ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|京都のど真ん中にオープン! 「星野リゾート OMO5京都三条」で京の街歩きが200%楽しくなる


写真 

京都のど真ん中にオープン! 「星野リゾート OMO5京都三条」で京の街歩きが200%楽しくなる

 
内容をざっくり書くと
高瀬川は、400年前に150億円かけて京の豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)が開削した運河。
 

京都一大きな繁華街・三条エリアに、2021年4月、オープンした星野リゾートの「OMO5京都三条」。ホ… →このまま続きを読む

 マイナビニュース

マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。 ビジネス、デジタル、ライフスタイル、エンタメなど幅広いジャンルから経営やテクノロジー・鉄道・車などニッチなカテゴリまで、最新ニュースと分析レポート・コラムで構成しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

角倉了以

角倉 了以(すみのくら りょうい、天文23年〈1554年〉 - 慶長19年7月12日1614年8月17日〉)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての京都豪商。諱は光好[1]

朱印船貿易の開始とともに安南国との貿易を行い、山城(京都)の大堰川高瀬川を私財を投じて開削した[2]。また江戸幕府の命令により富士川天竜川、庄内川などの開削を行った。地元京都では商人としてよりも琵琶湖疏水の設計者である田辺朔郎と共に「水運の父」として有名である。

長男に角倉素庵、弟に。吉田光由は一族にあたる。墓所は京都市嵯峨野二尊院明治40年(1907年)、正五位を追贈された[3]

家系

角倉家の本姓は吉田氏[4]。先祖は宇田?近江源氏佐々木氏の分家である[4]。もともとは近江国愛知郡吉田村(滋賀県犬上郡豊郷町吉田)出身とされ、室町時代中期に上洛室町幕府お抱えの医者としてつとめた。その後、医業で得た財を元に土倉を営むようになる[5]。了以の祖父・は土倉業は長男に継がせ、次男に医者を継がせた。この次男・が了以の実父である[6]

同所にある日本酒酒蔵であるを経営する岡村家は角倉家の一族である。

角倉家は茶屋四郎次郎の茶屋家、後藤庄三郎の後藤家とともに「京の三長者」といわれる権勢を誇っていたが、他の2家が徳川家康に接近することで急成長したのに対し、角倉家はそれ以前より成功していた商人であったところが異なる。

「角倉」は運営していた土倉の名前の一つから取られた物である。

子孫に角倉賀道がいる。小児科医で明治末期に天然痘撲滅のために支配人山田三七郎とともに愛光舎を運営、酪農の発展に寄与した。のちに明治乳業に買収される。

登場する作品

ギャラリー

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 角倉了以とは”. コトバンク. 2021年5月25日閲覧。
  2. ^ 角倉了以と玄之 1943, p. 6.
  3. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.22
  4. ^ a b 角倉了以と玄之 1943, p. 25.
  5. ^ 角倉了以とその子 1944, p. 26.
  6. ^ 角倉了以とその子 1944, p. 19.

参考文献

  • 階本樹 『角倉了以と玄之』 角倉了以父子顕彰会、1943年。 
  • 林屋辰三郎 『角倉了以とその子』 角倉了以父子顕彰会、1944年。 

関連項目

外部リンク

すみのくらりょうい


 

Back to Top
Close