ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🛏|洗練されたデザイン空間でユニークな体験!感性を解放できる都会のオアシス「Zentis Osak…


写真 

洗練されたデザイン空間でユニークな体験!感性を解放できる都会のオアシス「Zentis Osak…

 
内容をざっくり書くと
スイートルームにはネスプレッソのマシンがあるので、ソファでゆったりと香り高いコーヒーを味わえますよ。
 

大阪のビジネスの中心地・堂島浜にあるホテル「Zentis Osaka(ゼンティス大阪)」。東京・丸の… →このまま続きを読む

 TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

スイートルーム

スイートルーム英語:suite)は、ホテル部屋の構造で、寝室リビングルーム応接間など他の部屋が一対になっている客室をいう。ルームとあるが、実際は複数の部屋で構成される。

ホテルでは最上位であるペントハウスアパートメントに次ぐ上位クラスの部屋であることが一般的である。

形態としてはマンションの1戸。スウィートルームとも表記・発音される。

日本語では「続き部屋」などと訳されることもある。

概要

一般に通常よりワンランク上の部屋をさし、部屋の広さや家具内装なども豪華にし、そのホテルにおいて最上級の部屋になっているまた、ホテルのグレードを示すシンボルでもある。

ホテルによっては全室スイートルームになっている。

ベッドルームに続く部屋は一般に居間リビングルーム)であるが、ダイニングルームの場合や、付き人ボディーガードが滞在するコネクティングルームが付設される場合もある。ベッドルームの数で2ベッドルームスイート、3ベッドルームスイートと言われる。

英語suite英語発音: [swiːt]、スウィートゥ)は「一式」「一組」「一揃い」の意味であり、そのまま日本語におけるスイートルームを指すが、suite of rooms のように部屋が複数あることをより明確に示す表現も用いられる。

ジュニアスイート

居間が完全に独立していない客室はジュニアスイートといわれる。

日本

和室形式のスイートルームも存在する。

関連項目

外部リンク

ネスプレッソ

ネスプレッソ (NESPRESSO)は、カプセル式コーヒーを専用コーヒーメーカーにセットし、エスプレッソコーヒーを抽出できるシステム。またそのカプセル式コーヒー、専用コーヒーメーカー、独自のカスタマーサービスを提供するブランド。ネスレグループの1ブランドであり、日本ではネスレネスプレッソ株式会社が輸入販売を行う[1]。本社はスイスのローザンヌ[2]

世界のコーヒー豆総生産量の1 - 2%しかない希少な高品質のコーヒー豆を使用したカプセルコーヒー“グラン・クリュ”と、業務用レベルの高圧力(最大 19 気圧)抽出による香りと味わいが評価され、一般家庭や世界中の高級レストラン・ホテルで提供されている。

エスプレッソコーヒーの美味な抽出は本来、珈琲豆の種類や焙煎加減、室温や湿度などを加味して挽き加減や抽出圧力の調整を要するが、本方式は調整済み珈琲粉を充填後に脱気密封した独自規格の小型カプセルを、必要の都度一杯毎に専用抽出機へ装填して簡便な操作で最適に抽出する、ネスレが開発した家庭消費者市場用のシステムである。

特徴

同類他規格に比し抽出機が小型で、定期メンテナンス時の抽出経路湯通しや受け皿洗浄などを除いて通常使用後は用済みカプセルの廃棄と電源切断で終了する。

カプセル

独自カプセルはアルミ製で、日本国内では2017年7月時点で24種類。1カプセル当たり75円程度から、10カプセルが入ったスリーブと呼ばれる箱に入れられて販売されている。直営店(ブティック)の他、公式ウェブサイト、スマートフォンアプリ、フリーダイヤル、フリーダイヤルファックスなどの経路で販売されている。季節などで種類の入れ換えや限定品販売も見られる。

ネスプレッソブティック

ネスレ独自の販売店舗で、抽出機とアクセサリーやカプセルを販売する専属従業員を配置してシステム説明など営業しており、適宜出退店も行われている。

広告展開

脚注

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close