ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈|航空機減便でパイロットの技量低下、安全面に深刻な影響…羽田新ルートの危険性も重なる


写真 「Getty Images」より

航空機減便でパイロットの技量低下、安全面に深刻な影響…羽田新ルートの危険性も重なる

 
内容をざっくり書くと
パイロット 自身が経験した不安全飛行を報告する航空安全情報自発報告制度(VOICES)でも、多くのパイロットが南西風による強い横風(クロスウインド)に苦労したり、高度1000フィートで風の変化が激しくなったり、降下率が瞬時に毎分1000フィートの降下率を超えることによってゴーアラウンド(進入着陸復航)する事例を紹介し、状況によっては以前の南西風に正対する海上ルートに戻す柔軟な運用を求める意見も出されている。
 

コロナ禍で航空業界の業績悪化や減便、それに伴う社員の採用停止などがクローズアップされているが、安全問… →このまま続きを読む

 Business Journal


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

航空安全情報自発報告制度

着陸復行

着陸復行[1]または着陸復航(ちゃくりくふっこう)とは、VFRIFRを問わず航空機が着陸もしくはそのための進入の継続を断念し、上昇体制に移ること。ゴーアラウンド(Go-around) とも言われる。

概要

パイロットが自身の判断で行うことも、また、管制官が滑走路又は航空交通の状況等の事由により到着機の進入継続が安全でないと判断される場合に指示を行うこともある。「着陸復航」と記述されることもある。単に「復行」と言った場合には進入復行ではなく着陸復行を指すことが多い。

極端に接地点が奥にいってしまった為にそこから再上昇しても、タッチアンドゴーとは言わずに着陸復行になる。

海軍航空隊ではゴーアラウンド(Go-around)ではなくウェーブ・オフ(Wave off)と呼称する。

近年の旅客機では、オートスロットルを利用して上昇可能な推力までスロットルを動かして加速する一連の手順をTO/GAスイッチTakeoff/Go-around switch)を押すだけで自動的に行う機能を搭載している機種もあるが、誤ってスイッチが押され着陸復行モードに移行したことにより空間識失調が引き起こされ墜落した事例もある(アトラス航空3591便墜落事故)。

進入復行

進入復行[2](しんにゅうふっこう)とは、計器飛行方式により進入中の航空機において、その進入の継続を断念し、公示された進入復行方式、もしくは事前通報された進入復行方式にしたがって飛行する方法のこと。ミストアプローチ(Missed-Approach)ともいう。

進入復行経路(方式)は計器進入方式ごとに定められており、普通は 超短波全方向式無線標(VOR)距離測定装(DME)や、無指向性無線標識(NDB)上空などでの旋回待機(ホールド)で終了する。着陸のために再び進入するには、管制官の進入許可が必要。

計器進入方式による進入許可には、進入復行の許可が含まれる。

着陸復行、進入復行が行われる場合

着陸復行・進入復行は管制官の指示による場合と、パイロット自らの判断によって行われる場合がある。

  • 一定の高度()まで降下しても、視界不良で滑走路が見えない場合[3]
  • 背風(テイルウインド)または横風(クロスウインド)で、安全な着陸が見込めない場合。
  • 滑走路上に障害物や離陸機、先行着陸機との管制間隔を確保できないと判断した場合。
  • 空母に着艦する際は基本的にパイロットではなく、飛行甲板上の責任者(エアボス)から独立した着艦信号士官(LSO)が判断を下す。パイロットはLSOが操作する光学着艦装置の着艦復行ライト(Wave-off lights)が点滅した場合、着艦を中止し即座に復行する。アレスティング・フックアレスティング・ワイヤーに引っかからないなど着艦失敗(ボルター)の際には自己判断で着艦復行を行う。

脚注、出典

[脚注の使い方]
  1. ^ 航空保安業務処理規定 第5管制業務処理規定(III) - 2 - (3)による。
  2. ^ 航空保安業務処理規定 第5管制業務処理規定(II) - 7 - (7)aによる。
  3. ^ よくある質問(FAQ)”. 国土交通省 (2010年8月24日). 2016年12月20日閲覧。

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close