ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

⚽|【ACL】イニエスタ1得点1アシスト!ヴィッセル神戸が広州恒大を撃破、決勝T進出!


写真 ヴィッセル神戸のイレブンがゆりかごダンスでゴールを喜び合う(©VISSEL KOBE)

【ACL】イニエスタ1得点1アシスト!ヴィッセル神戸が広州恒大を撃破、決勝T進出!

 
内容をざっくり書くと
12月4日には水原三星(韓国)との試合が組まれている。
 

サッカーのアジアナンバー1クラブを決める大会、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020東地区のグ… →このまま続きを読む

 ラジオ関西

ラジオ関西および地元・兵庫県のトピックスを配信。
ラジオ番組、パーソナリティー、ゲスト出演者の様子や、ラジオ関西および地元・兵庫県のイベント、ニュース、スポーツ、様々なトピックスを配信しています。エンタメ、スポーツ、地域情報をお探しのキュレーター様におすすめです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

水原三星ブルーウィングス

水原三星ブルーウィングス(すいげん・さんせい・ブルーウィングス、スウォン・サムソン・ブルーウィングス、ハングル:수원 삼성 블루윙즈、英語:Suwon Samsung Bluewings)は、韓国の北西部、京畿道水原をホームタウンとする韓国プロサッカーリーグ(Kリーグ1)に加盟するプロサッカークラブである。通称・水原三星と表記されることもある。

概要

1995年12月、韓国最大の財閥である三星グループによって創設した。ホームタウンは韓国の北西部、京畿道水原である。現在のホームスタジアムは、2002年ワールドカップ日韓大会の際に建設された、水原ワールドカップ競技場(通称:「ビッグバード」)(収容人員は43,959人)。現在はKリーグ1に所属し、同リーグにおいて4回の優勝記録を持つクラブである。その他に国内タイトルでは韓国FAカップを3回、韓国リーグカップ(2011年大会を最後に廃止された)を6回、韓国スーパーカップ(2006年大会を最後に廃止された)を3回の優勝を果たしている。クラブカラーは青と白と赤。

国際タイトルではアジアクラブ選手権(AFCチャンピオンズリーグの設立に伴い発展解消した)を2回、アジアスーパーカップ(AFCチャンピオンズリーグの設立に伴い発展解消した)を2回、パンパシフィックチャンピオンシップ(2010年を以て大会は廃止された)を1回、A3チャンピオンズカップ(2007年大会を最後に廃止された)を1回の優勝を果たしている。

韓国最大数のサポーターを抱えるKリーグ随一の人気クラブ。また設備の整ったクラブハウス・選手宿舎や、若手選手のスカウト活動など、1990年代のKリーグ初期にはまだ珍しかった先進的なクラブ運営を当初から行っており、他クラブの模範モデルとしてKリーグ全体の経営水準の引き揚げに一役買った。かつてドイツでストライカーとして鳴らした車範根が監督を務めていた(2004年-2010年)。

歴史

1995年 - 1996年(1995年にクラブ創設)

1995年 - 1996年

1995年12月、韓国最大の財閥である三星グループによって創設される。1994年ワールドカップアメリカ大会韓国代表の指揮を執った金皓(キム・ホ)を初代監督に迎え、1996年からKリーグに加盟した。

1997年 - 2003年(1998年にリーグ戦初優勝)

1997年 - 2003年

創設当初、「5年以内にKリーグ優勝、10年以内にアジアの頂点に立つ」というキャッチフレーズを掲げた。リーグ参加初年度に準優勝。1998年シーズンに初のKリーグ制覇。翌1999年シーズンも制しV2を達成した。2001年にはアジアクラブ選手権アジアスーパーカップを獲得し、創設時の目標を完遂した。

2004年 - 現在

2004年

金浩の後任監督に車範根を招聘。就任初年度にリーグ優勝を果たす。

2005年

AFCチャンピオンズリーグ2005ACL初出場するとグループリーグで深圳健力宝(中国)、ジュビロ磐田(日本)、ホアンアイン・ザライ(ベトナム)のグループEを4勝1分1敗の2位で終えグループリーグで敗退した。

2007年

1月、日韓W杯で国民的スターとなったフォワード安貞桓(アン・ジョンファン)が加入した。

2008年

1月、ヴィッセル神戸へ移籍した金南一の穴を埋めるべく安英学を獲得。リーグチャンピオンシップでFCソウルをやぶり、4年ぶりにリーグ優勝。

2009年

4年ぶりで2回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2009のグループリーグで鹿島アントラーズ(日本)、上海申花(中国)、アームド・フォーシズ(シンガポール)のグループGを4勝2敗で2位通過して初の決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で名古屋グランパス(日本)と対戦した。アウェイで1-2で敗れ敗退した。

リーグ戦で10位と低迷しプレーオフ進出を逃したが、FAカップで4年ぶり2度目の優勝を達成した。

2010年

2年連続の3回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2010のグループリーグでガンバ大阪(日本)、シンガポール・
アームド・フォーシズ
(シンガポール)、河南建業(中国)のグループGを4勝1分1敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で北京国安(中国)と対戦した。ホームで2-0で勝利し準々決勝に進出した。準々決勝で城南一和(韓国)と対戦した。アウェイの第1戦を4-1で敗れるとホームの第2戦では2-0で勝利したが合計スコア4-3で準々決勝で敗退が決定した。

5月の時点でリーグ戦において最下位に低迷し、車範根の辞任が発表され最終順位も7位にとどまった。だが、FAカップで2年連続3度目の優勝を果たし、2011年AFCチャンピオンズリーグの出場を決めた。

2011年

3年連続の4回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2011のグループリーグで鹿島アントラーズ(日本)、シドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)のグループHを3勝3分で首位通過して決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で名古屋グランパス(日本)と対戦した。ホームで2-0で勝利し準々決勝に進出した。準々決勝でゾブ・アハン(イラン)と対戦した。ホームの第1戦を1-1で引き分けるとアウェイの第2戦では1-2で勝利し合計スコア3-2で準決勝に進出した。準決勝でアル・サッド(カタール)と対戦した。ホームの第1戦を0-2で敗れるとアウェイの第2戦では1-0で勝利したが合計スコア1-2で準決勝で敗退が決定した。

2013年

2年ぶりで5回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2013のグループリーグで柏レイソル(日本)、セントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア)、貴州人和(中国)のグループHを4分2敗の最下位で終えグループリーグで敗退した。

2015年

2年ぶりで6回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2015のグループリーグで北京国安(中国)、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)、浦和レッズ(日本)のグループGを3勝2分1敗の2位で決勝トーナメントに進出した。ラウンド16で柏レイソル(日本)と対戦した。ホームの第1戦を2-3で敗れるとアウェイの第2戦では1-2で勝利したが合計スコア4-4のアウェーゴールルールでラウンド16で敗退が決定した。

2016年

2年連続の7回目の出場となったAFCチャンピオンズリーグ2016のグループリーグで上海上港(中国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、ガンバ大阪(日本)のグループGを2勝3分1敗の3位で終えグループリーグで敗退した。Kリーグクラシックでは7位に終わった。

12月3日、韓国FAカップ決勝でFCソウルを下し、2010年以来6年ぶりとなる4度目の韓国FAカップ優勝を決めた。

2018年

AFCチャンピオンズリーグ2018ではプレーオフでのタインホア(ベトナム)に5-1で圧勝し本戦行きを決めた。グループリーグで鹿島アントラーズ(日本)、シドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)のグループHを3勝1分2敗で終え、グループリーグを1位突破した。ラウンド16で蔚山現代と対戦した。アウェイの第1戦で0-1で敗れるとホームで3-0と勝利し合計スコア3-1で準々決勝に進出した。準々決勝で全北現代(韓国)と対戦した。アウェイの第1戦で3-0で勝利するとホームで0-3で敗れ合計スコア3-3でPK戦(4-2)の末、準決勝に進出した。準決勝で鹿島アントラーズ(日本)と対戦した。アウェイの第1戦で一時2-0と勝ち越すも鹿島のGKのクォン・スンテの頭突きに鹿島アントラーズが奮起した結果2-3で敗れた。ホームの第2戦では一時3-1で勝ち越すが後半終了間際同点ゴールを決められ、3-3で引き分けた。合計スコア5-6で準決勝敗退が決まった。

タイトル

国内タイトル

  • 韓国リーグカップ:6回
    • 1999(アディダスカップ), 1999(大韓火災カップ), 2000(アディダスカップ), 2001, 2005, 2008

国際タイトル

過去の成績

シーズンディビジョン韓国FAカップチャンピオンシップ
リーグ順位
1996Kリーグ321895573363前期3位
後期1位
準優勝準優勝
1997Kリーグ187742323285位準々決勝敗退大会なし
1998Kリーグ201316342235優勝準々決勝敗退優勝
1999Kリーグ292306602664優勝1回戦敗退優勝
2000Kリーグ27140134843365位準々決勝敗退資格なし
2001Kリーグ27125104035413位1回戦敗退大会なし
2002Kリーグ2712964026453位優勝大会なし
2003Kリーグ441915105946723位ベスト32大会なし
2004Kリーグ271467322446前期4位
後期優勝
ベスト16優勝
2005Kリーグ246108293228前期9位
後期8位
ベスト16資格なし
2006Kリーグ2912107312546前期8位
後期優勝
準優勝準優勝
2007Kリーグ2715663625513位ベスト163位
2008Kリーグ281846492658優勝ベスト16優勝
2009Kリーグ28881229323210位優勝資格なし
2010Kリーグ28125113944417位優勝資格なし
2011Kリーグ3017495133554位準優勝2回戦敗退
2012Kリーグ442013116151734位準々決勝敗退大会なし
2013Kクラシック38158155043535位ベスト16
2014Kクラシック38191095237672位ベスト32
2015Kクラシック38191096043672位ベスト32
2016Kクラシック381018105659487位優勝
2017Kクラシック38171386341643位準決勝敗退
2018Kリーグ1381311145354505位準決勝敗退
2019Kリーグ1381212144649488位優勝
2020Kリーグ1

現所属メンバー

No.Pos.選手名
1大韓民国の旗GKキム・ダソル
3大韓民国の旗DF
4カナダの旗MFドニール・ヘンリー
5大韓民国の旗DF趙成眞
8オーストラリアの旗MFテリー・アントニス
9大韓民国の旗FW
10大韓民国の旗MF金民友
12大韓民国の旗DF
13大韓民国の旗DFパク・ヒョンジン
16大韓民国の旗MF (副主将)
18オーストラリアの旗FWアダム・タガート
19大韓民国の旗GK
22大韓民国の旗DF
No.Pos.選手名
25大韓民国の旗MFチェ・ソングン (副主将)
26大韓民国の旗MFヨム・ギフン (Captain sports.svg)
28大韓民国の旗FW
29大韓民国の旗GKパク・ジミン
33大韓民国の旗DF洪喆
37大韓民国の旗FW
39大韓民国の旗DF
66大韓民国の旗DF
77大韓民国の旗MF
88大韓民国の旗MF
90大韓民国の旗DF
--大韓民国の旗MFキム・ジュンヒョン
--大韓民国の旗MF

※星印は外国人選手を示す。

監督

歴代監督

歴代所属選手

外部リンク

公式

12月4


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close