ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🧳|キャセイパシフィック航空、LINE公式アカウントでのチャットサポート開始


写真 

キャセイパシフィック航空、LINE公式アカウントでのチャットサポート開始

 
内容をざっくり書くと
キャセイパシフィック航空のLINE公式アカウントに友だち登録を行う必要がある。
 

キャセイパシフィック航空は、LINE公式アカウント(@cathayjp)でのカスタマーサポートを開始… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空國泰航空公司Cathay Pacific Airways Limited, HKSE:0293)は、香港を拠点とする航空会社。香港のフラッグ・キャリアである。

イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている[2]

概要

香港国際空港(HKIA : Hong Kong International Airport : 香港國際機場)をベースとし、空港周辺には機材整備施設や本社機能、訓練施設などを持つキャセイシティ(Cathay City:國泰城)を形成している。イギリス系で香港の財閥『スワイヤー・グループ』 (Swire Group) が40%の株式を保有しており、事実上スワイヤーのグループ企業である。また、世界第3位の航空連合(アライアンス)であるワンワールドに加盟している。

1994年にランドーアソシエイツ社でCIを実施。ブラッシングウイングと呼ばれる中国伝統の書道をモチーフにしたロゴマークが特徴である。またCIを実施当初のテーマソングは坂本龍一が担当した。日本ではCI導入以前のCMでは、バリー・ホワイト作曲の「愛のテーマ」をBGMに広川太一郎のナレーションにて「着きごこち、さわやか。」というキャッチフレーズでも有名となった。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [3] [4]

2006年6月9日に、香港第二の航空会社、香港ドラゴン航空(DragonAir : 港龍航空公司)を買収し、100%子会社とした。イギリス植民地時代からの取り決めにより、中国への路線網は、北京とアモイしかなかったが、買収により中国全土へのネットワークが形成された。なお、後に香港ドラゴン航空は、「キャセイドラゴン航空國泰港龍航空)」に改名することとなる。

キャセイは中国国際航空(エアチャイナ、国航)と戦略的に相互資本提携をしている。しかし、国航はスターアライアンスに加盟しているので、ワンワールドに加盟しているキャセイにとっては、航空連合としてはライバル関係にあたる。

名称

社名にあるキャセイ (Cathay) とは、マルコ・ポーロによって有名になり、欧米の陸路貿易国を中心に使われていた、契丹に由来する中国の名称「カタイ」の英語訳で、英語では中国の旧称となっている。現地中国語名は國泰航空公司と表記されている。台湾の国泰世華銀行などを抱える金融グループ「國泰金控」(Cathay Financial Holdings Co., Ltd.)とのグループ関係はない。

歴史

設立

中華民国で航空運送業を営んでいたアメリカ人のロイ・ファレルと、第二次世界大戦中にインドと中華民国を結ぶ航路のパイロットであったオーストラリア人のシドニー・カンツォが、ダグラスDC-3でカルカッタ重慶間の路線の運航を開始した。

その後国共内戦の激化に伴い上海から移り住んだイギリスの植民地香港にて、1946年9月24日に正式にキャセイパシフィック航空として創立し、香港からマカオマニラバンコクシンガポール、上海への旅客便の運航を始める。

急成長

その後、国共内戦に勝利した中国共産党により1949年に中華人民共和国が設立され、その後中国共産党の支配を嫌った多くの難民が香港へ流れてきた事や、1950年代初頭にイギリスが中華人民共和国を承認し国交を樹立した事から、香港の地位が「中国大陸への窓口」として高まったことにより事業は急速に拡大する事になる。

乗客数の急激な伸びに対応するために、より大型なダグラス DC-4BやDC-6を導入するとともに、イギリス系財閥スワイヤー・グループの資本を受け財務体制を強化させた。その後1959年には英国海外航空ジャーディン・マセソンの合弁会社で、最大のライバルであった香港航空(後のエア・ホンコンや香港航空(元CRエアウェイズ)とは別会社)を吸収し規模を拡大した。

日本への就航は1959年7月羽田空港ダグラス DC-6で乗り入れ開始、1960年代には大阪福岡名古屋へも乗り入れ、その後ターボプロップ機のロッキードエレクトラやジェット機のコンベア880などを投入するなど日本への路線を充実させていった。

世界へ

1970年代に入り香港がアジア地域の貿易、金融センターとしての地位を確実なものとするとともに、より大型なボーイング707を導入しアジア地域の主要都市に直行便を就航させた他、初のワイドボディ機であるロッキード・トライスターを導入する。

1979年には、ボーイング747-200型機の導入により宗主国首都であるロンドンへの乗り入れを週1便で開始した。まもなく同便は1日1便に増強され、キャセイパシフィック航空有数のドル箱路線となる。

その後1980年代にかけてパリフランクフルトアムステルダムローマをはじめニューヨークバンクーバーと言った北米路線、ブリスベン等のオーストラリア路線を開設し、世界的にネットワークを拡げていった。

現在

2006年には、香港の第2の航空会社である香港ドラゴン航空を買収し傘下に収めた。現在は香港のフラッグキャリアとして、南アメリカ大陸を除く全大陸の主要都市への路線を運航している他、ワンワールドの主要メンバーとなり多数のコードシェア便を運航している。またそのサービスは世界的に高い評価を受け、世界各国の様々な賞を受賞している。以前より関西国際空港(大阪)や中部国際空港(名古屋)といった日本の大都市にはB777またはA340などの大型機を使ってデイリー運航で乗り入れており、香港国際空港乗り換えによる東南アジアやオセアニアなどへの広い路線網を提供している。

日本と香港の航空自由化が締結されたことから羽田再国際化後に羽田に1日2便で開設が決まり、2010年に32年ぶりに羽田再就航となった[5][5] 最近ではボーイング777-300ERと新規に発注したエアバスA330-300を契機に全てのクラスのシートや新型のAVODパナソニックアビエーション社製eX2(StudioCX)にリプレースしている2年〜3年にかけて更新する予定。

2010年にはエアバスA350 XWBを発注をした。更に保有機の全機材にパナソニックアビエーション製の「eXConnect」を導入する事を決め2012年以降機材でのブロードバンド接続が可能となる予定である。

2019年3月27日には、中国本土海南航空グループ傘下でライバルの香港エクスプレス航空の買収を発表し[6]、7月21日に買収完了を発表した[7]

2019年-2020年香港民主化デモに関連して、8月に空港がデモ隊に占拠され12,13日多くの運航便が欠航し、中国民用航空局よりデモに参加した従業員を中国路線から排除すること、事前に中国に向かう便に搭乗するクルーの情報を提出することを求められた[8]。また、デモ参加者の解雇が相次いでおり、労働組合は「文化大革命」式の政治的粛清を実行しているとして同社を非難している[9][10]。一部の中国国営企業は、従業員に対してキャセイ航空の利用禁止命令を出している[11]。8月16日にはこれら従業員によるデモ参加者対応で最高経営責任者(CEO)ルパート・ホッグ氏と最高顧客・商務責任者(CCO)のポール・ルー氏が辞任しCEOはキャセイの主要株主であるスワイヤーグループのオーガスタス・タン氏が後任となり[12]、11月6日には会長ジョン・スローサー氏も退任し、スワイヤー・パシフィックの幹部、パトリック・ヒーリー氏が就任するとした[13]。また、デモによる業績への影響が出てきていて2019/20冬期ダイヤの一時減便[14]や導入機体の受領延期、運航機体の早期退役[15]などで収支改善施策を強いられている。さらに、2020年に入り猛威を振るっている新型肺炎の影響で、中国、香港両政府による渡航制限により、中国本土便の9割を削減する計画で[16]、従業員に対して無給休暇取得を要請する事態となっている[17]

保有機材

かつて香港イギリスの植民地であった事や親会社のスワイヤー・グループがイギリス資本であった事などから他の豪などイギリス連邦加盟国と同じくロールス・ロイス社製のエンジンを選択することを好んだが近年の旅客機メーカーがエンジンメーカーを単一にする事によってエンジン開発のリスクマネージメントする方針などから機種によって選択不可になったり、他航空会社の中古機材導入によって括れなくなってきている。
なお、キャセイパシフィック航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は67で、航空機の形式名は747-467, 747-467F, 777-267, 777-367, 777-367ER などとなる。また、機体の機体記号について香港では中国返還以前英国租借当時はVR-H**で登録されていたが、中国(台湾を含む)本土との混乱を避けるべくB-H**としていた[18]。しかし香港航空香港エクスプレス航空、運航停止済みのオアシス香港航空、子会社に当たるキャセイドラゴン航空までもが使用してきた関係上B-H**だけでは手一杯となってしまったなどの背景から最近の登録機材ではB-K**、B-L**などで対処している

運航機材

キャセイパシフィック航空運用機材(2020年現在[19][20]

機材保有数発注数座席数機材コード備考
FCPYY
エアバスA320-200108156164A321NEO新導入機と置き換え予定キャセイドラゴン航空から移行
エアバスA321-200724148172A321NEO新導入機と置き換え予定キャセイドラゴン航空から移行
エアバスA321NEO162020年から受領予定[21]キャセイドラゴン航空から移行
エアバスA330-30043--392119125133K現在運用停止長期保管中
-39-22326233E
-28-26529333J
-24-29331733P現在運用停止長期保管中
エアバスA350-900273-38282142803592016年から受領
エアバスA350-1000135-46322563343512018年から受領
ボーイング777-30017--42-39643877P元エミレーツ中古機 現在アリス・スプリングス空港にて長期保管中
ボーイング777-300ER33--403229636877KYクラス「3-4-3」仕様
186533420129477AYクラス「3-4-3」仕様
ボーイング777-9X-21-----2025年から受領予定
貨物機材
ボーイング747-400ERF6--
ボーイング747-8F14--
16545

カラーリングについては、エメラルドグリーンの背景に赤いストライプと、白い筆文字で翼をイメージしたブラッシュ・ストロークと呼ばれるロゴが入ったものになっており、これは機体にも描かれている。
2015年11月1日に新塗装を発表[22][23]。垂直尾翼が全面緑で塗られたところにブラッシュストロークが大きく入ったほか、胴体はシンプルなデザインに仕上げられた。この新塗装第1陣となったボーイング777-300ER(機体番号:B-KPM)は、東京 - 香港線のCX548便(香港8:45発東京羽田行き)にてデビューを果たしている今後5年間で約150機を新しい塗装に塗り替える他、2016年受領予定のエアバスA350XWBは最初から新塗装で受領する[24]
香港という地勢柄、実質国内線(中国本土は除く)運航は提供しておらず、国際線が専らであることでワイドボディ機のみによるフリート構成となっていて、使用される機体年齢は若いものが多く、最新鋭の機材を積極的に導入している。同社は最新鋭のボーイング777-300ERも30機導入予定で747-400と置き換えられる。また同機導入に伴い、運用上制限のあったエアバスA340-600を退役させフリートを統一した[25]。また、これ以前には米国イースタン航空から購入したロッキードトライスターL-1011やボーイング707なども存在した。2010年にはエアバスA350 XWBを発注をした。
現在、欧米路線などの長距離便がメインであるボーイング777-300ERの運航機数は、中東エミレーツ航空に次いで、世界で2番目に多い。
貨物部門はボーイング747-400Fとボーイング747-400ERFを運用していて、以前は旅客機型を改修したボーイング747-400BCFを運用していた。最新型のボーイング747-8F[26]を発注し、2011年より受領を開始した。

退役機材

2016年10月1日、東京香港行CX543便(機体番号はB-HUJ)をもって旅客型のボーイング747-400が全機退役した[27]。この退役をもって同社のフリートから旅客型のボーイング747が姿を消し、37年間の運航に終止符が打たれた[28]。2017年3月、エアバスA340-300が全機退役。この退役により、同社の旅客運航用フリートから四発エンジン機が姿を消すこととなった。
いずれも現行塗装を纏った機体は登場せず、旧塗装での退役となった。

特別塗装機

  • 「THE SPIRIT OF HONG KONG 97 香港精神号(初代)[29] ""」[30]
ボーイング747-200(B-HIB[31])[32]
  • 「THE SPIRIT OF HONG KONG 香港精神号(2代目)"SAME TEAM, SAME DREAM.,積極進取 飛越更高理想"[33]
ボーイング747-400(B-HOX)[34]
  • 「THE SPIRIT OF HONG KONG 香港精神号(3代目)」
ボーイング777-300ER(B-KPB)
  • 「THE SPIRIT OF HONG KONG 香港精神号(4代目)」
ボーイング777-300(B-HNK)
  • 「Asia's world city」
ボーイング747-400(B-HOY)[35]
ボーイング777-300(B-KPF))[36]
  • 「Progress Hong Kong 100th Aircraft[37]
エアバスA330-300(B-LAD)[38]
  • 「member of oneworld」(ワンワールド塗装)
ボーイング777-300ER(B-KQI)
ボーイング777-300ER(B-KPL)[39]
エアバスA330-300(B-HLU)
エアバスA340-300(B-HXG)[40]
ボーイング747-8F(B-LJA)
  • ボーイング747-400(Asia's World City)

  • ボーイング777-300(Asia's World City)

  • ボーイング777-300(香港精神号)

  • エアバスA330-300(ワンワールド塗装)

  • 特徴ある機体

    VR-HOK 
    {{{size}}}
    画像をアップロード

    イースタン航空から1989年7月に購入したトライスターで、1993年8月から1995年6月までの約2年間傘下のドラゴン航空へ移籍しドラゴン航空塗装で北京/上海線専用機材として運用された後、 再びキャセイへリースバックされ、垂直尾翼のみグリーンのキャセイカラー、胴体はロゴ以外白塗りのハイブリッド塗装で1996年に退役するまで運航された。その姿から、本邦のスポッターの間では「白トラ」という愛称をつけられていたようである[43]

    VR-HKG 

    1979年に導入されたB747-200B型、香港啓徳空港(現香港国際空港)の3レターコード「HKG」に語呂合わせしたユーモアのあるレジ番がついた機体であった。

    ZK-NBS 
    {{{size}}}
    画像をアップロード

    1989年12月にニュージーランド航空からリースした機体。緑色のラインが機体前方下部にかけて広がっていた通常塗装機と塗り分け方が違い、ニュージーランド航空の塗装の帯を上からなぞったように一本の帯状に塗装されていた。1991年2月に同社にリースバックされた。なお同機は2010年9月にアメリカで解体されたようであるが、これは、(事故抹消機を除く)B747-400シリーズで初めて解体された機体との事である。

    就航都市

    香港国際空港拠点とし、南アメリカ大陸を除く全大陸の主要85都市へ就航している。特にアジアオセアニア路線が充実している。 また、上記以外の都市へも他社とのコードシェアで就航している便もある。

    サービス

    キャセイパシフィック航空は、2005年、2006年と続けて2年連続、さらには2009年にもイギリススカイトラックス社のランキングで最高賞であるエアライン・オブ・ザ・イヤー賞を獲得するなど世界でもシンガポール航空カタール航空エミレーツ航空などと並びトップクラスのサービスで定評がある。日本に就航している外資系航空会社の中では、日本人客室乗務員の在籍人数が最も多く、日本人乗務員も香港発着の同社就航路線全てに乗務しているため、どの路線においても日本語が通じるケースが多い。

    また同社の安全性は非常に高いことでも知られ、重大事故は1972年以降一件も起こしていない。最新鋭の技術を常に取り入れ、例えば機内エンターテイメントに関してはStudioCXと呼ばれるパーソナルテレビがかなり早い段階からエコノミークラスにも装備された。

    2007年からボーイング777-300ERを導入を機に機内エンターテイメントやシートをリニューアルするプロジェクトが進んでいて2009年度までにほとんどの機体でリニューアルが完了される予定。改修後はビジネスクラスがフルフラット化やエコノミークラスにはPC電源とリクライニングしても後部座席に影響を与えないデザインになっている。更にStudioCXの最新版としてパナソニックアビエーション社製eX2のAVOD対応のシートテレビを全機材にリプレースしている。2年〜3年にかけて更新する予定。

    マイレージプログラム

    マイレージプログラムとして、「アジアマイル」と上級組織にあたる「ザ・マルコポーロクラブ」の2種類がある。どちらもワンワールド加盟航空会社でマイルを獲得できる。数あるマイレージプログラムの中でも「ザ・マルコポーロクラブ」は他社のように年間で規定のマイルを貯めて入会できるというものではなく、入会金の支払により入会できる珍しいシステムを採用している(入会後は年間最低4セクター以上搭乗しないと会員資格を喪失する)。ただし、初期のレベルではワンワールドのステータスはなく、ルビークラス以上になるためにはやはり規定のマイルを貯めなくてはならない。また、アジアマイルにはランクが存在しないので、いくらマイルを貯めても、アジアマイル会員のままでは上級会員とならない。

    ワンワールド加盟各社以外に、下記の航空会社と提携している。

    ラウンジ

    上級クラスまたは「ザ・マルコポーロクラブ」の上級会員向けの乗客に空港ラウンジのサービスを提供している。 ラウンジの名称は空港ごとに異なる。

    ソファー、無料のアルコールやソフトドリンク、新聞や雑誌が提供される。

    ラウンジによっては、ホットミール、軽食、「ヌードルバー」で出来立ての麺類を注文することができる。

    本拠地香港では複数のラウンジを提供している。

    • The Wing First Class / Business Class Lounge「寰宇堂」
      • ファーストクラスラウンジとビジネスクラスラウンジで場所が異なる。
      • ファーストクラスラウンジではダイニングエリア「ザ・ヘイヴン」でレストラン形式でメニューから注文することができる。また、ザ・カバナで入浴することもできる。
    • The Pier First Class / Business Class Lounge「玉衡堂」
    • The Bridge「逸連堂」
    • The Cabin「爾雅堂」
    • The Arrival「賞心堂」
      • 到着ラウンジ。このラウンジのみ、制限エリア外にある。
      • レストラン形式でメニューから注文することができる。

    日本では、東京国際空港(キャセイパシフィック羽田ラウンジ)、成田国際空港(Cathay Pacific First and Business Class Lounge)、関西国際空港(Lounge Pacific)でサービスを提供している。 その他の空港の就航地では指定された他社のラウンジが利用できる。

    機内誌

    機内誌「ディスカバリー」(Discovery)がある。英語と中国語で書かれている。 エコノミークラスを含むすべてのクラスに搭載されている。また、電子書籍としてiPadにも無料で配信している。 [58]

    事件・事故

    エピソード・その他

    • BBCワールドニュースで放送している「アジア・ビジネスレポート」のスポンサーである。
    • CIは、アメリカ合衆国の大手デザイン事務所ランドーアソシエイツの手によるものである[59]コーポレートカラーは翡翠色とも呼ばれる深い緑色である。
    • 現拠点空港であるチェク・ラップ・コク空港が開港するまでは、世界で最も着陸が難しい空港と謳われた啓徳空港(閉港)を拠点空港で使用していた為、香港カーブにより訓練されたパイロットの技術レベルは他社と比較して高いと言われる。
    • コーポレートイメージソングとして「愛のテーマ」(作曲:バリー・ホワイト、演奏:ラブ・アンリミテッド・オーケストラ)があり、テレビコマーシャルなどで使用されていた。
    • 1998年に同社の機内で泥酔して暴言を吐く、喫煙するなどしたオアシスのボーカル、リアム・ギャラガーを永久利用禁止にしている。
    • 2011年、機内で乗務員が猥褻な行為に及んでいるとされる写真が流出、同社が始める予定だったキャンペーンが延期となった。
    • 2012年、客室乗務員組合が労使交渉が妥結しない場合、乗客に「笑顔」でのサービスを拒否すると通告した[60]
    • 2018年9月19日、B777-300型機(B-HNO)の塗装を新塗装に変更した際に、本来なら「CATHAY PACIFIC」であるはずの社名の塗装が「CATHAY PACIIC」と「F」が抜けているという重大なスペルミスが発覚。
      その後同社はこのハプニングを公式Twitterで自虐ネタにしたところ、大きな反響を呼んだ。[61]

    脚注

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b “Cathay Pacific announces 2012 annual results” (英語) キャセイパシフィック航空が発表した2012年12月期の業績概要に関するプレスリリース。2013年3月13日発表、2013年3月14日閲覧。
    2. ^ 5-Star Airline Rating SKYTRAX
    3. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). 2015年9月26日閲覧。
    4. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
    5. ^ 香港 - 羽田線は2往復ともB777-300ERで就航する場合が多く、繁忙期には一部B747-400に変更される。この他、羽田を夜に到着し翌朝出発となる便については、B777-200・B777-300・A330-300が充てられることもある
    6. ^ キャセイパシフィック航空、香港エクスプレス航空を完全子会社化
    7. ^ キャセイパシフィック航空、香港エクスプレス航空の買収を完了
    8. ^ 中国がキャセイ航空に警告 デモ参加の従業員排除求める[1]
    9. ^ キャセイ、中国の標的に 香港の航空業界で解雇相次ぐ[2]
    10. ^ 香港キャセイ航空から解雇の従業員ら、「文化大革命」式粛清を批判[3]
    11. ^ 中国国営企業、キャセイパシフィック利用しないよう従業員に指示
    12. ^ キャセイ航空CEOが引責辞任、従業員らの香港デモ支持めぐり
    13. ^ 香港キャセイ航空会長、11月退任へ CEO辞任に続き
    14. ^ 香港キャセイ、冬の輸送能力削減 デモで旅客急減
    15. ^ 香港キャセイ、エアバス機の受領先送り デモで需要減少
    16. ^ キャセイ航空が中国本土便9割削減、全体も縮小-ウイルスで需要後退
    17. ^ 香港キャセイ航空、従業員に1カ月間の無給休暇を提案
    18. ^ 中国本土・台湾ではB-0000(4ケタ数字)を使用しているため。
    19. ^ キャセイパシフィックの保有機材
    20. ^ Cathay Pacific Fleet Details
    21. ^ エアバスとキャセイ、A321neo32機購入で最終合意 キャセイドラゴン向け
    22. ^ Our new livery Cathay Pacific has unveiled a new paint scheme for its aircraft
    23. ^ 株式会社インプレス (2015年11月3日). “キャセイパシフィック航空が新デザインの機体を発表、新塗装機の第1便を羽田路線に投入 3色で構成されたシンプルなデザインに” (日本語). トラベル Watch. 2019年9月23日閲覧。
    24. ^ キャセイパシフィック航空、新塗装機が羽田到着 写真特集・シンプルデザインの777-300ER By Tadayuki YOSHIKAWA
    25. ^ 月刊「エアライン」(2008年6月号,イカロス出版)
    26. ^ 日本貨物航空が会社都合により納入を先送りしたため、カーゴルックス航空と共に、同型機のローンチカスタマーとなった。
    27. ^ キャセイパシフィック航空、羽田からジャンボ最終便出発 747-400退役” (日本語). Aviation Wire. 2019年9月9日閲覧。
    28. ^ キャセイパシフィックからボーイング747旅客機が退役…羽田発がラスト
    29. ^ ポートサイド側は「繁榮進歩 更創新高」、スターボード側は「THE SPIRIT OF HONG KONG 97」
    30. ^ 同社初の特別塗装で、1997年の香港の中国返還を記念して施された。なお、旧塗装から現行塗装になる際に特別塗装となり、そのまま退役したため、通常の現行塗装に戻ることは無かった。また、現在の香港国際空港に歴史上、初めて着陸した機体である(開港前の地形慣熟飛行)。
    31. ^ 英国籍(~1997年6月30日)のときは、VR-HIB。
    32. ^ 現在は、機体そのものが同社から退役している。
    33. ^ ポートサイド側は「SAME TEAM, SAME DREAM.」、スターボード側は「積極進取 飛越更高理想」
    34. ^ 現在は、機体そのものが同社から退役している。
    35. ^ 現在は、機体そのものが同社から退役している。
    36. ^ 現在は、通常塗装による運航である。
    37. ^ 同社発注の航空機として100機受領したことを記念して施された。
    38. ^ 現在は、通常塗装による運航である。
    39. ^ 2018年現在は新塗装による運航である。
    40. ^ 現在は、機体そのものが同社から退役している。
    41. ^ Cathay Pacific Cargo 747-867F B-LJA
    42. ^ 同社の貨物機として初の特別塗装となる。
    43. ^ キャセイパシフィック航空 Lockheed L-1011 TriStar VR-HOK 啓徳空港 航空フォト | by Yossy96さん 撮影1995年09月20日”. FlyTeam(フライチーム). 2020年9月21日閲覧。
    44. ^ キャセイパシフィック航空、小松に「Konnichiwa」 Fly Team 2018年12月12日付
    45. ^ キャセイパシフィック、香港からモルディブに就航-10月から週4便 YAHOO! JAPAN ニュース 2013年7月24日付
    46. ^ 【香港】キャセイ、10月にモルディブ便就航 YAHOO! JAPAN ニュース BUSINESS 2013年7月24日付
    47. ^ キャセイパシフィック航空、2017年3月から香港/テルアビブ線に就航 Fly Team 2016年10月27日付
    48. ^ キャセイパシフィック航空、香港/ロンドン・ガトウィック線を開設へ Fly Team 2015年12月11日付
    49. ^ キャセイパシフィック航空、2016年6月から香港/マドリード線に就航 Fly Team 2015年9月11日付
    50. ^ a b c キャセイ、2018年夏にブリュッセル、ダブリン、コペンハーゲン線に就航 Fly Team 2017年9月1日付
    51. ^ キャセイパシフィック航空 ニューヨークへの玄関口、ニューアークへ新規就航を発表 2013年8月14日付プレスリリース
    52. ^ キャセイ、 2018年9月に香港/ワシントンDC線を開設 A350-1000で週4便 Fly Team 2017年12月22日付
    53. ^ キャセイパシフィック航空、香港〜シアトル線開設 来年3月から週4便 Traicy 2018年7月19日付
    54. ^ キャセイパシフィック航空、ヨーロッパ・オーストラリア・北米路線を拡充 Traicy 2017年3月19日付
    55. ^ キャセイ、香港/クライストチャーチ線の直行便を就航 A350で季節便 Fly Team 2017年3月1日付
    56. ^ キャセイパシフィック航空、香港/ドーハ線を運休 2016年2月15日最後に Fly Team 2015年10月20日付
    57. ^ キャセイパシフィック航空、ケープタウン就航 季節便で週3便 Traicy 2018年2月24日付
    58. ^ キャセイパシフィック航空 - 機内エンターテイメント、機内誌、ディスカバリー、新聞 - キャセイパシフィック航空”. キャセイパシフィック航空. 2015年9月27日閲覧。
    59. ^ http://landor.com/#!/work/case-studies/cathay-pacific-airways/
    60. ^ キャセイパシフィック航空、「笑顔」の無い機内サービスを回避、労使交渉合意[4]
    61. ^ https://twitter.com/cathaypacific/status/1042252802917953536?s=19

    関連項目

    外部リンク

    LINE公式アカウント


     

     

    【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
     
    下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
     
    PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
    Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
    Back to Top
    Close