ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|旅工房、DYMと合弁会社 旅行業界への就職支援


写真 

旅工房、DYMと合弁会社 旅行業界への就職支援

 
内容をざっくり書くと
本社は旅工房本社があるサンシャイン60に置く。
 

旅工房とDYMは、旅行業界従事者の再就職支援や、旅行業界へ就職を希望する新卒者の就職支援を目的とした… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

旅工房本社

サンシャイン60

サンシャイン60(サンシャインろくじゅう、英称:Sunshine 60)は、東京都豊島区東池袋にあるサンシャインシティの中核を担う超高層ビルである。地上高239.7メートルで完成当時はアジアで最も高かった。株式会社サンシャインシティが所有し管理している。

郵便番号は170-60xx(xxは階層。地下・階層不明は170-6090)。

概要

地歴

当地は1970年まで巣鴨拘置所で、戦時中にゾルゲ事件主犯リヒャルト・ゾルゲ死刑執行されている。太平洋戦争GHQ接収時は「巣鴨プリズン」と称され、東條英機など主な極東国際軍事裁判戦争犯罪者が、判決後の1948年昭和23年)12月23日に死刑執行されており、ビル直近の東池袋中央公園内に平和祈念慰霊碑が建立されている。

建物高

軒高226.3メートル、塔屋最頂部が239.7メートルで、東京都庁第一本庁舎(軒高241.9メートル、最頂部243.4メートル)が1990年12月に竣工するまで12年間日本一、韓国ソウル汝矣島の大韓生命63ビル(249メートル、地上部60階)が1985年に竣工するまで、東洋一の建物高であった。

屋内「サンシャイン60展望台」

建物内60階に位置し、高さ226.3メートル海抜高269.8メートルと高層ビル屋内展望台地上高は都内一で、東京タワー特別展望台の地上高223.55メートルより高く、東京スカイツリー展望台竣工以前はタワー展望台を含めて都内一の地上高であった。2015年5月7日よりリニューアル工事のため休館だったが、2016年4月21日に、「スカイサーカス サンシャイン60展望台」としてリニューアルオープンした。

屋上展望台「スカイデッキ」

土曜日、日曜日、祝日、ゴールデンウィーク夏休みクリスマス年末年始[注 1]に一般開放され、屋内展望台利用客は屋上展望も可能であった。1998年8月25日に女性が飛び降り自殺[3]して柵改良設置や警備員増配置を行なったが、ちょうど14年後の2012年8月24日にも男子高校生が飛び降り自殺[3][4]。リニューアルによって完全閉鎖された[5]

元日初日の出として、屋内展望台が早朝5時30分から営業されており、1階オフィスロビーから上り展望台入場料支払い後、入場1時間前の4時30分頃から先着500名に屋内展望台(2012年までは屋上スカイデッキ)へ上がる記念として、年変わり「新春干支グッズ」が進呈されていた。

エレベーター

1993年横浜ランドマークタワー2004年台北101などが竣工するまで、エレベーターの定格速度は世界一であった[6]。5バンク設置され1〜4バンクは東芝製、展望台・スカイレストランを含む最高層バンクは三菱電機製である。最高層バンクの最高速度[注 2]は分速600m(秒速10m/s)で、1階からスカイレストランがある59階まで36秒で移動する。展望台直通の2基は『スカイサーカス』をテーマとした内装が施され[注 3]「シャイニングエレベーター」と称される。地下1階から展望台がある60階まで35秒で移動することができる。改修工事により、三菱製展望台直通エレベーター1基が2010年1月29日、もう1基は6月18日、オフィスエレベーター全37基は2010年6月、東芝製非常用兼人荷用エレベーター4基[注 4]2011年10月に、すべて新規に入れ替えられている。

  • 非常用(No.1・2・40号機)
    • 地下2階 - 60階 ※1・2号機は1バンク側、40号機は5バンク側にある。
  • 地下専用(No.41号機)
    • 地下4階 - 1階 ※1階の防災センター横にある扉を開けると見つかる。
  • 1バンク(下記の1〜4バンクは東芝製、No.3 - 9号機)
    • 1階 - 17階(3階は通過)
  • 2バンク(No.10 - 17号機)
    • 1階・4階・6階・16階 - 28階
  • 3バンク(No.18 - 24号機)
    • 1階・4階・6階・28階 - 38階
  • 4バンク(No.25 - 31号機)
    • 1階・4階・6階・38階 - 48階
  • 5バンク(三菱電機製)
    • (オフィスNo.33 - 35・37 - 39号機[注 5]):1階・4階・6階・48階 - 59階
    • (展望台直通No.32・36号機):地下1階・58階・59階・60階[注 6]

展望台の元旦初日の出早朝特別営業時(2015年元旦までは1階に入場待ち列を作る関係で、直通エレベーターは1階からの運行となっていた)、通常の展望台直通2基に加え、臨時直通エレベーターを2基追加して運行し、開場時刻の午前6時から日の出時刻以後しばらくの間、地下1階と60階のみで往復運行される。また、2017年初日の出特別営業からはセブンチケットで前売券を購入したお客様数量限定のみの利用となった。

主な施設

過去の施設

  • 60階:ビデオイン60、一般公開された1978年4月6日と同日に開店したタイトーのゲームコーナー。[7]

交通

雑記

  • 6階〜60階の窓ガラスは1階辺り58枚の全3190枚、竣工時は1枚当たり150万円であった。階段は1204段[注 11]である。

高さ比較

地上高

室内展望台
  1. サンシャイン60 - 226.3メートル
  2. 六本木ヒルズ森タワー - 218メートル
  3. 東京都庁第一本庁舎 - 202メートル
屋上展望台
  1. 六本木ヒルズ森タワー - 238メートル
  2. サンシャイン60 - 232メートル
ビル最頂部
  1. 東京ミッドタウンタワー - 248.1メートル
  2. 東京都第一本庁舎 - 243.4メートル
  3. NTTドコモ代々木ビル - 239.85メートル
  4. サンシャイン60 - 239.7メートル
  5. 六本木ヒルズ森タワー - 238.05メートル

海抜高

室内展望台
  1. サンシャイン60 - 251メートル
  2. 六本木ヒルズ森タワー - 250メートル
  3. 東京都庁第一本庁舎 - 236.53メートル
(東京タワー - 223.55メートル)
(東京スカイツリー - 450メートル)
屋上展望台
  1. 六本木ヒルズ森タワー - 270メートル
  2. サンシャイン60 - 256.3メートル 
ビル最頂部
  1. 東京都庁第一本庁舎 - 277.93メートル
  2. 六本木ヒルズ森タワー - 270.05メートル
  3. サンシャイン60 - 269.8メートル
(東京タワー - 351メートル)
(東京スカイツリー - 634メートル)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 年末年始は平日も解放される。
  2. ^ オフィス用は分速540m(秒速9m/s)。
  3. ^ 改修前はそれぞれ『星座と海・宇宙』をテーマとした内装が施されていた。
  4. ^ 各バンクの停止階に加え、6階のサンシャイン60社員食堂、4階ロビー(1バンクは2階にも)に停止する。
  5. ^ 6基ある内の2基は展望台直通エレベーター点検時、土日祝日、大晦日の催事開催時に臨時直通エレベーターとして代行稼働される。臨時運行時の停止階は展望台直通エレベーターの停止階(地下1階・58階・59階・60階)、平常運行時は5バンクの停止階(1階・4階・6階・48階 - 59階)へ停止する。そのため、一部(33・37号機)は地下1階にも停止可能になっている(平常時は不停止)。
  6. ^ 上のインジケータには5バンクの停止階(1階・4階・48階 - 57階)も表示されている。かつては混雑時に帰りの来場客を4階で降ろすことがあった。現在も行き先ボタンの地下1階と58階の間のボックスを開けて操作することにより、1階・4階・48階-57階に停止可能となっている。
  7. ^ 16、17、28、38、48階がエレベーター乗継階である。
  8. ^ 北側は2011年4月に新設されている。
  9. ^ 地下1階でチケットを購入し、展望台直通エレベーターを利用する。
  10. ^ 駐車場案内所兼管理室は地下2階に位置する。
  11. ^ 毎年秋に開催される「サンシャイン60ウォーキング大会」で使用されていたが、2015年5月5日をもって終了した。

出典

  1. ^ 井上恵一朗 (2015年11月19日). “池袋…城北の副都心の街:3 脱「エキブクロ」、催しで集客”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 東京B版 
  2. ^ a b c . p. 3. http://www.bmi.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/10/ishizue160.pdf 2018年4月1日閲覧。. 
  3. ^ a b 池袋のサンシャイン60屋上から飛び降り”. 日刊スポーツ (2012年8月25日). 2012年8月28日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ サンシャイン飛び降りは埼玉の男子高校生”. 日刊スポーツ (2012年8月25日). 2012年8月28日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 営業時間・料金”. サンシャインシティ サンシャイン60展望台. 株式会社サンシャインシティ (2013年). 2013年7月19日閲覧。
  6. ^ 大成建設「超高層ビル」研究プロジェクトチーム、2009、『超高層ビルの"なぜ"を科学する』初版、アーク出版 ISBN 978-4-86059-076-5 p. 14
  7. ^ Game Machine (PDF)”. ゲームマシン アーカイブ - Game Machine Archive. ゲームマシン no.94 昭和53年4/15. p. 2. 2019年6月8日閲覧。

関連項目

外部リンク

記録
先代:
新宿三井ビルディング
日本の旗 日本で最も高いビル
1978年 - 1990年
次代:
東京都庁第一本庁舎
先代:
新宿三井ビルディング
東京都で最も高いビル
1978年 - 1990年
次代:
東京都庁第一本庁舎

 

Back to Top
Close