ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|「ムーンライトながら」廃止決定 昨春の運行がラストランに


写真 

「ムーンライトながら」廃止決定 昨春の運行がラストランに

 
内容をざっくり書くと
2009年からは臨時化され、近年は185系を使用して年末年始や夏休みシーズンなどに運行されていた。
 

JR東日本とJR東海は、東京〜大垣駅間で運行していた臨時快速「ムーンライトながら」について、昨春をも… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

年末年始

2021年 1月睦月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
[リフレッシュする]
2020年12月師走
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
[リフレッシュする]

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。

当項目では日本における年末年始を主題として解説している。

概要

この期間を含め大まかに例年12月最後のことを年末年の暮れあるいは暮れ年の瀬[注釈 1]1月前半のことは年始年明け新年年始めと言うことがある。年末年始の過ごし方は文化圏によって異なる。

日本の場合、元日の前後数日間にわたって休日連休)となることが多い。災害避難所になっている場合など一部を除いて、学校は冬休み、国や地方自治体役所は後述の法令により12月29日から1月3日まで6連休となり[注釈 2]、多くの企業もこれに準じる。

1873年明治6年)1月7日太政官布告第2号「休暇日ヲ定ム」によって、1月1日から1月3日まで(正月三が日)、6月28日から6月30日まで(夏越の大祓)、12月29日から12月31日まで(年越の大祓)が連休とされた。このうち、夏越の大祓の連休が実施直前の6月23日になって取り消されたため、残った年末年始の実質的な6連休が以降定着することになる。

この法令は1947年昭和22年)を限りに失効しているが、その後も慣例となり、1988年(昭和63年)12月13日法律第91号「行政機関の休日に関する法律」によって、役所限定ではあるものの再び法的根拠を得ている。

交通

ゴールデンウィークお盆と並んで、子供を連れて帰省したり、海外旅行(時節柄、ハワイなどの日本から近い温暖なリゾート地が多い)をしたりする家族が多く、期間の初期や末期にはターミナル駅空港が混雑したり、高速道路の一部区間が渋滞したりする。

海外旅行は近年[いつ?]はカップルや学生など若者が主流となっていて、子供連れは2001年アメリカ同時多発テロ後、特に2004年以降は減少傾向である[注釈 3]

JRの特急回数券などの一部の特別企画乗車券が利用不可能になる繁忙期となる。ただし、日本に観光ビザで入国する外国人旅行者専用のジャパン・レール・パスと一部の特別企画乗車券は利用可能である。多くの公共交通機関では12月30日から1月3日の間、休日扱いのダイヤとなる[注釈 4]。初詣の利便のため、大晦日から元日は終夜運転を行う事業者や、最終列車の繰り下げ・始発列車の繰り上げを行う事業者も多い[注釈 5]

また、年末年始は通常ダイヤと異なる特別ダイヤで運転される場合もある。12月29日については、JRは土曜・日曜と重ならない限り平日ダイヤで運行されるが、公営交通私鉄地下鉄路線バス路面電車新交通システムなど)は事業者により平日・休日の対応が分かれる[注釈 6]。なお、JRの首都圏における普通列車グリーン券(自由席のもの)は、12月29日は平日ダイヤで運行される場合であっても「ホリデー料金」となる。一方、青森市営バスなど、土曜・休日のみ利用可能な一日乗車券については、土曜・休日ダイヤで運行される平日は利用不可とする事業者もある[4]

貨物列車については、年末は運転本数が少なくなり、12月31日から1月3日は原則として運休となる[5]

しかしながら元日については、貨物のほか、長距離旅客の流動が少なくなる[6]。この日に合わせて、列車の運休を伴う工事や調整を行うこともある[注釈 7]

ETC割引制度は、年末年始であっても平日・休日の区分はカレンダーの曜日に従っている(2008 - 2009年実績)。

月 - 金と土日祝で料金を分けているコインパーキングの場合、1月1日と元日振替休日を除き、年末年始であっても、月 - 金と土日祝の区分はカレンダーの曜日に従っている場合がある(駐車場内の看板や貼り紙等に年末年始の料金に注記がある場合を除く)。例えば、銀行提携のコインパーキングの場合、銀行窓口の営業時間にあわせて、月 - 金の日中(主に8:00 - 15:00や8:45 - 15:00など)の駐車料金を高くしている場合がある。このため、1月1日と元日の振替休日以外の年末年始の月 - 金の8:00 - 15:00を含んだ時間帯に駐車した場合、高額な請求を受ける場合がある。

企業・店舗

多くの企業や店舗でも、この期間を休日(休暇、お正月休み)としているところもあるが、年末年始の時期は、クリスマス正月お年玉初売りなどに焦点を当てて、年末年始商戦をする業者も存在する。

帰省・Uターンラッシュを担う交通機関や、買い物・行楽客が訪れる物販・飲食店やホテル・旅館など、年末年始が書き入れ時となる職場では、正月前から正月明けにかけて交代で休みを取り、混雑や料金が最ピークの正月時期を避けて旅行などをすることもある。

マスメディア

マスコミ業界でテレビは概ね12月29日から1月3日まで朝・昼のニュース番組、ワイドショーを休止して年末特番・バラエティー特番・1年のニュース・ドラマの一挙再放送・後述のスポーツ中継を放送する。ラジオはスポーツ中継とニュース特番がある日や特定スポンサーの番組以外の時間は通常編成の局も多い。かつて(昭和40年代〈1965 - 1975年〉頃[11] まで)は、テレビでも一部時間帯を除き、通常編成を行っていたほか、年末については、平成初期(1990年)頃までは、早朝の時間帯のみ通常編成を行っていた局も多かった[12]

新聞もこの期間は夕刊が発行されず[注釈 8]朝刊のみの発行となるが、1月2日は朝刊も休刊となる。また、1月1日の朝刊は、元日特別号として通常よりページ数が多くなる。

主なイベント

12月

1月

主なテレビ番組

12月

1月


脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「年の瀬」という言葉は、江戸時代には庶民にとって年を越えることも一苦労で、このことを越えなければ死をも待っている川の流れの速い"瀬"に喩えている。
  2. ^ 12月28日及び1月4日土曜日に当たる場合は12月28日から1月5日まで、日曜日に当たる場合は12月27日から1月4日までの9連休となる。
  3. ^ 成田国際空港(株)によれば、2006年12月22日から2007年1月8日までに成田国際空港を利用する出入国者数の予測は、過去最高となる約138万人と報じられている[1]
  4. ^ 2000年代まで、JR路線では四国旅客鉄道(JR四国)および西日本旅客鉄道(JR西日本)米子支社管内の路線は、平日・休日ダイヤの区分はカレンダーの曜日及び休日に従っていた。すなわち、1月1日(および振替休日となる1月2日)を除く日が月曜日 - 金曜日に該当する場合、平日ダイヤで運行されていた[2]
  5. ^ 2020年から2021年にかけては、新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により、ほぼ全ての鉄道事業者で終夜運転・最終列車の繰り下げ・始発列車の繰り上げを行わなかった[3]
  6. ^ 神姫バスの一般路線の場合、12月29 - 31日は休日ダイヤ、正月三が日は特別ダイヤとなる。なお、一部路線では運休となる。
  7. ^ 2006年1月1日夜間[7]および2007年1月1日夜間に博多駅で大規模工事を行った例[8]や、2016年1月1日に北海道新幹線設備切替確認のため青函トンネルを通過する全ての旅客および貨物列車を運休した例[9][10]など。
  8. ^ 北海道新聞は12月29日も夕刊を発行する場合もある。
  9. ^ 翌年1月にオーストラリアで開催されたAFCアジアカップの関係によるもの。その代わり、女子の『皇后杯』が1月1日に行われた。
  10. ^ 2014年度の時と同様に、翌年1月にUAEで行われるAFCアジアカップ開催によるもの。その代わり、女子の『皇后杯』が1月1日に行われた。なお、当初は12月24日月曜日振替休日)に開催予定だったが、鹿島アントラーズが『FIFAクラブワールドカップUAE2018』(UAE・12月12日-22日)への出場が決まったことから、12月9日に変更された。第98回大会概要 - 日本サッカー協会。その為、テレビ中継も、通常の総合テレビではなく、BS1での中継となった。

出典

  1. ^ 海外旅行過去最高、成田年末年始138万人”. 日刊スポーツ新聞社. 2007年1月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年12月30日閲覧。
  2. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 交通新聞社)2007年12月号において、当該管区の路線に対しては「12月30日 - 1月3日は休日時刻で運転します。」の注記がない。
  3. ^ 大みそか終夜運転の中止について - 東京メトロ・2020年12月18日リリース
  4. ^ バスカード等の利用について - 青森市交通部(最終更新2015年4月15日)・「質問3」にお盆や年末年始の利用についての記載がある。
  5. ^ 年末年始期間の貨物列車の運転について (PDF)”. 日本貨物鉄道(JR貨物) (2016年12月13日). 2017年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  6. ^ 2020年度 年末年始期間のご利用状況【速報】 (PDF)”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2021年1月6日). 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月23日閲覧。
  7. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 交通新聞社)2006年1月号 JRニュース3頁
  8. ^ 『鉄道ピクトリアル』(編集・発行 電気車研究会)、2007年2月号、118頁「1月のメモ帳」
  9. ^ 『JR時刻表』(編集・発行 交通新聞社)2016年1月号 JRニュース2頁
  10. ^ 『鉄道ジャーナル』(編集・発行 鉄道ジャーナル社)、2016年3月号、33頁
  11. ^ 出典:昭和45年12月21日から46年1月10日及び昭和48年12月から49年1月の東奥日報テレビ欄(弘前市立図書館(前者)・五所川原市立図書館(後者)で閲覧)から
  12. ^ 昭和64年1月1日 - 3日及び平成元年12月28日~31日付報知新聞首都圏版テレビ欄。

関連項目

2009年

2009年(2009 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年平成21年。

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。

他の紀年法

カレンダー

1月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

イベント・行事

国際年

  • 世界天文年(International Year of Astronomy)
  • 国際和解年(International Year of Reconciliation)
  • 国際天然繊維年(International Year of Natural Fibres)
  • 国際ゴリラ年(Year of the Gorilla)
  • 国際サメ年(International Year of the Shark)

天文現象

芸能・文化・ファッション

世相

スポーツ

音楽

映画

文学

誕生

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 3月 - アフリカのとある国にあるキジュジュ自治区にてバイオハザードが発生、同時に「ウロボロス計画」についての真相を暴くため、BSAA西部アフリカ支部隊アルファチームがキジュジュ自治区に送られる。バックアップ要員として、北米支部の当時エージェントであったクリス・レッドフィールドと西部アフリカ支部の同じくエージェントであるシェバ・アローマが参加、任務を進めていくにつれ、アルバート・ウェスカーと対峙、死闘の末決着を着ける。(ゲーム『バイオハザード5』)
  • 4月21日 - ヨーロッパ素粒子研究所(CERN)の量子物理学者ロイド・シムコーとテオドシオス・プロコピデスが、大型ハドロン衝突型加速器を用いたヒッグス粒子を発見するための実験に失敗し、世界各地の人々が2030年10月23日のヴィジョンを体験する「フラッシュフォワード」が発生する。(小説『フラッシュフォワード』)[168]
  • 9月25日 - 海上自衛隊第7潜水隊群(架空の部隊)所属の潜水艦「くろしお」(艦長は織田志郎三等海佐)がクーデターを決起。(漫画『戦海の剣』)
  • 12月30日 - イギリスの物理学者チャールズ・ロスが、自宅である英語版のストーバノン館で、高エネルギー密度での対消滅時に生じる「タウ波」を用いた、コンピュータでの時間逆行送信テストに成功する。(小説『英語版』)[169]
  • 女性科学者アリス・クルピン博士が麻疹ウイルスを元にガンの治療薬を開発。しかし治療薬を投与した者の一部が狂犬病に似た症状で死亡したため調査が開始され、治療薬が人間を死に至らしめる危険なウィルスK.V(クルピン・ウィルス)であることが判明、感染源となったニューヨークが封鎖される。その後K.Vは空気感染によって世界中へと拡散し、人類のほとんどが死滅する。(映画『アイ・アム・レジェンド』)
  • 海蛇座アルファの惑星から発せられた地球外文化からのメッセージが観測される。(小説『』)[170]
  • 遺伝子工学によって造られたスーパー・ソルジャーの子供たちが、政府の秘密DNA研究所「マンティコア」を脱走。(テレビドラマ『ダークエンジェル』)
  • アディポーズ社が暗躍、人間の体から脂肪エイリアンアディポーズが大量に生まれる。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • ソンターランが地球に対し侵略戦争を仕掛ける。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • ダーレクが地球へ攻撃を仕掛ける。地球を含め27個の惑星がメデューサ・カスケードへ移動させられる。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • フランスの物理学者アナトールM610B9が、ラジウムエーテルとの高い親和性を有しており、帯電したラジウム中のエーテルがあらゆる周知の現象を発生させる事を発見する。(小説『ラルフ124C41+』)[171]

脚注・出典

[脚注の使い方]
  1. ^ スロバキア、欧州単一通貨ユーロを導入 ロイター 2009年1月2日付.
  2. ^ 「ESTA」混乱なくスタート 米国渡航、ネット認証制度 産経新聞 2009年1月12日付. 2009年1月17日閲覧.
  3. ^ Somali joy as Ethiopians withdraw BBC NEWS 2009年1月13日付. 2009年1月26日閲覧.
  4. ^ 100000000000000ドル紙幣が登場、異常なインフレ下のジンバブエ AFPBBNews 2009年1月17日付.
  5. ^ 【NY旅客機事故】乗員・乗客全員救助、邦人2人も無事 テロと無関係と米政府 産経新聞 2009年1月16日付. 2009年1月17日閲覧.
  6. ^ 【NY旅客機事故】「ハドソン川の奇跡」 全員救助を導いた機長に称賛の声 産経新聞 2009年1月16日付. 2009年1月17日閲覧.
  7. ^ イスラエル、ガザで一方的停戦を宣言[リンク切れ] CNN.co.jp 2009年1月18日付. 2009年1月26日閲覧.
  8. ^ 旧正月控えた台湾、1万円の「消費券」を住民に配布[リンク切れ] CNN.co.jp 2009年1月19日付. 2009年1月19日閲覧.
  9. ^ 「オバマ米大統領が就任、平和と団結訴え」 読売新聞 2009年1月21日付. 2009年1月26日閲覧.
  10. ^ 200万人見守る中 演説[リンク切れ] 産経新聞 2009年1月21日付. 2009年1月22日閲覧.
  11. ^ オバマ大統領、グアンタナモ閉鎖など命令「米国は拷問しない」[リンク切れ] 産経新聞 2009年1月23日付.
  12. ^ 衛星「いぶき」21日に打ち上げ 温室効果ガス、網羅的に観測 産経新聞 2009年1月12日付. 2009年1月25日閲覧.
  13. ^ H2A 打ち上げ成功 「まいど1号」など最多8基搭載 産経新聞 2009年1月23日付. 2009年1月25日閲覧.
  14. ^ 「いぶき」撮影の画像公開 相乗りの7基が鮮明に 産経新聞 2009年1月25日付. 2009年1月25日閲覧.
  15. ^ コンゴの反政府勢力トップ拘束 ルワンダ軍 産経新聞 2009年1月23日付. 2009年1月26日閲覧.
  16. ^ 国際刑事裁判所で初めての公判…コンゴ内戦の少年徴兵で[リンク切れ] 読売新聞 2009年1月27日付.
  17. ^ カリフォルニアで8つ子誕生、米史上2例目”. AFPbb.com (2009年1月27日). 2014年12月18日閲覧。
  18. ^ Octuplets born in Bellflower” (英語). LAtimes.com (2009年1月26日). 2014年12月18日閲覧。
  19. ^ インドネシアで金環食を観測 「指輪みたい」 47NEWS 2009年1月26日付.[リンク切れ]
  20. ^ 国民は突然知った!GDP10倍の借金 アイスランド崩壊の危機 産経新聞 2008年11月13日付. 2009年1月27日閲覧.
  21. ^ アイスランド首相が退陣表明 金融危機でデモ 産経新聞 2009年1月23日付. 2009年1月27日閲覧.
  22. ^ アイスランド政権崩壊…経済に続き政治もマヒ 産経新聞 2009年1月26日付. 2009年1月27日閲覧.
  23. ^ カニ漁船、ロシアに拿捕=10人乗り組み、鳥取の組合所属 時事ドットコム 2009年1月28日付.
  24. ^ ダボス会議 みずほリサーチ 2008年12月13日付.
  25. ^ 09年の世界経済、戦後最悪の0.5%成長に IMF見通し [リンク切れ] 日本経済新聞 2009年1月29日付.
  26. ^ キリル新総主教が即位=大統領ら祝福 - ロシア正教 時事ドットコム 2009年2月1日付.
  27. ^ 同性愛公表の女性首相誕生…アイスランド新連立政権[リンク切れ] 読売新聞 2009年2月2日付.
  28. ^ 1兆ドルが1ドルに、超インフレのジンバブエで12桁のデノミ AFPBBNews 2009年2月2日付.
  29. ^ イラン、初の国産衛星打ち上げに成功…軍事技術向上狙いか [リンク切れ] 読売新聞 2009年2月4日.
  30. ^ 放火容疑で2人拘束=豪山火事 時事ドットコム 2009年2月12日付.
  31. ^ 北京・中国中央TV、高層ビル炎上[リンク切れ] 朝日新聞 2009年2月10日閲覧.
  32. ^ ついに起きてしまった人工衛星衝突“使えない高度”が現実になる時代に 日経BPネット 2009年2月16日付
  33. ^ NYのコンチネンタル機墜落、死者は50人に AFPBBNews 2009年2月14日付.
  34. ^ 月全球の正確な地形と重力場が世界で初めて明らかに 国立天文台 2009年2月13日発表. 2009年3月6日閲覧.
  35. ^ Lunar Global Shape and Polar Topography Derived from Kaguya-LALT Laser Altimetry” 『Science』 2009年2月13日号. 2009年3月6日閲覧.
  36. ^ 月面全体の地図作製 世界初、「かぐや」観測で 産経新聞 2009年2月13日付. 2009年3月6日閲覧.
  37. ^ ラトビアで内閣総辞職 金融危機が深刻化 47NEWS 2009年2月21日. 2009年3月1日閲覧.
  38. ^ トルコ航空機が着陸失敗 産経新聞 2009年2月25日閲覧.
  39. ^ ミルティノビッチ被告無罪 国際戦犯法廷が判決[リンク切れ] 毎日新聞 2009年2月27日付. 2009年2月27日閲覧.
  40. ^ 公文書館崩壊、貴重な歴史資料に被害 ドイツ西部ケルン 産経新聞 2009年3月4日付. 2009年3月11日閲覧.
  41. ^ 国際刑事裁判所がスーダン大統領に逮捕状、中国は反発[リンク切れ] 日本経済新聞 2009年3月5日付. 2009年3月11日閲覧.
  42. ^ 金元死刑囚「お母さん生きていますよ」 田口さん家族と面会[リンク切れ] 日本経済新聞 2009年3月11日付. 2009年3月14日閲覧.
  43. ^ ラトビア議会が新首相承認 中道右派 U.S. FrontLine 2009年3月12日付. 2009年3月14日閲覧.
  44. ^ イエメン:シバームで爆発 APF通信 2009年3月16日閲覧.
  45. ^ ハンガリー首相が辞意、経済危機で引責か[リンク切れ] 読売新聞 2009年3月22日付. 2009年3月22日閲覧.
  46. ^ 首相不信任案を可決=EU運営への影響必至-チェコ 時事ドットコム 2009年3月25日付. 2009年3月25日閲覧.
  47. ^ 2010年APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議開催地が横浜に決定しました 横浜市記者発表資料 2009年3月25日付.2009年3月25日閲覧.
  48. ^ 危機克服へ政策総動員 G20、オバマ米大統領ら首脳集結 産経新聞 2009年4月2日付. 2009年4月27日閲覧.
  49. ^ WRAPUP1:G20が危機脱却に向けた協調を確認、財政総額5兆ドルで世界成長4%押し上げ ロイター 2009年4月3日付. 2009年4月3日閲覧.
  50. ^ タイとカンボジアが交戦 国境未画定地域で2度 産経新聞 2009年4月3日付. 2009年4月3日閲覧.
  51. ^ 【北ミサイル発射】東方向に1発 産経新聞 2009年4月5日付. 2009年4月5日閲覧.
  52. ^ 【北ミサイル発射】日本政府、「飛翔体」発射を確認 産経新聞 2009年4月5日付. 2009年4月25日閲覧.
  53. ^ 【北ミサイル発射】いつまで「飛翔体」? 新呼称「ミサイル関連飛翔体」も 産経新聞 2009年4月7日付. 2009年4月25日閲覧.
  54. ^ Wikisource:バラク・オバマのプラハでの演説
  55. ^ イタリア地震:死者50人[リンク切れ] 毎日新聞 2009年4月6日閲覧.
  56. ^ チェコで新首相就任 統計局長官のフィシェル氏 共同通信 2009年4月9日付. 2009年4月9日閲覧.
  57. ^ ハンガリー首相、実業界出身の41歳・バイナイ氏[リンク切れ] 読売新聞 2009年4月15日付. 2009年4月16日閲覧.
  58. ^ 日系米国人記者に禁固8年 イランがスパイ活動で訴追 産経新聞 2009年4月18日付. 2009年4月22日閲覧.
  59. ^ 北キプロス議会選は野党勝利 再統合交渉に影響も 共同通信 2009年4月20日付. 2009年7月19日閲覧.
  60. ^ 豚インフルエンザ:メキシコで60人死亡[リンク切れ] 毎日新聞 2009年4月25日閲覧.
  61. ^ 左派系2党、総選挙勝利 経済破綻のアイスランド 共同通信 2009年4月26日付. 2009年4月26日閲覧.
  62. ^ ロシア外交官に国外退去命じる NATO、スパイ容疑で [リンク切れ] 日本経済新聞 2009年4月30日付. 2009年5月7日閲覧.
  63. ^ 中米パナマ、新大統領に野党マルティネリ氏 AFP 2009年5月4日付. 2009年5月18日閲覧.
  64. ^ 田北真樹子 「インド総選挙 与党連合が圧勝 シン首相続投へ」 産経新聞 2009年5月16日付. 2009年6月11日閲覧.
  65. ^ 田北真樹子 「印下院選挙で議席確定 会議派206、人民党116」 産経新聞 2009年5月18日付. 2009年6月11日閲覧.
  66. ^ 田北真樹子 「インド、第2次シン政権が発足」 産経新聞 2009年5月22日付. 2009年6月11日閲覧.
  67. ^ 「強い首相」に変身 インドのシン首相 産経新聞 2009年5月22日付. 2009年6月11日閲覧.
  68. ^ リトアニアに初の女性大統領 グリバウスカイテ氏が勝利 共同通信 2009年5月18日付. 2009年5月18日閲覧.
  69. ^ フィリピンでフェリー沈没 日本人含む12人死亡 産経新聞 2009年5月24日付. 2009年7月11日閲覧.
  70. ^ 【北核実験】「核実験実施」と北朝鮮 北東部でM4・5の揺れを観測、韓国 産経新聞 2009年5月25日付. 2009年5月25日閲覧.
  71. ^ Calendar of part-sessions 2009 - European elections 4-7 June 2009 欧州議会プレスリリース(英語) 2008年5月21日付. 2009年1月13日閲覧.
  72. ^ 欧州連合 駐日欧州委員会代表部公式サイト欧州議会選挙、中道右派の圧倒的勝利 (日本語仮訳)」 2009年6月8日発表. 2009年6月15日閲覧.
  73. ^ 山口昌子・木村正人 「欧州議会選、経済危機背景に中道右派勝利 極右政党も台頭」 産経新聞2009年6月8日付. 2009年6月15日閲覧.
  74. ^ ルクセンブルク議会選、ユンケル首相率いるキリスト教社会党が勝利 ロイター 2009年6月8日付. 2009年7月19日閲覧.
  75. ^ 木村正人 「【新型インフル】警戒水準引き上げ勧告 「パンデミック」を宣言」 産経新聞 2009年6月11日付. 2009年6月16日閲覧.
  76. ^ アフマディネジャド大統領が62%、受け入れぬとムサビ氏[リンク切れ] 読売新聞 2009年6月13日付. 2009年6月28日閲覧.
  77. ^ イラン騒乱、11都市に拡大…死者15人以上に[リンク切れ] 読売新聞 2009年6月18日付. 2009年6月28日閲覧.
  78. ^ 【イラン騒乱】大統領選の承認期限を5日間延期 再選の形整える狙い 産経新聞 2009年6月24日付. 2009年6月28日閲覧.
  79. ^ 【海外事件簿】M・ジャクソンを死に追いやった「ミルク」 全容解明は来年に 産経新聞 2009年12月26日付
  80. ^ クロアチア首相、突如辞任 時事ドットコム 2009年7月1日付. 2009年7月1日閲覧.
  81. ^ 野口東秀 「【ウイグル暴動】ウイグル族が漢族襲撃、140人死亡」 産経新聞 2009年7月6日付. 2009年7月8日閲覧.
  82. ^ 【ウイグル暴動】暴動の死者156人に 中国、700人以上拘束 産経新聞 2009年7月7日付. 2009年7月8日閲覧.
  83. ^ ブルガリア、右派野党が第1党に 議会選挙 共同通信 2009年7月6日付. 2009年7月6日閲覧.
  84. ^ ユドヨノ氏再選確定 インドネシア大統領選 産経新聞 2009年7月24日付. 2009年7月26日閲覧.
  85. ^ 【サミット】「世界な雇用悪化」に懸念表明 サミット初日の経済首脳宣言 産経新聞 2009年7月9日付. 2009年7月11日閲覧.
  86. ^ 【サミット】「核なき世界」の実現決意し閉幕 食料安保に巨額拠出 産経新聞 2009年7月10日付. 2009年7月11日閲覧.
  87. ^ 【皆既日食】世界各地で観測 トカラ列島は大雨 産経新聞 2009年7月22日付. 2009年7月22日閲覧.
  88. ^ ARFが閉幕、北朝鮮批判相次ぐ 産経新聞 2009年7月23日付. 2009年7月24日閲覧.
  89. ^ マレーシアで治安維持法の撤廃求め野党支持者がデモ、約600人逮捕 ロイター 2009年8月2日付. 2009年8月3日閲覧.
  90. ^ アフガン西部で爆弾テロ、12人死亡 タリバンが犯行認める 産経新聞 2009年8月3日付. 2009年8月4日閲覧.
  91. ^ 【クリントン訪朝】女性記者2人とともにロスへ出発 金総書記が特赦命じる 産経新聞 2009年8月5日付. 2009年8月5日閲覧.
  92. ^ 台湾の八八水害対策 (PDF)”. 農林水産省. 2016年6月11日閲覧。
  93. ^ インドで豪雨、大規模な地滑りで43人死亡 日テレNEWS24 2009年8月10日付. 2009年8月10日閲覧.
  94. ^ 北米サミット、協力強化で一致 麻薬、インフルで 47NEWS 共同通信 2009年8月11日付. 2009年8月15日閲覧.
  95. ^ 日産自動車の本社が18日に横浜へ移転、松沢県知事の夢もふくらむ=神奈川(PJ NEWS 2009年08月10日)
  96. ^ 投票所210カ所の全票無効を勧告 アフガン選管筋「カルザイ票48%」 産経新聞 2009年10月20日付. 2009年10月20日閲覧.
  97. ^ アフガン大統領選で11月7日に決選投票 カルザイ氏が受け入れ 産経新聞 2009年10月20日付. 2009年10月27日閲覧.
  98. ^ 英スコットランド自治政府、パンナム機爆破事件のリビア人受刑者を釈放 AFPBBニュース 8月21日
  99. ^ ギリシャ山火事で非常事態 マラソン発祥地も危機 47NEWS 2009年8月23日付. 2009年8月27日閲覧.
  100. ^ 比で大型客船沈没9名死亡、米軍も救助協力[リンク切れ] 読売新聞 2009年9月7日付. 2009年9月7日閲覧.
  101. ^ 中国、米製品にダンピング調査 事実上の対抗措置 産経新聞 2009年9月13日付. 2009年9月18日閲覧.
  102. ^ 「貿易保護主義」の批判に反論 オバマ大統領 産経新聞 2009年9月15日付. 2009年9月18日閲覧.
  103. ^ アルゼンチン:中国製タイヤに対して反ダンピング調査 China Press 2009年9月17日付. 2009年9月18日閲覧.
  104. ^ 東欧MD中止 露と緊張緩和、イランの核開発抑止への協力取り付け 産経新聞 2009年9月18日付. 2009年9月27日閲覧.
  105. ^ 核搭載原潜の態勢縮小も ブラウン首相と英紙報道 産経新聞 2009年9月23日付. 2009年9月25日閲覧.
  106. ^ ロ大統領、ミサイル配備を撤回 MD中止に対応 47NEWS 2009年9月26日付. 2009年9月28日閲覧.
  107. ^ ブータンで地震、10人死亡=在留邦人の無事確認 時事ドットコム 2009年9月21日付. 2009年9月22日閲覧.
  108. ^ 日中首脳会談の要旨 産経新聞 2009年9月22日付. 2009年9月23日閲覧.
  109. ^ 日英会談 英外相は給油活動継続を要請 産経新聞 2009年9月23日付. 2009年9月25日閲覧.
  110. ^ オバマ大統領、NYで日中露首脳と会談へ 産経新聞 2009年9月19日付. 2009年9月23日閲覧.
  111. ^ 米中首脳が会談 米朝対話にオバマ大統領「6カ国回復につながるなら」 産経新聞 2009年9月23日付. 2009年9月23日閲覧.
  112. ^ 日露首脳会談 領土問題は「われわれの世代で解決を」 産経新聞 2009年9月24日付. 2009年9月25日閲覧.
  113. ^ 「ユキオ」と「ケビン」 日豪首脳会談 産経新聞 2009年9月24日付. 2009年9月24日閲覧.
  114. ^ G20ピッツバーグ・サミット(概要) 外務省 2009年9月25日付. 2009年10月10日閲覧.
  115. ^ 【G20】「出口戦略」テーマに開幕へ 再発防止へ規制強化 産経新聞 2009年9月24日付. 2009年9月25日閲覧.
  116. ^ ポスト危機の成長枠組み提案 G20で米オバマ政権 産経新聞 2009年9月25日付. 2009年9月26日閲覧.
  117. ^ G20 均衡ある回復へ 暗中模索の世界経済 産経新聞 2009年9月26日付. 2009年9月27日閲覧.
  118. ^ G20 温暖化対策で溝 日本の存在感は低下 産経新聞 2009年9月26日付. 2009年9月27日閲覧.
  119. ^ 台風16号の被害拡大[リンク切れ] 産経新聞 2009年9月29日付. 2009年9月30日閲覧.
  120. ^ 台風16号による死者380人超に 東南アジア3カ国 産経新聞 2009年10月1日付. 2009年10月2日閲覧.
  121. ^ Der Wahltermin für die Bundestagswahl 2009 ドイツ連邦選挙管理委員会 (ドイツ語)2008年12月10日. 2009年4月8日閲覧.
  122. ^ 【独総選挙】2大政党に曲がり角 小党3党に勢い 産経新聞 2009年9月27日付. 2009年9月27日閲覧.
  123. ^ 独総選挙、国民はなぜ中道右派を選択したか 産経新聞 2009年9月28日付. 2009年9月28日閲覧.
  124. ^ Portugal Sets General Election for September 27 The Epoch Times (英語)2009年6月27日付. 2009年7月1日閲覧.
  125. ^ ポルトガル総選挙、財政が争点 追う「鉄の女」 47NEWS 2009年9月27日付. 2009年9月27日閲覧.
  126. ^ 中道左派のソクラテス政権継続へ ポルトガル総選挙 産経新聞2009年9月28日付. 2009年9月28日閲覧.
  127. ^ きょうミサイル防衛演習 イラン革命防衛隊 産経新聞 2009年9月27日付. 2009年9月27日閲覧.
  128. ^ 中距離弾道ミサイルを試射 イラン革命防衛隊 産経新聞 2009年9月28日付. 2009年9月28日閲覧.
  129. ^ 【サモア沖地震】「村がなくなった 浜辺も家も水没した」 産経新聞 2009年9月30日付. 2009年9月30日閲覧.
  130. ^ 【サモア沖地震】「気づくと波にのまれていた」 住民らが恐怖語る 産経新聞 2009年10月2日付. 2009年10月2日閲覧.
  131. ^ 【スマトラ沖地震】死者数千人の恐れ パダンで200人以上 産経新聞 2009年9月30日付. 2009年9月30日閲覧.
  132. ^ 【スマトラ沖地震】死者1100人か 数千人が生き埋めの恐れ 産経新聞 2009年10月2日付. 2009年10月2日閲覧.
  133. ^ イランと6カ国が核交渉 オバマ米政権下で初 産経新聞 2009年10月1日付. 2009年10月2日閲覧.
  134. ^ 低濃縮ウランの移送に合意 核交渉でイラン 産経新聞 2009年10月2日付. 2009年10月2日閲覧.
  135. ^ 【五輪招致】「世界の若者を巻き込む」 リオデジャネイロ開催概要 産経新聞 2009年10月3日付. 2009年10月3日閲覧.
  136. ^ 【五輪招致】リオ 「未来へ向けたスタート」切る 産経新聞 2009年10月3日付. 2009年10月3日閲覧.
  137. ^ 人類最古の全身骨格化石=440万年前、エチオピアで発見-国際チーム 時事ドットコム 2009年9月27日付. 2009年9月30日閲覧.
  138. ^ 最古の原人か、エチオピアで440万年前の全身骨格 ロイター 2009年10月2日付. 2009年10月3日閲覧.
  139. ^ EU新条約、批准可決 アイルランド国民投票、賛成7割 47NEWS 2009年10月4日付. 2009年10月4日閲覧.
  140. ^ 次回G7、2月にカナダで 藤井財務相「G4」否定 産経新聞 2009年10月4日付. 2009年10月16日閲覧.
  141. ^ 各国反応薄い政権交代、“円高容認発言”では弁明 G7で藤井財務相 産経新聞 2009年10月4日付. 2009年10月16日閲覧.
  142. ^ 金正日総書記、6カ国協議復帰の可能性に言及 対米関係改善が前提 産経新聞 2009年10月6日付. 2009年10月6日閲覧.
  143. ^ 米国務省、米朝対話に向けて調整 制裁との両立が課題 産経新聞 2009年10月4日付. 2009年10月4日閲覧.
  144. ^ 異常気象か インドで数十年に一度の豪雨で270人死亡 産経新聞 2009年10月7日付. 2009年10月11日閲覧.
  145. ^ 犠牲者さらに増え、300人に インド南部、西部の洪水禍 [リンク切れ] CNN 2009年10月7日付. 2009年10月11日閲覧.
  146. ^ 南太平洋でM7・8の地震 ソロモン諸島などに津波警報 産経新聞 2009年10月8日付. 2009年10月8日閲覧.
  147. ^ バヌアツ諸島でM7・0の地震 産経新聞 2009年10月8日付. 2009年10月8日閲覧.
  148. ^ ノーベル文学賞にドイツのヘルタ・ミュラー氏 産経新聞 2009年10月8日付. 2009年10月8日閲覧.
  149. ^ 【ノーベル賞】オバマ氏の受賞理由発表全文 非核化や環境「世界を先導」 産経新聞 2009年10月9日付. 2009年10月15日閲覧.
  150. ^ 【ノーベル平和賞】これまでの主な受賞者 産経新聞 2009年10月9日付. 2009年10月10日閲覧.
  151. ^ 【日中韓首脳会議】緊密連携で一致 温首相「北、対日改善の意向」 産経新聞 2009年10月10日付. 2009年10月10日閲覧.
  152. ^ トルコとアルメニア、国交樹立へ スイスで調印式 産経新聞 2009年10月11日付. 2009年10月11日閲覧.
  153. ^ トルコとアルメニア、関係正常化の合意文書に調印 歴史的和解へ AFPBB 2009年10月11日付. 2009年10月11日閲覧.
  154. ^ パキスタンの陸軍本部襲撃事件、軍突入で解決 人質解放[リンク切れ] CNN 2009年10月11日付. 2009年10月11日閲覧.
  155. ^ パキスタン軍司令部立てこもり事件 人質39人解放 産経新聞 2009年10月11日付. 2009年10月11日閲覧.
  156. ^ 市場で軍車両狙った爆発、多数死傷 タリバーン系か パキスタン [リンク切れ] CNN 2009年10月12日付. 2009年10月12日閲覧.
  157. ^ チュニジア大統領、5選確実 有力対抗馬不在 共同通信 2009年10月25日付. 2009年10月27日閲覧.
  158. ^ 現職ベンアリ氏が5選 チュニジア大統領選 共同通信 2009年10月26日付. 2009年10月27日閲覧.
  159. ^ Erdogan talks nukes in Iran(英語) UPI 2009年9月27日付. 2009年9月28日閲覧.
  160. ^ Behind the rhetoric: Why Turkey wants to keep Iran(英語) Today's Zaman 2009年9月29日付. 2009年9月29日閲覧.
  161. ^ Erdogan delays his visit to Washington (英語) 2009年9月27日付. 2009年9月29日閲覧.
  162. ^ ロケット試験機発射成功 米シャトル後継アレス1 産経新聞 2009年10月29日付. 2009年10月29日閲覧.
  163. ^ EU、リスボン条約発効へ チェコの修正要求受け入れ 共同通信 2009年10月30日付. 2009年10月30日閲覧.
  164. ^ リスボン条約発効へ チェコ大統領、批准署名 共同通信 2009年11月4日付. 2009年11月4日閲覧.
  165. ^ 初代EU大統領にベルギーのファンロンパウ首相[リンク切れ] 読売新聞 2009年11月20日付. 2009年11月23日閲覧.
  166. ^ リスボン条約が発効 EU新体制動きだす 産経新聞 2009年12月1日付. 2009年12月3日閲覧.
  167. ^ “ChicagoTribune.com”. ChicagoTribune.com. http://www.chicagotribune.com/business/chi-tc-biz-dubai-1127-1128-nov28,0,190827.story 2010年8月23日閲覧。 
  168. ^ ロバート・J・ソウヤー『フラッシュフォワード』早川書房、2001年、11 - 89頁。ISBN 978-4-15-011342-1
  169. ^ ジェイムズ・P・ホーガン『未来からのホットライン』東京創元社、1983年、6 - 10・14・15・38 - 44頁。ISBN 978-4-488-66306-3
  170. ^ クリス・ボイス『キャッチワールド』早川書房、1981年、36頁。ISBN 978-4-15-010431-3
  171. ^ ヒューゴー・ガーンズバック『ラルフ124C41+』早川書房、1995年、37・38頁。ISBN 978-4-15-207942-8

関連項目


 

Back to Top
Close