ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|カンタス航空、パース〜ローマ線を開設 季節定期便で週3便


写真 

カンタス航空、パース〜ローマ線を開設 季節定期便で週3便

 
内容をざっくり書くと
カンタス航空は、1948年にシドニーからローマへ、カンガルールートの一部として運航を開始。
 

カンタス航空は、パース〜ローマ線の季節定期便を6月25日に開設した。 オーストラリアとヨーロッパ大陸… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

カンガルールート

カンガルールートとは、ヨーロッパオーストラリアニュージーランド東半球経由で結ぶ航空路線の名称である。現在の飛行機の性能上の問題から、一般的にジェット燃料補給または乗り換えを必要とする。

概要

旅客機の乗り継ぎ場所としては、主に東南アジアの空港が使われることが多いが、東アジア中東南アフリカ経由での旅行も可能である。北アメリカ南アメリカ経由の場合は、「サザンクロス(南十字星)ルート」という。

カンガルーの名称が使われる理由としては、

  1. オーストラリアを代表する動物である点
  2. カンガルーのように次々と飛び跳ねるように飛行する点、が挙げられる。

この両地域はほぼ地球の真裏(ロンドンシドニー間は約1万7000km)に位置し非常に遠いが、オーストラリアやニュージーランドには欧州系(特にイギリス系)の移民が多いことから、親族訪問などの定期的に発生する流動があるため。この区間の航空需要は非常に多く、また超長距離線となり高い運賃設定が可能であるため、ドル箱路線として長らく激しい競争が繰り広げられてきた。現在では乗り継ぎ空港としての使い勝手のよさなどからシンガポールのチャンギ国際空港を使うのが最も一般的である(実際、同空港をハブ空港とするシンガポール航空の他、ブリティッシュ・エアウェイズエミレーツ航空もこの空港を経由する航路を提供している)が、香港国際空港を利用する航空会社も出始めている(ヴァージン・アトランティック航空ニュージーランド航空)。また中東3社も本腰を入れ、特にカンタス航空エミレーツ航空と提携したことにより、カンタスの経由地もドバイ国際空港に切り替わったことで、ドバイの比重が高くなっている。また、近年はカタール航空の需要が高まっているが、カタールの周辺諸国との断交によるカタール籍の飛行機の飛行制限によりカタール航空の運賃の値上げが見込まれるため利用者がエミレーツ航空などに流れると思われる。

カンタス航空が2016年パース~ロンドン(ヒースロー)線を2018年3月からボーイング787で運行することを発表したため初めての定期便によるイギリス~オーストラリアの直行便が運航される。

その他では、バンコクの「スワンナプーム国際空港」、クアラルンプールの「クアラルンプール国際空港」を経由するルートもある。

関連項目

リンクを編集

1948年

1948年(1948 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる閏年昭和23年。

この項目では、国際的な視点に基づいた1948年について記載する。

他の紀年法

※大韓民国は、1948年8月15日の大韓民国建国から同年9月24日まで用いられた。ただし元年は1919年。
※檀紀は、大韓民国で1948年9月25日に法的根拠を与えられた。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー

1月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29
3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

できごと

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

芸術・文化・ファッション

誕生

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

死去

ノーベル賞

フィクションのできごと

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 樋口修 「GATT/WTO体制の概要とWTOドーハ・ラウンド農業交渉」(国立国会図書館 調査及び立法考査局『レファレンス』第670号、2006年)、134頁。
  2. ^ 廣田功、森健資編『戦後再建期のヨーロッパ経済復興から統合へ』(日本経済評論社、1998年)、371頁。
  3. ^ 益田実、「アトリー労働党政権と西ヨーロッパの経済協力問題,1945年〜1949年(2)」『三重大学法経論叢』 1998年 15巻 2号 p.103-147, ISSN 0289-7156,hdl:10076/6175, 三重大学社会科学学会
  4. ^ [1]
  5. ^ フランソワ・フェイト(著)、熊田亨(訳)『スターリン時代の東欧』(岩波書店、1979年)、202-204頁。矢田俊隆『世界現代史26 ハンガリー・チェコスロヴァキア現代史』(山川出版社、1978年)、279-281頁。
  6. ^ 金子新 「西ドイツの建国とルール国際管理」(『敬愛大学国際研究』第14号)、5頁。
  7. ^ 萩原伸次郎、 『多国籍企業の投資動因と経済政策 : アメリカ企業の行動を事例として』 - 国立国会図書館デジタルコレクション,『立命館国際研究』 2006年 19巻 3号p.97, 立命館大学国際関係学会。
  8. ^ 永田実 『マーシャル・プラン――自由世界の命綱』中央公論社中公新書〉、1990年5月25日、124頁。ISBN 978-4121009715 
  9. ^ 金子新 「西ドイツの建国とルール国際管理」(『敬愛大学国際研究』第14号)、11頁。
  10. ^ 山極晃「1948年中国援助法の成立過程」(斎藤真、深谷満雄編『アメリカの対外政策決定と議会』(日本国際問題研究所、1965年))、119-120頁。
  11. ^ 島田巽『マーシャル・プラン』(朝日新聞社、1949年)、148頁。
  12. ^ 「ソ連進出の“防波堤” 対外援助法成立す 米大統領 署名・きょう発足」、1948年4月5日付朝日新聞(東京)1面(ワシントンにてハイタワー特派員3日発=AP特約)。
  13. ^ 島田巽『マーシャル・プラン』(朝日新聞社、1949年)、171頁。
  14. ^ Senato 18/04/1948 | Area ITALIA, Camera 18/04/1948 | Area ITALIA. Ministero dell'Interno.
  15. ^ a b 清水良三、「ベルリン封鎖前後日誌」『國士舘大學政經論叢』1989年 1巻 3号, 国士舘大学政経学会。
  16. ^ 国定教科書の「1948年建国」は抗日・臨時政府の否定ハンギョレ2015年11月9日付記事)]
  17. ^ 『索引政治経済大年表 年表編(下巻)』(東洋経済新報社、1971年)、203頁。
  18. ^ Bizapedia AMERICAN COUNCIL ON JAPAN, INC. 2015年現在も活動中
  19. ^ “Column: Arnie Robinson dies at 72; Olympic long jump gold medalist, San Diego mainstay” (英語). San Diego Union Tribute. (2020年12月1日). https://www.sandiegouniontribune.com/sports/sports-columnists/story/2020-12-01/arnie-robinson-olympics-long-jump-gold-montreal-died-san-diego-aztecs-mesa-college 2021年2月3日閲覧。 

関連項目


 

Back to Top
Close