ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|目も舌も満たされる芸術的な“マロンスイーツ”で秋を堪能!「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ…


写真 

目も舌も満たされる芸術的な“マロンスイーツ”で秋を堪能!「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ…

 
内容をざっくり書くと
ローズマリーとレモンバームを添えて、杏子がフルーティーなジャスミンティーは、マロンのスイーツとも爽やかに合いました!
 

コロナ禍でも毎月いろいろな企画で楽しませてくれる、東京ディズニーリゾート®オフィシャルホテル「シェラ… →このまま続きを読む

 TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

レモンバーム

レモンバーム英語:Lemon balm、メリッサ、学名Melissa officinalis)は、シソ科多年生ハーブ南ヨーロッパ原産。和名はコウスイハッカ(香水薄荷)、セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)。食べ物や飲料の香り付けや、ハーブとして医療に利用されてきた。

特徴

葉はシトラールを含み、ハーバルでフローラルな、レモンを思わせる香りがする。夏の終わりに、蜜を持った小さな白い花もしくは黄色い花[要出典]をつける。

繁殖力が非常に強く、かつては人間より長生きすると考えられていた[1]

地上部は冬には枯れるが根は数年生きるため、雪解けと同時に成長を始める。雪が積もる頃に出た葉が雪の下で枯れずに冬越しすることからもわかるように、非常に耐寒性に優れている。

栽培方法

建物の間や年中太陽の当たらない湿った場所を浅く耕しておき、種を撒いた後に水をかけて放置する。荒地でもよく育つので、手が掛からない。また、毎年種を周囲に零すので一度撒いたら毎年どんどん増える。

歴史

古代ギリシア名ではレモンバームを蜜源植物として珍重していた。ギリシア語でメリッサ(Melissa、メリッタとも呼ばれる)は蜜蜂を意味し、メリッサという名はこれに由来する。ギリシア神話ではメリッセウス(蜜蜂男)の娘(メリッサ)[2]が、蜂蜜を与えてゼウスを育てた。 その後アラブ人によって、強胃、強心、強壮作用のもった薬草であることを伝えられた[3]ペダニウス・ディオスコリデスの「薬物誌」にサソリや毒グモの解毒剤として有効などと書かれている。

利用

料理

成長が盛んな頃に葉を摘み採り、乾燥させたものがハーブティーポプリなどに用いられる。生葉もその都度摘み採り、ハーブティーやアイスクリームに風味を添える用途のほか、サラダ、魚料理、鳥料理、豚肉料理などに用いられる。

薬効

ハーブは古くから治療に用いられ、ハート形の葉の形から、心臓および感情に関連付けて利用された(伝統的に、植物の形から効能が推察されることがあった)。記憶力を高める効果があると伝えられ、サプリメントで気分と記憶力が改善することがわかっている[4]。昔からティーとしても広く飲まれ、慢性の気管支炎や熱、頭痛に効くと言われた[1]。また、老衰の予防にも優れているという逸話も残っている。入浴剤としても使用され、肌をなめらかにする効果もあるとされている[5] 。鎮静効果、鎮痛効果があるとされ、ドイツで神経性不眠症および消化器系に対し有効性が認められている[6]

精油

花と葉を水蒸気蒸留法で抽出される。育ちやすく繁殖力が強いため、レモンバーム自体の価格は安いが、採油率が極端に低いため、精油は非常に高価である。それゆえ、レモングラスレモンバーベナレモンなどの精油をブレンドして販売されることがある。純正の精油は「メリッサ・トゥルー(真正メリッサ)」、他の精油とブレンドされた精油は「メリッサ・ブレンド」と区別されるが、後者を前者と偽って販売する例も多い。合成品の割合が非常に高いため、イギリスでは当局による規定もない。そういった理由による偽物の精油の横行から、アロマテラピーへの利用には潜在的な危険がある[4]。精油の研究はほぼ手つかずであり、科学的に証明された効能はほとんどない[4]。アロマテラピーでは、精油には抗うつ、鎮静、血圧降下、抗菌、抗ウイルス作用があり、子宮を強壮する作用も持つとされている[7][信頼性要検証]

画像

関連項目

脚注

  1. ^ a b レスリー・ブレムネス 編 『ハーブ事典』 樋口あやこ 訳、文化出版社、1999年[要ページ番号]
  2. ^ 松村一男 著 『図解 ギリシア神話』 西東社、2011年[要ページ番号]
  3. ^ 永岡治 著『クレオパトラも愛したハーブの物語 魅惑の香草と人間の5000年』 PHP研究所 1988年 p206-207
  4. ^ a b c マリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年[要ページ番号]
  5. ^ 基本ハーブの事典 東京堂出版 北野佐久子 2005年 p229
  6. ^ レモンバーム”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2021年1月3日閲覧。
  7. ^ 『アロマテラピー・バイブル』 塩屋紹子 監修 成美堂出版 2009年 p57

外部リンク

ジャスミン茶

ジャスミン茶(ジャスミンちゃ、英語: jasmine tea)、中国語では茉莉花茶(モーリーフアチャー、拼音: mòlìhuāchá[1])とは、中国茶のひとつ。 中国においてもっとも有名な茶の香りである[2]

いわゆる六大茶とは別の花茶(フアチャー、拼音: huāchá[1]に分類され、ジャスミン茶はその代表的なものといえる。花茶を含めて中国茶を七大茶と分類する場合もある。フレーバーティーの一種。

茶葉モクセイ科ソケイ属のマツリカ(茉莉花、アラビアジャスミン)の香り吸着させたもので、もっとも有名な花茶である。強い花の香りを持つが茶の味を妨げることはない。一般的には緑茶が用いられるが、白茶烏龍茶プーアル茶が用いられているものもある。

中国では福建省福州市が一大生産地として知られ、その生産地・生産工程および喫茶文化が「福州市のジャスミンと茶文化システム」として国連食糧農業機関世界重要農業遺産システムに登録されている。中国北部では、来訪者を歓迎する手順としてジャスミン茶を提供するのが通例である[2]

歴史

ジャスミン茶は中国福建省の地方飲料であり、ジャスミンの花は福建省の省花である。もともとは品質の落ちた茶葉を無駄にせず美味しく飲む為にマツリカの花の香りを吸着させて飲んだのが始まりと言われており、中国でもよく飲まれるお茶のひとつとして挙げられる。特に山東省成都市天津市北京など、華北で好まれる[1]

明代に入り、固形茶の製造が中止され茶葉が中心になり、花茶が登場するようになった[1]

飲み方

蓋や取っ手付きの陶磁器製のカップの底にジャスミン茶の茶葉を入れ、熱湯を注ぎ蓋をする[1]。しばらくして茶の出るのを待ってから飲む[1]

マツリカの香りを付けた茶葉を球状にしばったり、さらにセンニチコウ等の花をドライフラワーにしたものを包み込んだ工芸茶も作られている。これらは湯を注ぐことで、茶葉が開き、形の変化を見て楽しむことができるので、耐熱ガラス製のコップポットを用いるのが一般的である。

効能

ジャスミン茶に含まれる花の香り成分によるリラックス効果が期待される。また、テアニンが含まれており、集中力アップが期待される。

製法

  1. 緑茶ウーロン茶茶葉の水分が4パーセント前後のものを茉莉花と混合し、茶葉茉莉花の香りをつける。(混合率は様々)[1]
  2. 4,5時間経過し、温度が45度前後になると、放冷し、およそ20分ごとにかき混ぜて35度前後に下げる。[1]
  3. さらに5,6時間経過し、花と茶を分離する。[1]
  4. 花を乾燥させる。[1]
  5. 茶の水分を6パーセント程度にし、優秀な花を加えて完成。[1]

花が半開きの時、蘂(ずい)の香気が完全なものを摘み摘み、茶葉の多少に合わせて摘んだ花をいれてつくる[1]

原料茶と生のマツリカの花冠を交互に何層か重ね合わせ花の香りを茶葉に吸着させた後、にかけて花冠を取り除き乾燥させる。高級品は、この工程を何度も繰り返し濃厚な香りを与えるが、花冠の持つ水分によって茶葉を変質させることにもなるので回数には限度がある。

高級品は茶葉に十分な香を吸着させてあるので完成段階で花冠をすべて取り除いてある。しかし中級品以下では香をおぎなうために乾燥したマツリカの花冠を混ぜ込んで出荷する。

さんぴん茶

沖縄県では、ジャスミン茶の一種であるさんぴん茶(さんぴんちゃ)が飲まれている。一般のジャスミン茶が緑茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものであるのに対して、さんぴん茶は半発酵茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものである[3][4]。「さんぴん茶」という名称は、ジャスミン茶を指す中国語の「香片茶」(シャンピェンチャー)が転訛したものである[3]

また、さんぴん茶より発酵の度合いが高い半発酵茶を用いたものは、清明茶(シーミーちゃ)と呼ばれる[5]

さんぴん茶の茶葉は、沖縄県内では生産されておらず、福建省台湾北部で生産されたものが輸入されている[3]。近年では、茶葉だけでなく、紙パック入り、入り、ペットボトル入りのさんぴん茶飲料がスーパーマーケットコンビニエンスストアなどで販売されている。

加工品

台湾にはジャスミン茶の味を付けたほの甘いゼリーがあり、粉末のインスタント商品も売られている。

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 布目潮渢「中国茶文化と日本」、汲古書院、1996年4月、 ISBN 4762950211
  2. ^ a b Gong, Wen. Lifestyle in China. 五洲传播出版社, 2007. Retrieved October 23, 2010, from [1]
  3. ^ a b c 「茶と茉莉花」『』汲古書院、1998年4月、217-224頁。
  4. ^ 沖縄のお茶はさんぴん茶だけじゃない デイリーポータルZ:@nifty
  5. ^ 大槻暢子、岡本弘道、宮嶋純子「沖縄における茶文化調査の概要と今後の課題」『東アジア文化交渉研究』第2巻、関西大学文化交渉学教育研究拠点編、2009年3月、 289-311頁、 NAID 110007092934

参考文献

外部リンク


 

Back to Top
Close