ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|JR西日本、新快速50周年記念プロモーションを実施


写真 

JR西日本、新快速50周年記念プロモーションを実施

 
内容をざっくり書くと
当初は大阪・三ノ宮・明石駅のみに停車し、1日6往復しか運行されていなかった。
 

JR西日本は、「新快速50周年記念プロモーション」を実施する。新快速は、1970年10月1日に京都~… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

6往復

明石駅

明石駅(あかしえき)は、兵庫県明石市大明石町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線である[1]。駅番号はJR-A73。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。

明石市の中心機能を持つ駅だが、隣接する神戸市西区民の利用客もかなり多い。山陽電気鉄道本線山陽明石駅と隣接している。サンライズ瀬戸出雲WEST EXPRESS 銀河を除く全ての特急列車が停車する。

歴史

駅構造

ホーム

島式ホーム2面4線(12両編成対応)の高架駅で列車線・電車線にそれぞれ1本ずつプラットホームがある[1]。位置的には駅舎の直上にあたる。列車線・電車線とも分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。すなわち折り返しや当駅発着の設定はない。

直営駅[1]西明石駅傘下の地区駅で駅長配置)。アーバンネットワークエリアに属しており、ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)である。

ホームの使用状況
のりば路線方向線路行先備考
1A JR神戸線下り電車線姫路方面快速・普通
2上り三ノ宮大阪方面
3下り列車線姫路方面特急・新快速
4上り三ノ宮・大阪方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
  • 停車列車のホームは一部異なる場合がある。
    • 平日の朝ラッシュ時の大阪方面行きの快速は4番のりば(列車線)に停車する。この快速の次の停車駅は兵庫駅である。これは、舞子駅垂水駅須磨駅には、列車線にホームが存在しないためである。
    • 最終新快速西明石行きは1番のりば(電車線)に停車する。
  • 大阪方面からの快速は当駅 - 加古川駅・姫路駅間の各駅に停車する[1]。下り加古川・姫路方面行きについては、当駅より種別幕も「普通」に変わる[1]。ただし、上り大阪方面行きの種別幕は西明石駅での変更となる。

1面に1ヶ所ずつ計2ヶ所の待合室が設けられている。内部の座席はすべて北向きで、一部は車椅子利用者用に折りたためる構造になっている。冷暖房完備。

日中の場合、須磨駅須磨海浜公園駅の間付近で快速は新快速に追い抜かれるため、上りの神戸駅・三ノ宮駅へは新快速が先着列車となる。逆に下りは加古川駅まで普通も先着する。

2000年2001年に運転されていた神戸シーサイドレジャー号も当駅に停車していた。

以前はホームに「速さはJRのあかしです」という「証し」と「明石」を掛け合わせた比較広告山陽明石駅のホームからも見えるように掲げられていたが、JR福知山線脱線事故の影響で若干所要時間が延びたことなどから撤去された[8]

ダイヤ

日中時間帯は1時間に12本(新快速・快速(普通)・各駅停車とも4本)停車する。朝夕は本数が多くなる。

コンコース

駅舎はJR西日本グループのショッピングセンターJR西日本アーバン開発)、ピオレ明石及び山陽電鉄明石駅と一体化している[1]ミスタードーナツなどの飲食店も営業している。ミスタードーナツはかつては建物内に2店舗あったが、東側(コンコース側)の店舗の改装を機に西側の店舗は閉店した。また、ステーションプラザ明石は改装工事が行われる為、2015年1月12日で全館閉店した。その後、ピオレ明石(東館・西館・南館)と改称し2016年2月26日に全面リニューアルオープンを果たした[9]

東と西にそれぞれ改札口を有する。西側はピオレ明石西館に通じる改札機が3台あるが券売機は設置されていない。みどりの窓口等の利用や山陽電鉄への乗り換えは東側改札口を利用することのみで行える。

2006年5月16日より、コンコース付近の乗客案内装置(次列車の発車番線などを表示)がLED式から液晶式に交換された。この時、従来方向別に各1台設置していた所をホーム別に1台ずつ設置する方式になり、ホームへ上る階段付近にも各番線毎の発車予定表示を1台ずつ計4枚新規に設置されている。液晶化により、列車種別をフルカラーで表現出来るようになった。ただし、ホーム部分の案内装置はLED表示のままである。

駅構内に吉野家立ち食いそばの飲食店が1店舗ずつ営業している(どちら共、ICOCAでの決済が可能)。また、セブンイレブンが駅舎北隣と駅舎内に各一店舗ずつ設けられている。かつては駅舎南隣にもハートインが存在したが、ステーションプラザ明石の増築の際に土地を明け渡し撤退している。改札内は西側半分が3m程高くなっているが、この段差には階段しか設けられていない。ホームへ上がる手段は階段エスカレーター(上りのみ)、エレベーターの3種類が存在するが、このうちエレベーターはバリアフリーを考慮して利用者の多い東側の低い部分に備えられている。

コンコース内に置かれている信楽焼のタヌキの名前は「明石ポン太」。待ち合わせの目印として利用者から親しまれている。初代は、1981年にタバコポイ捨て防止キャンペーンのために明石セントラルライオンズクラブが寄贈したであったが、泥酔者によって破壊されたため二代目が設置された。二代目は、1995年の阪神・淡路大震災で台座が壊れたため明石市立少年自然の家に移設。しばらく何も置かれなかったが問い合わせが相次いだため、1996年6月に三代目が設置された。この三代目も2019年に後頭部が破壊されゴミ箱のように扱われたため、同年四代目に交代した。四代目は、三代目と同時期に明石市役所に寄贈されていたものを譲り受けたもの[10][11]

駅コンコース東側にある山陽明石駅改札のすぐ隣には金券ショップの甲南チケットが店舗を構えているが、店内には「山陽電鉄からの要請によりJR神戸線 当駅 - 三ノ宮駅のきっぷは当店では取り扱っておりません」旨の掲示があり、山陽電鉄とJR神戸線の乗客獲得争いを示す一つの例となっている。なお、取り扱いがないのは明石駅 - 三ノ宮駅という一区間のみで、明石駅から舞子駅大阪駅へ向かうきっぷの取り扱いはある模様である。ちなみに、構内ではないが駅周辺に明石駅 - 三ノ宮駅の切符も扱っている店がある。

利用状況

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員53,486人で、これはJR西日本の駅では第13位である[12]

「明石市統計書」(明石市総務部情報管理課・編)および「兵庫県統計書」によると、年間乗車人数及び1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度年間
乗車人数
左記の内
定期利用者
一日平均
乗車人員
1999年19,788千13,248千54,066
2000年19,522千13,050千53,485
2001年19,261千12,811千52,769
2002年18,931千12,684千51,867
2003年19,001千12,733千51,915
2004年18,925千12,799千51,849
2005年18,993千12,855千52,036
2006年19,220千13,001千52,658
2007年19,107千12,968千52,206
2008年19,195千13,009千52,589
2009年18,867千12,873千51,690
2010年18,853千12,930千51,652
2011年51,675
2012年51,858
2013年52,440
2014年51,264
2015年50,895
2016年52,230
2017年53,210
2018年53,184
2019年53,486

駅周辺

山陽明石駅山陽電気鉄道本線)が隣接する。JRから見て、ホームは南側、改札口は東側に位置している。

駅周辺は明石市の中心街である。駅南側の国道2号と明石港の間が伝統的な商業地であり、駅前には比較的新しい商業施設や、出入口が回転ゲート式になっている有料駐輪場がある。また駅のすぐ北側には明石城跡があり、各種スポーツ施設がある公園となっている。

なお、駅南側のバスターミナルと国道2号に挟まれた一帯では再開発事業が行われ[13]、2016年12月、複合施設「」として開業した。

南口方面

国道2号以北
国道2号以南

北口方面

プラザ口方面

  • ステーションプラザ明石西館
駅南側
駅北側

周辺の兵庫県道

接続バス路線

隣の駅

西日本旅客鉄道
A JR神戸線(山陽本線)
新快速
神戸駅 (JR-A63) - 明石駅 (JR-A73) - 西明石駅 (JR-A74)
快速(列車線経由、朝の上りのみ運転)
兵庫駅 (JR-A64) ← 明石駅 (JR-A73) ← 西明石駅 (JR-A74)
快速(電車線経由)
舞子駅 (JR-A71) - 明石駅 (JR-A73) - 西明石駅 (JR-A74)
普通(JR東西線学研都市線内で区間快速となる電車を含む)
朝霧駅 (JR-A72) - 明石駅 (JR-A73) - 西明石駅 (JR-A74)
  • 快速電車の快速運転区間は「高槻駅(または京都駅) - 西明石駅」間となっているが、西明石駅の一駅手前である当駅から実質的に各駅停車区間に入るため、下り(姫路方面)の快速は当駅で「普通」の表示幕となる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 駅の東側の高架下に旧住友銀行の明石支店が存在したが、住友店を「明石駅前支店」と改称したうえでしばらく共存し、旧さくら銀行の明石支店に統合された。

出典

関連項目

外部リンク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close