ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚾|【ドラフト】小山台高から初のプロ誕生へ… 巨人4位の“都立の星”が6年かけてたどり着いた舞台


写真 巨人から4位指名を受けた三菱パワー・伊藤優輔【写真:安藤かなみ】

【ドラフト】小山台高から初のプロ誕生へ… 巨人4位の“都立の星”が6年かけてたどり着いた舞台

 
内容をざっくり書くと
現役プロ野球選手で都立高校出身者は、日本ハム・秋吉、ロッテ・佐々木千、ソフトバンク・石川、オリックス・鈴木優の4人のみ。
 

憧れは元メジャー右腕の上原浩治氏「勝っている姿が格好良かった」社会人・三菱パワーの伊藤優輔投手が、2… →このまま続きを読む

 Full-Count


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

現役プロ野球選手

鈴木優

鈴木 優(すずき ゆう、1977年昭和52年)[1] - )は、日本のメディア情報工学を専門とする工学博士である。多元ビッグデータ解析の応用研究を専門とする[2]

略歴

1999年(平成11年)3月、神戸大学工学部情報知能工学科を卒業し、2004年(平成16年)3月に奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科で工学博士を取得した。博士取得後は立命館大学情報理工学部情報コミュニケーション学科講師京都大学大学院情報学研究科特定研究員、名古屋大学情報基盤センター研究員、同特任助教を経て、2013年(平成25年)4月より名古屋大学大学院情報科学研究科の特任助教に就任した[3][4]2014年(平成26年)9月からは母校の奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科の知能コミュニケーション研究室において特任准教授を務めた後[3][5]、2019年(平成31年)4月より岐阜大学工学部の特任准教授を務めている[3]

研究

マルチメディア電子文書検索、データマイニング,Web マイニングに関する研究を専門にしており[6][7]Wikipediaの情報信頼性検証、マルチメディア情報検索システムの開発、行動履歴の検索システム、メタ検索エンジンの開発、クラウドソーシングにおける品質管理などの研究に従事している[2][8][9]。 2013年(平成25年)2月には、ウィキメディア参加者の有志が主催した"Wikimedia Conference Japan 2013"において「Wikipedia の信頼性計測」と題する講演を行った[10]

所属学会

情報処理学会ACM日本データベース学会IEEE Computer Society電子情報通信学会[3][11]

受賞

  • The 19th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2017) : Best Paper Award(2017年12月)。大原啓詳、灘本明代と共同[12]
  • 第6回(2019年度)日本データベース学会 若手功績賞(2020年6月)[13]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 鈴木優「Wikipediaにおける情報の質 (PDF) 」 『情報処理学会論文誌』第6巻第4号、情報処理学会、2013年9月、 58頁、 ISSN 03875806
  2. ^ a b 奈良先端科学技術大学院大学が、機械学習とクラウドソーシングの融合により多元ビッグデータ解析の応用を推進”. 日本ヒューレット・パッカード. 2019年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月27日閲覧。
  3. ^ a b c d 鈴木 優 -研究者”. researchmap. 2016年4月5日閲覧。
  4. ^ 略歴 Yu Suzuki”. 名古屋大学データベース研究室. 2014年8月12日閲覧。
  5. ^ スタッフ一覧”. 情報科学研究. 奈良先端科学技術大学院大学. 2016年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月5日閲覧。
  6. ^ 中谷圭吾、鈴木優、川越恭二「文書間類似度とキーワードを用いたWebリンク自動生成手法 (PDF) 」 『日本データベース学会letters』第4巻第1号、日本データベース学会、2005年6月、 89-92頁、 ISSN 13478915NAID 400070131502014年8月12日閲覧。
  7. ^ 社会システム情報学専攻”. 研究科概要、教員一覧. 名古屋大学大学院情報科学研究科. 2014年8月12日閲覧。
  8. ^ Yu Suzuki's web page”. 社会システム情報学専攻、研究科概要、教員一覧. 名古屋大学大学院情報科学研究科 (2012年5月18日). 2012年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月12日閲覧。
  9. ^ 鈴木 優. “Yu Suzuki Assistant Prof. Graduate School of Information Science, Nagoya University”. 名古屋大学データベース研究室. 2014年8月12日閲覧。
  10. ^ 日下九八「ウィキメディア・カンファレンス・ジャパン2013開催報告」『情報管理』第56巻第1号、科学技術振興機構、2013年4月、 55-57頁、 doi:10.1241/johokanri.56.54ISSN 002172982016年4月5日閲覧。
  11. ^ 鈴木 優”. 金属系材料研究開発センター. 産学プラザ. 2014年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月12日閲覧。
  12. ^ 知能コミュニケーション研究室の鈴木優特任准教授らが、国際会議iiWAS2017においてBest Paper Awardを受賞しました。(2017/12/6)”. 情報科学研究科. 奈良先端科学技術大学院大学 (2017年12月6日). 2017年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。
  13. ^ 授賞”. 日本データベース学会. 2020年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月6日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close