ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🛏|キーマカレー 煮魚のたれ PB商品開発に力 鳥羽シーサイドホテル 人気料理を家庭で新たな収益源に


写真 煮つけのタレ「美味しく魚が炊けるんです」(右)と「松阪牛キーマカレー」

キーマカレー 煮魚のたれ PB商品開発に力 鳥羽シーサイドホテル 人気料理を家庭で新たな収益源に

 
内容をざっくり書くと
ホテルで提供する人気料理を家庭でも楽しめるよう、キーマカレーや煮魚のタレを発売した。
 

三重交通グループホールディングス傘下の鳥羽シーサイドホテル(本社鳥羽市安楽島町1084、藪本竜太郎社… →このまま続きを読む

 中部経済新聞社

★「ものづくり王国」中部地方の情報を全国・全世界に発信

中部経済新聞の創刊は1946年(昭和21年)で70年を超える実績があり、長年にわたる信頼を得てきました。
「日本新聞協会」に加盟する新聞社の中で唯一の『地域経済紙』として、中部地方のトヨタ自動車を
はじめとした大手企業から中小企業まで細かく取材活動を行っています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ご当地グルメ

ご当地グルメ(ごとうちグルメ)は、日本の特定地域内において、地域振興活動の一環として伝統にこだわらず開発発祥・定着した料理の総称である[1]。「御当地人気料理特選」や「B級ご当地グルメ」などもこの一種である。

近年、各地でご当地グルメを利用した地域振興活動が盛んに行われており[1]雑誌テレビなどで多く取り上げられている。

概要

ご当地グルメは、郷土料理とは異なり地域振興運動の1つの手法である[2]戦後高度経済成長期に発祥・定着したもの以外にも、近年新たに作られた比較的歴史が浅いものも多い。また、地域振興の為に、団体を作り研究や活動を行う事が多い[2]。ご当地グルメマップ・キャラクターのぼりテーマソングなどが作られるケースも多い。

ご当地グルメには、観光資源として創られた地元の人が日常的に食べないような料理も含まれているが、多くの場合は良く知られており良く食べられている食品が多い。比較的新規参入が難しくなく、地域の協力関係が多く行われている。

農林水産省は2007年(平成19年)12月に、地域おこしの一環として、日本各地の農山漁村との関係性の強い郷土料理99品を農山漁村の郷土料理百選に選定したが、その際に別枠で農山漁村とのつながりは薄いものの当地の人気料理として地域に定着している23品目を「御当地人気料理特選」として選定している。

類似のものとして「郷土料理」がある。 「郷土料理」とは、一般的にその地域の素材伝統を重視し、味やつくりに力点をおいた地域的な料理の総称である[3]明治期から大正戦前などに発祥・地域に定着し、2020年令和2年)現在まで食べられている古い料理が多い。なお、郷土料理には全国的な知名度を持ち、時には他県でも取り扱う料理店もある。一方、郷土料理として地域に定着しながら、全国的に知名度の低い料理もある。

ご当地グルメの種類

ラーメン焼きそばなどの麺類餃子ハンバーガーカレーライス丼物粉物料理、鍋物揚げ物の分野で多く見られる。比較的簡単に調理が可能な料理に多い。個別料理の詳細については、各個別記事参照されたい。

御当地人気料理特選(2007年(平成19年)12月の農林水産省による選定)も合わせて参照されたい。

参考文献

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 野瀬(2008年平成20年))
  2. ^ a b 日経BP社日経トレンディ2009年(平成21年)6月号
  3. ^ 『日本大百科全書』(郷土料理)

関連項目

外部リンク

キーマカレー

キーマカレーKeema Curry, Qeema Curry)は、インド料理の一つ。挽肉を用いて作ったカレー料理。

インドのキーマカレー

ヒンドゥスターニー語で「キーマー」(ヒンディー語表記 क़ीमा 、ウルドゥー語表記 قیمہ 、ラテン文字表記 qīmā)は、「細切れ肉」または「挽肉」を意味する。キーマカレーは「挽肉のカレー料理」と言うだけの意味に過ぎず、特定の調理法があるわけではない。広大なインド亜大陸では地域や宗教により素材も料理法も非常に種類が多く、現地では日本ドライカレーとほとんど同じようなものから、煮こんだスープ肉団子のカレーなど、日本で見るキーマカレーとは似ても似つかないものもある。

肉は何でも素材にされるが、インドでは宗教的な食の禁忌により、山羊もしくは鶏肉を使ったキーマカレーがほとんどで、牛肉豚肉を使ったキーマカレーは少数派である(インドにはイスラム教徒も10%ほどおり、彼らは牛肉を使うこともある)。素材は挽肉の他、ギー(インドバター)、 タマネギニンニクショウガなどのスパイスが使われている。またトマトナスジャガイモヒヨコマメなどの野菜を加えたり、グリンピースを添えることも多く、ヒンディー語でキーマー・マタル(कीमा मटर)(挽肉とグリンピース)と呼ぶ。ライスチャパティと共に食べることが多いが、サモサナンに詰めて食べることもある。

日本では、スパゲティ・ミートソースや麻婆豆腐の類推、またそのこともあって子どもも馴染みやすい、加えて昨今のスパイスカレーへの注目といった様々な理由により、カレーの中でも人気である。

日本のキーマカレー

挽肉で作るドライカレーは日本で独自の発展をしているが、挽肉のカレーという点で一種のキーマカレーといえる。

日本に普及し始めた当時、羊やヤギ肉が手に入りづらかったため鶏肉を使ったキーマカレーが普及した。日本で初めて鶏肉を使ったキーマカレーを出したのは、1954年創業のインド料理店アジャンタといわれている。当時日本ではマトン肉が入手しにくく、その代用としてであった[1]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 『カレーのすべて』柴田書店、2007年。ISBN 978-4388060221 p27

関連項目


 

Back to Top
Close