ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|ヴィアイン4軒と梅小路ポテル京都、一時休業


写真 

ヴィアイン4軒と梅小路ポテル京都、一時休業

 
内容をざっくり書くと
予約客には順次連絡し、近隣のホテルグランヴィア、ヴィアインを案内する。
 

ジェイアール西日本デイリーサービスネット、JR西日本ヴィアイン、ジェイアール西日本ホテル開発、JR西… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

JR西日本ホテルズ

JR西日本ホテルズ(ジェイアールにしにほんホテルズ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)関連のホテルの総称。

概要

原則として株式会社ジェイアール西日本ホテル開発が運営しているが、奈良ホテルはJR西日本の子会社である株式会社奈良ホテルが運営し、同ホテルの歴史的経緯から近鉄・都ホテルズ近畿日本鉄道系)とも提携している(2018年8月末までは近鉄グループホールディングスも出資していた[2][3])。

シティホテルの「ホテルグランヴィア」シリーズをメインブランドとしてJR西日本管内のターミナル駅で展開している。グランヴィアブランドのホテルのうち、最初から「グランヴィア」として開業したのは京都と岡山(ただし、岡山は現ホテルに建て替えられる前に岡山ターミナルホテルと呼ばれる前身ホテルがあった)のみで、その他はそれぞれ「○○ターミナルホテル(○○には地名が入る)」と称していた。

グループホテル

2018年6月現在、以下の8つのホテルから構成されており、殆どのホテルはJR西日本管内の主要駅に直結、又は隣接している。

ホテルグランヴィア
ホテルヴィスキオ by GRANVIA[4]
その他

なお、ビジネスホテルヴィアインは同じJR西日本系列ではあるが、別企業であるジェイアール西日本デイリーサービスネットの運営であり、またJRホテルグループとはならない。但し、広告出稿やキャンペーンについては共同で実施することがある。 また、同じくJR西日本米子メンテックが運営するビジネスホテル「」やジェイアール西日本ウェルネットが運営する「」、JR西日本ファーストキャビンが運営するもJR西日本ホテルズ・JRホテルグループには属していない。

過去に運営していた施設

会員制度

会員制ポイントカードとして「JR西日本ホテルズカード」がある。以前は、三井住友カードクレディセゾンUCカード)・JCBと提携したクレジットカード機能のついたタイプもあったが、親会社のJR西日本が「J-WESTカード」を発行したため、新規発行を停止し、クレジット機能のないタイプのみ発行している。なお、JR西日本ホテルズやヴィアインでは、時折J-WESTカード会員向けの限定企画・特典を用意することがある。

また、2018年6月からはグランヴィアブランド・ヴィスキオブランド・奈良ホテルが東日本・東海・九州の各グループホテル運営会社で組織している「JRホテルメンバーズ」に加入した[6]。これにより、JR西日本ホテルズカードは2018年5月で終了。以降1年間は、JR西日本ホテルズの各ホテルでの残ポイント使用となる。既存の会員については、希望者に対して、「JR西日本ホテルズカード」での登録情報を流用する形式にて「JRホテルメンバーズ」の新規加入を受け付ける案内を送付する予定としている。

2018年6月1日から加盟した「JRホテルメンバーズ」では、貯まったホテルメンバーズポイントを1000ポイント単位で「J-WESTポイント」への移行が可能になる[7]

脚注

  1. ^ a b c d e f 株式会社ジェイアール西日本ホテル開発 第30期決算公告
  2. ^ 株式会社奈良ホテルの株式取得に関するお知らせ”. 西日本旅客鉄道株式会社 (2018年8月31日). 2018年8月31日閲覧。
  3. ^ “「関西の迎賓館」奈良ホテル、JR西の完全傘下に”. 産経WEST (産経新聞社). (2018年8月31日). https://www.sankei.com/west/news/180831/wst1808310085-n1.html 2018年8月31日閲覧。 
  4. ^ a b JR西日本ホテルグループ新ホテルブランド名とシンボルマークが決定 ~「HOTEL VISCHIO(ホテルヴィスキオ)」誕生~ - 西日本旅客鉄道、ジェイアール西日本ホテル開発、尼崎ホテル開発 2017年5月10日
  5. ^ 都ホテルズ&リゾーツからの退会に関するお知らせ - 奈良ホテル 2018年11月10日(2018年11月12日閲覧)
  6. ^ 駅を中心とした立地が特徴の「JRホテルメンバーズ」に来年6月「JR西日本ホテルズ」が加わり、お得にご利用いただけるエリアが拡大。ますます便利に! - 日本ホテル・ジェイアール東海ホテルズ・ジェイアール西日本ホテル開発・JR九州ホテルズ・小倉ターミナルビル 2017年12月6日(2017年12月8日閲覧)
  7. ^ JR系ホテルの会員プログラム「JRホテルメンバーズ」がますます便利に!「JRホテルメンバーズ」に「JR西日本ホテルズ」が加わり、東北から九州まで、おトクにご利用いただけるエリアが西日本へ繋がります。 - 西日本旅客鉄道・ジェイアール西日本ホテル開発・日本ホテル 2018年5月23日(2018年5月25日閲覧)

関連項目

外部リンク

ヴィアイン

ヴィアイン(VIA INN)は、ジェイアール西日本デイリーサービスネットとJR西日本ヴィアインが運営するビジネスホテルチェーン。

概要

コンパクトにまとめられた客室で、比較的リーズナブルな料金で、必要最低限にして充分なサービスを提供しているのが特徴で、いわゆる宿泊特化型(B&B)のホテルである。

JR西日本グループである特性を最大限に生かし、駅から至近 若しくは ほぼ駅に隣接するような至便な場所に店舗を構える良好な立地条件が特色の一つでもある。地場の主要駅での展開を進める一方、JRグループ他地区に進出するのは前例がない中、2009年にはJR西日本エリア外である関東地方に進出し、その後も相次いで都内に新規開業している。また、2013年7月には東海地方[1]、2019年6月には九州地方にそれぞれ初出店している[2]

2017年4月開業のヴィアインあべの天王寺以降の新規ホテルは、一部のホテルがジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%子会社であるJR西日本ヴィアインの運営となっている。また、これ以前に開業した一部のホテルについてもJR西日本ヴィアインへ運営を移管した結果、現在は半数以上のホテルがJR西日本ヴィアインの運営となっている。

民鉄会社のグループ企業が運営するビジネスホテルにコンセプト(サービス内容・沿線外進出など)が近い。(当該各ホテルについては、下記 関連項目欄 参照)

なお、運営するジェイアール西日本デイリーサービスネットはJR西日本の連結子会社、JR西日本ヴィアインは前述の通りジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%子会社であるが、ホテルグランヴィア等を運営するJR西日本ホテルズと、JRホテルグループには属していない。ただし、JR西日本ホテルズとの共同キャンペーンを行うことはある。

店舗

※ホテル名後ろに★のあるものは開業時からJR西日本ヴィアインが運営、☆があるものはJR西日本ヴィアインへ運営が移管されたホテル、●があるものはジェイアール西日本デイリーサービスネット・JR西日本ヴィアイン以外が運営[3]、無印はジェイアール西日本デイリーサービスネットが運営。なお、 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令のため、2020年4月18日以降、一部ホテルで休業している[4]

現在営業中のホテル

  • 関東地方
    • ヴィアイン東京大井町☆ (509室) - 地場不動産会社の株式会社が建設した「かんべ土地K-7」ビルを一棟借りしている。
    • ヴィアイン秋葉原☆ (284室)[5]
    • ヴィアイン新宿☆ (226室)
    • ヴィアイン東銀座☆ (297室)
    • ヴィアイン浅草● (190室) - 旧:ブルーウェーブイン浅草、臨時休館中
    • ヴィアイン飯田橋後楽園★(295室)
  • 北陸・東海地方
    • ヴィアイン金沢☆ (206室)
    • ヴィアイン名古屋新幹線口☆ (238室)
    • ヴィアイン名古屋駅前椿町(249室) - 臨時休館中
  • 近畿地方
    • ヴィアイン京都四条室町☆ (239室)
    • ヴィアイン京都駅八条口 (468室) - 臨時休館中
    • ヴィアイン新大阪☆ (228室)
    • ヴィアイン新大阪駅正面口(88室)
    • ヴィアイン新大阪ウエスト☆ (435室)
    • ヴィアイン梅田(217室)
    • ヴィアイン心斎橋☆ (205室) - 臨時休館中
    • ヴィアイン心斎橋長堀通☆ (150室) - 旧:ブルーウェーブイン四ツ橋、臨時休館中
    • ヴィアイン心斎橋四ツ橋 (224室)
    • ヴィアインあべの天王寺★(172室)
    • ヴィアイン姫路☆ (210室)
  • 中国地方
    • ヴィアイン岡山☆ (251室)
    • ヴィアイン下関☆ (198室) - 2020年4月30日リニューアルオープン予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大のためオープンが延期に
    • ヴィアイン広島銀山町● (156室) - 旧:ブルーウェーブイン広島
  • 九州地方
    • ヴィアイン博多口駅前 (205室)

今後開業予定のホテル

  • ヴィアイン広島新幹線口(246室) - 2020年4月26日開業予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大のため開業延期に[6]
  • ヴィアイン大阪京橋(仮称)(220室) - 2020年12月開業予定[7]

かつて営業していたホテル

沿革

  • 1996年平成8年)3月 - ヴィアイン下関が開業。
  • 1998年(平成10年)7月 - ヴィアイン新大阪が開業。
  • 2001年(平成13年)3月 - ヴィアイン新大阪ウエストが開業。
  • 2002年(平成14年)10月 - ヴィアイン姫路が開業。
  • 2004年(平成16年)4月 - ヴィアイン広島が開業。
  • 2005年(平成17年)
    • 11月30日 - 構造計算書改竄が判明したため、ヴィアイン姫路が営業を休止。
    • 12月5日 - 構造計算書改竄が判明したため、ヴィアイン新大阪ウエストが営業を休止。
  • 2006年(平成18年)12月26日 - 改修工事完了により、ヴィアイン姫路が営業を再開。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月30日 - 改修工事完了により、ヴィアイン新大阪ウエストが営業を再開。
    • 4月15日 - ヴィアイン京都四条室町が開業。
    • 6月27日 - ヴィアイン金沢が開業。
  • 2009年(平成21年)7月1日 - ヴィアイン東京大井町が開業。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月18日 - ヴィアイン秋葉原が開業。
    • 4月29日 - ヴィアイン心斎橋が開業。
  • 2012年(平成24年)
    • 2月8日 - ヴィアイン新宿が開業。
    • 3月8日 - ヴィアイン東銀座が開業。
    • 10月29日 - ヴィアイン岡山が開業。
  • 2013年(平成25年)7月19日 - ヴィアイン名古屋新幹線口が開業。
  • 2014年(平成26年)6月1日 - ヴィアイン浅草、ヴィアイン心斎橋長堀通、ヴィアイン広島銀山町(いずれも、ブルーウェーブインからのリブランド)が開業。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月27日 - ヴィアインあべの天王寺が開業
    • 8月3日 - ヴィアイン梅田が開業。
  • 2018年(平成30年)
    • 7月10日 - ヴィアイン新大阪駅正面口が開業。
    • 8月1日 - ヴィアイン名古屋駅前椿町が開業。
    • 9月5日 - ヴィアイン飯田橋後楽園が開業。
  • 2019年(平成31年)4月27日 - ヴィアイン京都駅八条口がプレオープン[2]
  • 2019年(令和元年)
    • 5月30日 - ヴィアイン京都駅八条口が開業[2]
    • 6月5日 - ヴィアイン博多口駅前が開業[2]
    • 7月1日 - ヴィアイン心斎橋四ツ橋が開業[2]
    • 8月29日 - ヴィアイン日本橋人形町が開業[8]
  • 2020年(令和2年)

脚注・出典

[脚注の使い方]
  1. ^ ホテルヴィアイン名古屋新幹線口開業のお知らせ西日本旅客鉄道プレスリリース 2013年3月26日
  2. ^ a b c d e “「ヴィアイン京都駅八条口」4月27日(土曜日)プレオープン決定” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット、JR西日本ヴィアイン, (2019年3月20日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/03/page_14038.html 2019年4月1日閲覧。 
  3. ^ ヴィアイン広島とヴィアイン下関(リニューアル前)は早鞆商事が、ヴィアイン浅草とヴィアイン広島銀山町はジェイアール西日本ホテル開発がフランチャイズホテルとしてそれぞれ運営。
  4. ^ “新型コロナウイルス感染拡大防止にむけたホテルの一時休業について” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本ホテル開発 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット 株式会社JR西日本ヴィアイン, (2020年4月16日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/04/page_16015.html 2020年4月17日閲覧。 
  5. ^ 所在地は神田須田町であり、各線の秋葉原駅から神田川を南に渡った位置にあって、都心等拠点地区秋葉原地区に含まれない。秋葉原駅のほか、岩本町駅神田駅が最寄り駅である。最高部の高さ76.35m25階建ての免震高層ビルで、北側は半円形南側は長方形になっていて、外側に客室が配置されている。
  6. ^ “JR広島駅北西NKビル開発 竣工のお知らせ” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道株式会社、JR西日本不動産開発株式会社, (2020年3月25日), https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200325_00_bill.pdf 2020年4月26日閲覧。 
  7. ^ “「ヴィアイン大阪京橋(仮称)」出店について” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット、株式会社JR西日本ヴィアイン, (2019年8月5日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14629.html 2020年4月26日閲覧。 
  8. ^ “「ヴィアイン日本橋人形町」開業決定のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット、JR西日本ヴィアイン, (2019年5月9日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/05/page_14230.html 2019年7月16日閲覧。 
  9. ^ “新型コロナウイルス感染拡大防止にむけたホテルの一時休業について” (プレスリリース), 株式会社ジェイアール西日本ホテル開発 株式会社ジェイアール西日本デイリーサービスネット 株式会社JR西日本ヴィアイン, (2020年4月16日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/04/page_16015.html 2020年4月17日閲覧。 

外部リンク



 

Back to Top
Close