)を成し遂げた唯一の選手である。(本人もこのことに言及している)

その他

1997年から2013年までの全ての世界選手権に出場し、中国代表の世界選手権への最多連続出場記録(15回)を持っている。(2018年現在で2位は馬龍の13回)

2007年の世界選手権決勝後に行われた記者会見において父が自殺したことを知り涙を流した。(卓球レポート2007年8月号)

主な戦績

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 卓球王国2010年3月号、108ページ。
  2. ^ 第一世代は劉国梁、第三世代は王皓が代表。
  3. ^ 『卓球王国』2014年5月号、p25

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close